研究業績一覧


2010年度研究業績一覧
A.刊行物
(1)原著論文
1)Matsuoka Y, Nishi D, Yonemoto N, Hamazaki K, Hashimoto K, Hamazaki T: Omega-3 fatty acids for the secondary prevention of posttraumatic stress disorder after an accidental injury: an open-label pilot study. J Clin Psychopharmacology 30(2): 217-219,
2)Nishi D, Matsuoka Y, Yonemoto N, Noguchi H, Kim Y, Kanba S: The Peritraumatic Distress Inventory as a predictor for the subsequent posttraumatic stress disorder after a severe motor vehicle accident. Psychiatry Clin Neurosci 64(2): 149-156, 2010.
3)2. Nishi D, Matsuoka Y, Yonemoto N, Noguchi H, Kim Y, Kanba S: The Peritraumatic Distress Inventory as a predictor for the subsequent posttraumatic stress disorder after a severe motor vehicle accident. Psychiatry Clin Neurosci 64(2): 149-156, 2010.
4)Nishi D, Matsuoka Y, Yonemoto N, Noguchi H, Kim Y, Kanba S: The Peritraumatic Distress Inventory as a predictor for the subsequent posttraumatic stress disorder after a severe motor vehicle accident. Psychiat Clin Neurosci 64:149-156, 2010.
5)Nishi D, Matsuoka Y, Kim Y: Posttraumatic growth, posttraumatic stress disorder and resilience of motor vehicle accident survivors. Biopsychosocial Medicine 2010, 4:7.
6)Honma M, Soshi T, Kim Y, Kuriyama K: Right Prefrontal Activity Reflects the Ability to Overcome Sleepiness during Working Memory Tasks: A Functional Near-Infrared Spectroscopy Study. PLoS ONE 5 (9): e12923, 2010.
7)Kato TA, Suzuki Y, Sato R, Fujisawa D, Uehara K, Hashimoto N, Sawayama Y, Hayashi J, Kanba S, Otsuka K:. Development of 2-hour suicide intervention program among medical residents: first pilot trial. Psychiatry Clin Neurosci. 64(5): 531-540. 2010 Oct. doi: 10.1111/j.1440-1819.2010.02114.x. Epub 2010 Aug 19.
8)Aritake-Okada S, Higuchi S, Suzuki H, Kuriyama K, Enomoto M, Soshi T, Kitamura S, Watanabe M, Hida A, Matsuura M, Uchiyama M, Mishima K: Diurnal fluctuations in subjective sleep time in humans. Neurosci Res 68: 225?231, 2010.
9)Hakamata Y, Lissek S. Ba-Haim Y, Britton, JC, Fox NA, Leibenluft E, Ernst M, Pine DS: Attention bias modification treatment: A meta-analysis toward the establishment of novel treatment for anxiety. Biological Psychiatry 68, 2010.
10)Kuriyama K, Soshi T, Kim Y: Sleep deprivation facilitates extinction of implicit fear generalization and physiological response to fear. Biological Psychiatry 68(11): 991?998. 2010.(雑誌よりpress releaseされる。)
11)Fujita E, Kato D, Kuno E, Suzuki Y, Uchiyama S, Watanabe A, Uehara K, Yoshimi A, Hirayasu Y: Implementing the illness management and recovery program in Japan. Psychiatr Serv 61(11):1157-1161, 2010.
12)Ito J, Oshima I, Nishio M, Sono T, Suzuki Y, Horiuchi K, Niekawa N, Ogawa M, Setoya Y, Hisanaga F, Kouda M, Tsukada K: The effect of Assertive Community Treatment in Japan. Acta Psychiatr Scand. 2010 Nov 10. doi: 10.1111/j.1600-0447.2010.01636.x. [Epub ahead of print]
13)Ito M, Horikoshi M, Kodama M: Subjectivity and environmental influence in relation to sense of authenticity. Psychol Rep, in press.
14)Fujisawa D, Miyashita M, Nakajima S, Ito M, Kato M, Kim Y: Prevalence and determinants of complicated grief in general population. Journal of Affective Disorders 127: 352-358, 2010.
15)Yamakoshi T, Matsumura K, Yamakoshi Y, Hirose H, Rolfe P: Physiological measurements and analyses in motor sports: a preliminary study in racing kart athletes. European Journal of Sport Science 10: 397-406, 2010.
16)Nishi D, Uehara R, Kondo M, Matsuoka Y: Reliability and validity of the Japanese version of the Resilience Scale and its short version. BMC Research Notes 3:310, 2010.
17)Suzuki Y, Tsutsumi A, Fukasawa M, Honma H, Someya T and Kim Y: Prevalence of Mental Disorders and Suicidal Thoughts Among Community-Dwelling Elderly Adults 3 Years After the Niigata-Chuetsu Earthquake. Journal of Epidemiology 21-2: 144-150, 2011.
18)野口普子, 佐久間香子, 佐野恵子, 西 大輔, 松岡 豊:救急医療現場において臨床試験を円滑に行うための工夫-CRCの役割を中心に-. 総合病院精神医学21(4):357-362, 2009.
19)松岡 豊,西 大輔:精神科臨床における前向きコホート研究のすすめ.総合病院精神医学21(4):376-380, 2009.
20)伊藤正哉,川崎直樹,小玉正博:自尊感情の3様態??自尊源の随伴性と充足感からの整理??.心理学研究: 2010
21)白井明美, 中島聡美, 真木佐知子, 辰野文理, 小西聖子:犯罪被害者遺族における続柄の相違が精神健康に与える影響についての分析.精神保健研究56: 27-34,2010.
22)伊藤大輔, 金 吉晴, 鈴木伸一:トラウマ体験者の外傷後ストレス反応の形成過程に不安感受性が及ぼす影響.認知療法研究 第3巻, 2010.9.
23)鈴木友理子, 古川壽亮, 川上憲人, 堀口逸子, 石丸径一郎, 金 吉晴: 震災前の身体健康指標を用いた中越地震後の心理的ストレスの予測因子の検討. 精神保健研究56: 89-97, 2010.
24)中島聡美,伊藤正哉,石丸径一郎,白井明美,伊藤大輔,小西聖子,金 吉晴:遷延性悲嘆障害の実態と危険因子に関する研究 -罪責感の与える影響おうおびソーシャルサポートの役割を中心に―.明治安田こころの健康財団研究助成論文集45: 119-126,2010.
25)山越健弘,田中直登,山越康弘,松村健太,Rolfe P, 廣瀬 元,高橋規一 :イヤホン組込型深部体温連続計測装置の開発と安全支援を目指したGTドライバーへの応用.生体医工学, 48: 494-504, 2010.
26)山越健弘,松村健太,山越康弘,廣瀬 元,高橋規一,Rolfe P: 高温熱ストレス環境下におけるレーシングドライバー深部体温の連続計測と解析.生体医工学48: 269-280, 2010.
27)山越健弘,松村健太,小林寛幸,後藤雄二郎,廣瀬 元: 差分顔面皮膚放射温度を用いた運転ストレス評価の試み―単調運転ストレス負荷による基礎的検討―.生体医工学48: 163-174, 2010.
28)岡島純子,佐藤容子,鈴木伸一:幼児を持つ母親の育児自動思考尺度の開発とストレス反応の関連.行動療法研究37(1): 1-11, 2011.

