◆精神保健研究所
〒187-8553
東京都小平市小川東町4-1-1
Tel:042-341-2711
Fax:042-346-1944

TOP研究者の方へ > 心身医学研究部 2007年度研究業績

心身医学研究部 2007年度研究業績

原著論文

  1. Nishimura H, Komaki G, Ando T, Nakahara T, Oka T, Kawai K, Nagata T, Nishizono A, Okamoto Y, Okabe K, Koide M, Yamaguchi C, Saito S, Ohkuma K, Nagata K, Naruo T, Takii M, Kiriike N, Ishikawa T, Japanese Genetic Research Group for Eating Disorders:Psychological and weight-related characteristics of patients with anorexia nervosa- restricting type who later develop bulimia nervosa. BioPsychoSocial Medicine 2008, 2:5doi:10.1186/1751-0759-2-5
  2. Ando T, Ichimaru Y, Konjiki F, Shoji M, Komaki G:Variations in the preproghrelin gene correlate with higher body mass index, fat mass, and body dissatisfaction in young Japanese women.Am J Clin Nutr ; 86: 25-32, 2007
  3. Moriguchi Y, Decety J, Ohnishi T, Maeda M, Mori T, Nemoto K, Matsuda H, Komaki G: Empathy and judging other's pain: an fMRI study of alexithymia. Cereb Cortex 17:2223-2234, 2007.
  4. Moriguchi Y, Maeda M, Igarashi T, Ishikawa T, Shoji M, Kubo C, Komaki G: Age and gender effect on alexithymia in large, Japanese community and clinical samples: a cross-validation study of the Toronto Alexithymia Scale (TAS-20). Biopsychosoc Med 1:7, 2007.
  5. Moriguchi Y, Ohnishi T, Mori T, Matsuda H, Komaki G: Changes of brain activity in the neural substrates for theory of mind during childhood and adolescence. Psychiatry Clin Neurosci 61:355-363, 2007.
  6. Hashimoto R, Mori T, Nemoto K, Moriguchi Y, Noguchi H, Nakabayashi T, Hori H, Harada S, Kunugi H, Saitoh O, Ohnishi T:Abnormal microstructures of the basal ganglia in schizophrenia revealed by diffusion tensor imaging. World Journal of Biological Psychiatry 1 - 5, 2007.
  7. Mori T, Ohnishi T, Hashimoto R, Nemoto K, Moriguchi Y, Noguchi H, Nakabayashi T, Hori H, Harada S, Saitoh O, Matsuda H, Kunugi H: Progressive changes of white matter integrity in schizophrenia revealed by diffusion tensor imaging. Psychiatry Res 154:133-145, 2007.
  8. 小牧 元:あるべき摂食障害治療をさぐるー米国保険診療の神経性食欲不振症患者治療に及ぼした問題点からー.日本心療内科学会誌Vol.11 No.4,2007
  9. 倉 尚樹,平尾節子,前田 一,山本律子,北原美保,倉 五月,菊池信行,安藤哲也,杤久保修,平尾紘一:Ⅰ型糖尿病女性における体重コントロールを目的としたinsulin misuse.糖尿病50(3):213-216, 2007.
  10. 高橋 晶, 伊藤ますみ, 岡崎光俊, 田中 晋, 原 恵子, 渡辺雅子, 開道貴信, 大槻泰介, 加藤昌明, 大沼悌一:側頭葉てんかんにウィリス動脈輪閉塞症(もやもや病)を合併した1例: Adult Case of Moyamoya Disease with Intractable Epileptic Seizures. てんかん研究, Vol.25, No.2(20070831) pp74-80, 2007.

総説

  1. Decety J, Moriguchi Y: The empathic brain and its dysfunction in psychiatric populations: implications for intervention across different clinical conditions. Biopsychosoc Med 1:22, 2007.
  2. 川村則行:自己治癒力とは何か.看護学雑誌 Vol72.No.3,pp186-195,2008.
  3. 権藤元治,河合啓介,瀧井正人,久保千春:症例報告 摂食障害に対し認知行動療法に内観療法を組合わせて施行し奏効した2症例.日本心療内科学会誌12 : 10-14, 2008
  4. 山田久美子:統合医療のエビデンス-アロマセラピーとヨーガに焦点をあてて.看護学雑誌,Vol.72.No.3,p210-217,2008.
  5. 小牧 元:心身医学の英文誌について.心療内科11:181-85,2007.
  6. 小牧 元:特集「摂食障害 その診かたと治療」:診断の仕方.Modern Physician 27 : 779-784,2007.
  7. 小牧 元:摂食障害の内科的治療:診断と分類.メディカル・サイエンス・ダイジェスト Vol.33 No.11,東京,pp1109-1112, 2007.
  8. 安藤哲也,小牧 元:摂食障害の罹患感受性における食欲・体重調節物質の役割―グレリン遺伝子多型の解析―.心身医学47(4): 265-272, 2007.
  9. 安藤哲也,石川俊男:ストレスと心身症.特集-職場のメンタルヘルス.日本医師会雑誌136(1): 31-35, 2007.
  10. 安藤哲也:アトピー性皮膚炎の心身医学的問題について.精神保健研究53 : 49-64, 2007.
  11. 守口善也:自閉症研究の進歩: アレキシサイミア(失感情症)と他者理解に関する脳機能画像研究.認知神経科学9 : 262-268, 2007.
  12. 守口善也:【勃興しつつある新たな画像診断】: 心をみるMRI: fMRI を用いた自己・他者理解の研究を通じて.日本小児放射線学会雑誌 24 : 3-10, 2008.
  13. 守口善也:自閉症研究の進歩: アレキシサイミア(失感情症)と他者理解に関する脳機能画像研究.認知神経科学9 : 262-268, 2007.
  14. 高橋 晶,朝田 隆:前頭側頭型認知症の疫学.老年精神医学雑誌, 2007 Vol.18 No.6, 632-638,2007.

著書

  1. 小牧 元:第3章 診断.切池信夫 編集:新しい診断と治療のABC47 摂食障害.pp.49-61, 最新医学社,大阪,2007.
  2. 小牧 元:ストレス性障害.久野貞子,樋口輝彦 編集:心の健康科学研究の現状と課題.pp.121-130,財団法人精神・神経科学振興財団,東京,2007.
  3. 小牧 元:神経性食欲不振症・過食症.永田勝太郎 編集:心身症の診断と治療―心療内科 新ガイドラインの読み方.診断と治療社,東京,2007.
  4. 小牧 元:救急搬入時診察のポイント.日本摂食障害学会 編集:摂食障害救急患者治療マニュアル.厚生労働省精神・神経疾患研究委託費平成17~平成19年度摂食障害治療ガイドラインの臨床的実証および治療ネットワークの確立研究班(主任研究者石川俊男)
  5. 辻裕美子:もう悩まない「悩み方」.主婦の友社,東京,2007.7.