TOP研究部紹介 > 臨床脳画像研究部

臨床脳画像研究部

 当研究部は、臨床脳画像診断研究室、臨床光画像研究室、画像情報解析研究室、画像データベース研究室の4つの研究室から構成されています。それぞれの研究室では、PET,MRI、NIRS等の撮像技法を統合的に用いて、精神疾患・神経疾患・発達障害の脳画像診断および解析法の精度向上をめざすとともに、稀少疾患の画像データベースの構築を行っています。これらの研究目標を達成するために、研究室間の連携を深め学際的な共同研究が行えるように努力しています。

部長プロフィール

松田博史松田 博史
Hiroshi MATSUDA, M.D., Ph.D.
医学博士、日本医学放射線学会診断専門医、日本核医学会専門医、PET核医学認定医、日本認知症学会専門医、第1種放射線取扱主任者

昭和54年金沢大学医学部卒。昭和58年金沢大学大学院医学博士課程修了。昭和59年から1年間、モントリオール神経学研究所研究員。帰国後は、金沢大学医学部付属病院核医学診療科、助手から講師。平成5年、国立精神・神経センター武蔵病院放射線診療部長、平成16年埼玉医科大学国際医療センター核医学科教授。平成24年6月より、IBICセンター長に就任し、現在に至る。埼玉医科大学国際医療センター核医学科客員教授。
詳細はこちら

臨床脳画像診断研究室 臨床光画像研究室 画像情報解析研究室 画像データベース研究室