(2)総説
1)Matsuoka Y: Clearance of fear memory from the hippocampus through neurogenesis by omega-3 fatty acids: A novel preventive strategy for posttraumatic stress disorder? Biopsychosocial Medicine 5:3, 2011 .
2)Shear MK, Simon N, Wall M, Zisook S, Neimeyer R, Duan N, Reynolds C, Lebowitz B, Sung S, Ghesquiere A, Gorscak B, Clayton P, Ito M, Nakajima S, Konishi T, Melhem N, Meert K, Schiff M, O'Connor MF, First M, Sareen J, Bolton J, Skritskaya N, Mancini AD, Keshaviah A.: Complicated grief and related bereavement issues for DSM-5. Depress Anxiety28(2): 103-17, 2011.
3)Ono Y, Furukawa TA, Shimizu E, Okamoto Y, Nakagawa A, Fujisawa D, Nakagawa A, Ishii T, Nakajima S: Current status of research on cognitive therapy/cognitive behavior therapy in Japan. Psychiatry Clin Neurosci 65(2):121-129, 2011.
4)Sartorius N, Gaebel W, Cleveland H-R, Stuart H, Akiyama T, Arboleda-Florez J, Baumann AE, Gureje O, Jorge MR, Kastrup M, Suzuki Y, Tasman A: WPA guidance on how to combat stigmatization of psychiatry and psychiatrists. World Psychiatry 9: 131-144, 2010.
5)伊藤正哉,中島聡美:複座性悲嘆に対する認知行動療法:治療プロセスとアウトカム.精神保健研究55: 95-100,2009.
6)西 大輔,松岡 豊:PTSDの病態理解から考える予防および治療介入―身体外傷患者の場合を中心に―.臨床精神医学39(4):431-437, 2010.
7)金 吉晴:PTSDと裁判.精神科治療学25(6): 833-837, 2010.
8)栗山健一,曽雌崇弘,藤井 猛:時間認知の心理学・生理学・時間生物学的特性と精神病理.時間生物学 16(1): 23-30, 2010.
9)中島聡美:犯罪被害者のhelp-seekingとメンタルヘルスサービス.精神保健研究56: 19-27, 2010.
10)中島聡美:日本のメンタルヘルス領域における犯罪被害者支援の現状と課題.トラウマティック・ストレス8(2): 111-120,2010.
11)栗山健一: 特集2:睡眠と学習・記憶. 脳21 vol.13(4): 402-40, 2010.
12)栗山健一:ストレス関連障害.Cefiro 特集 精神・神経系疾患 ‐その病態と治療‐ Autumn 12: 20-24, 2010.
13)中島聡美:急性ストレス反応(急性ストレス障害)の治療.精神科治療学25 増刊号:166-167, 2010.
14)本間元康:ラバーハンドイリュージョン:その現象と広がり.認知科学17(4):761-770,2010.
15)金 吉晴,鈴木友理子,中島聡美:精神医療支援.日本内科学会雑誌99:3108-3111, 2010.
16)浜崎 景, 松岡 豊, 浜崎智仁, 稲寺秀邦:ω3系多価不飽和脂肪酸の精神への影響.月刊精神科17(5):520-527, 2010.
17)西 大輔, 松岡 豊:精神科臨床と伝統・相補・代替療法(TCAM).総合病院精神医学22(2):162-169, 2010.

(3)著書
1)金 吉晴:Pocket精神科 21.PTSD.金芳堂,東京,pp140-145, 2010.
2)金 吉晴:精神科診療データブック 診療ガイドラインとアルゴリズム.D.不安障害1.PTSD.中山書店,東京,pp425-431, 2010.
3)金 吉晴:危機への心理支援学 91のキーワードでわかる緊急事態における心理社会的アプローチ 日本心理臨床学会監修 第2章(3)災害支援の心構え:22-2, 遠見書房,東京,pp22-24, 2010.
4)金 吉晴,廣幡小百合:PTSDの心理教育. 臨床精神医学39(6),アークメディア,東京, p797-793, 2010.
5)金 吉晴:家庭医学大全科(六訂版)4.こころの病気(PTSD、解離性障害、心気症).法研,東京,pp778-781, 2010.
6)鈴木友理子:災害時のメンタルヘルス. 精神保健福祉白書 2011年版. 精神保健福祉白書編集委員会(編).中央法規, 東京,2010.
7)栗山健一:4.4 睡眠と記憶-断眠の影響-. 眠気の科学-そのメカニズムと対応― 朝倉書店,東京,pp 51-59, 2011.1.25.
8)栗山健一:Q&A眠ると記憶力が良くなるって本当? 特集「眠れない」を解決する.治療2月号(vol.93). 南山堂,東京,pp 298-299, 2011.
9)白井明美,小西聖子:暴力被害女性とうつ.上島邦利監修, 平島奈津子編著. 治療者のための女性のうつ病ガイドブック.金剛出版 , 東京,pp128-136, 2010.
10)白井明美:喪失と喪の作業.危機への心理支援学.日本心理臨床学会監修, 日本心理臨床学会支援活動プロジェクト委員会編.遠見書房,東京,p31, 2010.

