◆精神保健研究所
〒187-8553
東京都小平市小川東町4-1-1
Tel:042-341-2711
Fax:042-346-1944

TOP研究者の方へ > 精神保健計画研究部 2008年度研究業績

研究業績-精神保健計画研究部 2008年度

原著論文

  1. Matsumoto T,Tsutsumi A,Izutsu T,Imamura F,Chiba Y,Takeshima T: A comparative study of the prevalence of suicidal behavior and sexual abuse history in delinquent and non-delinquent adolescents.Psychiatry Clin Neurosci 63: 238 - 240,2009.
  2. Ono Y,Kawakami N,Nakane Y,Nakamura Y,Tachimori H,Iwata N,Uda H,Nakane H,Watanabe M,Naganuma Y,Furukawa TA,Hata Y,Kobayashi M,Miyake Y,Tajima M,Takeshima T,Kikkawa T: Prevalence of and risk factors for suicide-related outcomes in the World Health Organization World Mental Health Surveys Japan.Psychiatry Clin Neurosci 62: 442-449,2008.
  3. Takasaki Y,Kawakami N,Tsuchiya M,Ono Y,Nakane Y,Nakamura Y,Tachimori H,Iwata N,Uda H,Nakane H,Watanabe M,Naganuma Y,Furukawa T,Hata Y,Kobayashi M,Miyake Y,Takeshima T,Kikkawa T: Heart disease,other circulatory diseases,and onset of major depression among community residents in Japan: results of the World Mental Health Survey Japan 2002-2004.Acta Med Okayama 62: 241-249,2008.
  4. Scott KM,Von Korff M,Alonso J,Angermeyer M,Bromet EJ,Bruffaerts R,de Girolamo G,de Graaf R,Fernandez A,Gureje O,He Y,Kessler RC,Kovess V,Levinson D,Medina-Mora M E,Mneimneh Z,Oakley Browne MA,Posada-Villa J,Tachimori H,Williams D: Age patterns in the prevalence of DSM-IV depressive/anxiety disorders with and without physical co-morbidity.Psychol Med 38: 1659-1669,2008.
  5. Miyata H,Tachimori H,Takeshima T: Providing support to psychiatric patients living in the community in Japan: patient needs and care providers perceptions.Int J Ment Health Syst 2: 5,2008.
  6. Furukawa TA,Kawakami N,Saitoh M,Ono Y,Nakane Y,Nakamura Y,Tachimori H,Iwata N,Uda H,Nakane H,Watanabe M,Naganuma Y,Hata Y,Kobayashi M,Miyake Y,Takeshima T,Kikkawa T: The performance of the Japanese version of the K6 and K10 in the World Mental Health Survey Japan.Int J Methods Psychiatr Res 17: 152-158,2008.
  7. Alonso J,Buron A,Bruffaerts R,He Y,Posada-Villa J,Lepine JP,Angermeyer MC,Levinson D,de Girolamo G,Tachimori H,Mneimneh ZN,Medina-Mora ME,Ormel J,Scott KM,Gureje O,Haro JM,Gluzman S,Lee S,Vilagut G,Kessler RC,Von Korff M: Association of perceived stigma and mood and anxiety disorders: results from the World Mental Health Surveys.Acta Psychiatr Scand 118: 305-314,2008.
  8. Matsumoto T,Imamura F,Katsumata Y,Kitani M,Takeshima T: Prevalences of lifetime histories of self-cutting and suicidal ideation in Japanese adolescents: Differences by age.Psychiatry Clin Neurosci 62: 362-364,2008.
  9. Matsumoto T,Imamura F,Katsumata Y,Kitani M,Takeshima T: Analgesia during self-cutting; clinical implications and the association with suicidal ideation.Psychiatry Clin Neurosci 62: 355-358,2008.
  10. Kobayashi O,Matsumoto T,Otsuki M,Endo K,Okudaira K,Wada K,Hirayasu Y: Profiles Associated with Treatment Retention in Japanese Patients with Methamphetamine Use Disorder; A Preliminary Survey.Psychiatry Clin Neurosci 62: 526-532,2008.
  11. 松本俊彦,堤 敦朗,井筒 節,千葉泰彦,今村扶美,竹島 正:矯正施設男性被収容少年における性被害体験の経験率と臨床的特徴.精神医学51:23-31,2009.
  12. 松本俊彦,小林桜児,上條敦史,勝又陽太郎,木谷雅彦,赤澤正人,竹島 正:物質使用障害患者における自殺念慮と自殺企図の経験.精神医学51:109-117,2009.
  13. 勝又陽太郎,松本俊彦,高橋祥友,川上憲人,渡邉直樹,平山正実,木谷雅彦,竹島 正:社会・経済的要因を抱えた自殺のハイリスク者に対する精神保健的支援の可能性-心理学的剖検研究における「借金自殺」事例の分析-.精神医学51:431-440,2009.
  14. 安藤久美子,岡田幸之,小山明日香,田中奈緒子,中屋 淑,森澤陽子,高田裕光,和田久美子,山上 皓:医療観察法における処遇決定に関する要因の分析.司法精神医学4:13-22,2009.
  15. Katsumata Y,Matsumoto T,Kitani M,Takeshima T: Electronic media use and suicidal ideation in Japanese adolescents.Psychiatry Clin Neurosci 62: 744-746,2008.
  16. 張 瑩,角田正史,高岡道雄,佐々木昭子,大井 照,中田英治,竹島 正,石下恭子,上野文彌:精神保健福祉法改正に伴う保健所の精神保健福祉業務の変化についての全国調査.北里医学38:1-9,2008.
  17. 辻 雅善,張 瑩,角田正史,相澤好治,石本寛子,竹島 正,佐々木昭子,山口靖明,中田栄治,能登隆元,大井 照,酒井ルミ,高岡道雄:保健所管内における精神保健医療福祉資源についての全国調査-管内人口別,保健所型別分析-.目白大学短期大学部研究紀要第45号:55-66,2008.
  18. 富永真己,秋山 剛,三宅由子,酒井佳永,畑中純子,加藤紀久,神保恵子,倉林るみい,田島美幸,小山明日香,岡崎 渉,音羽建司,野田寿恵:職場復帰前チェックシートに関する産業保健スタッフによる評価の信頼性,妥当性.精神医学50:689-699,2008.
  19. 松本俊彦,阿瀬川孝治,伊丹 昭,竹島 正:自己切傷患者における致死的な「故意に自分を傷つける行為」のリスク要因:3年間の追跡調査.精神神経学雑誌110:475-487,2008.
  20. 長沼洋一,立森久照,小山明日香,竹島 正:精神科病院における精神科デイケア等の実施状況と患者の退院状況との関連.日本社会精神医学会雑誌17:3-10,2008.
  21. 小山明日香,小山智典,立森久照,野田寿恵,竹島 正:各都道府県の1年未満在院患者群の退院に関する指標「平均残存率」に関連する要因の検討.日本社会精神医学会雑誌17:159-167,2008.
  22. 本堂徹郎,秋山 剛,土屋政雄,田島美幸,酒井佳永,本間みね子,小山明日香,野田寿恵,伊藤弘人,三宅由子:精神科入院満足度調査の開発.精神科治療学23:1251-1257,2008.

