◆精神保健研究所
〒187-8553
東京都小平市小川東町4-1-1
Tel:042-341-2711
Fax:042-346-1944

TOP研究者の方へ > 精神薬理研究部 2008年度研究業績

精神薬理研究部 2008年度研究業績

原著論文

  1. Suwa S,Takahara M,Shirakawa S,Komada Y,Sasaguri K,Onozuka M,Sato S: Sleep bruxism and its relationship to sleep habits and lifestyle of elementary school children in Japan.Sleep and Biological Rhythms 7: 93-102,2009.
  2. Saitoh A,Yamada M,Yamada M,Takahashi K,Yamaguchi K,Murasawa H,Nakatani A,Tatsumi Y,Hirose N,Kamei J: Antidepressant-like effects of the delta-opioid receptor agonist SNC80([(+)-4-[(alphaR)-alpha-[(2S,5R)-2,5-dimethyl-4-(2-propenyl)-1-piperazinyl]-(3-methoxyphenyl)methyl] -N,N-diethylbenzamide] in an olfactory bulbectomized rat model.Brain Research 1208: 160-169,2008.
  3. Kishimoto M,Ujike H,Okahisa Y,Kotaka T,Takaki M,Kodama M,Inada T,Yamada M,Uchimura N,Iwata N,Sora I,Iyo M,Ozaki N,Kuroda S: The Frizzled 3 gene is associated with methamphetamine psychosis in the Japanese population.Behavioral and Brain Functions 4 (37),2008 (online publication).
  4. Maruyama Y,Yamada M,Takahashi K,Yamada M: Ubiquitin ligase Kf-1 is involved in the endoplasmic reticulum-associated degradation pathway.Biochem Biophys Res Comm 374: 737-741,2008.
  5. Yamada M,Shida Y,Takahashi K,Tanioka T,Nakano Y,Tobe T,Yamada M: Prg1 is regulated by the basic helix-loop-helix transcription factor Math2.J Neurochem 106: 2375-2384,2008.
  6. Takahashi K,Saitoh A,Yamada M,Maruyama Y,Hirose N,Kamei J,Yamada M: Gene expression profiling reveals complex changes in the olfactory bulbectomy model of depression after chronic treatment with antidepressants.J Pharmacol Sci 2008 Nov; 108(3): 320-34.
  7. Inagaki M,Matsumoto T,Kawano K,Yamada M,Takeshima T: Rethinking suicide prevention in Asian countries.Lancet 8; 372(9650): 1630,2008.
  8. Ono S,Komada K,Kamiya T,Shirakawa S: An epidemiological study of the relationship between bowel habits and sleep health by actigraphy measurement and fecal flora analysis.J Physiol Anthropol 27(3): 145-151,2008.
  9. Takahara M,Mizuno K,Hirose K,Sakai K,Nishii K,Onozuka M,Sato S,Shirakawa S: Continuous recording of autonomic nervous activity at nighttime effectively explains subjective sleep reports in postmenopausal women.Sleep and Biological Rhythms 6: 215-221,2008.
  10. Hara E,MatsuokaY,Hakamata Y,Nagamine M,Inagaki M,Imoto S,Murami K,Kim Y,Uchitomi Y: Hippocampal and amygdalar volumes in breast cancer survivors with posttraumatic stress disorder.J Neuropsychiatry Clin Neurosci 20(3): 302-308.2008.
  11. 小関 誠,ジュネジャ・レカ・ラジュ,白川修一郎:閉経後の中高年女性に対するL-theanineが睡眠時の自律神経活動に及ぼす影響.日本生理人類学会誌13(3):17-24,2008.
  12. 水野一枝,山本光璋,水野 康,白川修一郎,中尾光之,山口政人,宗像正徳,河村孝幸,石出信正:高濃度炭酸泉が冷え性を訴える女性の睡眠に及ぼす影響.感性福祉研究所年報9:81-86,2008.
  13. 木暮貴政,西村泰昭,郭 怡,白川修一郎:寝返り・寝心地を重視したマットレスによる睡眠改善効果.日本生理人類学会誌13(4):1-6,2008.

