研究業績一覧


2009年度研究業績一覧
A. 刊行物
(1) 原著論文
1) Matsuoka Y, Nishi D, Nakajima S, Yonemoto N, Hashimoto K, Noguchi H, Homma M, Otomo Y, Kim Y: The Tachikawa Cohort of Motor Vehicle Accident Study investigating psychological distress: Design, methods and cohort profile. Social Psychiatry and Psychiatric Epidemiology 44(4):333-340, 2009.
2) Matsuoka Y, Nishi D, Nakajima S, Yonemoto N, Noguchi H, Otomo Y, Kim Y: Impact of psychiatric morbidity on quality of life after motor vehicle accident at 1-month follow-up. Psychiatry Clin Neurosci 63(2): 235-237, 2009.
3) Matsuoka Y, Nishi D, Yonemoto N, Nakajima S, Kim Y: Toward an explanation of inconsistent rates of PTSD across different countries: infant mortality rate as a marker of social circumstances and basic population health. Psychother Psychosom 79(1):56-57, 2010.
4) Soshi T, Kuriyama K, Aritake S, Enomoto M, Hida A, Tamura M, Kim Y, Mishima K: Sleep Deprivation Influences Diurnal Variation of Human Time Perception with Prefrontal Activity Change: A Functional Near-Infrared Spectroscopy Study. PLoS ONE 5(1): e8395, 2010.
5) Kuriyama K, Soshi T, Fujii T, Kim Y: Emotional Memory Persists Longer Than Event Memory. Learning and Memory 17: 130-133, 2010.
6) Hirayasu Y, Kawanishi C, Yonemoto N, Ishizuka H, Okubo Y, Sakai A, Kishimoto T, Miyaoka H, Otsuka K, Kamijo Y, Matsuoka Y, and Aruga T: A randomized controlled multicenter trial of post-suicide attempt case management for the prevention of further attempts in Japan (ACTION-J). BMC Public Health 9:364, 2009.
7) Kohno Y, Maruyama M, Matsuoka Y, Matsushita T, Koeda H, Matsushima E: Relationship of psychological characteristics and self-efficacy in gastrointestinal cancer survivors. Psycho-Oncology 19(1):71-76, 2010.
8) Suzuki Y, Takahashi T, Nagamine M, Zou Y, Cui J, Han B, Park JI, Hwu HG, Chen CC, Line CC and Shinfuku N: Comparison of psychiatrists’ views on classification of mental disorders in four East Asian countries/area. Asian Journal of Psychiatry, 3: 20-25, 2010.
9) Kuriyama K, Shoda K, Kokubo K, Kojima H, Kojima T: Delayed diagnosis of cognitive disorder due to porencephaly in the frontal cortex suggesting pervasive development disorder: A Case Report. Jpn J Gen Hospital Psychiatry 21: 43-48. 2009.
10)Matsumura K, Yamakoshi T, Ida T: Performance measures of alcohol-induced impairment: Towards a practical ignition-interlock system for motor vehicles. Percept Mot Skills 109: 841-850, 2009.
11) Ito M, Horikoshi M, Kodama M: A cross-sectional survey of age and sense of authenticity among Japanese. Psychol Rep 105: 575-581, 2009.
12) 金 吉晴:精神療法・心理社会療法ガイドライン. PTSDの認知行動療法:224-225, 2009.
13) 曾雌崇弘,栗山健一,金 吉晴,萩原裕子: 有標言語表現処理における短期作業記憶課程と実行系機能の関係に関する事象関連電位研究. 精神保健研究 21(54):73-82, 2009.
14) 金 吉晴:災害時地域精神保健医療活動ガイドライン.精神保健研究22(55):25-26, 2009.14)
15) 石丸径一郎,金 吉晴:PTSDに対する持続エクスポージャー法.精神保健研究22(55):89-94, 2009.
16) 鈴木友理子, 深澤舞子, 金 吉晴: 保健師における災害精神保健支援に関する準備状況.トラウマティック・ストレス8:45-53, 2010.
17) 鈴木友理子, 深澤舞子: 重度の精神疾患をもつ人をめぐる差別に関する経験:量的分析と質的分析. 日本社会精神医学会雑誌18:310-320, 2010.
18) 江田香織, 伊藤正哉, 杉江 征:大学生アスリートの自己形成における本来感と随伴的自己価値が精神的健康に及ぼす影響,スポーツ心理学研究36:37-47, 2009.

(2) 総説
1) 松村健太, 松岡 豊:外傷後ストレス障害に関する最新の精神生理学研究. 脳と精神の医学20(2):143-155, 2009.
2) 臼杵理人,西 大輔,松岡 豊:急性ストレス障害、外傷後ストレス障害.救急医学33:1597-1603, 2009.
3) 西 大輔,松岡 豊,神庭重信:レジリエンス研究の理解のために―リチャードソンのメタ理論とアロスタシス―.精神医学52(3):289-295, 2010.
4) 中島聡美:ドメスティックバイオレンス被害者のPTSDに対する治療―認知行動療法を中心に―.臨床精神医学39(3):303-310, 2010.
5) 伊藤正哉,中島聡美:複座性悲嘆に対する認知行動療法:治療プロセスとアウトカム.精神保健研究55:95-100,2009.
6) 栗山健一:睡眠と学習機能.生体の科学60(4):303-309, 2009.
7) 栗山健一: 小児の学習と睡眠障害:発達への影響. 精神保健研究 21(54): 37-44, 2009.

