◆精神保健研究所
〒187-8553
東京都小平市小川東町4-1-1
Tel:042-341-2711
Fax:042-346-1944

TOP研修情報平成27年度 > 第10回 発達障害早期総合支援研修

第10回 発達障害早期総合支援研修

1.目的

本研修は、発達障害児や家族への乳幼児期から継続的な支援体制を地域内に構築する指導者の養成を目的としています。乳幼児健診などの機会に対人コミュニケーション面の発達を的確に把握し、ニーズのある子どもは見逃さずに適宜見守りができれば、親や関係者の子どものニーズへの気づきを高め、様々な支援にすみやかに繋げることが可能となります。本研修を通して、就学までの発達の変化について見通しを持って子どもと家族に支援できるよう、早期幼児期における発達障害の早期発見・早期支援の意義についての理解を深め、その方法についての最新の知識を習得することを目指します。受講者には、研修成果を踏まえて派遣元の自治体に還元普及することが期待されます。

2.対象者

各自治体において、乳幼児健診に携わる医師および保健師で、発達障害支援について責任的立場にある方。すでに地域で取り組みを始めており、現実の問題にぶつかりどう対処すべきか悩んでおられる方、また新規に取り組みを始めようとしている地域の方、どちらも歓迎です。

3.研修期間

平成 27 年6 月17日(水)から平成27年6月19日(金)

4.研修主題

地域における早期の自閉症発見と、その後の発達支援の意義と実際に焦点を当てています。

5.課程内容

課程内容 時間
1日目
発達障害者支援事業について 1.0
発達障害のある児の発達の道筋 1.5
地域特性に応じた発達障害支援のあり方 1.5
自治体報告 1.0
当事者の声 1.0
2日目
自閉症スペクトラム障害の早期発見のポイント 1.5
乳幼児の対人コミュニケーション行動のアセスメントⅠ 1.5
乳幼児の対人コミュニケーション行動のアセスメントⅡ 1.5
自治体報告及び意見交換 2.0
3日目
幼児期から学童期までの発達障害のある子ども支援 1.5
発達障害のある児の親や教師に対する支援 1.5
保育所支援 1.0
自治体報告 1.0
(合計) 17.5時間

6.定員

50名

7.願書作成(WEB登録)期間:平成27年3月23日(月)~4月13日(月)

受講願書締切日:平成27年4月16日(木)

8.受講料

無料

9. 会場

国立精神・神経医療研究センター 教育研修棟ユニバーサルホール

申込受付中