◆精神保健研究所
〒187-8553
東京都小平市小川東町4-1-1
Tel:042-341-2711
Fax:042-346-1944

TOP研究者の方へ > 知的障害研究部 2008年度研究業績

知的障害研究部 2008年度研究業績

原著論文

  1. Gunji A,Inagaki M,Inoue Y,Takeshima Y,Kaga M: Event-related potentials of self-face recognition in children with pervasive developmental disorders.Brain Dev 31: 139-147,2009.
  2. Yatabe K,Pickering MJ,McDonald SA:Lexical processing during saccades in text comprehension.Psychonomic Bulletin & Review 16: 62-66,2009.
  3. Uno A,Wydell TN,Kato M,Itoh K,Yoshino F: Cognitive neuropsychological and regional cerebral blood flow study of a Japanese-English bilingual girl with specific language impairment (SLI).Cortex 45:154-163,2009.
  4. Katano S,Moriguchi Y,Ohnishi T,Uno A: Cortical activation of Japanese developmental dyslexic/dysgraphic adults and children during a working memory task with novel Chinese characters/non-verbal figures.Dyslexia Review 20:29-34,2009.
  5. Inoue Y,Inagaki M,Gunji A,Furushima W,Kaga M: Response switching process in children with attention-deficit-hyperactivity disorder on the novel continuous performance test.Developmental Medicine & Child Neurology 50: 462-466,2008.
  6. Kato C,Tochigi M,Koishi S,Kawakubo Y,Yamamoto K,Matsumoto H,Hashimoto O,Kim S-Y,Watanabe K,Kano Y,Nanba E,Kato N,Sasaki T: Association study of the commonly recognized breakpoints in chromosome 15q11-q13 in Japanese autistic patients.Psychiatric Genet 18: 133-136,2008.
  7. Tochigi M,Kato C,Ohashi J,Koishi S,Kawakubo Y,Yamamoto K,Matsumoto H,Hashimoto O,Kim SY,Watanabe K,Kano Y,Nanba E,Kato N,Sasaki T: No association between the ryanodine receptor 3 gene and autism in a Japanese population.Psychiatry Clin Neurosci 62: 341-344,2008.
  8. Kato C,Tochigi M,Ohashi J,Koishi S,Kawakubo Y,Yamamoto K,Matsumoto H,Hashimoto O,Kim SY,Watanabe K,Kano Y,Nanba E,Kato N,Sasaki T: Association study of the 15q11-q13 maternal expression domain in Japanese autistic patients.Am J Med Genet B Neuropsychiatr Genet 147B: 1008-1012,2008.
  9. Matsubayashi J,Kawakubo Y,Suga M,Takei Y,Kumano S,Fukuda M,Itoh K,Yumoto M,Kasai K: The influence of gender and personality traits on individual difference in auditory mismatch: a magnetoencephalographic (MMNm) study.Brain Res 1236: 159-165,2008.
  10. Shinba T,Kariya N,Matsui Y,Ozawa N,Matsuda Y,Yamamoto K.:Decrease in heart rate variability response to task is related to anxiety and depressiveness in normal subjects.Psychiatry Clin Neurosci 62: 603-609,2008.
  11. Matsuda Y,Saito N,Yamamoto K,Niitsu T,Kogure S:Effects of the Ih blockers CsCl and ZD7288 on inherited epilepsy in mongolian gerbils.Exp Anim 57: 377-384,2008.
  12. Takamura A,Higaki K,Kajimaki K,Otsuka S,Ninomiya H,Matsuda J,Ohno K,Suzuki Y,Nanba E: Enhanced autophagy and mitochondrial aberrations in murine GM1-gangliosidosis.Biochem Biophys Res Commun 367: 616-622,2008.
  13. Gucev ZS,Tasic V,Jancevska A,Zafirovski G,Kremensky I,Sinigerska I,Nanba E,Higaki K,Gucev F,Suzuki Y: Novel b-galactosidase gene mutation p.W273R in a woman with mucopolysaccharidosis type IVB (Morquio B) and lack of response to in vitro chaperone treatment of her skin fibroblasts.Amer J Med Genet 146A: 1736-1740,2008.
  14. Matsumoto M,Gondo K,Kukita J,Higaki K,Paraguison RC,Nanba E: A case of galactosialidosis with a homozygous Q49R point mutation.Brain Dev 30: 595-598,2008.
  15. Kumanogoh H,Asami J,Nakamura S,Inoue T: Balanced expression of various TrkB receptor isoforms from the Ntrk2 gene locus in the mouse nervous system.Mol Cell Neurosci 39: 465-477,2008.
  16. Sugita K,Hatakeyama R,Narahashi S,Sugita K,Shimoyama I: “Meaning and meaningless Hiragana” and “arabic numeral” phonological reaction time in children of Italian-Japanese bilinguals.IMJ 15: 189-192,2008.
  17. 中山東城,大槻泰介,仲間秀幸,開道貴信,金子 裕,中川栄二,須貝研司,加我牧子,井上祐紀,佐々木征行:焦点切除術後に行動異常が改善した小児前頭葉てんかんの1例.てんかん研究26:446-452,2009.
  18. 古島わかな:行動異常をきたしたAddison病の10歳男児.脳と発達40:357-8,2008.
  19. 古島わかな,稲垣真澄,軍司敦子,加我牧子,山﨑広子,堀口寿広:小児大脳型白質ジストロフィーの超早期発症診断に関する研究.-視覚系心理検査および視覚誘発電位の有用性-.脳と発達40:301-306,2008.
  20. 北 洋輔,田中真理,菊池武剋:発達障害児の非行行動発生にかかわる要因の研究動向-広汎性発達障害児と注意欠陥多動性障害児を中心にして-.特殊教育学研究46:163-174,2008.
  21. 酒井 厚,堀 彰人,宇野 彰:医療関係者における医療と教育の連携について-学習障害児の指導に関して-.音声言語医学 49:254-264,2008.
  22. 三盃亜美,伊集院睦雄,宇野 彰,辰巳 格:シミュレーション研究における小学生用音読モデル作成の試み.音声言語医学 49:115-123,2008.
  23. 小枝達也,関 あゆみ,寺川志奈子,溝口達也,塩野谷 斉,小林勝年,渡部昭男,矢部敏昭:医療との連携を取り入れた小中学校教員の専門研修に関する研究.鳥取臨床科学1:71-79,2008.
  24. 小枝達也:地域で支える5歳児健診のデザイン.小児の精神と神経48:215-216,2008.
  25. 山根康代,小枝達也:重症心身障害児の足湯の高揚に関する研究.小児保健研究67:885-889,2008.