総説

  1. Takeshima T,Setoya Y: Japan's mental health system.WPA NEWS March: 16-17,2009.
  2. Akiyama T,Chandra N,Chen CN,Ganesan M,Koyama A,Kua EE,Lee MS,Lin CY,Ng C,Setoya Y,Takeshima T,Zou Y: Asian models of excellence in psychiatric care and rehabilitation.Int Rev Psychiarty 20: 445-451,2008.
  3. 竹島 正,松本俊彦,川野健治,稲垣正俊:自殺予防総合対策センターの取り組み-1年8ヶ月を振り返って-.自殺予防と危機介入28:4-9,2009.
  4. 松本俊彦:自傷行為を繰り返す子.児童心理3:75-80,2009.
  5. 松本俊彦:自殺の実態分析からみえてくるもの.月刊保団連990:49-53,2009.
  6. 松本俊彦:トラウマと非行・反社会的行動-少年施設男子入所者の性被害体験に注目して-.トラウマティック・ストレス7:43-52,2009.
  7. 松本俊彦,今村扶美,平林直次:医療観察法における覚せい剤依存の心理社会的治療.最新精神医学14:163-170,2009.
  8. 松本俊彦,和田 清:薬物依存症の治療とリハビリテーション.大阪保険医雑誌509:25-29,2009.
  9. 松本俊彦,今村扶美:第2部 申し立てと鑑定 7 医療観察法と物質使用障害.臨床精神医学38:577-581,2009.
  10. 勝又陽太郎,松本俊彦,木谷雅彦,赤澤正人,竹島 正:自殺の実態調査-心理学的剖検調査の全国実施に向けて-.自殺予防と危機介入28:15-21,2009.
  11. 竹島 正,勝又陽太郎:うつ病の自助グループ-抑うつ友の会-.こころの健康23:65-70,2008.
  12. 竹島 正,加我牧子,今田寛睦:政策立案を担う.精神科13:117-122,2008.
  13. 竹島 正:自殺対策基本法の意義.市民政策60:13-21,2008.
  14. 竹島 正,小山明日香,河野稔明,長沼洋一,立森久照:地域精神医療におけるACTの位置づけ.精神医学50:1187-1193,2008.
  15. 竹島 正:自殺統計の見方・読み方.公衆衛生情報38:20-23,2008.
  16. 岡田幸之,松本俊彦,五十嵐禎人,黒田 治,平林直次,安藤久美子,野田隆政,樽矢敏広,高木希奈,平田豊明:刑事精神鑑定書の書き方-「刑事責任能力に関する鑑定書作成の手引き」の開発-.精神科治療学23:367-371,2008.
  17. 松本俊彦:自傷・薬物依存の精神療法.精神療法34:314-323,2008.
  18. 松本俊彦:自傷のアセスメント.臨床心理学8:482-488,2008.
  19. 松本俊彦:大麻依存症の発見・治療・対応の留意点.月刊保団連976:49-52,2008.
  20. 松本俊彦,小林桜児:薬物依存者の社会復帰のために精神保健機関は何をすべきか?.日本アルコール薬物医学会雑誌43:172-187,2008.
  21. 松本俊彦,勝又陽太郎:自殺対策の視点第2回自殺の多様性-「自殺予防と遺族支援のための基礎調査」から-.公衆衛生情報11:28-31,2008.

