◆精神保健研究所
〒187-8553
東京都小平市小川東町4-1-1
Tel:042-341-2711
Fax:042-346-1944

TOP研究者の方へ > 自殺予防対策センター 2007年度研究業績

研究業績 自殺予防総合対策センター 2007年度

2008年度2007年度

原著論文

  1. Matsumoto T, Imamura F:Self-injury in Japanese junior and senior high-school students:Prevalence and association with substance use. Psychiatry and clinical neurosciences 62: 123-125, 2008.
  2. Matsumoto T, Imamura F, Katsumata Y, Kitani M, Takeshima T:Prevalences of lifetime histories of self-cutting and suicidal ideation in Japanese adolescents:Differences by age. Psychiatry and clinical neurosciences 62: 362-364, 2008.
  3. Matsumoto T, Imamura F, Katsumata Y, Kitani M, Takeshima T:Analgesia during self-cutting; clinical implications and the association with suicidal ideation. Psychiatry and clinical neurosciences 62:355-358, 2008.
  4. Miyajima M, Matsumoto T, Ito S:2C-T-4 intoxication:acute psychosis caused by a designer drug. Psychiatry and clinical neurosciences 62: 243, 2008.
  5. Shimizu K, Akizuki N, Akechi T, Okamura M, Oba A, Shimamoto M, Inagaki M, Uchitomi Y. Clinical experience of the modified nurse-assisted screening and psychiatric referral program. Palliat Support Care. 6(1): 29-32, Mar. 2008.
  6. Inagaki M, Isono M, Okuyama T, Sugawara Y, Akechi T, Akizuki N, Fujimori M, Mizuno M, Shima Y, Kinoshita H, Uchitomi Y. Plasma interleukin-6 and fatigue in terminally ill cancer patients. J Pain Symptom Manage 35(2): 153-61, Feb. 2008.
  7. Nakaya N, Saito-Nakaya K, Akechi T, Kuriyama S, Inagaki M, Kikuchi N, Nagai K, Tsugane S, Nishiwaki Y, Tsuji I, Uchitomi Y. Negative psychological aspects and survival in lung cancer patients. Psychooncology. 17(5): 466-73, May. 2008.
  8. Matsumoto T, Imamura F: Association between childhood attention-deficit-hyperactivity symptoms and adulthood dissociation in male inmates:Preliminary report. Psychiatry and clinical neurosciences 61: 44-446, 2007.
  9. Saito-Nakaya K, Nakaya N, Akechi T, Inagaki M, Asai M, Goto K, Nagai K, Nishiwaki Y, Tsugane S, Fukudo S, Uchitomi Y. Marital status and non-small cell lung cancer survival:the Lung Cancer Database Project in Japan. Psychooncology. Nov 21, 2007.
  10. Hakamata Y, Matsuoka Y, Inagaki M, Nagamine M, Hara E, Imoto S, Murakami K, Kim Y, Uchitomi Y. Structure of orbitofrontal cortex and its longitudinal course in cancer-related post-traumatic stress disorder. Neurosci Res. 59(4): pp383-389, Dec. 2007.
  11. Akechi T, Okuyama T, Akizuki N, Shimizu K, Inagaki M, Fujimori M, Shima Y, Furukawa TA, Uchitomi Y. Associated and predictive factors of sleep disturbance in advanced cancer patients. Psychooncology. 16(10): 888-94, Oct. 2007.
  12. Fujimori M, Akechi T, Morita T, Inagaki M, Akizuki N, Sakano Y, Uchitomi Y. Preferences of cancer patients regarding the disclosure of bad news. Psychooncology. 16(6): 573-81, Jun. 2007.
  13. Inagaki M, Yoshikawa E, Kobayakawa M, Matsuoka Y, Sugawara Y, Nakano T, Akizuki N, Fujimori M, Akechi T, Kinoshita T, Furuse J, Murakami K, Uchitomi Y. Regional cerebral glucose metabolism in patients with secondary depressive episodes after fatal pancreatic cancer diagnosis. J Affect Disord. 99(1-3): 231-6, Apr. 2007.
  14. 松本俊彦,今村扶美,勝又陽太郎,木谷雅彦,竹島正:非行少年における自殺念慮のリスク要因.精神医学 50:351-359, 2008.
  15. 勝又陽太郎,松本俊彦,高橋祥友,渡邊直樹,川上憲人,竹島正:自殺の背景要因に関する定性的研究-ライフチャートを用いた自殺に至るプロセスに関する予備的検討-.日本社会精神医学会誌 16:275-288, 2008.
  16. 松本俊彦,今村扶美,吉澤雅弘,津久江亮大郎,平林直次,和田清,吉川和男:国立精神・神経センター武蔵病院医療観察法病棟の対象者に併発する物質使用障害について―評価と介入の必要性をめぐって―. 司法精神医学 3:2-9, 2008.
  17. 小林桜児,松本俊彦,大槻正樹,遠藤桂子,奥平謙一,原井宏明,和田清:覚せい剤依存者に対する外来再発予防プログラムの開発――Serigaya Methamphetamine Relapse Prevention Program (SMARPP) ――. 日本アルコール・薬物医学会誌 42:507-521, 2007.
  18. 松本俊彦,今村扶美,吉澤雅弘,平林直次:物質使用障害を併発した触法精神病例の薬物治療・心理社会治療.臨床精神薬理 10:51-758, 2007.