(3)著書
1) 金 吉晴:専門医のための精神科臨床リュミエール15, 難治性精神障害へのストラテジー: pp176-186,中山書店, 東京,2010.
2) 新福尚隆, 鈴木友理子: 世界の精神保健医療の現状. 新福尚隆, 浅井邦彦編:改定 世界の精神保健医療. へるす出版, 東京, pp3-17, 2009.
3) 鈴木友理子: Mental Health Atlas等の精神保健データの国際比較. 新福尚隆, 浅井邦彦編:改定 世界の精神保健医療. へるす出版, 東京, pp235-242, 2009.

(4)研究報告書
1) 中島聡美,伊藤正哉,石丸径一郎,伊藤大輔,寺島 瞳,大関千春,白井明美,小西聖子,金 吉晴:重度ストレス障害の認知行動療法の効果に関する研究.平成21年度厚生労働科学研究費補助金(こころの健康科学研究事業)「精神療法の実施方法と有効性に関する研究」総括・分担研究報告書(研究代表者 大野裕).pp53-63, 2009.
2) 中島聡美,伊藤正哉,石丸径一郎,伊藤大輔,寺島 瞳,大関千春,白井明美,小西聖子,加茂 登志子,金 吉晴:重度ストレス障害の認知行動療法の効果に関する研究.平成19-21年度厚生労働科学研究費補助金(こころの健康科学研究事業)「精神療法の実施方法と有効性に関する研究」総合研究報告書(研究代表者 大野裕).pp56-66, 2009.

(5)翻訳
1) 金 吉晴:第二章 狂気の道徳化. In:濱中淑彦(監訳).中世の狂気.人文書院,東京,2010. (Muriel Laharie: La fole au Moyen Age. Le Leopard d’Or, Paris, 1991.)

(6)その他
1) 金 吉晴:トラウマとPTSD.青年期の攻撃性-“こもる”と“きれる”-.青健シリーズ21:39-45,57-61,2009.
2) 金 吉晴,川村則行,堤 敦朗,井筒 節,宮崎隆穂,吉川武彦:被爆体験者のもたらす心理的影響について. 第104回日本精神神経学会総会シンポジウム「トラウマの心理的影響に関する実態調査から」.精神神経学雑誌111(4):400-404, 2009.
3) 金 吉晴:記事PE療法について. Medical Tribune 42(24): 20-21, 2009.
4) 金 吉晴,中島聡美:化学兵器あるいは、生物兵器によるテロ事件が発生した場合の精神医療
対応.精神保健研究55:27-28, 2009.
5) 金 吉晴,中島聡美:精神保健医療活動マニュアル.精神保健研究55:29-30, 2009.
6) 松岡 豊,西 大輔,中島聡美,金 吉晴:受傷後1ヶ月における交通事故者の精神疾患とその予測因子に関する検討.精神神経学雑誌111(4):417-422, 2009.
7)鈴木友理子, 堤 敦朗, 本間寛子, 金 吉晴:トラウマの心理的影響に関する実態調査から. 新潟中越地震3年後の地域高齢者における精神障害の有病率調査. 精神神経学雑誌111:405-410, 2009.
8) 松岡 豊:魚油による海馬神経新生でトラウマから脳を守る.こころの科学150:32-37, 2010.
9) 西 大輔, 臼杵理人, 野口普子, 佐久間香子, 佐野恵子, 星崎裕子, 松岡 豊:災害医療センターにおける精神科と救命救急科の包括的な連携. 臨床精神医学 38(9):1227-1232, 2009.
10) 松岡 豊,西 大輔:ω3系多価不飽和脂肪酸のPTSD予防への可能性.精神神経学雑誌111(12):1527-1530, 2009.
11) 中島聡美,白井明美,真木佐知子,石井良子,永岑光恵,辰野文理,小西聖子:犯罪被害者遺族の精神健康とその回復に関連する因子の検討. 精神神経学雑誌111(4):423-429, 2009.
12) 中島聡美:“ひと”にしかできないこと.機関誌ふれあい夏号107:3, 2009.
13) 中島聡美:犯罪被害者等基本法とメンタルヘルス. 心理臨床の広場3(1):20-21, 2009.
14) 中島聡美,白井明美,小西聖子:犯罪被害者のメンタルヘルス情報ページ.精神保健研究55:31-34, 2009.
15) 栗山健一:おもしろ人間学 眠り③ 目覚めれば賢さアップ. 読売新聞夕刊,2009.4.1. 
16) 栗山健一:睡眠が作働記憶能力の向上を促進する.精研だより3:5,2010.
17) 曾雌崇弘:睡眠剥奪によるヒト短時間知覚の変動と前頭前野の血流動態変動の関連.精研だより3:5, 2010.
18) 伊藤正哉:本来性研究の発展とポジティブ心理学. 現代のエスプリ512:100-108, 2010.
19) 正木智子:静岡新聞夕刊 「健康」欄に静岡女性会館で開かれた講演の紹介記事,2010.2.26.