(4)研究報告書
1)中島聡美,伊藤正哉,石丸径一郎,伊藤大輔,寺島瞳,大関千春,白井明美,小西聖子,金吉晴:重度ストレス障害の認知行動療法の効果に関する研究.平成21年度厚生労働科学研究費補助金(こころの健康科学研究事業)「精神療法の実施方法と有効性に関する研究」総括・分担研究報告書(研究代表者:大野裕).pp53-63,2009.
2)中島聡美,伊藤正哉,石丸径一郎,伊藤大輔,寺島瞳,大関千春,白井明美,小西聖子,加茂登志子,
金吉晴:重度ストレス障害の認知行動療法の効果に関する研究.平成19-21年度厚生労働科学研究費補助金(こころの健康科学研究事業)「精神療法の実施方法と有効性に関する研究」総合研究報告書(研究代表者 大野裕).pp56-66.2009.
3)鈴木友理子, 深澤舞子:WHOのmhGAP, AIMS, ATLASの調査及び検討. 厚生労働科学研究費補助金障害者対策総合研究事業「精神障害者への対応への国際比較に関する研究」平成21年度分担研究報告書 (主任研究者:中根允文). 長崎.2010.3
4)金 吉晴:大規模災害や犯罪被害等による精神科疾患の実態把握と介入手法の開発に関する研究.平成21年度厚生労働科学研究費補助金(こころの健康科学研究事業)「大規模災害や犯罪被害等による精神科疾患の実態把握と介入手法の開発に関する研究」総括・分担研究報告書 (研究代表者:金 吉晴).pp1-4, 2010.
5)金 吉晴,加茂登志子,小西聖子,中島聡美 他:心的外傷後ストレス障害に対する持続エクスポージャー療法の無作為比較試験.平成21年度厚生労働科学研究費補助金(こころの健康科学研究事業)「大規模災害や犯罪被害等による精神科疾患の実態把握と介入手法の開発に関する研究」総括・分担研究報告書(研究代表者:金 吉晴).pp5-16, 2010.
6)加茂登志子,丹羽まどか、正木智子,金 吉晴 他:DV被害を受けた母子へのフォローアップ研究.平成21年度厚生労働科学研究費補助金(こころの健康科学研究事業)「大規模災害や犯罪被害等による精神科疾患の実態把握と介入手法の開発に関する研究」総括・分担研究報告書 (研究代表者:金 吉晴).pp27-64, 2010.
7)松岡 豊,西 大輔,中島聡美,金 吉晴:交通外傷後の精神健康に関するコホート研究.平成21年度厚生労働科学研究費補助金(こころの健康科学研究事業)「大規模災害や犯罪被害等による精神科疾患の実態把握と介入手法の開発に関する研究」総括・分担研究報告書 (研究代表者:金 吉晴).pp81-86, 2010.
8)中島聡美,加茂登志子,小西聖子,中澤直子,金 吉晴:性暴力被害者への急性期対応の現状に関する調査.平成21年度厚生労働科学研究費補助金(こころの健康科学研究事業)「大規模災害や犯罪被害等による精神科疾患の実態把握と介入手法の開発に関する研究」総括・分担研究報告書 (研究代表者:金 吉晴).pp87-91, 2010.
9)中島聡美,小西聖子,伊藤正哉,白井明美,金 吉晴:日本語版コナー・デビッドソン回復力尺度の信頼性と妥当性の検討.平成21年度厚生労働科学研究費補助金(こころの健康科学研究事業)「大規模災害や犯罪被害等による精神科疾患の実態把握と介入手法の開発に関する研究」総括・分担研究報告書 (研究代表者:金 吉晴).pp93-97, 2010.
10)鈴木友理子,深澤舞子,金 吉晴:震災前の身体健康指標を用いた中越地震後の心理的ストレスの予測因子の検討.平成21年度厚生労働科学研究費補助金(こころの健康科学研究事業)「大規模災害や犯罪被害等による精神科疾患の実態把握と介入手法の開発に関する研究」総括・分担研究報告書 (研究代表者:金 吉晴).pp99-119, 2010.
11)栗山健一,曽雌崇弘,金 吉晴:潜在的な恐怖記憶想起の時間生物学的特性および性差.平成21年度厚生労働科学研究費補助金(こころの健康科学研究事業)「大規模災害や犯罪被害等による精神科疾患の実態把握と介入手法の開発に関する研究」総括・分担研究報告書 (研究代表者:金 吉晴).pp121-124, 2010.
12)鈴木友理子,深澤舞子,金 吉晴:PTSD治療ガイドライン作成の予備的研究.平成21年度厚生労働科学研究費補助金(こころの健康科学研究事業)「大規模災害や犯罪被害等による精神科疾患の実態把握と介入手法の開発に関する研究」総括・分担研究報告書 (研究代表者:金 吉晴).pp125-158, 2010.
13)栗山健一:ショックな体験の直後に眠れなくなるのには意味がある.TMCニュース第4号:10. Paper Scan 2011.1.17.
14)金 吉晴:大規模災害や犯罪被害等による精神科疾患の実態把握と介入手法の開発に関する研究.平成22年度厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業(精神障害分野))「大規模災害や犯罪被害等による精神科疾患の実態把握と介入手法の開発に関する研究」総括・分担研究報告書 (研究代表者:金 吉晴).pp1-4, 2011.
15)金 吉晴 他:心的外傷後ストレス障害に対する持続エクスポージャー療法の無作為比較試験.平成22年度厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業(精神障害分野))「大規模災害や犯罪被害等による精神科疾患の実態把握と介入手法の開発に関する研究」総括・分担研究報告書 (研究代表者:金 吉晴).pp5-14, 2011.
16)加茂登志子, 金 吉晴 他:DV被害を受けた母子へのフォローアップ研究.平成22年度厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業(精神障害分野))「大規模災害や犯罪被害等による精神科疾患の実態把握と介入手法の開発に関する研究」総括・分担研究報告書 (研究代表者:金 吉晴).pp29-54, 2011.
17)松岡 豊, 西 大輔,中島聡美,金 吉晴:交通外傷後の精神健康に関するコホート研究.平成22年度厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業(精神障害分野))「大規模災害や犯罪被害等による精神科疾患の実態把握と介入手法の開発に関する研究」総括・分担研究報告書 (研究代表者:金 吉晴).pp71-78, 2011.
18)中島聡美,加茂登志子,鈴木友理子,金 吉晴 他:性暴力被害者の急性期心理ケアプログラムの構築に関する研究.平成22年度厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業(精神障害分野))「大規模災害や犯罪被害等による精神科疾患の実態把握と介入手法の開発に関する研究」総括・分担研究報告書 (研究代表者:金 吉晴).pp79-96, 2011.
19)鈴木友理子, 深澤舞子, 中島聡美. 成澤知美, 金 吉晴:災害精神保健医療マニュアル改訂版作成の取り組み.平成22年度厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業(精神障害分野))「大規模災害や犯罪被害等による精神科疾患の実態把握と介入手法の開発に関する研究」総括・分担研究報告書 (研究代表者:金吉晴).pp97-130, 2011.
20)栗山健一,本間元康,曽雌崇弘,金 吉晴:習慣的睡眠時刻前後の恐怖記憶特性における性差.平成22年度厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業(精神障害分野))「大規模災害や犯罪被害等による精神科疾患の実態把握と介入手法の開発に関する研究」総括・分担研究報告書 (研究代表者:金 吉晴).pp167-172, 2011.
21)金 吉晴:健康危機発生時における地域健康安全に係る効果的な精神保健医療体制の構築に関する研究.平成22年度厚生労働科学研究費補助金(健康安全・危機管理対策総合研究事業)「健康危機発生時における地域健康安全に係る効果的な精神保健医療体制の構築に関する研究」総括・分担研究報告書 (研究代表者:金 吉晴).pp1-4, 2011.
22)鈴木友理子: 災害精神保健に関する研修体制の構築および効果評価研究の予備的検討. 厚生労働科学研究費補助金(健康安全・危機管理対策総合研究事業)健康危機発生時における地域健康安全に係る効果的な精神保健医療体制の構築に関する研究 平成22年度分担研究報告書. 2011.

