◆精神保健研究所
〒187-8553
東京都小平市小川東町4-1-1
Tel:042-341-2711
Fax:042-346-1944

TOP研究者の方へ > 社会精神保健研究部 2008年度研究業績

社会精神保健研究部 2008年度研究業績

原著論文

  1. Okumura Y,Sakamoto S,Ono Y: Latent structure of depression in a Japanese population sample: taxometric procedures.Australian and New Zealand Journal of Psychiatry 43:666-673,2009.
  2. Kobayashi M,Ohno T,Noguchi W,Matsuda A,Matsushima E,Kato S,Tsujii H: Psychological distress and quality of life in cervical cancer survivors after radiotherapy: do treatment modalities,disease stage,and self-esteem influence outcomes?.Int J Gynecol Cancer 19:1264-1268,2009.
  3. Nishida A,Sasaki T,Harada S,Fukuda M,Ikebuchi E,Masui K,Nishimura Y,Okazaki Y: Risk of developing schizophrenia among Japanese high-risk offspring of an affected parent: outcome of a twenty-three-year follow-up.Psychiatry and Clinical Neuroscience 63: 88-92,2009.
  4. Ito H,Kawano K,Kawashima D,Kawanishi C: Responses to patients with suicidal ideation among different specialties in general hospitals.General Hospital Psychiatry 30: 578-580,2008.
  5. Kobayashi M,Sugimoto T,Matsuda A,Matsushima E,Kishimoto S: Association between self-esteem and depression among patients with head and neck cancer: a pilot study.Head Neck 30 (10): 1303-1309,2008.
  6. Okumura Y,Sakamoto S,Tomoda A,Kijima N: Latent structure of self-reported depression in undergraduates: Using taxometric procedures and information-theoretic latent variable modeling.Personality and Individual Differences 46,166-171,2008.
  7. Nishida A,Tanii H,Nishimura Y,Kajiki N,Inoue K,Okada M,Sasaki T,Okazaki Y: Associations between psychotic-like experiences and mental health status and other psychopathologies among Japanese early teens.Schizophrenia Research 99(1-3):125-133,2008.
  8. 藤田純一,小林桜児,伊藤弘人,岩間久行,岩成秀夫:公立単科精神科病院における頓用薬使用の実態と意識調査.精神医学51(6):567-577,2009.
  9. 川島大輔・小山達也・川野健治・伊藤弘人:希死念慮者へのメッセージにみる,自殺予防に対する医師の説明モデル-テキストマイニングによる分析-.パーソナリティ研究17(2):121-132,2009.
  10. 三澤史斉,野田寿恵,藤田純一,伊藤弘人,樋口輝彦:精神科救急入院科病棟における初期治療の意識調査 統合失調症精神運動興奮モデル事例から.臨床精神薬理11:1693-1700,2008.
  11. 本堂徹郎,秋山 剛,土屋正雄,田島美幸,酒井佳永,本間みね子,小山明日香,野田寿恵,伊藤弘人,三宅由子:精神科入院満足度調査票の開発-満足度の変動可能性-.精神科治療学23:1251-1257,2008.
  12. 富永真己,秋山 剛,三宅由子,酒井佳永,畑中純子,加藤紀久,神保恵子,倉林るみい,田島美幸,小山明日香,岡崎 渉,音羽建司,野田寿恵:職場復帰前チェックシートに関する産業保健スタッフによる評価の信頼性,妥当性.精神医学50:689-699,2008.
  13. 小山明日香,小山智典,立森久照,野田寿恵,竹島 正:各都道府県の1年未満在院患者群の退院に関する指標 「平均残存率」に関連する要因の検討.日本社会精神医学雑誌17:159-167,2008.
  14. 堀口寿広:長塚節の強迫性.日本病跡学雑誌75:5-18,2008.
  15. 堀口寿広,秋山千枝子,昆 かおり:発達障害児の保護者に見られた気分障害の特徴.臨床精神医学37(9):1193-1200,2008.
  16. 秋山千枝子,昆 かおり,堀口寿広:発達障害児の状態に対する保護者と教師の認識のズレに関する検討.脳と発達40(4):284-288,2008.
  17. 古島わかな,稲垣真澄,軍司敦子,加我牧子,山㟢広子,堀口寿広:小児大脳型副腎白質ジストロフィーの超早期発症診断に関する研究-視覚系心理検査および視覚誘発電位の有用性-.脳と発達40(4):301-306,2008.
  18. 坂本真士,奥村泰之,田中江里子:自殺を抑止するために新聞の自殺報道において掲載されるべき内容についての心理学的研究.架空の記事を用いた質問紙実験による検討.こころの健康23:47-55,2008.
  19. 川島大輔:宗教を通じた死生の意味構成-ある女性高齢者のライフストーリーへの事例検討-.人間性心理学研究26(1・2):41-52,2008.
  20. 川島大輔:意味再構成理論の現状と課題-死別による悲嘆における意味の探求-.心理学評論51(4):485-499,2008.