B.学会・研究会における発表
(1) 学会特別講演,教育講演,シンポジウム,ワークショップ,パネルディスカッション等
1) Kim Y, Kamo T, Ujiie Y, Yanagita T: Victims of Domestic Violence: A Follow-up Study on Support Programs for Mothers and Chileren in Japan. Parallel Session 9, Psychological Problems and Psychiatric Treatment of Crime Victims in Japan. The 13th International Symposium on Victimology, Ibaraki, 2009.8.25.
2) Nakajima S, Hashizume K, Tatsuno B, Konishi T:The Current Condition of Mental Health Services for Crime Victims in Japan. Parallel Session 9, Psychological Problems and Psychiatric Treatment of Crime Victims in Japan. The 13th International Symposium on Victimology, Ibaraki, 2009.8.25.
3) Kuriyama K. Sleep contributes to improvement in frontal function via growth in working memory capacity. Symposium“Effects of Sleep on Memory and Cognition” Joint congress of the 6th Asian Sleep Research Society, the 34th Japanese Society of Sleep Research and the 16th Japanese Society for Chronobiology, Osaka, 2009.10.24-27.
4) 金 吉晴:エクスポージャー療法から見たPTSDの認知特性.シンポジウム:外傷性ストレスの臨床とその病態.第31回日本生物学的精神医学会,京都,2009.4.25.
5) 金 吉晴:交通外傷後の精神健康に関する研究.シンポジウム「非器質性精神障害の因果関係判定と障害等級評価」.日本賠償科学会第54回研究会,東京,2009.6.6.
6) 中島聡美, 金 吉晴:PTSDの精神療法 エビデンスに基づいた治療の実践.第105回精神神経学会研修コース9 認知行動療法の治療効果と治療者として到達すべき必要レベル」,兵庫,2009.8.22.
7) 中島聡美,金 吉晴,井上麻紀子,中澤直子,加茂登志子:産婦人科医療現場における性暴力被害者の診療の実態と急性期の心理的介入の検討.第9回日本トラウマティック・ストレス学会シンポジウム「性暴力被害者の支援―最近の課題」,兵庫,2010.3.7.
8) 金 吉晴,中島聡美:持続エクスポージャー法の原理と、非定形PTSD症状への応用.第9回日本トラウマティック・ストレス学会シンポジウム「トラウマ記憶へのエクスポージャー」,兵庫,2010.3.7.
9) 松岡 豊:事故後のPTSD:その実態と予防への取り組み.シンポジウム8“外傷性ストレスの臨床とその病態”,第31回日本生物学的精神医学会,京都,2009.4.23-25.
10) 松岡 豊,西 大輔,:ω3系多価不飽和脂肪酸のPTSD予防への可能性.シンポジウム「ω3系多価不飽和脂肪酸と精神疾患(座長:小澤寛樹、中込和幸)」第105回日本精神神経学会総会,兵庫,2009.8.21-23.
11) 中島聡美:被害者支援の実行化に向けて.20周年記念シンポジウム「被害者学のパースペクティブ」
日本被害者学会第20回学術大会,東京,2009.6.13.
12) 中島聡美:日本の犯罪被害者支援の現状と課題.第9回日本トラウマティック・ストレス学会教育講演,兵庫, 2010.3.6.
13) 鈴木友理子. 地域精神保健推進のためのトレーニング研修コース. 協力講師. 第105回日本精神神経学会学術総会. 精神医学研修コース11,兵庫,2009.8.21-23.

