◆精神保健研究所
〒187-8553
東京都小平市小川東町4-1-1
Tel:042-341-2711
Fax:042-346-1944

TOP研究者の方へ > 知的障害研究部 2006年度研究業績

知的障害研究部 2006年度研究業績

原著論文

  1. Gunji A, Ishii R, Chau W, Kakigi R, Pantev C:Rhythmic brain activities related to singing in humans. Neuroimage 34: 426-434, 2007.
  2. Song K, Goto T, Koike T, Ohta M: Visual memory of motor imagery in children with specific disorders of Kanji Writing. The Japanese Journal of Special Education 44:347-450,2007.
  3. Inagaki M, Kaga Y, Kaga M, Nihei K: Multimodal evoked potentials in patients with pediatric leukodystrophy.Clin Neurophysiol 59 suppl: 251-263,2006.
  4. Inagaki M, Kon K, Suzuki S, Kobayashi N, Kaga M, Nanba E: Characteristic findings of auditory brainstem response and otoacoustic emission in the Bronx waltzer mouse. Brain & Development 28: 617-624, 2006.
  5. Nobutoki T, Sasaki M, Fukumizu M, Hanaoka S, Sugai K, Anzai Y, Kaga M: Fluctuating hearing loss, episodic headache, and stroke with platelet hyperaggregability: coexistence of auditory neuropathy and cochlear hearing loss. Brain & Development 28:55-59, 2006.
  6. Fukuhara Y, Li XK, Kitazawa Y, Inagaki M, Matsuoka K, Kosuga M, Kosaki R, Shimazaki T, Endo H, Umezawa A, Okano H, Takahashi T, Okuyama T:Histopathological and behavioral improvement of murine Mucopolysaccharidosis type VII by intracerebral transplantation of neural stem cells. Molecular Therapy 13: 548-555,2006.
  7. Nakamura M, Watanabe S, Gunji A, Kakigi R: The magnetoencephalographic response to upright and inverted face stimuli in a patient with Williams syndrome. Pediatr Neurol 34: 412-414, 2006.
  8. Suzuki Y:β-Galactosidase deficiency:an approach to chaperone therapy. J Inherit Metab Dis 29:471-476,2006.
  9. 稲垣真澄,羽鳥誉之,井上祐紀,加我牧子:発達障害のモダリティ別事象関連電位:自閉症スペクトラムにおける特徴.臨床脳波 49: 12-17, 2007.
  10. 宇野彰,金子真人,春原則子,佐々木征行,加我牧子:脳を測る,計る,量る‐発達神経心理学からみた大脳可塑性と認知機能の発達,小児における失語症,失読失書,左半側無視.神経心理学23:29-36,2007.
  11. 小穴信吾,稲垣真澄,鈴木聖子,堀本れい子,加我牧子:刺激モダリティ別事象関連電位N400 の発達と読字障害における特徴?意味カテゴリー一致判断課題による検討.脳と発達38: 431-438, 2006.
  12. 山崎広子,柴玉珠,伊藤久美子,加我牧子,昆かおり:知的障害者の視聴覚検診診断の試み‐視覚健診の結果を中心に.臨床眼科 60:743-746,2006.
  13. 田中敦士:養護学校での就業体験中からのジョブコーチ的支援・リハビリテーション研究129: 18-22, 2006.

総説

  1. 大戸達之,加我牧子:小児疾患の診断治療基準 症候 言葉の遅れ.小児内科38:51-52,2006.
  2. 宮本雄策,加我牧子:発達障害.小児看護7: 1050-1053, 2006.
  3. 稲垣真澄,遠藤雄策,大見剛,加我牧子:もっと知ろう臨床検査(15)聴性脳幹反応(ABR):検査法の実際と臨床応用.医学検査55:217-228,2006.
  4. 軍司敦子,柿木隆介,宝珠山稔:発声時の聴覚誘発反応.臨床脳波48:335-359, 2006.
  5. 鈴木義之:ケミカルシャペロン.小児科診療 69:1710-1715,2006.
  6. 原仁:発達障害の概念:発達障害にはDevelopmental DisabilitiesとDevelopmental Disorders がある.リハビリテーション研究 129: 36-40,2006.
  7. 加我牧子,諸岡啓一:シンポジウム1:発達障害児の早期診断と早期介入について.序論.脳と発達37:26-27, 2005.
  8. 加我牧子,稲垣真澄,田中恭子,堀口寿広:シンポジウム1:発達障害児の早期診断と早期介入について.精神遅滞.脳と発達 37:139-144,2005.