総説

  1. 宇佐美しおり,岡谷恵子,矢野千里,樺島啓吉,川田美和,倉知延章,中山洋子,伊藤弘人,野末聖香,馬場香織:病状が不安定な精神障害者の自立支援における退院支援ケア・パッケージ作成とパッケージを含む集中型包括型ケア・マネジメントモデル(Community Based Care Management:CBCM)の開発.インターナショナルナーシングレビュー32(1):88-95,2009.
  2. 川野健治,伊藤弘人:未遂者・遺族等へのケアに関する研究.自殺予防と危機介入28:22-27,2009.
  3. 川野健治:自殺と遺された家族のケア.臨床心理学50:281-286,2009.
  4. 坂田 睦,森川則文,古賀幸博,伊藤弘人:メチルフェニデートの適正使用に関する報告-向精神薬管理への薬剤師の役割-.日本精神科病院協会雑誌27(8):49-53,2008.
  5. 堀口寿広:知的障害・発達障害・精神障害への対応.交通工学43(5):31-34,2008.
  6. 堀口寿広:保育・教育の現場では-発達障害をもった子どもたちやその周辺の子どもたちのためにどのような機関と連携がとれるか?-.チャイルドヘルス11(10):30-34,2008.
  7. 堀口寿広:地域支援ネットワークの活用による発達障害児・者の支援.小児科臨床61(12):2669-2674,2008.

著書

  1. 伊藤弘人:保健医療サービスの概要:保健医療サービス論.へるす出版,東京,pp35-87,2009.
  2. 伊藤弘人:政策評価.日本社会精神医学会 編:社会精神医学.医学書院,東京,pp414-420,2009.
  3. 川野健治:臨床場面での「語り」研究.塩崎万理,岡田 努 編:自己心理学(3)健康心理学・臨床心理学へのアプローチ.金子書房,東京,pp41-61,2009.
  4. 川野健治:専門的支援スタッフ研修事業から見えてくるもの.清水新二 編:現代のエスプリNo.501 封印された死と自死遺族の社会的支援.至文堂,東京,pp85-95,2009.
  5. 堀口寿広:心理検査.加我牧子,佐々木征行,須貝研司 編著:国立精神・神経センター小児神経科診断・治療マニュアル 改訂第2版:診断と治療社,東京,pp243-251,2009.
  6. 堀口寿広:総説-知的障害福祉(障害者自立支援法を含めて)-.加我牧子,佐々木征行,須貝研司 編著.国立精神・神経センター 小児神経科診断・治療マニュアル 改訂第2版:診断と治療社,東京,pp438-450,2009.
  7. 小林未果:精神腫瘍学クイックリファレンス.小川朝生,内富庸介 編.創造出版,東京,pp229-233,2009.
  8. 伊藤弘人:実践!精神科における転倒・転落対策.川田和人,佐藤ふみえ 編著.中山書店,東京,pp2-7,pp8-14,2008.
  9. 伊藤弘人:精神科DPC(診断群分類包括評価).樋口輝彦,神庭重信,染矢俊幸,宮岡 等 編著:KEY WORD 精神第4版:先端医学社,東京,pp88-89,2008.
  10. 川野健治:自死遺族の語り-今,返事を書くということ-.やまだようこ 編:質的心理学講座第2巻人生と病の語り.東京大学出版会,東京,pp79-99,2008.
  11. 松島英介,野口 海,松下年子,小林未果,松田彩子:わが国の医療現場における「尊厳死」の現状-告知の問題-(集計および解析),飯田亘之,甲斐克則 編:終末期医療と生命倫理.太陽出版,愛知,pp94-118,2008.