ホーム > 630調査関連データ > 平均退院率(平均残存率)、退院率(1年以上群)、入院後3ヶ月時点の退院率、入院後1年時点の退院率の求め方について
平均退院率(平均残存率)、退院率(1年以上群)、入院後3ヶ月時点の退院率、入院後1年時点の退院率の求め方について
県別の指標を求める際の注意点
各都道府県等の数値は、全国データの参照ページと同ページに記載されている個別のデータを用いて求めることができます。政令指定都市のある道府県の場合、同ページに記載されている政令指定都市のデータを含めて計算する必要があります。

・平均退院率(平均残存率)
平均退院率は前年6月1ヵ月間の新入院患者のうち、前年6月~当年5月の各月末時点までの累計退院患者数の平均値{((前年6月の退院患者数)+(前年6月~7月の退院患者数)+(前年6月~8月の退院患者数)+…+(前年6月~当年5月の退院患者数)の合計)を12で割った値}を、前年6月1ヶ月間の新入院患者数で割り、%で表したものです。平均退院率+平均残存率=1 (100%)ですので、平均残存率は平均退院率を1から引いた値になります。

【例】平成24年度精神保健福祉資料を使用すると、117ページおよび118(1)ページより、全国の平均退院率、平均残存率は以下で求めることができます(各月末時点までの累計退院患者数は、集計表の月別退院患者数から計算して求める必要があります)。
平均退院率:{((6,029)+(6,029+7,855)+ (6,029+7,855+5,278)+…+ (6,029+7,855+5,278+4,051+1,794+1,079+823+508+398+431+338+259)) / 12}/ 33,049=0.709 (70.9%)
平均残存率:1-0.709=0.291 (29.1%)


・退院率(1年以上群)
在院期間が1年以上の在院者における当年6月1ヵ月間の退院患者数を12倍して1年間の退院患者数相当とみなし、同年6月30日現在の在院期間が1年以上の在院患者数で割り、%で表したものです。

【例】平成24年度精神保健福祉資料を使用すると、112ページおよび129ページより、全国の退院率(1年以上群)は以下で求めることができます。
退院率(1年以上群): (2,544+637+357+281)×12 / (88,090+41,942+33,899+33,151)=0.233 (23.3%)
(「県別の指標を求める際の注意点」も参照)


・入院後3ヶ月時点の退院率
前年6月1ヵ月間の新入院患者のうち、前年6月〜8月に退院した患者数の合計を、前年6月1ヵ月間の新入院患者数で割り、%で表したものです。

【例】平成24年度精神保健福祉資料を使用すると、117ページおよび118(2)ページより、全国の入院後3ヶ月時点の退院率は以下で求めることができます。
入院後3ヶ月時点の退院率:(6,029+7,855+5,278) / 33,049=0.580 (58.0%)
(「県別の指標を求める際の注意点」も参照)


・入院後1年時点の退院率
前年6月1ヵ月間の新入院患者のうち、前年6月〜当年5月に退院した患者数の合計を、前年6月1ヵ月間の新入院患者数で割り、%で表したものです。

【例】平成24年度精神保健福祉資料を使用すると、117ページおよび118(3)ページより、全国の入院後1年時点の退院率は以下で求めることができます。
入院後1年時点の退院率:28,843 / 33,049=0.873 (87.3%)
(「県別の指標を求める際の注意点」も参照)