◆精神保健研究所
〒187-8553
東京都小平市小川東町4-1-1
Tel:042-341-2711
Fax:042-346-1944

TOP研究者の方へ > 精神生理研究部 2007年度研究業績

精神生理研究部 2007年度研究業績

原著論文

  1. Mishima K, Fujiki N, Yoshida Y, Sakurai T, Honda M, Mignot E, Nishino S: Hypocretin receptor expressions in canine and murine narcolepsy models and in hypocretin-ligand deficient human narcolepsy. SLEEP (in press), 2008.
  2. Higuchi S, Ishibashi K, Aritake S, Enomoto M, Hida A, Tamura M, Kozaki T, Motohashi Y, Mishima K: Inter-individual difference in pupil size correlates to suppression of melatonin by exposure to light. Neurosci Lett (in press), 2008.
  3. Nagase Y, Uchiyama M, Kaneita Y, Li L, Mishima K, Nishikawa T, Ohida T: Coping Strategies and Their Correlates with Depression in the Japanese General Population. Psychiatry Res (in press), 2008.
  4. Enomoto M, Inoue Y, Namba K, Munezawa T, Matsuura M: Clinical characteristics of restless legs syndrome in end-stage renal failure and idiopathic RLS patients. Mov Disord 23:811-816, 2008.
  5. Kusanagi H, Hida A, Satoh K, Echizenya M, Shimizu T, Pendergast JS, Yamazaki S, Mishima K: Expression profiles of 10 circadian clock genes in human peripheral blood mononuclear cells. Neuroscience Research (in press), 2008.
  6. Echizenya M, Mishima K, Satoh K, Kusanagi H, Ohkubo T, Shimizu T: Dissociation between objective psychomotor impairment and subjective sleepiness after diazepam administration in the aged people. Hum Psychopharmacol 22: 365-72, 2007.
  7. Maruyama F, Mishima K, Shimizu T: A case of isolated retrograde amnesia with deja vu associated with right temporal lobe epilepsy. Akita J of Medicine 34: 245-50, 2007.
  8. Higuchi S, Motohashi Y, Ishibashi K , Maeda T: Influence of eye colors of Caucasians and Asians on suppression of nocturnal melatonin secretion by light. Am J Phyiol Regul Integr Comp Physiol, 292, R2352-2356, 2007.
  9. Fan Y, Hida A, Anderson DA, Izumo M, Johnson CH: Cycling of CRYPTOCHROME proteins is not necessary for circadian-clock function in mammalian fibroblasts. Curr Biol. 17:1091-100, 2007.
  10. 青木幹太,石橋圭太,前田享史,樋口重和,安河内朗: 12週間の有酸素運動が運動習慣のない若年者の暑熱環境下の起立性循環調節反応に及ぼす影響. 日本生理人類学会誌13 (1), 27-38, 2008.

総説

  1. 三島和夫: 【臨床睡眠学 ー睡眠障害の基礎と臨床ー】概日リズム睡眠障害(不規制型睡眠・覚醒タイプ). 日本臨牀 66: 325-30, 2008.
  2. 三島和夫: 【特集/高齢者認知症の知識と理解】認知症にみられる睡眠障害とその対応. 臨牀と研究 85: 515-9, 2008.
  3. 三島和夫: 【特集/睡眠障害と薬物治療~すこやかな眠りのために~】加齢,認知症に伴う睡眠障害. 医薬ジャーナル 44: 79-83, 2008.
  4. 三島和夫, 有竹清夏, 高橋清久: 【特集/睡眠障害の基礎と臨床】現代社会と睡眠障害. 精神科 12: 149-54, 2008.
  5. 樋口重和, 三島和夫: 団塊の世代にとっての光と健康. 設備と管理 42: 35-8, 2008.
  6. 榎本みのり, 有竹清夏, 松浦雅人: 成人と高齢者の睡眠障害. オベリスク 13: 15-8, 2008.
  7. 三島和夫: 高齢者の不眠とその対処. カレントテラピー 25: 34-9, 2007.
  8. 三島和夫: 高齢者,認知症患者の睡眠障害と治療上の留意点. 精神医学 49: 501-10, 2007.
  9. 三島和夫, 岩城忍, 阿部又一郎: 単極性うつ病と睡眠. 睡眠医療 2: 13-20, 2007.
  10. 越前屋勝, 三島和夫: 睡眠・覚醒リズム障害を訴える患者へのアプローチ. Medicina 44: 1252-6, 2007.
  11. 太田龍朗, 三島和夫, 井上雄一, 高橋清久: 高齢者睡眠障害の現状と展望. Geriat. Med(老人医学) 45: 751-60, 2007.
  12. 内山真, 石郷岡純, 井上雄一, 三島和夫: 日常診療における不眠をどう捉えるか -不眠とうつ病の関連を中心に-. 睡眠医療 5: 73-82, 2007.
  13. 有竹清夏, 三島和夫, 大川匡子: 特集:初老期・高齢期のホルモン療法 高齢期うつとメラトニン. モダン・フィジシャン 27: 1109-12, 2007.
  14. 有竹清夏: 米国における治験システムの現況. 睡眠医療 3: 146-50, 2007.
  15. 有竹清夏, 榎本みのり, 松浦雅人: 神経疾患と睡眠障害. 日本薬理学雑誌(Folia Pharmacologia Japonica) 129: 418-21, 2007.
  16. 榎本みのり, 有竹清夏, 三島和夫: 認知症の睡眠障害. 老年医学 45: 739-43, 2007.
  17. 鈴木博之: ヒトにおける睡眠中の脳活動と記憶. Cognition and Dementia 6: 130-136, 2007.
  18. 鈴木博之: 睡眠中の情報処理. 生理心理学と精神生理学 25: 17-34, 2007.

著書

  1. 三島和夫: 睡眠障害:こころの健康科学研究の現状と課題 ー今後の研究のあり方についてー. 精神・神経科学振興財団, 東京, 2007.
  2. 三島和夫: 季節性うつ病におけるSSRIの効果:SSRIのすべて. 先端医学社, 東京, 2007.
  3. 田ヶ谷浩邦, 三島和夫: 睡眠障害.時間療法の基礎と実践.大戸茂弘, 吉山友二 編: 丸善株式会社, 東京, pp 32-8, 2007.
  4. 樋口重和:生体リズムとホルモン.人工環境デザインハンドブック.人工環境デザインハンドブック編集委員会編: 丸善株式会社, 東京, pp 201-203.
  5. 樋口重和:労働と照明. 人工環境デザインハンドブック. 人工環境デザインハンドブック編集委員会編: 丸善株式会社, 東京, pp 207-209.
  6. 有竹清夏, 三島和夫: 高齢者の睡眠障害の病態と診断・治療. 日常臨床で押さえておきたい睡眠障害の知識. 内村直尚 編: 南山堂, 東京, pp 121-8, 2007.
  7. 阿部又一郎, 三島和夫: 精神疾患.時間療法の基礎と実践.大戸茂弘, 吉山友二 編: 丸善株式会社, 東京, pp 39-46, 2007.
  8. 榎本みのり, 有竹清夏, 松浦雅人: 睡眠と眠気の評価技術.眠りの科学とその応用.Vol.3.シーエムシー出版, 2007.
  9. 榎本みのり, 有竹清夏:臨床神経生理検査の実際. 松浦雅人 編 新興医学出版社, 東京, pp 151-7,2007