総説

  1. Suzuki Y,Ogawa S,Sakakibara Y: Chaperone therapy for neuronopathic lysosomal diseases: competitive inhibitors as chemical chaperones for enhancement of mutant enzyme activities.Perspect Med Chem 3: 7-19,2009.
  2. 鈴木夏海,杉田克生,大井恭子,アレン玉井光江,川名隆行,下山一郎:中学生におけることばの概念と第1言語,第2言語の認知機構に関する縦断的分析.千葉大学人文社会科学研究18:129-140,2009.
  3. 稲垣真澄:支援に役立つ医学診断の進歩-脳波検査で測る認知機能-.発達障害研究30:19-29,2008.
  4. 稲垣真澄,井上祐紀:目で見る神経生理検査,AD/HDにおける事象関連電位(1).臨床脳波50:696-701,2008.
  5. 稲垣真澄:発達障害の最近の考え方と課題.小児科臨床61:2337-2341,2008.
  6. 井上祐紀,稲垣真澄:目で見る神経生理検査,AD/HDにおける事象関連電位(2).臨床脳波50:758-762,2008.
  7. 井上祐紀:AD/HDの薬物療法と評価.小児科臨床61:2493-2497,2008.
  8. 軍司敦子:自閉症のコミュニケーションを支える認知研究の現状.小児科臨床61:2477-2480,2008.
  9. 川久保友紀,笠井清登:自閉症スペクトラム障害の神経生理学的研究.臨床精神医学37:1315-1322,2008.
  10. 加我牧子,藤田英樹,矢田部清美,稲垣真澄:広汎性発達障害の疫学に関する文献的研究-自閉症を中心に-.精神保健研究54:95-102,2008.
  11. 中村雅子,加我君孝:Auditory nerve disease 3症例の前庭機能の検討.耳鼻咽喉科・頭頸部外科80:449-455,2008.
  12. 中村雅子:眼振の記録 ENGの原理と記録方法 (平衡機能検査).臨床検査52:1445-1449,2008.
  13. 宇野 彰,春原則子:支援や指導に繋がる研究の必要性.LD研究17:11-15,2008.
  14. 宇野 彰,蔦森英史:書字表出障害-児童・青年期の精神障害治療ガイドライン-.精神科治療学23:156-160,2008.
  15. 細川 徹:ウィリアムズ症候群と音楽.同志社心理55:1-14,2008.
  16. 鈴木義之:Krabbe病.小児内科40:1202-1205,2008.
  17. 林 隆:発達障害の危険因子・増悪因子としての子ども虐待.発達障害研究30:82-91,2008.
  18. 林 隆:発達外来における発達障害児の親支援.小児科臨床特集「最近注目されている発達障害」61:2675-2681,2008.
  19. 桑名佳代子,桑名行雄,細川 徹:1歳6か月児をもつ親の育児ストレス(2)-両親間における育児ストレスの関連-.東北大学大学院教育学研究科研究年報57:339-358,2008.
  20. 洲崎保子,大西麻衣,野村 純,瀧ヶ平佳代子,山田響子,杉田克生:PNAクランピング法によるDYX1C1遺伝子変異スクリーニングの開発.千葉大学人文社会科学研究17:321-330,2008.
  21. 小枝達也:発達障害と鑑別を要する疾患.小児科臨床61:2353-2358,2008.

