◆精神保健研究所
〒187-8553
東京都小平市小川東町4-1-1
Tel:042-341-2711
Fax:042-346-1944

TOP研究者の方へ > 精神保健計画研究部 2006年度研究業績

研究業績-精神保健計画研究部 2006年度

原著論文

  1. Scott KM, Von Korff M, Ormel J, Zhang MY, Bruffaerts R, Alonso J, Kessler RC, Tachimori H, Karam E, Levinson D, Bromet EJ, Posada-Villa J, Gasquet I, Angermeyer MC, Borges G,de Girolamo G, Herman A, Haro JM: Mental disorders among adults with asthma: results from the World Mental Health Survey. Gen Hosp Psychiatry 29: 123-133,2007.
  2. Koyama T, Tachimori H, Osada H, Takeda T, Kurita H: Cognitive and symptom profiles in Asperger's syndrome and high-functioning autism. Psychiatry Clin Neurosci 61: 99-104,2007.
  3. Koyama T, Miyake Y, Kurita H: Parental ages at birth of children with pervasive developmental disorders are higher than those of children in the general population. Psychiatry Clin Neurosci 61: 200-202,2007.
  4. Honjo K, Kawakami N, Takeshima T, Tachimori H, Ono Y, Uda H, Hata Y, Nakane Y,Nakane H, Iwata N, Furukawa TA, Watanabe M, Nakamura Y, Kikkawa T: Social class inequalities in self-rated health and their gender and age group differences in Japan. J Epidemiol 16:223-32,2006
  5. Koyama T, Tachimori H, Osada H, Kurita H: Cognitive and symptom profiles in highfunctioning pervasive developmental disorder not otherwise specified and attention-deficit/hyperactivity disorder. J Autism Dev Disord 36: 373-380,2006.
  6. Kurita H, Koyama T: Autism-Spectrum Quotient Japanese version measures mental health problems other than autistic traits. Psychiatry Clin Neurosci 60: 373-378,2006.
  7. 小山智典,山下俊幸,竹島正:精神障害者通院医療費公費負担制度の判定業務量が判定に及ぼす影響.日社精医誌15: 218-223,2007.
  8. 藤田利治,竹島正:精神障害者の入院後の退院曲線と長期在院にかかわるリスク要因についての患者調査に基づく検討.精神神経学雑誌108: 891-905,2006.
  9. 小林幸平,箱田琢磨,小山智典,小山明日香,栗田広:保育士におけるバーンアウトとその関連要因の検討.臨床精神医学35: 563-569,2006.
  10. 山崎健太郎,竹島正,張賢徳,黒崎久仁彦,水上創,森晋二郎,三澤章吾,北野誉,梅津和夫,福永龍繁:精神疾患と自殺との関連-東京都区部の自殺者実態調査と全国,山形県との比較-.法医学の実際と研究49: 239-246,2006.

総説

  1. 竹島正:自立支援と居住施設.日精協誌26: 203-207,2007.
  2. 小山智典,神尾陽子:広汎性発達障害の早期発見.障害者問題研究34: 11-18,2007.

著書

  1. 勝又陽太郎,上田茂:普及啓発活動に関する調査.精神保健福祉白書編集委員会編 :精神保健福祉白書2007年版:障害者自立支援法-混迷の中の船出.中央法規出版,東京,pp126-127,2006.
  2. Koyama T, Kurita H: WISC-III profiles in high-functioning pervasive developmental disorders and attention-deficit/hyperactivity disorder. Wesley LV (Eds.), Intelligence: New Research.Nova Science Publishers, New York,pp133-149,2006.
  3. 竹島正:地域における自殺対策Q&A Q9,Q28.本橋豊編著:自殺対策ハンドブックQ&A.ぎょうせい,東京,pp90-91,pp129-130,2007.
  4. 竹島正:医療保護入院,心神こう弱,心神喪失,心神喪失者等医療観察法,精神鑑定,精神保健指定医,措置入院,都道府県医療審議会,任意入院.自立支援制度辞典編集委員会編:自立支援制度辞典.社会保険研究所,東京,pp3,pp87-88,pp96-97,pp98-99,pp105,pp123,pp127,2007.
  5. 竹島正,長沼洋一,立森久照,八木奈央:第7 章精神保健学.岡上和雄,京極髙宣,高橋一,寺谷隆子編:精神保健福祉士の基礎知識.中央法規出版,東京,pp197-229,2006.
  6. 竹島正:精神保健福祉施策の展開.日本精神保健福祉士養成校協会編:精神科リハビリテーション学.中央法規出版,276-281,2006.
  7. 立森久照,竹島正:精神障害者の数的動向.精神保健福祉白書編集委員会編:精神保健福祉白書2007年版:障害者自立支援法-混迷の中の船出.中央法規出版,東京,pp160-161,2006.
  8. 立森久照,竹島正:精神病床の推移.精神保健福祉白書編集委員会編:精神保健福祉白書2007年版:障害者自立支援法-混迷の中の船出.中央法規出版,東京,pp162,2006.
  9. 長沼洋一,竹島正:精神科医療施設の状況.精神保健福祉白書編集委員会編:精神保健福祉白書2007年版:障害者自立支援法-混迷の中の船出.中央法規出版,東京,pp163-164,2006.
  10. 長沼洋一,竹島正:精神病床の機能分化.精神保健福祉白書編集委員会編:精神保健福祉白書2007年版:障害者自立支援法-混迷の中の船出.中央法規出版,東京,pp166,2006.
  11. 小山智典,竹島正:在院患者の状況.精神保健福祉白書編集委員会編:精神保健福祉白書2007年版:障害者自立支援法-混迷の中の船出.中央法規出版,東京,pp165,2006.
  12. 小山智典,竹島正:地域間格差.精神保健福祉白書編集委員会編:精神保健福祉白書2007年版:障害者自立支援法-混迷の中の船出.中央法規出版,東京,pp167,2006.
  13. 勝又陽太郎,竹島正:自殺対策基本法.精神保健福祉白書編集委員会編:精神保健 福祉白書2007年版:障害者自立支援法-混迷の中の船出.中央法規出版,東京,pp28-29,2006.
  14. 勝又陽太郎,上田茂:普及啓発活動に関する調査.精神保健福祉白書編集委員会編 :精神保健福祉白書2007年版:障害者自立支援法-混迷の中の船出.中央法規出版,東京,pp126-127,2006.