総説

  1. 竹島正:わが国の自殺対策.学術の動向 3:15-19, 2008.
  2. 松本俊彦:自傷行為の理解と対応.現代のエスプリ2008年3月号 特集「子どもの自殺予防 (高橋祥友編集) 」,至文堂,東京, 55-67, 2008.
  3. 松本俊彦,勝又陽太郎,木谷雅彦,竹島正:中年の自殺. 精神科臨床サービス 8:276-279, 2008.
  4. 松本俊彦:自傷・薬物依存の精神療法. 精神療法 34(3):314-323, 2008.
  5. 松本俊彦,小林桜児:新しい覚せい剤依存の外来治療プログラム~Serigaya Methamphetamine Relapse Prevention Program (SMARPP) ~.心と社会 131: 80-85, 2008.
  6. 松本俊彦,今村扶美, 平林直次:指定入院医療機関からみた物質関連障害の治療の現況について. 日本精神科病院協会雑誌 27:179-184, 2008.
  7. 松本俊彦, 今村扶美: 精神疾患が関係する犯罪―精神医療と司法のクロストークに向けて―.こころの科学 139:66-71, 2008.
  8. 松本俊彦:薬物依存治療の新たな展開~Serigaya Methamphetamine Relapse Prevention Program (SMARPP: スマープ) とSMARPP-Jr.(スマープ・ジュニア). 全国薬物依存症者家族連合会機関誌「あまびき」2008年春号 Vol.23, 34-39,2008.
  9. 竹島正,松本俊彦:自殺防止の国家対策. 最新精神医学 68: 545-550, 2007.
  10. 平賀正司,竹島正,伊勢田堯:近年の英国における自殺対策.心と社会,日本精神衛生会,128,194-199,2007.
  11. 松本俊彦:リストカット-自らを傷つける若者たち- 第1回 自傷行為が意味するもの.少年写真新聞 保健ニュース No.1375-I, 4-5, 2007.
  12. 松本俊彦:リストカット-自らを傷つける若者たち- 第2回 学校や保健室での対応. 少年写真新聞 保健ニュース No.1377-I, 4-5, 2007.
  13. 松本俊彦:リストカット-自らを傷つける若者たち- 最終回 自傷する生徒の援助方法. 少年写真新聞 保健ニュース No.1380-I,4-5, 2007.
  14. 勝又陽太郎, 松本俊彦, 竹島正:自殺の疫学研究.トラウマティック・ストレス 5 (2):109-116, 2007.
  15. 松本俊彦,勝又陽太郎,木谷雅彦,竹島正:心理学的剖検で自殺の実態を解明し,予防に生かす.精神科看護 34(183):38-44, 2007.
  16. 松本俊彦:解離をめぐる青年期症例の治療――解離性自傷患者の理解と対応. 精神科治療学 22(2): 311-318, 2007.
  17. 松本俊彦,今村扶美,吉澤雅弘,平林直次:物質使用障害を併発した触法精神病例の薬物治療・心理社会治療.臨床精神薬理 10:751-758, 2007.
  18. 松本俊彦:指定入院医療機関の現状と課題.精神保健研究 53:23-31, 2007.
  19. 岡田幸之,野田隆政,安藤久美子,松本俊彦,樽矢敏広,吉澤雅弘,高木希奈:米国の刑事責任能力鑑定――「米国精神医学と法学会 心神喪失抗弁を申し立てた被告人の精神鑑定実務ガイドライン」の紹介 (その3) :鑑定の実務と倫理にかんする留意事項. 犯罪学雑誌 73:36-47, 2007.
  20. 岡田幸之,安藤久美子,松本俊彦,樽矢敏広,吉澤雅弘,高木希奈,野田隆政:米国の刑事責任能力鑑定――「米国精神医学と法学会 心神喪失抗弁を申し立てた被告人の精神鑑定実務ガイドライン」の紹介 (その4) :鑑定人の意見のまとめ方と証言―. 犯罪学雑誌 73:108-120, 2007.
  21. 稲垣正俊:Chemo-Brain.腫瘍内科 1(4):357-363, Aug.2007.