(5)翻訳
1)金吉晴:狂気の道徳化.濱中淑彦 監訳:中世の狂気,人文書院,東京,2010. (Muriel Laharie. La Fole au Moyen Age, Le Leopard d’Or, Paris, 1991

(6)その他
1)中島聡美,白井明美,小西聖子:犯罪被害者のメンタルヘルス情報ページ.精神保健研究55: 31-34,2009.
2)金吉晴,中島聡美:化学兵器あるいは、生物兵器によるテロ事件が発生した場合の精神医療対応.精神保健研究55: 27-28, 2009.
3)金吉晴,中島聡美:精神保健医療活動マニュアル.精神保健研究55: 29-30, 2009.
4)栗山健一: 記憶の回路を繋ぐ7つの習慣, PRESIDENT FAMILY 2010.06: 48-49, 2010.
5)深澤舞子,鈴木友理子,金 吉晴:都道府県及び政令指定都市を対象とした災害時精神保健活動に関するニーズ調査.日本社会精神医学会雑誌19:16-26, 2010.(資料論文)
7)鈴木友理子:取材記事掲載:岩手内陸地震 震源近く、自殺多発:被災後の数カ月間、うつ兆候や生活苦.毎日新聞東京朝刊社会面,2010.8.24.
8)Sartorius N, Gabel W, Cleveland H-R, Stuart H, Akiyama T, Arboleda-Florez J, Baumann A, Gureje O, Jorge M. R, Kastrup M, Suzuki Y, Tasman A: WPA guidance on how to combat stigmatization of psychiatry and psychiatrists. World Psychiatric Association, 2010.
9)栗山健一:コメント・取材協力.やっぱりあった「時計遺伝子」のメカニズム 「体内時計」で人生が変わる.「週刊ポスト」2010年9/24号,2010.9.18発行.
10)金 吉晴, 伊藤正哉:第5章 神経症性障害、ストレス関連障害および身体表現性障害, 7.外傷後ストレス障害.今日の精神科治療ガイドライン25増刊号:168-169, 2010.
11)金 吉晴:特集 認知行動療法と社会との接点.精神神経学雑誌112(9):867, 2010.
12)金 吉晴:犯罪被害を伴った精神病体験の扱いについて.精神神経学雑誌112(9):868-871, 2010.
13)金 吉晴:こころのバリアフリーコーナー,講演「知っておきたいトラウマ支援」(講演紹介).こころの健康だより№28:4-5,2010.
14)松岡 豊:オメガ3系脂肪酸などのサプリメントはうつ病に効果がありますか?こころのりんしょうa-la-carte 29(4):463, 2010.

