◆精神保健研究所
〒187-8553
東京都小平市小川東町4-1-1
Tel:042-341-2711
Fax:042-346-1944

TOP研究者の方へ > 成人精神保健研究部 2007年度研究業績

成人精神保健研究部 2007年度研究業績

原著論文

  1. Matsuoka Y, Nishi D, Nakajima S, Kim Y, Homma M, Otomo Y: Incidence and prediction of psychiatric morbidity following a motor vehicle accident in Japan: The Tachikawa Cohort of Motor Vehicle Accident Study. Crit Care Med 36(1):74-80, 2008.
  2. Hori H, Nagamine M, Soshi T, Okabe S, Kim Y, Kunugi H: Schizotypal traits in healthy women predict prefrontal activation patterns during a verbal fluency task: A Near-infrared spectroscopy study. Neuropsychobiology 57: 61-69, 2008.
  3. Nagamine M, Matsuoka Y, Mori E, Fujimori M, Imoto S, Kim Y, Uchitomi Y: Relationships between heart rate and emotional memory in subjects with a past history of PTSD. Psychiatry and Clinical Neurosciences 61(4):441-443, 2007.
  4. Matsuoka Y, Nagamine M, Mori E, Imoto S, Kim Y, Uchitomi Y: Left hippocampal volume inversely correlates with enhanced emotional memory in middle aged healthy women.J Neuropsychiatry Clin Neurosci 19 : 335-338, 2007.
  5. Nagamine M, Matsuoka Y, Mori E, Imoto S, Kim Y, Uchitomi Y: Different emotional memory consolidation in cancer survivors with and without a history of intrusive recollection. Journal of Traumatic Stress, 20(5), 727-736, 2007.
  6. Hakamata Y, Matsuoka Y, Inagaki M, Nagamine M, Hara E, Imoto S, Murakami K, Kim Y, Uchitomi Y: Structure of orbitofrontal cortex and its longitudinal course in cancer-related post-traumatic stress disorder. Neuroscience Research 59:383-389, 2007.
  7. Kitayama N, Brummer M, Hertz L, Quinn S, Kim Y, Bremner JD: Morphologic alterations in the corpus callosum in abuse-related posttraumatic stress disorder: A preliminary study. J Nerv Ment Dis 195: 1027-1029, 2007.
  8. Nagamine M , Soshi T , Nioka S , Chance B , Kim Y : Dorsolateral Prefrontal Cortex Activation During Lying is Context Dependent  -A Preliminary Report Using Near-Infrared Spectroscopy. 精神保健研究20:77-85, 2007.
  9. 大江美佐里,前田正治,金吉晴:PTSD患者に対するParoxetine使用の現状-多施設間後方視調査-.トラウマティック・ストレス, 5(2): 71-78 (167-174), 2007.
  10. 原恵利子,北山徳行,金吉晴,J. D. Bremner:側脳室の拡大を伴う外傷後ストレス障害(PTSD)の2症例-その成因と発症脆弱因子に関する考察.精神医学.49-(12):1251-1254.2007.
  11. 西大輔, 松岡豊:希死念慮の適切な評価―救命救急センターにおける自殺未遂者との面接を通して.医学のあゆみ 221(3): 221-224, 2007.
  12. 西大輔, 松岡豊:救命救急センターからみた自殺―心的外傷体験を持つ症例を中心に―.トラウマティックストレス 5(2): 45-52(141-148), 2007.
  13. 西大輔, 松岡豊:自殺未遂後に生じる転機の萌芽について.総合病院精神医学 19(3): 333-9, 2007.
  14. 寺島瞳,小玉正博:他者を操作することに影響を及ぼす個人内要因の検討.パーソナリティ研究15: 313-322, 2007.

総説

  1. 中島聡美,森田展彰,数井みゆき:関係性から考える乳幼児のPTSD発症のメカニズム.児童青年精神医学とその近接領域 48(5), 567-582, 2008 .
  2. 中島聡美:犯罪被害者への精神医療に関する検討会報告の役割と課題.ジュリスト1351,28-33,2008.
  3. 金吉晴:妄想とその意味を巡って-Musalek教授臨床講義より.臨床精神病理28:53-57,2007.
  4. 袴田優子, 松岡豊:PTSDにおける扁桃体の構造と機能.臨床精神医学36(7):871-881, 2007.
  5. 松岡豊, 西大輔, 清水研:せん妄の症状評価尺度―その信頼性と妥当性.精神科治療学 22(8):901-907, 2007.
  6. 袴田優子,松岡豊:PTSDの機能神経画像研究―認知行動療法の作用機序の解明に向けて.脳と精神の医学18(2):157-173, 2007.
  7. 中島聡美,白井明美:犯罪被害者の精神健康とメンタルヘルスサービス.日本アルコール・薬物医学会雑誌42:21-31,2007.
  8. 栗山健一:ヒトの運動学習の向上と睡眠 Sleep-Dependent Learning for Skill Performance in Human.Cognition and Dementia, 特集 記憶の定着と睡眠 6(2): 114-123 , 2007.
  9. 曽雌崇弘:事象関連電位からみた文処理の脳内メカニズム.臨床脳波 49: 345-350, 2007.

著書

  1. 石丸径一郎 :同性愛者における他者からの拒絶と受容―ダイアリー法と質問紙によるマルチメソッド・アプローチ.ミネルヴァ書房,京都,pp1-173, 2008.
  2. 石丸径一郎 :量的調査型研究の実際.下山晴彦・能智正博編:心理学の実践的研究法を学ぶ.新曜社,東京,pp291-301,2008
  3. 金吉晴,栗山建一:外傷性記憶と解離. 精神科治療学, 22(4);星和書店,東京,pp395-399, 2007.
  4. 金吉晴:外傷後ストレス障害.In:今日の治療指針 2008年版.医学書院,東京,pp743, 2007.
  5. 金吉晴:パーソナリティ障害.In:こころの病気を知る事典(新版).弘文堂,東京,pp159-167, 2007.
  6. 中島聡美:犯罪被害者・DV被害者. 救急医療の基本と実際<精神・中毒・災害>(山本保博監修,行岡哲男・大田祥一編集),壮道社,東京,pp114-119, 2007.
  7. 西大輔,松岡豊:心的トラウマとPTSD.救急医療の基本と実際<精神・中毒・災害>(山本保博監修,行岡哲男・大田祥一編集),壮道社,東京,pp98-102, 2007.
  8. 野口普子,松岡豊:救急医療従事者のストレスマネージメント.救急医療の基本と実際<精神・中毒・災害>(山本保博監修,行岡哲男・大田祥一編集),壮道社,東京,pp139-142, 2007.
  9. 小西聖子,白井明美 :「悲しみ」の後遺症をケアする グリーフケア・トラウマケア入門. 角川グループパブリッシング,東京,pp10-102, 2007.