国立精神・神経医療研究センター
精神保健研究所 社会復帰研究部

〒187-8553
東京都小平市小川東町4-1-1
Tel: 042(346)2168
Fax: 042(346)2169

» 研究

現在進行中の研究

本研究は、ピアスタッフとして働く当事者や精神保健福祉サービスを利用する当事者を対象に、当事者自身が思う「主体的に生きること」や「主体性を尊重される支援」についてのインタビュー調査を実施した。また、調査でよく用いられる尺度についても、インタビュー調査を通して、当事者から意見をもらった。 本研究は、AMED「主体的人生のための統合失調症リカバリー支援― 当事者との共同創造co-productionによる実践ガイドライン策定(No. 16dk0307059h0001)」によって、実施されている。  ...詳細を見る

本研究は、関東と福岡の地域活動支援センターや就労継続B型事業所の新規利用者をモニタリングする縦断調査である。特に、ピアスタッフを雇用している事業所については、各事業所のサービスが利用者のアウトカムに与える影響を検証することを目的としている。 本研究は、文部科学省 科学研究費助成事業 基盤研究(B)「ピアサポートの意義および効果に関する包括的研究(No. 15H03432)」によって、実施されている。  ...詳細を見る

当研究班は、日本の制度下において、individual placement and support(IPS)の原則を大切にした効果的な個別就労支援の適切な実装を図るために、原版IPSフィデリティ(IPS-25)を参考に、日本版個別型援助付きフィデリティ(Japanese version of individualised Supported Employment Fidelity: JiSEF)の開発を進めてきた。本研究は、JiSEFフィデリティの信頼性や妥当性、実現可能性の検証を目的として、国内複数の就労支援機関と協力して、調査を実施している。 本研究は、文部科学省科学研究費補助金 若手研究(B)「日本版IPS/援助付き雇用フィデリティ尺度の検証とフィデリティ評価システムの構築(No. 16K21661)」によって、実施されている。  ...詳細を見る


過去の研究