B.学会・研究会における発表
(1)学会特別講演,教育講演,シンポジウム,ワークショップ,パネルディスカッション等
1) Ito M, Greenberg, L, Iwakabe S, Pascual-Leone A.: A task analysis for self-soothing process in Emotion-Focused Therapy,26th International Conference of Society for Exploration of Psychotherapy Integration, Florence, Italy, 2010.5.27-30. (Symposium)
2) 小林桜児, 菊池安希子, 堀越 勝, 金 吉晴, 加茂登志子 :シンポジウム8 認知行動療法と社会との接点, 第106回日本精神神経学会学術総会,広島,2010.5.20-21. 
3) 鈴木友理子, 秋山 剛:世界精神医学会アンチスティグマ・タスクフォースの活動の動向. 第106回日本精神神経学会,シンポジウム31 精神科医の社会への関わり--診察室の外で精神科医に求められていること,広島,2010.5.19-22.
4) Kim Y: The preliminary evaluation of efficacy of parent-child interaction therapy for Japanese mother and child victimized by domestic violence, 20th IFP World congress of Psychotherapy, Lutzern, 2010.6.18.
5) Kim Y: Implementation of prolonged exposure therapy for PTSD in Japan. 20th IFP World congress of Psychotherapy, Lutzern, 2010.6.19.
6) Sung SC, Duffy M, Simon NM, Marks MH, Shear K, Maercker A, Wagner B, Muller M, Nakajima S, Ito M, Shirai A, Konishi T, Kim Y: Complicated Grief as a Stress-Response Disorder: Cross-Cultural Perspectives on Diagnosis, Risk Factors, and Treatment, World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies,Boston, 2010.6.5.
7) Matsuoka Y, Nishi D, Yonemoto N, Hamazaki K, Hashimoto K, Hamazaki T: Omega-3 fatty acids for secondary prevention of posttraumatic stress disorder following accidental injury: an open-label pilot study. 9th Conference of the International Society for the Study of Fatty Acids and Lipids, Maastricht, 2010.5.29-6.2
8) 中島聡美,金 吉晴,井上麻紀子,中澤直子,加茂登志子:産婦人科医療現場における性暴力被害者の診療の実態と急性期の心理的介入の検討.第9回日本トラウマティック・ストレス学会シンポジウム「性暴力被害者の支援―最近の課題」,神戸,2010.3.7.
9) 金 吉晴,中島聡美:持続エクスポージャー法の原理と、非定形PTSD症状への応用.第9回日本トラウマティック・ストレス学会シンポジウム「トラウマ記憶へのエクスポージャー」,神戸,2010.3.7.
10) 松岡 豊:魚油による心的外傷後ストレス障害予防への可能性.シンポジウム「脳栄養学・精神栄養学の最前線」第64回日本栄養・食糧学会大会, 徳島, 2010.5.21-23.
11) 中島聡美:日本の犯罪被害者支援の現状と課題.第9回日本トラウマティック・ストレス学会教育講演,神戸,2010.3.6.
12)栗山健一,曽雌崇弘,本間元康、金 吉晴:睡眠剥奪は高次皮質の活動減少により恐怖情動反応を減弱させる.日本睡眠学会第35回定期学術集会,名古屋,2010.7.1.(ポスター),2010.7.2(口演).
13)本間元康、曽雌崇弘、金 吉晴、栗山健一:右側背外側前頭前皮質活動は認知課題遂行中の自己覚醒能力を反映する:機能的近赤外分光法を用いて.日本睡眠学会第35回定期学術集会,名古屋,2010.7.2.(ポスター).
14)中島聡美:性暴力およびドメスティック・バイオレンス被害者の精神科受療の実態と精神科医療機関の果たすべき役割.シンポジウム3 女性のトラウマに対する外来診療でのアプローチ.第10回日本外来精神医療学会,東京,2010.7.25.
15)栗山健一:睡眠中と覚醒中の学習効果の質的差異-睡眠中の神経可塑性が学習に与える影響-.日本睡眠学会第35回定期学術集会シンポジウム,名古屋,2010.7.1
16)松岡 豊:オメガ3系脂肪酸による心的外傷後ストレス障害の予防介入試験.大塚賞受賞記念講演. 日本脂質栄養学会第19回大会, 愛知県, 2010.9.3.
17)Suzuki Y, Kato T, Sato R, Fujisawa D, Uehara K, Hashimoto N, Sawayama Y, Hayashi J, Kanba S, Otsuka K: Antistigma Program for Medical Residents: Adopting the Mental Health First Aid Program in Japan. World Psychiatric Association International Congress, Symposium Stigma and mental illness. Beijing, 2010.9.1-5.
18)本間元康:回避行動における同調現象.第74回日本心理学会ワークショップ「神経心理学の新しい展望 -社会的認知への仮説検証的アプローチ-」,大阪,2010.9.21.
19) 金 吉晴:PTSDの持続エクスポージャー療法. 第11回認知行動療法研修会,愛知, 2010.9.23.
20) 金 吉晴:現在の精神科医が「てんかん」から学びたいこと.ワークショップ2.第44回日本てんかん学会,岡山,2010.10.15.
21) 金 吉晴:PTSDの病態と治療. 平成22年度新潟精神医学会,新潟, 2010.10.23.
22) 松岡 豊:魚油によるPTSD予防への挑戦. 第11回八ヶ岳シンポジウム. 長野, 2010.9.26.
23) 栗山健一:睡眠と記憶・認知機能(S-8-2).第32回日本生物学的精神医学会 シンポジウム8,福岡,2010.10.8.
24) 松岡 豊:日本総合病院精神医学会における「論文投稿および学会発表におけるプライバシー保護に関する倫理指針」.倫理検討委員会セミナー, 第51回日本児童青年精神医学会総会, 群馬, 2010.10.29.
25) 鈴木友理子: 医学領域におけるトランスレーショナル研究や実施研究の状況:精神・神経医学領域において. 日本評価学会第11回全国大会 シンポジウム「成果志向型評価アプローチの新たな進化」,兵庫県,2010.11.28.
26) 栗山健一. 記憶から見た身体. 立教大学SFRミニシンポジウム 幻想の身体? 自分の身体は本当に自分のものか? (パネリスト), 東京,2010.12.5.
27) 松村健太:WS050記憶心理学と臨床心理学のコラボレーションに向けて(2)?PTSDを巡る諸問題? 記憶心理学から見たPTSDの予防・治療方略.日本心理学会第74回大会, 大阪,2010.9.21.
28) 本間元康:触知覚から見た身体.立教大学SFRミニシンポジウム 幻想の身体? 自分の身体は本当に自分のものか?(パネリスト), 東京,2010.12.5.
29) Kim Y:“The Value of Psychotherapy for Schizophrenia: The Japanese Experience”.37th Annual Convention & 6th Asia-Pacific Association of Psychotherapists. The Philippine Psychiatric Association,Cebu Island, Philippines,2011.1.24-27.
30) 松岡 豊:臨床疑問設定とRCT・研究費取得「後期研修医合同研修会:若手が臨床研究を進めるには(司会:秋山 剛)」.東京精神医学会第91回学術集会/第5回関東甲信越地区精神科後期研修医合同研修会.東京, 2011.2.19.

(2)一般演題
1) Ito M, Nakajima S, Shirai A, Konishi T, Kim Y, Shear K.: Complicated Grief among General Japanese Population: Validity and Reliability of Brief Grief Questionnaire, World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies,Boston, 2010.6.5.
2) Ito M, Greenberg L, Iwakabe S, Pascual-Leone A: Compassionate Emotion Regulation: A task analytic approach to studying the process of self-soothing in therapy session,World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies,Boston, 2010.6.5.
3) Suzuki Y, Fukasawa M, Kim Y, Komagata K, Matsuda H, Someya T: Mental health status and associated socioeconomic factors among community residents: 1 year after Niigata Chuetsu-oki earthquake in Japan. The 13th international congress of International Federation of Psychiatric Epidemiology. Symposium, Kaohsing, Taiwan, 2011.3.30-4.2.
4) Fukasawa M, Suzuki Y, Kim Y, Komagata K, Matsuda H, Someya T:. Social networks and its relationships with mental health one year after the Niigata Chuetsu-oki Earthquake. The 13th international congress of International Federation of Psychiatric Epidemiology. Poster presentation, Kaohsing, Taiwan, 2011.3.30-4.2.
5) Matsuoka Y, Nishi D, Yonemoto N, Hamazaki K, Matsumura K, Hashimoto K, Hamazaki T: Potential role of BDNF in the omega-3 fatty acid supplementation to prevent posttraumatic distress. 69th Annual Scientific Meeting of the American Psychosomatic Society, San Antonio, USA, 2010.3.9-12.
6) Matsumura K, Matsuoka Y: Cardiovascular activities during mental stress among fish eaters. 69th Annual Scientific Meeting of the American Psychosomatic Society, San Antonio, USA, 2010.3.9-12.
7) 松岡 豊, 西 大輔, 中島聡美, 金 吉晴:事故後PTSDの有病率が各国で異なる理由についての考察―乳児死亡率との相関―.第106回日本精神神経学会総会, 広島, 2010.5.20-22.
8) 柳 朋歌,小西聖子,中島聡美,白井明美:犯罪被害者の受ける二次被害の質的分析.第9回日本トラウマティック・ストレス学会,神戸,2010.3.7.(ポスター).
9) 中島聡美,中澤直子,加茂登志子,金 吉晴:産婦人科医療現場における性暴力被害者の診療の実態.第39回日本女性心身医学会学術集会,埼玉,2010.8.7.
10)本間元康,小山慎一,長田佳久,栗山健一:顔認知は理想方向にずれている.第8回日本認知心理学会,福岡,2010.5.30.
11) 鈴木友理子, 深澤舞子, 駒形規左枝, 松田ひろし, 染矢俊幸. 中越沖地震1年後の地域住民の精神健康と社会経済的要因の検討. 第69回日本公衆衛生学会総会. 一般演題(ポスター),東京,2010.10.27-29.
12) 深澤舞子, 鈴木友理子, 駒形規左枝, 松田ひろし, 染矢俊幸.中越沖地震1年後の住民のソーシャルネットワークの記述および精神健康度との関係. 第69回日本公衆衛生学会総会. 一般演題(ポスター),東京,2010.10.27-29.
13) 井田孝之, 板坂優希, 宮崎慎平, 小川充洋, 山越憲一, 田中志信, 野川雅道, 松村健太, 山越康弘,
廣瀬 元, 山越健弘:多波長型光電脈波利用新規アルコールイグニッションインターロック装置開発に向けた基礎的検討.日本生体医工学会北陸支部大会,石川, 2010.12.11.
14) 西 大輔, 上原里程, 近藤真木, 松岡 豊:Resilience Scale日本語版の信頼性と妥当性. 第21回日本疫学会学術総会, 北海道, 2011/1/21-22.
15) 鈴木友理子, 深澤舞子, 中島聡美, 成澤知美, 淺野敬子, 金 吉晴:デルフィ法を用いた災害時の精神保健活動についてのガイドラインの改訂:特に災害時こころのケアの直接支援のあり方について. 第30回社会精神医学会,奈良,2011.3.4-5.
16) 深澤舞子, 鈴木友理子, 中島聡美, 成澤知美, 淺野敬子, 金 吉晴:日本における災害時の精神保健活動についてのガイドラインの作成とヨーロッパにおいて作成されたTENTSガイドラインとの比較. 第30回社会精神医学会,奈良,2011.3.4-5.

