◆精神保健研究所
〒187-8553
東京都小平市小川東町4-1-1
Tel:042-341-2711
Fax:042-346-1944

TOP研究者の方へ > 成人精神保健研究部 2006年度研究業績

成人精神保健研究部 2006年度研究業績

原著論文

  1. Inagaki M, Yoshikawa E, Matsuoka Y, Sugawara Y, Nakano T, Akechi T, Wada N, Imoto S, Murakami K, Uchitomi Y: Smaller regional volumes of brain gray and white matter demonstrated in breast cancer survivors exposed to adjuvant chemotherapy. Cancer 109: 146-156, 2007.
  2. Inagaki M, Yoshikawa E, Kobayakawa M, Matsuoka Y, Sugawara Y, Nakano T, Akizuki N, Maiko F, Akechi T, Kinoshita T, Furuse J, Murakami K, Uchitomi Y: Regional cerebral glucose metabolism in patients with secondary depressive episodes after fatal pancreatic cancer diagnosis. J Affective Disorder 99: 231-236, 2007.
  3. Nishi D, Matsuoka Y, Kawase E, Nakajima S, Kim Y: Mental health service requirements in a Japanese medical centre emergency department. Emergency Medicine Journal 23: 468-69,2006.
  4. Matsuoka K, Uno M, Kasai K, Koyama K, Kim Y: Estimation of premorbid IQ in individuals with Alzheimer's disease using Japanese ideographic script (Kanji) compound words: a Japanese version of NART. Psychiatry Clin Neurosci 60: 332-339, 2006.
  5. Matsuoka Y, Nagamine M, Inagaki M, Yoshikawa E, Nakano T, Akechi T, Kobayakawa M, Hara E, Imoto S, Murakami K, Uchitomi Y: Cavum septi pellucidi and intrusive recollections in cancer survivors. Neuroscience Research 56: 344-346, 2006.
  6. Yoshikawa E, Matsuoka Y, Yamasue H, Inagaki M, Nakano T, Akechi T, Kobayakawa M, Fujimori M, Nakaya N, Akizuki N, Imoto S, Murakami K, Kasai K, Uchitomi Y: Prefrontal cortex and amygdala volume in first minor or major depressive episode after cancer diagnosis. Biological Psychiatry 59: 707-712, 2006.
  7. 金吉晴,長江信和,廣幡小百合,志村ゆず,山田幸恵, Edna B. Foa,根建金男:日本語版外傷後ストレス診断尺度作成の試み ‐一般の大学生を対象とした場合の信頼性と妥当性の検討‐.トラウマティック・ストレス 5: 51-56, 2007.
  8. 植月美希, 松岡恵子, 笠井清登, 荒木剛, 管心, 山末英典, 前田恵子, 山崎修道, 古川俊一, 岩波明,加藤進昌, 金吉晴: 統合失調症患者の発病前知能推定に関する日本語版National Adult Reading Test(JART)短縮版妥当性の検討.精神医学 49: 17-23,2007.
  9. 鈴木志帆,森田展彰,白川美也子,中島聡美,菊池安希子,中谷陽二:SIDES(Structured Interview for Disorders of Extreme Stress)日本語版の標準化.精神神経学雑誌109:9-19,2007.
  10. 中島聡美,金吉晴,福島昇,島田恭子:新潟県中越地震における精神保健医療チームの活動の実態‐こころのケアチームのアンケート調査から‐.トラウマティック・ストレス 4: 135-144, 2006.
  11. 中島聡美,野口普子,松岡豊,西大輔,小西聖子,本間正人,大友康裕:救急救命士の精神的ストレスに対するソーシャルサポートの役割に関する研究.明治安田こころの健康財団研究助成論文集41:156-165,2006.
  12. 松岡恵子, 藤井正子, 永岑光恵, 藤田久美子, 須藤杏寿, 中嶋優子, 重度外傷性脳損傷における認知リハビリ テーションの効果に関する研究‐特に,非失語的言語障害に注目して ‐認知リハビリテーション:120-128, 2006.

総説

  1. 中島聡美,白井明美:犯罪被害者の精神健康とメンタルヘルスサービス.日本アルコール・薬物医学会雑誌42: 21-31, 2007.
  2. 北山徳行,金吉晴: PTSD の生物学的研究‐神経画像研究の発展と今後の展望‐.脳と精神の医学17: 333-339, 2006.
  3. 松岡豊, 西大輔:交通事故とPTSD.こころの科学129:66-70, 2006.
  4. 松岡豊, 大園秀一:がんとPTSD.こころの科学129:83-88, 2006.
  5. 石丸径一郎,袴田優子,西村詩織,原田杏子:臨床心理活動とアセスメントの基礎.東京大学大学院教育学研究科臨床心理学コース紀要29: 79-91,2006.
  6. 石丸径一郎:同性愛のこれまでと現状.歴博,137: 6-10,2006.

著書

  1. Kim Y:Pengantar Isi. PEDOMAN AKTIVITAS PERAWATAN KESEHATAN MENTAL TINGKAT LOKAL PASCA BENCANA. JICA & STKS Collaboration Japan International Cooperation Agency & School of Social Welfare, Bandung: 4, 2006.
  2. 金吉晴:PTSD.コア・ローテイション 精神科改訂2 版.武田雅俊・鹿島晴雄編:金芳堂,京都,pp140-145,2007.
  3. 金吉晴:PTSD.改訂レジデントハンドブック・Case Study 抗不安薬・睡眠薬・抗うつ薬・気分安定薬の使い方.上島国利・久保木富房監修:アルタ出版,東京,pp224-227,2006.
  4. 中島聡美,松岡豊,金吉晴:PTSD(外傷後ストレス障害).大野豊編:チーム医療のための最新精神医学ハンドブック.弘文堂,東京,pp122-130,2006.
  5. 松岡恵子,金吉晴:知的機能の簡易評価実施マニュアル.Japanese Adult Reading Test (JART).新興医学出版社,東京,2006.