(2)一般演題
1) Kuriyama K, Soshi T, Kim Y: Late-evening exposure of fear episode accentuates the recognition gap between fear and neutral with sleep-dependent memory consolidation. International symposium on biological rhythm, Sapporo, 2009.8.1-4.
2) Soshi T, Kuriyama K, Aritake S, Enomoto M, Hida A, Tamura M, Kim Y, Mishima K: Diurnal variation in human short time perception after sleep deprivation is correlated with the alteration of the prefrontal activation. International symposium on biological rhythm, Sapporo, 2009.8.1-4.
3) Matsuoka Y, Nishi D, Yonemoto N, Nakajima S, Kim Y: Posttraumatic stress disorder after motor vehicle accident in Japan: a 6-month follow-up study. 20th World Congress on Psychosomatic Medicine, Torino, 2009.9.23-26.
4) Nishi D, Matsuoka Y, Yonemoto N, Noguchi H, Kim Y, Kanba S: The Peritraumatic Distress Inventory in assessing patients with high risk of posttraumatic stress disorder. 20th World Congress on Psychosomatic Medicine, Torino, 2009.9.23-26.
5) Nagamine M, Matsuoka Y, Hara E, Kim Y: Effects of neuroticism and age in emotional memory consolidation. 20th World Congress on Psychosomatic Medicine, Torino, 2009.9.23-26.
6) Kuriyama K, Soshi T, Fujii T, Kim Y: Sleep deprivation attenuates emotional generalization from accident to safe events despite having little impact on episodic recognition. Joint congress of the 6th Asian Sleep Research Society, the 34th Japanese Society of Sleep Research and the 16th Japanese Society for Chronobiology, Osaka, 2009.10. 24-27.
7) Soshi T, Kuriyama K, Aritake S, Enomoto M, Hida A, Tamura M, Kim Y, Mishima K: Prefrontal vulnerability to sleep deprivation influences short time perception change. Joint congress of the 6th Asian Sleep Research Society, the 34th Japanese Society of Sleep Research and the 16th Japanese Society for Chronobiology, Osaka, 2009.10. 24-27.
8) Fujii T, Kuriyama K, Soshi T, Hirota Y, Kim Y: The influence of arousal and affective factors on human time perception: an fMRI study. Joint congress of the 6th Asian Sleep Research Society, the 34th Japanese Society of Sleep Research and the 16th Japanese Society for Chronobiology, Osaka, 2009.10. 24-27.
9) Hirota Y, Kuriyama K, Soshi T, Fujii T, Nomura S, Kim Y: The influence of sleep on learning Go/No-go task. Joint congress of the 6th Asian Sleep Research Society, the 34th Japanese Society of Sleep Research and the 16th Japanese Society for Chronobiology, Osaka, 2009.10. 24-27.
10) Ito M, Nakajima S, Shirai A, Kim Y: Cross-cultural validity of Connor-Davidson Resilience Scale: Data from Japanese population. International Society of Traumatic Stress Studies 25th Annual Meeting, Atlanta, 2009.11. 5-7. (Poster).
11) Nakagawa A, Matsuoka Y, Yonemoto N, Nakabayashi T: Developing a training program for clinical research and research ethics at the National Center of Neurology and Psychiatry, Japan. The 1st Meeting of the Asian College of Neuropsychopharmacology, Kyoto, 2009.11.13-14.
12) Suzuki Y, Kato T, Fujisawa D, Hashimoto, N, Sato R, Uehara K, Sawayama Y, Hayashi J, Kanba S, Otsuka K: Improving Suicide Intervention Skills among Medical Residents: Adapting the Mental Health First Aid Program in Japan. 2nd World Congress of Asian Psychiatry. Poster presentation, Taipei, 2009.11.7-10.
13) Suzuki Y, Kato T, Fujisawa D, Hashimoto, N, Sato R, Uehara K, Sawayama Y, Hayashi J, Kanba S, Otsuka K: Improving Suicide Intervention Skills among Medical Residents: Adapting the Mental Health First Aid Program in Japan. International Conference on Depression and Suicide. Poster presentation, Singapore, 2009.12.21-22.
14) Aritake S, Higuchi S, Hida A, Suzuki H, Enomoto M, Tamura M, Kuriyama K, Soshi T, Kitamura S, Watanabe M, Inoue M, Mishima K: Self-awaken and cerebral blood flow. Joint congress of the 6th Asian Sleep Research Society, the 34th Japanese Society of Sleep Research and the 16th Japanese Society for Chronobiology, Osaka, 2009.10. 24-27.
15) 栗山健一,曾雌崇弘,金 吉晴:ポジティブイベントによる前頭前野の血流動体変動:近赤外分光法研究.ポスター発表.第31回日本生物学的精神医学会,京都,2009. 4.23-25.
16) 栗山健一,曾雌崇弘,金 吉晴:恐怖体験記憶における想起判断と情動価の解離:行動指標およびfMRIによる背景脳活動の検討. ポスター発表. 第31回日本生物学的精神医学会,京都,2009. 4.23-25.
17) 松岡 豊,西 大輔,中島聡美,金 吉晴:交通外傷後の精神健康に関するコホート研究:The TCOM Study.第105回日本精神神経学会総会,兵庫,2009.8.21-23.
18) 西 大輔, 松岡 豊, 金 吉晴, 神庭重信:PTSDの予測因子としてのPeritraumatic Distress Inventoryの有用性に関する検討. 第105回日本精神神経学会総会,兵庫,2009.8.21-23.
19) 深澤舞子、鈴木友理子、金 吉晴:都道府県及び政令指定都市を対象とした災害時精神保健活動に関するニーズ調査.第68回日本公衆衛生学会,奈良,2009.10.21-23.
20) 松岡 豊, 西 大輔, 米本直裕, 金 吉晴:救急医療現場における周トラウマ期の苦痛評価はPTSD症状の予測に有用か?第22回日本総合病院精神医学会総会,大阪,2009.11.27-28.
21) 西 大輔、松岡 豊、米本直裕、中島聡美、金 吉晴: なぜ交通事故後のPTSDの有病率は各国で異なるのか―乳児死亡率との相関―. 第29 回日本社会精神医学会, 島根, 2010.2.26.
22) 鈴木友理子, 深澤舞子, 金 吉晴:保健師等を対象とした、災害精神保健支援に関するニーズ調査. 第29回日本社会精神医学会, 島根, 2010.2.25-26.
23) 深澤舞子, 鈴木友理子, 金 吉晴: 都道府県および政令市を対象とした、災害精神保健支援に関するニーズ調査. 第29回日本社会精神医学会, 島根, 2010.2.25-26.
24) 松岡 豊, 中川敦夫, 米本直裕, 中林哲夫:国立精神・神経センターにおける臨床研究教育研修プログラムの取り組み.第22回日本総合病院精神医学会総会,大阪,200.11.27-28.
25) 永岑光恵,中島聡美,白井明美: 犯罪被害者遺族の精神健康と日内コルチゾール分泌リズムの変化.(ポスター).2009年日本心理学会大会,京都,2009. 8. 26-28.
26) 柳朋歌,小西聖子,中島聡美,白井明美:犯罪被害者の受ける二次被害の質的分析.(ポスター).第9回日本トラウマティック・ストレス学会,兵庫,2010.3.7.
27) 鈴木友理子, 加藤隆弘, 佐藤玲子,藤澤大介,上原久美,橋本直樹,神庭重信,大塚耕太郎. 臨床研修医を対象とした,自殺対応スキルおよび偏見除去に関する研修法の効果に関するパイロット研究. ポスター発表.第105回日本精神神経学会学術総会,兵庫,2009.8. 21- 23.