著書

  1. Kaga M,Inagaki M,Yoneda R: Auditory and visual mismatch negativity (MMN) in children with typical and delayed development.Ikeda A,Inoue Y: Event-related potentials in patients with epilepsy: from current state to future prospects.John Libbey Eurotext,pp59-68,2008.
  2. Kaga M,Inagaki M,Kon K,Uno A,Nobutoki T :Diagnosis of auditory neuropathy (AN) in child neurology.Neuropathies of Auditory and Vestibular Eighth Cranial Nerves,pp123-133,2008.
  3. Suzuki Y,Nanba E,Matsuda J,Higaki K,Oshima A:β-Galactosidase deficiency (β-galactosidosis): GM1-gangliosidosis and morquio B disease.Valle D,Beaudet AL,Vogelstein B,Kinzler KW,Antonarakis SF,Ballabio A (eds): The Online Metabolic and Molecular Bases of Inherited Disease McGraw-Hill,New York,Chap 151,pp1-101,2008.
  4. Suzuki K,Nakai K,Tatsuta N,Okamura K,Sakai T,Satoh H,Hosokawa T : Maternal smoking,quality of home environment and off-spring development.Tolson K & Veksler E Eds.: Research focus on smoking and women's health.New York: Nova Science Publishers,pp183-198,2008.
  5. 宇野 彰:脳科学的研究法.前川久男,園山繁樹 編著:障害科学の研究法.明石書店,東京,pp359-378,2009.
  6. 細川 徹:リハビリテーションと心理.中村隆一 編:入門リハビリテーション概論 第7版.医歯薬出版,東京,pp91-110,2009.
  7. 稲垣真澄:17発達障害,3学習障害.有馬正高 監修,加我牧子,稲垣真澄 編集:小児神経学.診断と治療社,東京,pp433-439,2008.
  8. 稲垣真澄,加我牧子:17発達障害,1診断の考え方.有馬正高 監修,加我牧子,稲垣真澄 編集:小児神経学.診断と治療社,東京,pp422-424,2008.
  9. 稲垣真澄:聴力・聴覚障害.日本発達障害学会 監修,発達障害基本用語事典.金子書房,東京,pp29-30,2008.
  10. 井上祐紀:17発達障害,6注意欠陥/多動性障害.有馬正高 監修,加我牧子,稲垣真澄 編集:小児神経学.診断と治療社,東京,pp455-461,2008.
  11. 井上祐紀:注意欠陥/多動性障害・自閉症・学習障害.よくわかる病態整理(15)小児疾患.日本医事新報社,東京,pp193-197,2008.
  12. 軍司敦子,加我牧子:自閉症の非侵襲的脳機能検査.有馬正高 監修,加我牧子,稲垣真澄 編集:小児神経学.診断と治療社,東京,pp506-507,2008.
  13. 古島わかな:10中毒性疾患.1中毒-金属・アルコール・毒素-.有馬正高 監修,加我牧子,稲垣真澄 編集:小児神経学.診断と治療社,東京,pp274-276,2008.
  14. 古島わかな,加我牧子:乳幼児の精神運動発達とその異常.よくわかる病態生理(15)小児疾患.日本医事新報社,東京,pp188-192,2008.
  15. 小林朋佳:9神経系の外傷.1外傷性中枢神経障害.有馬正高 監修,加我牧子,稲垣真澄 編集:小児神経学.診断と治療社,東京,pp270-272,2008.