著書

  1. Kawakami N,Takeshima T,Ono Y,Uda H,Nakane Y,Nakamura Y,Tachimori H,Iwata N,Watanabe M,Naganuma Y,Furukawa TA,Hata Y,Kobayashi M,Miyake Y,Kikkawa T: Twelve-month prevalence,severity,and treatment of common mental disorders in communities in Japan (The WHO Mental Health Surveys).Cambridge University Press: pp474-485,2008.
  2. 竹島 正,長沼洋一:精神保健福祉施策の展開 新たなシステムづくりの時代-精神保健医療福祉の改革ビジョンと障害者自立-.日本精神保健福祉士養成校協会 編:精神科リハビリテーション学.中央法規出版,東京,pp282-287,2009.
  3. 竹島 正,立森久照:精神保健福祉制度.日本社会精神医学会 編:社会精神医学.医学書院,東京,pp401-413,2009.
  4. 松本俊彦:Ⅱ精神疾患についての説明 物質関連障害.林 直樹 責任編集:専門医のための精神科臨床リュミエール9:精神科診療における説明とその根拠.中山書店,東京,pp70-85,2009.
  5. 勝又陽太郎,永井 撤:8章 心理臨床援助法3.高塚雄介,石井雄吉,野口節子 編:臨床心理学-やさしく学ぶ-.医学出版社,東京,pp125-139,2009.
  6. 立森久照,竹島 正:精神障害者の数的動向.精神保健福祉白書編集委員会 編:精神保健福祉白書2009年版地域移行・地域生活支援はどう進むのか.中央法規出版,東京,pp134-135,2008.
  7. 立森久照,竹島 正:精神病床の推移.精神保健福祉白書編集委員会 編:精神保健福祉白書2009年版地域移行・地域生活支援はどう進むのか.中央法規出版,東京,pp136,2008.
  8. 勝又陽太郎:用語解説.永井 撤 監修:思春期・青年期の臨床心理学.培風館,東京,pp181-189,2008.
  9. 長沼洋一,竹島 正:精神科医療施設の状況.精神保健福祉白書編集委員会 編:精神保健福祉白書2009年版 地域移行・地域生活支援はどう進むのか.中央法規出版,東京,pp137-138,2008.
  10. 長沼洋一,竹島 正:精神病床の機能分化.精神保健福祉白書編集委員会 編:精神保健福祉白書2009年版 地域移行・地域生活支援はどう進むのか.中央法規出版,東京,pp140,2008.
  11. 小山明日香,竹島 正:在院患者の状況.精神保健福祉白書編集委員会 編:精神保健福祉白書2009年版地域移行・地域生活支援はどう進むのか.中央法規出版,東京,pp139,2008.
  12. 小山明日香,竹島 正:地域間格差.精神保健福祉白書編集委員会 編:精神保健福祉白書2009年版地域移行・地域生活支援はどう進むのか.中央法規出版,東京,pp141,2008.