(3)研究報告会
1) 中島聡美,白井明美,真木佐知子,石井良子,永岑光恵,辰野文理,小西聖子,金 吉晴:犯罪被害者遺族の精神健康とその回復に関連する因子の検討.平成21年度国立精神・神経センター精神保健研究所研究報告会,東京,2010.3.15.
2)中島聡美,伊藤正哉,石丸径一郎,白井明美,小西聖子,金 吉晴:遷延性悲嘆障害の実態と危険因子に関す研究.明治安田こころの健康財団2009年度研究助成成果報告会,東京,2010.7.24.
3) 松岡恵子, 小谷 泉, 山里道彦, 金 吉晴 :外傷性脳損傷者の自殺問題のとらえ方~インタビュー談話からの分析~. ヒューマンコミュニケーション基礎研究会(HCS), 東京, 2010.8.27-28.
4)本間元康,金 吉晴,栗山健一:作業記憶課題遂行中の自己覚醒能力:機能的近赤外分光法を用いて.第13回光脳機能イメージング研究会,東京.2010.7.24.
5) 金 吉晴:遺体処理に関わる惨事ストレスの治療例.第7回トラウマ治療研究会,東京,2011.2.4.
6) 金 吉晴:健康危機発生時における地域健康安全に係る効果的な精神保健医療体制の構築に関する研究.健康安全・危機管理対策総合研究事業研究報告会.埼玉,2011.2.21.
7) 栗山健一:高次記憶と睡眠.第8回睡眠学研究会,秋田,2011.2.12.

(4)座長
1)Ito M, Greenberg, L, Iwakabe S, Goldman, R, Pascual-Leone A.: Self-soothing in Emotion-Focused Therapy,26th International Conference of Society for Exploration of Psychotherapy Integration, Florence, Italy, 2010.5.27-30.
2)Kim. Y (Chair): PL4-Japanese culture and its influence on children and their families. 20th IFP World congress of Psychotherapy, June16-19, 2010, Lutzern, 2010.6.18
3) Kim. Y (Chair): G09 Paper presentations, psychotraumatology, Businessraum 1. 20th IFP World Congress of Psychotherapy, Luzern, 2010.6.19.
4) 金 吉晴:シンポジウム8 認知行動療法と社会との接点, 第106回日本精神神経学会学術総会,広島,2010.5.20-21.
5) 金 吉晴 一般演題(講演)42 2-H-28~2-H-32 神経症性障害・PTSD.第106回日本精神神経学会学術総会,広島, 2010.5.20-21.
6)鈴木友理子. 第69回日本公衆衛生学会総会. 一般演題(ポスター). 第10分科会 精神保健福祉, 東京,2010.10.29.
7)金 吉晴:大規模災害や犯罪被害者等による精神科疾患の実態把握と介入手法の開発に関する研究.厚生労働科学研究障害者対策総合研究成果発表会, 東京, 2011.1.27.

