ホームトピックス一覧 > 埼玉西武ライオンズの3選手がNCNP病院を慰問

埼玉西武ライオンズの3選手がNCNP病院を慰問

ncnpロゴ2017年2月3日
国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター(NCNP)

 



 平成29年1月24日(火)に埼玉西武ライオンズの上本達之選手、田代将太郎選手、斉藤彰吾選手の3選手が当センター病院を慰問に訪れて下さいました。当球団による慰問は、昨年に引き続き2回目のご来所となります。今回は、病院ロビーにおいて患者さんと直接交流して頂き、普段はプロ野球選手と身近に接することがない患者さんからの多くの質問にも答えて頂くなどミニトークショーなどで盛り上がりました。
 

西武ライオンズ慰問写真
(写真:左手前から、斉藤選手、田代選手、上本選手)

「苦手なスポーツはなんですか」の質問に、「野球がまだまだ苦手です」と答える斉藤選手の様子。
ストイックな選手生活を知るお話でした。
 

西武ライオンズ慰問写真
田代選手から直接プレゼントを頂く様子

西武ライオンズ慰問写真
田代選手からユニフォームを頂き、嬉しそうです。(17歳男の子)

西武ライオンズ慰問写真
来て頂いたお礼に「ぼくのひこうき」を会場で歌い盛り上がる様子。

西武ライオンズ慰問写真

数々の素敵なプレゼントやサインなどもいただきました。患者さん、スタッフにも温かいお声をかけていただき、埼玉西武ライオンズの球団および選手の方々には有難く感謝申し上げます。
 

[ TOPへ戻る ]

当センター敷地内は禁煙です