  16. 宇野 彰:失読と失書(読み書き障害)-後天性と発達性-.長崎 勤,前川久男 編著:障害理解のための心理学.明石書店,東京,pp269-274,2008.
  17. 長崎 勤, 宇野 彰:第6章 言語障害とその教育.中村満紀男,前川久男,四日市 章 編著:利愛と支援の特別支援教育.コレール社,東京,pp87-100,2008.
  18. 細川 徹:発達障害児の理解.内山伊知郎,青山謙二郎,田中あゆみ 編:子どもの心を育む発達科学.北大路書房,京都,pp106-122,2008.
  19. 鈴木義之:ケミカルシャペロン.有馬正高 監修,加我牧子,稲垣真澄 編集:小児神経学.診断と治療社,東京,pp512-514,2008.
  20. 林 隆:行為障害.日本発達障害学会 監修:発達障害基本用語辞典.金子書房,東京,pp35,2008.
  21. 林 隆:発達性協調運動障害.日本発達障害学会 監修:発達障害基本用語辞典.金子書房,東京,pp30,2008.
  22. 林 隆:地域資源を活用した気づき:山口県における「療育相談会」の活用例.小枝達也 編集:5歳児健診 発達障害の診療・指導エッセンス.診断と治療社,東京,pp35-42,2008.
  23. 林 隆:医師から保護者へのアドバイス:注意欠陥/多動性障害(AD/HD).小枝達也 編集:5歳児健診 発達障害の診療・指導エッセンス.診断と治療社,東京,pp65-70,2008.
  24. 林 隆:医師から保育士・教師へのアドバイス:注意欠陥/多動性障害(AD/HD).小枝達也 編集:5歳児健診 発達障害の診療・指導エッセンス.診断と治療社,東京,pp79-85,2008.
  25. 林 隆:症例から学ぶ気づきと支援のエッセンス:地域特性を活かした健診(1).小枝達也 編集:5歳児健診 発達障害の診療・指導エッセンス.診断と治療社,東京,pp102-105,2008.
  26. 林 隆:薬物療法.小枝達也 編集:5歳児健診 発達障害の診療・指導エッセンス.診断と治療社,東京,pp111-117,2008.
  27. 林 隆:医学的検査.宮本信也,田中康雄,斉藤万比古 編集:子どもの心の診療シリーズ2 発達障害とその周辺の問題.中山書店,東京,pp156-163,2008.
  28. 林 隆:ADHDの診断・評価法:一般診療における診断のための診察.齊藤万比古,渡部京太 編集:第3版 注意欠如・多動性障害-ADHD-の診断・治療ガイドライン.じほう,東京,pp41-48,2008.
  29. 林 隆:ADHDの早期発見(乳幼児におけるADHDスクリーニング用の問診票).齊藤万比古,渡部京太 編集:第3版 注意欠如・多動性障害-ADHD-の診断・治療ガイドライン.じほう,東京,pp91-96,2008.
  30. 林 隆:小児科医と共に提案!教室でする発達障害への教育コーチ.TOSS長州教育サークル 著,明治図書,東京,2008.
  31. 中村 俊:脳科学と感情教育.民主教育研究所編集:人間と教育.旬報社,東京,季刊60,pp94-101,2008.
  32. 杉田克生:学習障害(LD).発達障害基本用語事典.金子書房,東京,pp28,2008.
  33. 杉田克生:学習障害の遺伝学.有馬正高 監修:小児神経学.診断と治療社,東京,pp518-519,2008.
  34. 小枝達也:発達障害と適正発見.小枝達也 編集:5歳児健診 発達障害の診療・指導エッセンス.診断と治療社,東京,pp1-4,2008.
  35. 小枝達也:5歳児健診における診療法.小枝達也 編集:5歳児健診 発達障害の診療・指導エッセンス.診断と治療社,東京,pp5-12,2008.
  36. 小枝達也:5歳児健診の実際:5歳児発達相談.小枝達也 編集:5歳児健診 発達障害の診療・指導エッセンス.診断と治療社,東京,pp19-23,2008.
  37. 小枝達也:事後相談と学校教育との連携.小枝達也 編集:5歳児健診 発達障害の診療・指導エッセンス.診断と治療社,東京,pp59-63,2008.
  38. 小枝達也:コラム:学校の教育制度について.小枝達也 編集:5歳児健診 発達障害の診療・指導エッセンス.診断と治療社,東京,pp64,2008.
  39. 小枝達也:症例から学ぶ気づきと支援のエッセンス:5歳児発達相談.小枝達也 編集:5歳児健診 発達障害の診療・指導エッセンス.診断と治療社,東京,pp98-99,2008.