C.講演
1)松岡豊:講師, MINIおよび評価尺度.「自殺対策のための戦略研究」.新規参加者研修会,東京,2010.4.3.
2)鈴木友理子:生涯を通じた健康づくり:成人期②(メンタルヘルス). 福島県立医科大公衆衛生学講義,福島,2010.5.28.
3)鈴木友理子:公衆衛生学.山形大学医学部医学科,公衆衛生学講義,山形,2010.6.29.
4)金 吉晴:PTSDの病態と治療.東京大学大学院医学系研究科,東京,2010.7.13.
5)金 吉晴:PTSDの病態と治療.日本精神神経学会精神科専門医障害教育研修会、神奈川,2010.7.17.
6)中島聡美:複雑性悲嘆の概念と治療.上智大学 日本グリーフケア研究所公開講座,上智大学日本グリーフケア研究所,兵庫,2010.7.16.
7)鈴木友理子:地域における災害後のこころのケア. 平成22年度災害時こころのケア専門研修会,岩手,2010.7.9.
8)松岡 豊:魚を食べてこころを元気に. 武蔵野大学平成22年度前期生涯学習講座,三鷹,2010.8.4.
9)松岡 豊:臨床研究を行う人が知っておかなければならない倫理原則. 国立国際医療研究センター/必須化対応の認定対象講習会「臨床研究の実務と倫理」, 東京,2010.8.27.
10)鈴木友理子:メンタルヘルス・ファーストエイド:わが国での展開. 東京大学医学部医学科精神神経科メンタルヘルスリサーチコース,東京,2010.7.31.
11)Suzuki Y: Postnatal depression and associated parenting indicators among Vietnamese women. Nhan Dan Gia Dinh Hospital, Ho Chi Minh City, Vietnam. 2010.8.18.
12)金 吉晴:知っておきたいトラウマ支援.H22年度メンタルヘルス講座Ⅰ.富山県民共生センター, 富山, 2010.9.7.
13)金 吉晴:災害時の精神保健医療活動について.H22年度精神保健福祉現任者研修会.富山県民共生センター, 富山, 2010.9.7.
14)金 吉晴:PTSDの持続エクスポージャー療法.第11回認知療法研修会.ウィンクあいち,愛知,2010.9.23.
15)金 吉晴:PTSD:記憶と意識の病理.第11回八ヶ岳シンポジウム.蓼科三井の森セミナーハウス ケセラセラ,長野,2010.9.26.
16)Suzuki Y: Disaster mental health in Japan. TELL collaboration and disaster training, Tokyo, 2010.10.19.
17)金 吉晴:PTSD:診断と治療に関する最近の知見. 東京精神医学会主催第5回専門医制度障害教育研修会,東京,2010.11.13.
18)松岡 豊:講師,青魚を食べてこころを元気に. 高輪の会, 東京, 2010.10.23.
19)中島聡美:性暴力の被害者への支援のあり方.犯罪被害者支援ハートフルサポートin岡崎,社団法人サポートセンターあいち,愛知,2010.11.17.
20)鈴木友理子:災害時の支援・こころのケア. 宮崎県臨床心理士会,宮崎,2010.11.14.
21)Suzuki Y: Teaching modules in four countries (JP, UK, AUS, USA) Epidemiologic research in psychiatry. JICA Partnership Program Capacity Building Toward Evidence-Based Medicine, Fukushima, 2010.11.22.
22)松岡 豊:ω3系脂肪酸―あまり知られていない精神健康への影響. 浜松児童精神薬理研究会, 静岡, 2010.11.26.
23)鈴木友理子:日本における災害時の精神保健の疫学. 中国四川大地震復興支援こころのケア人材育成プロジェクト. 平成22年度中華人民共和国国別研修「(災害)精神保健」,兵庫県,2010.12.2. 
24)鈴木友理子, 深澤舞子:新潟県中越沖地震 被災者こころと身体の健康調査結果. 新潟県中越沖地震3年後調査結果報告会,新潟,2010.12.8. 
25) 中島聡美:犯罪被害者のこころのケア.犯罪被害者支援啓発講演会,いばらき被害者支援センター,茨城,2011.1.22.
26) 鈴木友理子:災害時のコミュニケーションの留意点. 平成22年度緊急災害対策派遣隊(TEC-FORCE)研修. 国土交通大学校. 東京,2011.1.13.
27) 鈴木友理子, 金 吉晴:災害時の支援・こころのケア:総論・組織的対応. 平成22年度自然災害等精神医療対応研修.東京,2011.1.21.
28) 鈴木友理子, 金 吉晴:災害時の支援・こころのケア:初期対応. 平成22年度自然災害等精神医療対応研修.東京,2011.1.21.
29) 鈴木友理子:災害時のこころのケア活動における役割分担と連携. 平成22年度災害時こころのケア従事者養成研修会. 高知,2011.1.26.
30)金 吉晴:「災害時やその後の身体・心のヘルスケア」.ニュージーランド地震被災者等のケアに係る「ヘルスケア対応緊急研修会」,富山,2011.3.10.

D.学会活動
(1)学会主催

(2)学会役員
1) Kim Y: World Psychiatric Association, Committee of psychopathology.
2) 金 吉晴:日本トラウマティックストレス学会,常任理事.
3) 金 吉晴:日本精神神経学会,ガイドライン委員.
4) 金 吉晴:自殺予防学会,理事.
5) 松岡 豊:日本サイコオンコロジー学会, 世話人.
6) 中島聡美:日本トラウマティックストレス学会,理事.
7) 中島聡美:日本被害者学会,理事.
8) 鈴木友理子:日本精神神経学会,アンチスティグマ委員.
9) 栗山健一:日本時間生物学会,評議員.

E.委託研究
1) 金 吉晴:大規模災害や、犯罪被害等による精神科疾患の実態把握と介入手法の開発に関する研究.平成21年度厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業(精神障害分野)).研究代表者.
2) 金 吉晴:「恐怖記憶制御の分子機構の理解に基づいたPTSDの根本的予防法・治療法の創出」内「PTSDのエクスポージャー療法に対する増強療法の開発」.独立行政法人科学技術振興機構平成21年度戦略的創造研究推進事業(CREST).共同研究者.
3)金 吉晴:健康危機発生時における地域健康安全に係る効果的な健康保険医療体制の構築に関する研究.研究代表者.
4)金 吉晴:心的外傷後ストレス障害に対する持続エクスポージャー療法の研修システム.研究分担者.
5)金 吉晴:精神医療における認知行動療法の効果的な均てん化と技能評価に関する研究.研究代表者.
6)金 吉晴:心的外傷後ストレス障害に対する持続エクスポージャー療法の無作為比較試験.研究分担者.
7) 松岡 豊:「恐怖記憶制御の分子機構の理解に基づいたPTSDの根本的予防法・治療法の創出」内「不飽和脂肪酸によるPTSD予防法の開発」.独立行政法人科学技術振興機構平成21年度戦略的創造研究推進事業(CREST).共同研究者.
8)松岡 豊:交通外傷後の精神健康に関するコホート研究.研究分担者.
9)松岡 豊:精神・神経・筋分野における治験・臨床研究の推進のための基盤整備に関する研究.研究分担者.
10)中島 聡美:犯罪被害者および災害被害者に対するインターネットを利用した急性期の心理ケアプログラムの開発.平成21年度財団法人社会安全研究財団一般研究助成.研究代表者.
11)中島 聡美:複雑性悲嘆の認知行動療法の効果の検証およびインターネット治療のプログラムの開発.研究代表者.
12)中島 聡美:心的外傷後ストレス障害に対する持続エクスポージャー療法の無作為比較試験.研究分担者.
13)中島 聡美:性暴力被害者の急性期心理ケアプログラムの構築に関する研究.研究分担者.
14)中島 聡美:災害精神保健医療研修プログラムの開発.研究分担者.
15) 鈴木 友理子:オランダにおける強制治療および保護者制度のありかたに関する検討.研究分担者.
16)鈴木 友里子:自殺対策のための複合的介入法の開発に関する研究.研究分担者.
17)鈴木 友里子:災害精神保健に関する研究体制の構築および効果評価研究の予備的検討.研究分担者.
18)鈴木 友里子:性暴力被害者の急性期心理ケアプログラムの構築に関する研究.研究分担者.
19)鈴木 友里子:災害精神保健医療マニュアル改訂版作成の取り組み.研究分担者.
20)栗山 健一:睡眠中の作働記憶容量強化メカニズムの解明.厚生労働科学研究費補助金(若手研究B).研究代表者.
21)習慣的睡眠時刻前後の恐怖記憶特性における性差.厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業(精神障害分野)).研究分担者.
22)松村 健太:オメガ3脂肪酸の摂取が精神的ストレス負荷時の心臓血管系反応に与える影響.文部科学省科学研究費補助金(若手研究B).研究代表者.
23)松村 健太:若年男子の心理社会ストレスを媒介するアロスタティック負荷と血管健康の横断縦断調査.日本学術振興会科学研究費補助金(基盤研究B).研究分担者.
24)松村 健太:精神的ストレス負荷時の心臓血管系反応と動脈の固さの関係.(財)明治安田厚生事業団健康科学研究助成.研究代表者.
25)本間 元康:解離症状への臨床治療アプローチ:脳機能画像手法に基づく触知覚メカニズムの検討.立教大学学術推進特別重点資金(立教SFR).研究分担者.
26)本間 元康:痛みの認識に基づく触知覚メカニズムの検討:脳画像手法を用いて.研究代表者.
18) 伊藤正哉:共感的自己なだめによる感情調整プロセス:課題分析に基づく心理療法プロセス研究.平成21年度独立行政法人日本学術振興会特別研究員奨励費.

