国立精神・神経医療研究センター
精神保健研究所 社会復帰研究部

〒187-8553
東京都小平市小川東町4-1-1
Tel: 042(341)2712 内線(6281)
Fax: 042(346)2169

» 業績 » 2016年

2016年度の研究業績

(1) 原著論文

  1. Noguchi R, Sekizawa Y, So M, Yamaguchi S, Shimizu E: Effects of five-minute internet-based cognitive behavioral therapy and simplified emotion-focused mindfulness on depressive symptoms: a randomized controlled trial. BMC Psychiatry, 17(1):85,2017
  2. Koike S, Yamaguchi S, Ohta K, Ojio Y, Watanabe KI, Ando S: Mental health-related stigma among Japanese children and their parents and impact of renaming of schizophrenia. Psychiatry & Clinical Neurosciences, 71(3):170-179, 2017.
  3. Mizuno, M., Yamaguchi, S., Taneda, A., Hori, H., Aikawa, A., & Fujii, C.: Development of Japanese version of King’s Stigma Scale and its short version:psychometric properties of a self-stigma measure. Psychiatry and Clinical Neurosciences,71(3): 189-197. 2017.3.
  4. Yamaguchi S, Sato S, Horio N, Yoshida K, Shimodaira M, Taneda A, Ikebuchi E, Nishio M, Ito J: Cost-effectiveness of cognitive remediation and supported employment for people with mental illness: a randomized controlled trial. Psychological Medicine 47(1):53-65, 2017.
  5. 渡邉 理,藤井千代,佐久間 啓,安藤久美子,岡田幸之,水野雅文:「精神科事前指示」作成支援ツール開発の試み.精神医学,59(2):159-167,2017.2.
  6. 山口創生,佐藤さやか,松長麻美,坂田増弘,大島真弓,武田裕美,藤井千代,細谷章子,伊藤順一郎:精神科デイケアにおけるアウトリーチ型ケースマネジメントの実装に関するプロセス調査:サービス量分析. 臨床精神医学,46(1):91-102,2017.1.
  7. Kageyama M, Solomon P, Kita S, Nagata S, Yokoyama K, Nakamura Y, Kobayashi S, Fujii C: Factors related to physical violence experienced by parents of persons with schizophrenia in Japan. Psychiatry Research.25(243): 439-445. 2016.6.
  8. Koike S, Yamaguchi S, Ojio Y, Shimada T, Watanabe KI, Ando S. Long-term effect of a name change for schizophrenia on reducing stigma. Social Psychiatry and Psychiatric Epidemiology. 50(10): 1519-1526. 2016.5.
  9. 水野雅之:進路選択に関するサポートの活用に援助要請スキルと小集団閉鎖性が及ぼす影響―友人および父親,大学教員に注目した検討―.キャリアデザイン研究,12:191-198. 2016.9.
  10. Aoki Y, Yamaguchi S, Ando S, Sasaki N, Bernick PJ, Akiyama T: The experience of electroconvulsive therapy and its impact on associated stigma: A meta-analysis. International Journal of Social Psychiatry 62(8):708-718, 2016.
  11. Matsunaga A, Kitamura T. The effects of symptoms, diagnostic labels, and education in psychiatry on the stigmatization towards schizophrenia: a questionnaire survey among a lay population in Japan. Mental Illness. 8(1):16-20,2016.5.
  12. 関沢洋一,宗 未来,野口玲美,山口創生,清水栄司:信頼と心理指標(抑うつ度、不安度、ネガティブ感情、ポジティブ感情)の関係の検証:心理介入によって信頼を向上させることができるか? .RIETI Discussion Paper Series 16-J-050,2016.