(3)研究報告会
1) 金 吉晴、栗山健一、中島聡美、石丸径一郎、曽雌崇弘、藤井 猛、廣田 優: DCS 服用によるエクスポージャー療法中の生理指標の変化. CREST「精神・神経」領域恐怖記憶制御の分子機構の理解に基づいたPTSD の根本的予防法・治療法の創出 研究会,新潟,2009.9.2.
2) 栗山健一、曽雌崇弘、藤井 猛、廣田 優、金 吉晴:睡眠剥奪が交通事故記憶の強化・定着に及ぼす影響. CREST「精神・神経」領域恐怖記憶制御の分子機構の理解に基づいたPTSD の根本的予防法・治療法の創出 研究会,新潟,2009.9.2.
3) 西 大輔、松岡 豊、金 吉晴: PTSD の予測因子としてのPeritraumatic Distress Inventory の有用性に関する検討. CREST「精神・神経」領域恐怖記憶制御の分子機構の理解に基づいたPTSD の根本的予防法・治療法の創出 研究会,新潟,2009.9.2.
4) 曽雌崇弘、栗山健一、藤井 猛、廣田 優、本間元康、金 吉晴:DCS がヒトの恐怖関連付けに及ぼす影響.CREST「精神・神経」領域恐怖記憶制御の分子機構の理解に基づいたPTSD の根本的予防法・治療法の創出 研究会,新潟,2009.9.2.
5) 栗山健一, 曽雌崇弘, 藤井 猛, 本間元康, 廣田 優, 金 吉晴: D-cycloserineがヒトの恐怖条件付けに及ぼす影響.第42回 精神神経系薬物治療研究報告会,大阪,2009.12.4
6)曽雌崇弘,栗山健一,有竹清夏,榎本みのり,肥田晶子,田村美由紀,金 吉晴,三島和夫:
睡眠剥奪による短時間知覚の変動と前頭前野の血流動態変動の関連. 第12回光脳機能イメージング研究会,大阪,2009.12.5.
7) 松岡 豊,西 大輔,米本直裕, 中島聡美,金 吉晴:事故後PTSDの有病率が各国で異なる理由についての考察―乳児死亡率との相関.第21回精神保健研究所研究報告会,東京,2010.3.15.
8) 中島聡美,白井明美,真木佐知子,石井良子,永岑光恵,辰野文理,小西聖子,金 吉晴:犯罪被害者遺族の精神健康とその回復に関連する因子の検討.平成21年度国立精神・神経センター精神保健研究所研究報告会,東京,2010.3.15.
9) 松岡 豊、西 大輔、米本直裕、浜崎景、橋本謙二、浜崎智仁:オメガ3系不飽和脂肪酸によるPTSD の二次予防に関する検討:オープン試験. CREST「精神・神経」領域恐怖記憶制御の分子機構の理解に基づいたPTSD の根本的予防法・治療法の創出 研究会,新潟,2009.9.2.
10) 松村健太、西 大輔、松岡 豊:PTSD に関連した精神生理学的評価. CREST「精神・神経」領域恐怖記憶制御の分子機構の理解に基づいたPTSD の根本的予防法・治療法の創出 研究会,新潟,2009.9.2.