F.研修
(1)研修企画
1)金 吉晴:第1回うつ病認知行動療法研修.国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所,東京,2010.8.23-24.
2)金 吉晴:企画委員長. PTSD基本技能研修(厚生労働省こころの健康づくり補助金事業).東京,2010.12.14-15.
3)金 吉晴:主催. 国立精神・神経医療研究センター第2回うつ病認知行動療法研修.東京,010.12.21-22.
4)中島聡美:第5回犯罪被害者メンタルケア研修,国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所,東京,2011.1.17-19.
5)金 吉晴:第3回うつ病認知行動療法に関する技術研修.国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所,東京,2011.2.14-15.

(2)研修講師
1)金 吉晴:PTSD医療研修,国立精神・神経医療研究センター,東京,2010.7.22.
2)金 吉晴:平成22年度PTSD認知行動療法研修.独立行政法人国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所,東京,2010.10.4-7.
3)金 吉晴: PTSDの治療法と介入技法.JICA研修,兵庫,2010.12.7
4)金 吉晴:トラウマの概念と診断/PTSD治療.PTSD基本技能研修(厚生労働省こころの健康づくり補助金事業), 東京,2010.12.14.
5)金 吉晴:精神療法のコミュニケーションスキル. 国立精神・神経医療研究センター第2回うつ病認知行動療法研修.東京,2010.12.212.
6) 金 吉晴:犯罪被害者メンタルケア研修.PTSDの治療.国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所、東京,2011.1.19.
7) 金 吉晴:H22年度厚生労働省こころの健康づくり補助金事業によるPTSD研修事業の講習会.自然災害時のメンタルケアの基本方針.アルカディア市ヶ谷, 東京, 2011.1.21.
8)金 吉晴:CBTの治療効果とエビデンス.第3回うつ病認知行動療法に関する技術研修.国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所、東京、2011.2.14.
9)松岡 豊:臨床研究論文の書き方. 国立精神・神経センター2010年度臨床研究研修制度 実践講座, 東京, 2010.11.24.
10)中島聡美:犯罪被害者の心理と対応.平成22年度ストーカー・配偶者暴力対策専科,関東管区警察大学校,東京,2010.10.12.
11)中島聡美, 伊藤正哉:犯罪被害者の心理と対応.平成22年度ストーカー・配偶者暴力対策専科,関東管区警察大学校,東京,2010.10.12.
12)中島聡美:犯罪被害者及び遺族への心理的ケア.平成22年度被害者支援専科,警察大学校,東京,2010.10.25.
13)中島聡美:犯罪被害者とPTSD.平成22年度精神保健福祉専門研修Ⅰ,さいたま市こころの健康センター・埼玉県精神保健福祉センター,埼玉,2010.10.26.
14)中島聡美:性暴力被害者のこころのケア.平成22年度性暴力被害者のこころのケア研修会,岩手県精神保健福祉センター,岩手,2010.11.19.
15) 中島聡美:犯罪被害者の心理と治療・支援.第5回犯罪被害者メンタルケア研修,国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所,東京,2011.1.17.
16)中島聡美:性暴力被害による精神的影響.内閣府男女共同参画等研修,内閣府男女共同参画室,東京,2011.3.2.
17)鈴木友理子,澤 大輔,佐藤玲子,加藤隆弘,橋本直樹,上原久美、神先 真:うつや自殺念慮/企図のある人に関するメンタルヘルスファーストエイドプログラム.自殺予防学会ワークショップ,東京,2010.9.10.
18)鈴木友理子:災害精神保健:行政の役割.JICA四川大地震復興支援-こころのケア人材育成プロジェクト.甘粛省天水市,2010.9.18.
19)鈴木友理子:災害時こころのケアのあり方.JICA四川大地震復興支援-こころのケア人材育成プロジェクト,甘粛省天水市,2010.9.19.
20)鈴木友理子:女性の心理的問題:行政およびワーカーがすべきこと.JICA四川大地震復興支援-こころのケア人材育成プロジェクト.甘粛省天水市, 2010.9.20.
21)鈴木友理子: 精神保健. 平成22年度短期研修 健康危機管理研修(実務編),埼玉,2010.10.7. 
22)白井明美:平成22年度厚生労働省こころの健康づくり補助金事業 PTSD研修講師.東京,2010.12.15.
23) 小西聖子,中島聡美:犯罪被害者治療の実際.第5回犯罪被害者メンタルケア研修,国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所,東京,2011.1.19.

G.その他
1)金 吉晴:宮崎県口蹄疫に関するこころと身体のケア担当者会議,厚生労働省専門家派遣.宮崎県庁および宮崎県精神保健福祉センター,宮崎,2010.7.12.
2)栗山健一:M3.com 学会レポート ストレス後の急性不眠、恐怖反応消去の適応的意義?http://www.m3.com/academy/report/article/122527/,2010.7.7掲載.
3)金 吉晴:厚生労働省「HIV遺族実態調査検討会」座長,2010.
4)松岡 豊:第23回日本サイコオンコロジー学会総会において学会賞を受賞.2010.9.24.
5)本間元康:第17回日本時間生物学会優秀ポスター賞 「反応抑制の学習は睡眠ではなく概日変動に依存する」.第17回日本時間生物学会学術大会,東京,2010.11.21. 
6)金 吉晴:第1回「原爆体験者等健康意識調査報告会」等に関する検討会.厚生労働省,東京,2010.12.28.
7)松村健太:平成22年度日本生体医工学会北陸支部大会研究奨励賞受賞.受賞論文名:多波長型光電脈波利用新規アルコールイグニッションインターロック装置開発に向けた基礎的検討.石川、2010.12.11.
8)栗山健一: コメント [テストの科学] .所さんの目がテン.日本テレビ,2011. 1.15.放送
TOPへ