(2) 総 説

  1. Liu NH, Daumit GL, Dua T, Aquila R, Charlson F, Cuijpers P, Druss B, Dudek K, Freeman M, Fujii C, Gaebel W, Hegerl U, Levav I, Munk Laursen T, Ma H, Maj M, Elena Medina-Mora M, Nordentoft M, Prabhakaran D, Pratt K, Prince M, Rangaswamy T, Shiers D, Susser E, Thornicroft G, Wahlbeck K, Fekadu Wassie A, Whiteford H, Saxena S.: Excess mortality in persons with severe mental disorders: a multilevel intervention framework and priorities for clinical practice, policy and research agendas. World Psychiatry 16(1):30-40, 2017.2.
  2. 松長麻美,北村俊則:精神疾患を合併した妊産婦の支援.産婦人科の実際,66(3):317-322,2017.3.
  3. 藤井千代:多職種アウトリーチの社会実装.精神保健研究,30:11-16,2017.
  4. 池田朋広,常岡俊昭,松本俊彦,髙木のり子,石坂理江,種田綾乃,小池純子,齋藤 勲,森田展彰,稲本淳子,岩波 明:措置指定病院における精神病性障害と物質使用障害を併せ持つ「精神病性併存性障害者」への集団認知行動療法プログラム実施の意義とその有効性の検討.日本社会精神医学会雑誌.26(1):11-24, 2017.2.
  5. 種田綾乃,鈴木友理子,深澤舞子,伊藤順一郎:東日本大震災後の地域精神保健医療福祉システム再構築と外部支援―現地支援者のグループインタビューから.家族療法研究.33(3):74-82,2016.12.
  6. 藤井千代:精神障害者の地域移行.精神科臨床Legato. 2(4): 216-218, 2016.10.
  7. 河野稔明,安藤久美子,藤井千代,菊池安希子,中澤佳奈子,曽雌崇弘,米田恵子,長沼洋一,岡田幸之:医療観察法制定から10年:現況分析.精神科,29(2):151-159,2016.8.
  8. 佐藤さやか,梅田典子,小野彩香,池淵恵美:認知機能リハビリテーションは就労支援にどのように役立つのか.精神科臨床サービス,16(3): 364-370, 2016.8.
  9. 小池進介,山口創生,小塩靖崇,安藤俊太郎:精神疾患への早期支援,偏見軽減を目的とした学校現場での啓発・支援活動.精神科治療学,31(増刊号):355-360,2016.

(3) 著 書

  1. 佐藤さやか:統合失調症に対する精神科リハビリテーション.別冊日本臨牀 新領域別症候群シリーズ37「精神医学症候群(第2版)Ⅰ-発達障害・統合失調症・双極性障害・抑うつ障害-,日本臨牀社,東京,419-423,2017.3.20.
  2. 藤井千代:精神科医療におけるインフォームド・コンセント.福井次矢,高木誠,小室一成(総編集):今日の治療指針,医学書院,東京,979-980,2017.1.1.
  3. 佐藤さやか:障害者就業・生活支援センター.樋口輝彦,市川宏伸,神庭重信,朝田 隆,中込和幸(編):今日の精神疾患 治療指針,医学書院,東京,882,2016.10.15.
  4. 山口創生,伊藤順一郎:地域精神科医療・地域精神保健.樋口輝彦,市川宏伸,神庭重信,朝田隆,中込和幸(編):今日の精神疾患 治療指針,医学書院,東京,965-969,2016.10.15.
  5. 水野雅之:交流分析.独立行政法人労働政策研究・研修機構(編) 新時代のキャリアコンサルティング―キャリア理論・カウンセリング理論の現在と未来―,独立行政法人労働政策研究・研修機構,東京,140-143,2016.8.31.
  6. 水野雅之:コミュニティアプローチ①―その理念―.独立行政法人労働政策研究・研修機構(編) 新時代のキャリアコンサルティング―キャリア理論・カウンセリング理論の現在と未来―,独立行政法人労働政策研究・研修機構,東京,179-182,2016.8.31.
  7. 水野雅之:コミュニティアプローチ②―ソーシャル・サポート―.独立行政法人労働政策研究・研修機構(編) 新時代のキャリアコンサルティング―キャリア理論・カウンセリング理論の現在と未来―,独立行政法人労働政策研究・研修機構,東京,180-183,2016.8.31.
  8. 水野雅之:応用行動分析.独立行政法人労働政策研究・研修機構(編) 新時代のキャリアコンサルティング―キャリア理論・カウンセリング理論の現在と未来―,独立行政法人労働政策研究・研修機構,東京,160-163,2016.8.31.