◆精神保健研究所
〒187-8553
東京都小平市小川東町4-1-1
Tel:042-341-2711
Fax:042-346-1944

TOP研修情報平成28年度 > 第53回 精神保健指導課程研修

第53回 精神保健指導課程研修

第一部 メンタルケアの初期対応のリーダーになる
第二部 データを活用し身近な施策を組み立てる

1.目的

地域における精神保健行政を担う者の2つの観点からのスキルアップを目的とする。

第一部:人材育成や自らの対応力向上の観点から、メンタルに課題を抱えた人への初期対応において、リーダーになるべく演習を行う。

第二部:事業等の企画評価の観点から、データを活用し施策を組み立て評価するための知識と技術を身につける。

2.対象者

  • ・ 都道府県・精神保健福祉センター・保健所・市町村等に勤務する精神保健医療行政に携わる者
     (保健医療資格の有無は問わない)
  • ・ 地域の精神保健医療において中核的な役割を担い、企画や人材育成を要する機関の保健医療従事者

3.研修期間

平成28年9月29日(木)から平成28年10月1日(土)まで
(第一部: 9月29日、30日 第二部: 9月30日、10月1日)
※ 一部または二部のみの参加、もしくは両方通しての参加ともに可

4.研修主題

第一部:基本的な精神疾患に関する知識を理解し、専門家への連携のための初期対応法である、メンタルヘルスファーストエイド(MHFA)の演習を行う。デモセッションの見学、ディスカッション、演習を通して、住民等に精神科的問題に対する研修が行えるようにする。

第二部:630 調査等の既存統計を活用して地域診断を行い、国の施策の動向を踏まえ、課題を解決するため、施策・事業の企画・評価をどのように行うべきかについて講義・演習・グループディスカッション等を行う。

※ 一部または二部のみの参加、もしくは両方通しての参加ともに可

5.課程内容

第一部 時間
メンタルヘルス・ファーストエイド(MHFA)とは 1.0
うつ病・自殺のMHFA 1.5
不安障害のMHFA 1.5
地域におけるMHFA 研修の実際 1.0
精神病性障害のMHFA 1.5
物質使用のMHFA 1.5
総合討議 1.0
小計 9 時間
第二部 時間
精神保健医療施策の動向 2.0
データを活用した地域診断 4.0
施策・事業の企画・評価 3.0
小計 9 時間
合計 18 時間

第53回精神保健指導課程研修プログラム

6.定員

各部40名(応募者多数の場合は選考)

7.申込方法・期間

WEB
平成28年7月22日(金)~8月12日(金)

8.受講料

各部12,000 円
※ 一部・二部通して参加の方は18,000 円

9. 会場

国立精神・神経医療研究センター 研究所3 号館セミナールーム

以下よりお申込ください

※申込み後の変更はできませんので、ご注意ください。

第一部のみ申込みの方

申込受付中

第二部のみ申込みの方

申込受付中

第一部&第二部両方の申込みの方

申込受付中