総説

  1. 稲垣正俊,山田光彦:わが国の自殺予防対策.精神科14(3):224-229,2009.
  2. 稲垣正俊,三島和夫,山田光彦:精神疾患対策モデルからのアプローチ.自殺予防と危機介入28(1):10-14,2009.
  3. 稲垣正俊:自殺対策の視点 第4回精神障害と自殺.公衆衛生情報 39(1):24-28,2009.
  4. 稲垣正俊:自殺対策の視点 第5回身体疾患と自殺.公衆衛生情報 39(2):40-45,2009.
  5. 竹島 正,松本俊彦,川野健治,稲垣正俊:自殺予防総合対策センターの取り組み-1年8ヶ月を振り返って-.自殺予防と危機介入28(1):4-9,2009.
  6. 稲垣正俊:抗がん化学療法に伴う精神・神経系の有害事象(副作用).総合病院精神医学:21(1):49-56,2009.
  7. 山田光彦,大内幸恵,稲垣正俊:自殺対策におけるインターネットの活用.精神科治療学23(5):525-530,2008.
  8. 山田光彦,中川敦夫,稲垣正俊,稲垣 中,三好 出:精神・神経領域における臨床研究推進ネットワーク構築の試み 薬物療法の最適化を目指して.臨床薬理39:268,2008.
  9. 白川修一郎:睡眠に関する機能性食品.機能性食品と薬理栄養5(1):31-36,2008.
  10. 白川修一郎:長時間行動・体温モニタリング.生体医工学46(2):160-168,2008.
  11. 白川修一郎:高齢者の睡眠について.地域保健39(9):14-19,2008.
  12. 白川修一郎:赤ちゃんと子どもの時差対策.日本旅行医学会学会誌6(1):70-76,2008.
  13. 稲垣正俊,内富庸介:がん患者の倦怠感(がんに関連する倦怠感).精神医学50(6):587-595,2008.
  14. 竹島 正,松本俊彦,川野健治,稲垣正俊:私たちができる自殺予防 これからの展望 日常業務と自殺予防.日本公衆衛生学会総会抄録集67:69,2008.
  15. 原 恵理子,松岡 豊,袴田優子,永岑 光江,稲垣正俊,金 吉晴,内富庸介:心的外傷後ストレス障害を併発した乳癌生存者における海馬と扁桃体の容積.精神神経学雑誌.特別.329,2008.

著書

  1. 山田光彦:ライフサイクルと社会精神医学 老年期.日本社会精神医学会 編集:社会精神医学.医学書院,東京,pp179-187,2009.
  2. 白川修一郎:正常睡眠.日本睡眠学会 編:睡眠学.朝倉書店,東京,pp25-30,2009.
  3. 白川修一郎:アクチグラフィによる計測.日本睡眠学会 編:睡眠学.朝倉書店,東京,pp287-289,2009.
  4. 田中秀樹,白川修一郎:高齢者の睡眠健康の改善.日本睡眠学会 編:睡眠学.朝倉書店,東京,pp397-401,2009.
  5. 白川修一郎:時差によって体はどのような影響を受けますか?.日本旅行医学会 編:旅行医学質問箱.メジカルビュー社,東京,pp128-129,2009.
  6. 白川修一郎:有効な時差対策があれば教えてください.日本旅行医学会 編:旅行医学質問箱.メジカルビュー社,東京,pp130-131,2009.
  7. 白川修一郎:時差に効く特効薬はありますか?.日本旅行医学会 編:旅行医学質問箱.メジカルビュー社,東京,pp132-133,2009.
  8. 白川修一郎:持病があって服薬していますが,服薬時間はどう調整したらよいですか?.日本旅行医学会 編:旅行医学質問箱.メジカルビュー社,東京,pp134-135,2009.
  9. 稲垣正俊:自殺の予防.山口 徹,北原光夫,福井次矢 編集:今日の治療指針.医学書院,東京,2009.
  10. 白川修一郎,水野 康,駒田陽子:睡眠障害.白井将文 編:男性更年期障害-その関連領域も含めたアプローチ-.新興医学出版社,東京,pp141-144,2008.
  11. 白川修一郎:食事とリズム.石田真理雄,本間研一 編:時間生物学辞典.朝倉書店,東京,pp308-309,2008.
  12. 白川修一郎:眠りで育つ子どもの力.東京書籍,東京,pp1-187,2008.
  13. 白川修一郎:睡眠と脳機能.古賀良彦,高田明和 編:脳と栄養ハンドブック.サイエンスフォーラム,東京,pp219-227,2008.
  14.