TOPメンバー一覧 > メンバー 加藤 孝一

メンバー

加藤 孝一
Kohichi Kato, Ph.D.

博士(理学)

プロフィール

愛知県出身。1999年に名古屋大学大学院理学研究科博士後期課程を修了し学位(理学)を取得。大学院在学時は、日本学術振興会特別研究員制度の支援により、プロスタサイクリンの受容体プローブの合成研究に従事した。その後、日本学術振興会海外特別研究員制度等の支援により、2003年までUppsala大学のPETセンターで博士研究員、2005年まで大阪市立大学大学院医学研究科で博士研究員、2006年まで理化学研究所で研究員、2011年3月まで放射線医学総合研究所で主任研究員を経て、2011年4月より現職。学位取得後は、一貫して現在の研究テーマである短寿命ポジトロン放射核種の標識法の開発とPETプローブの合成研究に従事している。

研究テーマ

C-C結合形成反応に基づく新規11C標識骨格構築法の開発と、その反応を利用したPET放射薬剤およびトレーサーの合成。
11C標識アミノイソ酪酸([11C]AIB)のPETイメージング。
11C標識イブプロフェンのPETイメージング

研究業績

論文

Kato K, Zhang MR, Minegishi K, Nengaki N, Takei M, Suzuki K. Nitroaldol reaction of nitro[11C]methane to form 2-(hydroxymethyl)-2-nitro[2-11C]propane-1,3-diol and [11C]Tris J. Label. Compd. Radiophram. 54, 140?144 (2011).

Kato K, Tsuji AB, Saga T, Zhang MR. An Efficient and Expedient Method for the Synthesis of 11C-labeled α-Aminoisobutyric Acid: A Tumor Imaging Agent Potentially Useful for Cancer Diagnosis
Bioorg. Med. Chem. Lett. 21, 2437?2440 (2011).

Asakawa C, Ogawa M, Kumata K, Fujinaga M, Kato K, Yamasaki T, Yui J, Kawamura K, Hatori A, Fukumura T, Zhang MR. [11C]Sorafenib: radiosynthesis and preliminary PET study of brain uptake mediated by P-glycoprotein and breast cancer resistance protein. Bioorg. Med. Chem. Lett. 21, 2220?2223 (2011).

Kikuchi T, Okada M, Nengaki N, Furutsuka K, Wakizaka H, Okamura T, Zhang MR, Kato K. Efficient synthesis and chiral separation of 11C-labeled ibuprofen assisted by DMSO for imaging of in vivo behavior of the individual isomers by positron emission tomography. Bioorg. Med. Chem. 19, 3265?3273 (2011).

著書、総説等

菊池達矢, 加藤孝一:放射線を利用した分子イメージング, 化学と教育, 59, 306?309 (2011).

菊池達矢, 加藤孝一: 分子プローブで読み解くPETイメージング, 化学と教育, 59, 310?313 (2011).