C.講演
1) Kim Y: Framework for Action: Diagnosis, evaluation and treatment of PTSD. JICA Training for mental health professionals in the Tsunami affected area, Kobe, 2009.12.16
2) Suzuki Y: Postnatal Depression. Staff training at the Nhan dan Gia DInh Hospital, Ho Chi Minh, 2009.11.19.
3) Suzuki Y: How to take care of yourself. Parenting program at the Nhan dan Gia DInh Hospital, Ho Chi Minh, 2009.11.22.
4) Suzuki Y: Framework for Action: Disaster Mental Health in Japan. JICA Training for mental health professionals in the Tsunami affected area, Kobe, 2009.12.5.
5) 栗山健一: Sleep Accelerates the Improvement in Working Memory Performance. 研究奨励賞受賞講演.日本睡眠学会第34回定期学術集会, 大阪, 2009.10. 25.
6) 金 吉晴:PTSD診断と認知行動療法的アプローチに関する理論と経験的実証.武蔵野大学社会連携センター 第6回Prolonged Exposure Therapy for Chronic PTSD 研修,東京,2009.4.26.
7) 金 吉晴:メンタルヘルスケアについて.財団法人労災年金福祉協会 平成21年度指導員研修,東京,2009.5.19.
8) 金 吉晴:「新潟県中越大震災(5年後)被災者こころのケア調査」の実施における指導,助言.新潟県精神保健福祉協会新潟こころのケアセンター.順天堂大学医学部公衆衛生学教室,東京,2009.5.26.
9) 金 吉晴:PTSDの病態と治療.第8回お茶の水精神医学フォーラム,東京医科歯科大学精神科, 東京,2009.5.29.
10) 金 吉晴:PTSDの病態と治療.京都大学医学部付属病院精神神経科 医局セミナー,京都,2009.6.17.
11) 金 吉晴, 鈴木友里子:「新潟県中越大震災(5年後)被災者こころのケア調査」.順天堂大学医学部公衆衛生学,2009.9.1.
12) 金 吉晴:「災害時の心のケア」保健所研修会.和歌山県那智勝浦福祉健康センター,2009.9.9.
13) 金 吉晴:大正大学講義室.危機支援研修会「トラウマ・PTSD・急性期対応」講演,東京,2009.10.17.
14) 金 吉晴:PTSDについて.聖マリアンナ医科大学精神科,神奈川,2009.12.4.
15) 金 吉晴:トラウマの概念と診断、治療対策.日本精神科病院協会平成21年度「こころの健康つくり対策研修会」,東京,2009.12.7.
16) 金 吉晴:職場における外傷後ストレス障害について、東京大学医学部保健学科,東京,2009.12.15.
17) 松岡 豊:ストレスから脳を守る油. 武蔵野大学オムニバス心理講座「脳とストレス」,東京,2009.6.13.
18) 松岡 豊:ストレスから脳を守る油. 武蔵野大学平成21年度後期生涯学習講座,東京,2009.10.17.
19) 中島聡美:犯罪被害者の心理と支援 -検察官に求められるもの‐.横浜地方検察庁,神奈川,2009.6.16.
20) 中島聡美:犯罪被害者支援と医療機関の役割.一般社団法人東京都病院協会,東京,2009.10.2.
21) 中島聡美:犯罪被害者の心理と支援.平成21年度犯罪被害者週間行事,東京都,多摩市,東京,2009.11.16.
22) 中島聡美:犯罪被害者への対応.警察大学校専科第1738期(性犯罪捜査)学生講義,東京, 2009.12.8.
23) 中島聡美:複雑性悲嘆とは:歴史的流れから近年の知見.グリーフ & ビリーブメントカンファレンス,京都,2010.1.11.
24) 中島聡美:犯罪被害者の心理と支援.東京高等裁判所主催 犯罪被害者等の置かれた立場,状況等に関する理解を深めるための研究会,東京,2010.2.5.
25) 中島聡美:性的虐待相談の対応~相談を受けた時どうするか~.いばらき子どもの虐待防止 ネットワークあい,茨城,2010.2.6.
26) 鈴木友理子:中越地震、沖地震後のこころの健康:震災後のこころとからだの健康調査の結果から. ひょうご震災記念21世紀研究機構こころのケアシンポジウム,兵庫,2009.11.12.
27) 栗山健一:記憶・睡眠・PTSD.立教大学,東京,2009.6.22.

D.学会活動
(1) 学会主催

(2) 学会役員
1) Kim Y: World Psychiatric Association, Committee of psychopathology.
2) 金 吉晴:日本トラウマティックストレス学会,常任理事.
3) 金 吉晴:日本精神神経学会,ガイドライン委員.
4) 金 吉晴:自殺予防学会,理事.
5) 松岡 豊:日本サイコオンコロジー学会, 世話人.
6) 中島聡美:日本トラウマティックストレス学会,理事.
7) 中島聡美:日本被害者学会,理事.
8) 鈴木友理子:日本精神神経学会,アンチスティグマ委員.
9) 栗山健一:日本時間生物学会,評議員.

