◆精神保健研究所
〒187-8553
東京都小平市小川東町4-1-1
Tel:042-341-2711
Fax:042-346-1944

TOP研究者の方へ > 社会復帰研究部 2007年度研究業績

社会復帰研究部 2007年度研究業績

原著論文

  1. 吉田光爾,田川精二,伊藤順一郎,田村理奈,相澤欣一:就労における精神障害者の障害の開示状況の実態~(社)大阪精神科診療所協会 地域精神保健委員会 就労調査アンケートの結果から~, 精神障害とリハビリテーション11(1):66-76,2007.
  2. 園 環樹,大島 巌,伊藤順一郎:精神障害をもつ人たちの家族から見た包括型地域生活支援プログラム(ACT)の必要性とその意識の構造.日本社会精神医学会雑誌16(1):29-37, 2007.

総説

  1. 瀬戸屋雄太郎:早期退院の施策と展望-精神保健医療の構造転換はどう進むのか?-. 臨床作業療法4: 462-466, 2008.
  2. 伊藤順一郎他:ACTにおける多職種の協働-臨床現場でチームアプローチした事例を中心に-. 精神科臨床サービス Vol.7 No.4 508-514, 2007.
  3. 福井里江,伊藤順一郎:精神医学・精神保健学領域における心理教育アプローチの現状と課題.家族心理学年報25 家族支援の心理教育-その考え方と方法,日本家族心理学会(編),東京,15-33,2007.
  4. 福井里江,伊藤順一郎:臨床で活かせる技術『身につけていますか この技術!あの技術!』本人および家族への心理教育-心理教育の基本的概念と展開.臨床作業療法Vol.4 No.2 130-134,2007.
  5. 久永文恵,香田真希子,西尾雅明,梁田英磨,原子秀樹,足立千啓,伊藤順一郎:どうやって多職種チームの教育訓練を実施するか.精神科臨床サービス 7(4)590-598, 2007.

著書

  1. 伊藤順一郎:在宅治療のための地域・環境の評価.統合失調症の治療-臨床と基礎-佐藤光源・丹羽真一・井上新平(編),朝倉書店,東京,pp361-364,2007.
  2. 深谷 裕,伊藤順一郎:家族生活を支える地域・環境の評価.統合失調症の治療-臨床と基礎-(編集:佐藤光源,丹羽真一,井上新平),朝倉書店,東京,pp414-417,2007.10.
  3. 伊藤順一郎他:”国府台モデル“というひとつのモデルとそのエビデンス.現代のエスプリ,後藤雅博,伊藤順一郎 編集,至文堂,東京,pp70-84,2007.