著書

  1. 松本俊彦:B.各論 Ⅲ. 注目すべき現象 6. 自傷行為, 厚生労働省雇用均等・児童家庭局編「一般精神科医のための子ども心の診療テキスト」,厚生労働省雇用均等・児童家庭局, pp94-95, 2008.
  2. 松本俊彦:第2章 第2節 5. 摂食障害,自傷行為, 自殺行動,内閣府政策統括官(共生社会政策担当) 編 ユースアドバイザー養成プログラム~関係機関の連携による個別的・継続的な若者支援体制の確立に向けて~.内閣府政策統括官(共生社会政策担当)付青少年育成第1担当, pp80-86, 2008.
  3. 松本俊彦:Ⅰ 概論 Ⅰ-3 通院処遇における自殺のリスクアセスメントとマネージメント.松原三郎監修「医療観察法通院処遇対象者のための通院治療プログラム集」,平成19年度厚生労働科学研究費補助金 こころの健康科学研究事業成果物, pp33-48, 2008.
  4. 松本俊彦:VI 生理的障害及び身体的要因に関連した行動症候群.小阪憲司,谷野亮爾監修 改訂第3版精神保健福祉士養成セミナー第1巻 精神医学 (増補版),へるす出版, 東京, pp124-134, 2008.
  5. 松本俊彦:IV 薬物乱用防止対策.小阪憲司,谷野亮爾監修 改訂第3版精神保健福祉士養成セミナー第2巻 精神保健学 (増補版),へるす出版,東京, pp111-127, 2008.
  6. 松本俊彦:B.各論 Ⅱ.発達障害以外 1.F1~F5 1) F1: 精神作用物質使用による精神行動障害,厚生労働省雇用均等・児童家庭局編「一般精神科医のための子ども心の診療テキスト」,厚生労働省雇用均等・児童家庭局, pp61-63, 2008.
  7. 松本俊彦:Ⅲ 疾病教育 Ⅲ-4 物質使用障害.松原三郎監修「医療観察法通院処遇対象者のための通院治療プログラム集」,平成19年度厚生労働科学研究費補助金 こころの健康科学研究事業成果物, pp279-490, 2008.
  8. 稲垣正俊:自殺の背景としての精神障害.多重債務による自死をなくす会偏:自殺予防・自死遺族支援の現場から,民事法研究会,東京, pp155-162, 2008.
  9. 松本俊彦:第4章 犯罪・非行の個別的要因① パーソナリティ要因. 藤岡淳子編「犯罪と非行の心理学」,有斐閣,東京, pp45-68, 2007.
  10. 松本俊彦:自傷行為の理解と対応.鍋田恭孝編「思春期臨床の考え方・すすめ方-新たなる視点・新たなるアプローチ」,金剛出版,東京, pp229-246, 2007.
  11. 松本俊彦:②物質使用障害治療.社団法人日本精神科病院協会・財団法人精神・神経科学振興財団編 司法精神医療等人材養成研修会教材集, pp393-397, 2007.
  12. 今村扶美,松本俊彦,藤岡淳子:⑤内省・洞察.社団法人日本精神科病院協会・財団法人精神・神経科学振興財団編 司法精神医療等人材養成研修会教材集, pp406-410, 2007.
  13. 川野健治:自死遺族支援組織の成立と遺族の声のポリフォニー.宮内洋・今尾真弓編:あなたは当事者ではない,東京,北大路書房,京都, pp52-63, 2007.
  14. 川野健治:自殺未遂.秋山千枝子・堀口寿広編:スクールカウンセリングマニュアル,日本小児医事出版社,東京, pp109-110, 2007.
  15. 川野健治:自死遺族の語り-今,返事を書くということ.やまだようこ編:質的心理学講座第2巻 人生と病いの語り,東大出版会,東京, pp79-99, 2007.