◆精神保健研究所
〒187-8553
東京都小平市小川東町4-1-1
Tel:042-341-2711
Fax:042-346-1944

TOP研究者の方へ > 薬物依存研究部 2006年度研究業績

薬物依存研究部 2006年度研究業績

原著論文

  1. Nemoto T, Iwamoto M, Morris A, Yokota F, Wada K: Substance use and sexual behaviors among Jap-anese tourists, students, and temporary workers in Honolulu, Hawaii. AIDS Education and Prevention 19: 68-81, 2007.
  2. Sogawa C, Sogawa N, Tagawa J, Fujino A, Ohyama K, Asanuma M, Funada M, Kitayama S: 5-Methoxy-N, N-diisopropyltryptamine( Foxy), a selective and high affinity inhibitor of serotonin transporter.Toxicol Lett. 170(1): 75-82, 2007 .
  3. Ozaki S, Wada K: Characteristics of Methylphenidate Dependence Syndrome in Psychiatric Hospital Settings. Japanese Journal of Alcohol Studies & Drug Dependence 41: 89-99, 2006.
  4. Osaki Y, Tanihata T, Ohida T, Minowa M, Wada K, Suzuki K, Kaetsu A, Okamoto M, Kishimoto T: Adolescent smoking behavior and cigarette brand preference in Japan. Tobacco Control 15: 172-180, 2006.
  5. Senoo E, Ogai Y, Haraguchi A, Kondo K, Ishibashi Y, Umeno M, Kikumoto H, Hori T, Komiyama T, Kato R, Aso K, Asukai N, Wada K, Saitoh S, Ikeda K: Reliability and Validity of the Japanese Version of the Addiction Severity Index (ASI-J). Japanese Journal of Alcohol Studies & Drug Depend-ence 41: 368-379,2006.
  6. Kaneita Y, Ohida T, Osaki Y, Tanihata T, Minowa M, Suzuki K, Wada K, Kanda H, Hayashi K:Insomnia Among Japanese Adolescents: A Nationwide Representative Study. Sleep 29: 1543-1550.2006.
  7. Narimatsu S, Yonemoto R, Saito K, Takaya K, Kumamoto T, Ishikawa T, Asanuma M,Funada M, Kiryu K, Naito S, Yoshida Y, Yamamoto S, Hanioka N: Oxidative metabolism of 5-methoxy-N, N-diisopropyltryptamine (Foxy) by human liver microsomes and recombinant cytochrome P450 enzymes. Biochem Pharmacol. 71(9): 1377-1385, 2006.
  8. 嶋根卓也,森田展彰,末次幸子, 岡坂昌子:薬物依存症者による自助グループのニーズは満たされているか‐全国ダルク調査から‐.日本アルコール・薬物医学会雑誌 41:100-107, 2006.
  9. 森田展彰, 嶋根卓也, 末次幸子, 岡坂昌子:日本において薬物依存症者の自助施設はどのように機能しているか? 全国ダルク調査から.日本アルコール・薬物医学会雑誌41:343-357, 2006.

総説

  1. 尾崎茂:第4 回市民公開講座「薬物依存症からの回復をめざして」より(その1).(財)麻薬・覚せい剤乱用防止センターNEWS LETTER,第74号:2-7,2007.
  2. 尾崎茂:薬物関連問題の理解のために.(財)麻薬・覚せい剤乱用防止センターNEWS LETTER,第74号:11-16,2007.
  3. 尾崎茂,和田清:睡眠薬乱用・依存の実態と対策.臨床精神薬理 9: 2011-2016, 2006.
  4. 尾崎茂,和田清:ベンゾジアゼピン依存の疫学と国際比較.臨床精神医学 35:1675-1681, 2006.
  5. 尾崎茂:症状性(器質性)精神障害の治療ガイドライン9.有機溶剤.精神科治療学,第21巻増刊号:166-167,2006.
  6. 尾崎茂:精神医療における薬物関連問題(その2).(財)麻薬・覚せい剤乱用防止センターNEWSLETTER,第72号:1-5,2006.
  7. 尾崎茂:薬物使用と法律・犯罪.(財)麻薬・覚せい剤乱用防止センターNEWS LETTER,第73号:2-6,2006.
  8. 和田清:中学生における薬物乱用から地域の教育力を考える.思春期学24: 315-318.2006.
  9. 和田清:中学生における薬物乱用‐ gateway drug の観点から‐.小児科47: 1405-1411.2006.
  10. 舩田正彦,佐藤美緒,青尾直也,和田清:トルエン精神依存形成における脳内モノアミン神経系の役割.日本アルコール・薬物医学会誌 41:31-38.2006.
  11. 嶋根卓也:薬物依存症者による自助グループ“ダルク” について. 犯罪と非行148:104-123, 2006.
  12. 古藤吾郎, 嶋根卓也, 吉田智子, 三砂ちづる:ハームリダクションと注射薬物使用:HIV/AIDS の時代に.国際保健医療21(3):185-195, 2006.

著書

  1. Ozaki S, Wada K, Katsuno S: Chapter 9: Current status of drug abuse among Japanese youth.SubstanceUse among Young People in Urban Environments. World Health Organization. pp.147-166, 2005.
  2. 尾崎茂:Ⅲ.規制薬物関連精神障害「大麻関連精神障害」.精神科救急ガイドライン(規制薬物関連精神障害),pp42-47.日本精神科救急学会,2007.
  3. 尾崎茂(分担執筆):精神科ポケット辞典(新訂版).弘文堂,東京,2006.
  4. 尾崎茂(分担執筆):喫煙,飲酒,薬物乱用防止に関する指導参考資料(小学校編).文部科学省,2006.
  5. 嶋根卓也:第3 章第1 節処遇をめぐる爽やかな風(1)~ダルク~, 第3 章第3 節薬物対策とエビデンス・ベイスト・ポリシー(科学的根拠に基づく政策).石塚伸一(編著)日本版ドラッグ・コート- 処罰から治療へ.日本評論社, 東京, pp168-190, 215-234, 2006.