(3) 座長
1) Nakajima S, Kim Y:Chairman. Psychological Problems and Psychiatric Treatment of Crime Victims in Japan. The 13th International Symposium on Victimology, Tokiwa University, Mito, Japan, 2009.8.25.
2) Suzuki Y, Naotaka Shinfuku: Disaster and mentalb health: From AsianPerspective. 第105回日本精神神経学会学術総会,シンポジウム17,兵庫,2009.8.21-23.
3) 森 信繁,金 吉晴:「外傷性ストレスの臨床とその病態」座長,第31回日本生物学的精神医学会,京都,2009.4.25.
4) 小西聖子,中島聡美:シンポジウム「性暴力被害者の支援―最近の課題」座長.第9回日本トラウマティック・ストレス学会,兵庫,2010.3.7.
5) 鈴木友理子, 秋山 剛:アンチスティグマ活動の広がり:精神医療の現場を越えて.第105回日本精神神経学会学術総会,シンポジウム28,兵庫,2009.8.21-23.

(4) 編集委員等
1) Kim Y: Cognitive Neuropsychiatry, editorial board.
2) Kim Y: Psychopathology, editorial board.
3) Kim Y: Psychiatry and Clinical Neuroscience, field editor.
4) 金 吉晴:日本トラウマティックストレス学会,編集委員長.
5) 金 吉晴:日本精神神経学会,編集委員.
6) 松岡 豊:日本総合病院精神医学会学会誌「総合病院精神医学」編集委員.
7) 松岡 豊:日本サイコオンコロジー学会,ニュースレター編集委員.

E.委託研究
1) 金 吉晴:大規模災害や、犯罪被害等による精神科疾患の実態把握と介入手法の開発に関する研究.平成21年度厚生労働科学研究費補助金(こころの健康科学研究事業).研究代表者.
2) 金 吉晴:「恐怖記憶制御の分子機構の理解に基づいたPTSDの根本的予防法・治療法の創出」内「PTSDのエクスポージャー療法に対する増強療法の開発」.独立行政法人科学技術振興機構平成21年度戦略的創造研究推進事業(CREST).共同研究者.
3) 松岡 豊:「恐怖記憶制御の分子機構の理解に基づいたPTSDの根本的予防法・治療法の創出」内「不飽和脂肪酸によるPTSD予防法の開発」.独立行政法人科学技術振興機構平成21年度戦略的創造研究推進事業(CREST).共同研究者.
4) 松岡 豊:自殺企図の再発防止に対する複合的ケースマネジメントの効果:多施設共同による無作為化比較研究.平成21年度厚生労働科学研究費補助金(こころの健康科学研究事業自殺関連うつ対策戦略研究).研究協力者.
5) 松岡 豊:大規模災害や、犯罪被害等による精神科疾患の実態把握と介入手法の開発に関する研究.平成21年度厚生労働科学研究費補助金(こころの健康科学研究事業).研究分担者.
6) 中島聡美:遷延性悲嘆障害の実態と危険因子に関する研究.2009年度財団法人明治安田こころの健康財団研究助成.研究代表者.
7) 中島聡美:犯罪被害者および災害被害者に対するインターネットを利用した急性期の心理ケアプログラムの開発.平成21年度財団法人社会安全研究財団一般研究助成.研究代表者.
8) 中島聡美:精神療法の実施方法と有効性に関する研究.平成21年度厚生労働科学研究費補助金
(こころの健康科学研究事業).研究分担者.
9) 中島聡美:大規模災害や、犯罪被害等による精神科疾患の実態把握と介入手法の開発に関する研究.平成21年度厚生労働科学研究費補助金(こころの健康科学研究事業).研究分担者.
10) 鈴木友理子:精神障害者への対応への国際比較に関する研究.平成21年度厚生労働科学研究費補助金(障害保健福祉総合研究事業).研究分担者.
11) 鈴木友理子:自殺対策のための戦略研究.平成21年度厚生労働科学研究費補助金(こころの健康科学研究事業).研究分担者.
12) 鈴木友理子:精神・神経疾患に係る大規模コホートスタディの構築に関する研究.平成21年度厚生労働省精神・神経疾患研究委託費事業.研究分担者.
13) 鈴木友理子:大規模災害や、犯罪被害等による精神科疾患の実態把握と介入手法の開発に関する研究.平成21年度厚生労働科学研究費補助金(こころの健康科学研究事業).研究分担者.
14) 栗山健一:d-サイクロセリンによるPTSD治療へのオーグメンテーション効果の機能的検討.平成20年度(執行21年度)財団法人先進医薬研究振興財団萌芽研究助成.研究代表者.
15) 栗山健一:睡眠中の作働記憶容量強化メカニズムの解明.平成21年度科学研究費若手研究(B).
  研究代表者.
16) 栗山健一:解離症状への臨床治療アプローチ:脳機能画像手法に基づく触知覚メカニズムの検討.平成21年度立教大学学術推進特別重点資金(SFR).研究分担者.
17) 栗山健一:大規模災害や、犯罪被害等による精神科疾患の実態把握と介入手法の開発に関する研究.平成21年度厚生労働科学研究費補助金(こころの健康科学研究事業).研究分担者.
18) 伊藤正哉:共感的自己なだめによる感情調整プロセス:課題分析に基づく心理療法プロセス研究.平成21年度独立行政法人日本学術振興会特別研究員奨励費.
19) 袴田優子:外傷後ストレス障害に対する心理療法の神経生物学的作用機序の検討.平成21年度独立行政法人日本学術振興会特別研究員奨励費.

