ホームトピックス一覧 > アジアでの災害時PFA普及研究活動が国連で報告されました

アジアでの災害時PFA普及研究活動が国連で報告されました

2018年 1月11日
国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター(NCNP)

 国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター(NCNP、東京都小平市、理事長:水澤英洋)精神保健研究所 災害時こころの情報支援センター 金 吉晴 センター長らにより普及活動を展開しているWHO版の心理的応急処置(Psychological First Aid : PFA)について、アジアでの災害時PFA普及研究活動が国連「災害や紛争時の障害者の権利に関するパネル・ディスカッション」(国連ニューヨーク本部で開催)で報告されました。

この様子は、国連TVのオンデマンドでご覧いただけます。
(本発表は、2時間19分11秒から)映像はこちら

[ TOPへ戻る ]

当センター敷地内は禁煙です