著書

  1. Kaga M, Inagaki M, Kwok HWM: Mental Retardation. Edmond Yu-Kuen Chiu ed:Textbook in Psychiatry for Asia. Peking University Medical Press, Peking, China, pp120-126, 2006.
  2. 加我牧子:てんかんの術前評価?小児の発達評価.大槻泰介,三原忠紘,亀山茂樹,馬場啓至編:難治性てんかんの外科治療 プラクティカル・ガイドブック.診断と治療社,東京, pp154-158,2007.
  3. 加我牧子:乳幼児健診(母子保健法).日野原重明,加我君孝編:医療文書の正しい書き方と医療補償の実際.診断書から社会保障まで.金原出版,東京,pp148-149, 2007.
  4. 加我牧子,三好温子:小児慢性特定疾患医療.日野原重明,加我君孝編:医療文書の正しい書き方と医療補償の実際.診断書から社会保障まで.金原出版,東京,pp154-165, 2007.
  5. 稲垣真澄:知的障害者福祉法.日野原重明,加我君孝編:医療文書の正しい書き方と医療補償の実際.診断書から社会保障まで.金原出版,東京,pp20-23, 2007.
  6. 小池敏英:教科の指導Ⅰ:読み書きの指導.上野一彦・武田契一・下司昌一監修:特別支援教育の理論と実践 Ⅱ指導, 金剛出版, 東京,pp74-89, 2007.
  7. 原仁:A -3.発達障害と医療.(Ⅰ)脳と学習.上野一彦,竹田契一,下司昌一監修:SENS 養成セミナー.特別支援教育の理論と実践.Ⅰ概論・アセスメント.金剛出版,東京,pp46-70,2007.
  8. 稲垣真澄,大戸達之:自閉症の顔認知に関する研究最前線.加我牧子,稲垣真澄編:医師のための発達障害児・者 診断治療ガイド.診断と治療社,東京,pp88-92,2006.
  9. 稲垣真澄:『健康生活支援ノート』のできるまで.加我牧子,稲垣真澄編:医師のための発達障害児・者 診断治療ガイド.診断と治療社,東京,pp223-229,2006.
  10. 稲垣真澄:分野10 知的障害の病理. 平成17年度公認障害者スポーツ医養成講習会.(財)日本障害者スポーツ協会,pp217-228, 2006.
  11. 軍司敦子:医学編(発声器官の構造と機能,音声の生成,発話の障害,音声言語の脳機能計).鈴木良次,畠山雄二編:言語科学の百科事典.丸善,pp594-601,827,2006.
  12. 井上祐紀,加我牧子:AD/HD の診断・評価.加我牧子,稲垣真澄編:医師のための発達障害児・者診断治療ガイド.診断と治療社,東京,pp100-109,2006.
  13. 田中恭子,稲垣真澄,加我牧子:精神遅滞.大野裕編:チーム医療のための最新精神医学ハンドブック.弘文堂,東京,pp231-237,2006.
  14. 田中敦士:特別支援教育における進路学習・進路指導.松為信雄, 菊池恵美子編:職業リハビリテーション学,協同医書出版社,東京,pp164-167, 2006.
  15. 田中敦士:(第1 章)知的障害の定義.(第2 章)知的障害者に対する各リハビリテーション領域における職業的視点1-56 頁.日本知的障害者福祉連盟(編):発達障害白書2006 ‐確かな羅針盤を求めて.日本文化科学社,東京,pp125-126,2006.
  16. 山﨑広子:J.視神経,神経系.山本修一,大鹿哲郎編:講義録 眼・視覚学,メジカルビュー社,東京,pp268-273, 282-283, 2006.