F.研修
(1) 研修企画
1) 金 吉晴:第3回PTSD精神療法研修,国立精神・神経センター精神保健研究所,東京,2009.10.5-8.
2) 中島聡美:第4回犯罪被害者メンタルケア研修,国立精神・神経センター精神保健研究所,東京,2010.1.19-21.

(2) 研修会講師
1) 金 吉晴,鈴木友理子:地域保健医療におけるトラウマ対応の講義,国立保健医療科学院.埼玉,2009.10.2.
2) 金 吉晴:PTSDのための持続エクスポージャー療法(Prolonged Exposure therapy :PE),第3回PTSD精神療法研修,国立精神・神経センター精神保健研究所,東京,2009.10.5-8.
3) 金 吉晴, 鈴木友理子:自然災害と精神保健医療総論. 日本精神科病院協会PTSD(心的外傷後ストレス障害)対策専門研修会,東京,2009.12.9.
4) 金 吉晴, 鈴木友理子:地域保健医療におけるトラウマ対応. 国立保健医療科学院,健康危機管理保健所長等 研修,埼玉,2009.12.18.
5) 金 吉晴, 鈴木友理子:地域保健医療におけるトラウマ対応. 健康危機管理保健所長等研 修,埼玉,2010.2.5.
6) 松岡 豊:研究倫理の基本.国立精神・神経センタートランスレーショナル・メディカルセンター臨床研究倫理講座,東京,2009.6.24.
7) 松岡 豊:研究倫理の基本.国立精神・神経センタートランスレーショナル・メディカルセンター臨床研究倫理講座,東京,2009.7.15.
8) 松岡 豊:研究倫理の基本.国立精神・神経センタートランスレーショナル・メディカルセンター臨床研究倫理講座,東京,2009.9.14.
9) 松岡 豊:研究倫理の基本.国立精神・神経センタートランスレーショナル・メディカルセンター臨床研究倫理講座,東京,2009.11.6.
10) 松岡 豊:犯罪被害者の心理アセスメント.第4回犯罪被害者メンタルケア研修,国立精神・神経センター精神保健研究所,東京,2010.1.20.
11) 中島聡美:犯罪被害者の心理とケア.第84期研修生講義.警察大学校特別捜査幹部研修所,東京,2009.6.23.
12) 中島聡美:犯罪被害者の心理と支援.いばらき被害者支援センター被害者支援活動員養成講座,茨城,2009.8.26.
13) 中島聡美:犯罪被害者および遺族への心理的ケア.平成21年度被害者カウンセリング技術(上級)専科,関東管区警察学校,東京,2009.9.14.
14) 中島聡美:犯罪被害者の心理とケア.警察大学校 「被害者支援指導」専科,東京,2009.9.28.
15) 中島聡美,鈴木友理子:精神医学基礎・被害者への治療-うつ病,不安障害.全国被害者 支援ネットワーク 秋季全国研修会,東京,2009.10.4.
16) 中島聡美 :PTSDのための持続エクスポージャー療法(Prolonged Exposure therapy :PE),第3回PTSD精神療法研修,国立精神・神経センター精神保健研究所,東京,2009.10.6.
17) 中島聡美:犯罪被害者の心理とケア.警察大学校特別捜査幹部研修所,東京,2009.10.13.
18) 中島聡美:Trauma and PTSD & Some Practical Solutions. 2009年度JICA研修事業「総合的被害者支援システムの開発」,茨城,2009.11.10.
19) 中島聡美:犯罪被害者の心理と治療・支援.日本精神科病院協会平成21年度「こころの健康つくり対策研修会」,東京,2009.12.8.
20) 中島聡美:犯罪被害者の心理. 第4回犯罪被害者メンタルケア研修,国立精神・神経センター精神保健研究所,東京,2010.1.20.
21) 鈴木友理子:被災者とのコミュニケーションにおける留意事項. 国土交通省 緊急災害対策派遣隊(TEC-FORCE)研修,東京,2010.1.14.

G. その他
1) 栗山健一:Sleep Accelerates the Improvement in Working Memory Performance. 研究奨励賞受賞.日本睡眠学会第34回定期学術集会, 大阪, 2009.10. 25.
2) Soshi T, Kuriyama K, Aritake S, Enomoto M, Hida A, Tamura M, Kim Y, Mishima K: Poster Award: Prefrontal vulnerability to sleep deprivation influences short time perception change. 第16回日本時間生物学会学術大会,大阪,2009.10. 27.
3) 金 吉晴:心的外傷後ストレス障害.精神疾病論.東京大学大学院院医学系研究科精神保健学分野,東京,2009.5.14.
4) 栗山健一:「最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学」取材協力.2009.10.20.(放送2009.11.17).
5) 栗山健一:体内時計と記憶力の関係.PRESIDENT FAMILY 取材協力.2010.3.5.(掲載2010.4月号).
TOPへ