研究業績一覧


2011年度業績一覧
A.刊行物
(1)原著論文
1) Ito M, Nakajima S, Fujisawa D, Miyashita M, Kim Y, Shear K, Ghesquiere A, Wall M: Brief measure for screening complicated grief: Reliability and discriminant validity. PLoS One, in press
2)Umehara H, Fangerau H, Gaebel W, Kim Y, Schott H, Zielasek J: Von der “Schizophrenie” zur “Storung der Einheit des Selbst”. Der Nervenarzt, 2011. (online)
3)Kuriyama K, Honma M, Koyama S, Kim Y: D-cycloserine Facilitates Procedural Learning but not Declarative Learning in Healthy Humans: A Randomized Controlled Trial of the Effect of D-cycloserine and Valproic Acid on Overnight Properties in the Performance of Non-emotional Memory Tasks. Neurobiol Learn Mem 95(4): 505?509, 2011.
4)Kuriyama K, Mishima K, Soshi T, Honma M, Kim Y: Effects of sex differences and regulation of the sleep-wake cycle on aversive memory encoding. Neurosci Res 70(1): 104?110, 2011.
5)Erminia Colucci, Claire M Kelly, Harry Minas, Anthony F Jorm, and Yuriko Suzuki:Mental Health First Aid guidelines for helping a suicidal person: a Delphi consensus study in Japan. Int J Ment Health Syst. 2011; 5: 12.
6)Matsuoka Y, Nishi D, Yonemoto N, Hamazaki K, Hamazaki T, Hashimoto K: Potential role of brain-derived neurotrophic factor in omega-3 fatty acid supplementation to prevent posttraumatic distress after accidental injury: An open-label pilot study. Psychother Psychosom 2011;80:310-312 (DOI: 10.1159/000322980)
7)Kim Y, Akiyama T: Post-disaster mental health care in Japan. The Lancet 378 : 317-318, 2011.
8)Kim Y: Great East Japan Earthquake and Early Mental-health-care Response.Psychiatry and Clinical Neurosciences: 539-548, 2011.
9)Matsuoka Y, Nishi D, Nakaya N, Sone T, Hamazaki K, Hamazaki T, Koido Y: Attenuating posttraumatic distress with omega-3 polyunsaturated fatty acids among disaster medical assistance team members after the Great East Japan Earthquake: The APOP randomized controlled trial. BMC Psychiatry 2011,11:132.
10)Kim Y, Tsutsumi A, Izutsu T, Kawamura N, Miyazaki T, Kikkawa T.: Persistent distress after psychological exposure to the Nagasaki atomic bomb explosion. Br J Psychiatry. 199:411-6. 2011.
11)Deno M, Miyashita M, Fujisawa D, Nakajima S, Ito M. The relationships between complicated grief, depression, and alexithymia according to the seriousness of complicated grief in the Japanese general population. J Affect Disord. 135(1-3):122-127,2011.
12)Gaebel W, Zaske H, Cleveland HR, Zielasek J, Stuart H, Arboleda-Florez J, Akiyama T, Gureje O, Jorge MR, Kastrup M, Suzuki Y, Tasman A, Sartorius N: Measuring the stigma of psychiatry and psychiatrists:development of a questionnaire. Eur Arch Psychiatry Clin Neurosci , 261 (Suppl 2):119?123, 2011.
13)Kuriyama K, Honma M, Soshi T, Fujii T, Kim Y. Effect of D-cycloserine and valproic acid on the extinction of reinstated fear-conditioned responses and habituation of fear conditioning in healthy humans: a randomized controlled trial. Psychopharmacology (Berl). 218(3):589?597. 2011.
14)Kuriyama K, Honma M, Shimazaki M, Horie M, Yoshiike T, Koyama S, Kim Y. An N-methyl-d-aspartate receptor agonist facilitates sleep-independent synaptic plasticity associated with working memory capacity enhancement. Scientific Reports. 1: 127. 2011.
15)Suzuki Y, Goto A, Nguyen QV, Nguyen TTV, Pham NM, Chung TMT, Trinh HP, Pham VT, Yasumura S: Postnatal depression and associated parenting indicators among Vietnamese women. Asia-Pacific Psychiatry 3 (2011) 219?227.
16)Honma M, Tanaka Y, Osada Y, Kuriyama K: Perceptual and not physical eye contact elicits pupillary dilation. Biol Psychol. 89: 112?116. 2011.
17)Ito M, Nakajima S, Fujisawa D, Miyashita M, Kim Y, Shear K, Ghesquiere A, Wall M: Brief measure for screening complicated grief: Reliability and discriminant validity. PLoS One, in press
18)Goto A, Suzuki Y, Nguyen Q V, Nguyen T T V, Trinh H P, Pham N M, Nguyen T M, Yasumura S & the NDGD Parenting Support Team: Pilot study on a group-based parenting program in a Vietnamese public hospital: Program acceptance among mothers and staff. Asia-Pacific Psychiatry 4 (2012) 76?83,2012.
19)Suzuki Y, Kim Y: The Great East Japan earthquake in 2011; toward sustainable mental health care system. Epidemiology and Psychiatric Sciences 21(1): 7 - 11, 2012
20)金 吉晴:認知行動療法における治療者の技量の重要性.精神科治療学26(3),星野書店,東京,pp289-294, 2011.
21)森田展彰,数井みゆき,金丸隆太,中島聡美:不適切な養育が幼児の自律神経機能に与える影響の心拍変動による評価 ―乳児院児童を対象とした試み-.子どもの虐待とネグレクト13(3),409-419,2011

(2)総説
1)Suzuki Y, Kim Y: The Great East Japan earthquake in 2011; toward sustainable mental health care system. Epidemiology and Psychiatric Sciences 21: pp 7-11, 2012.3.
2)金 吉晴:外傷後ストレス障害.TODAY’S THERAPY 2012 今日の治療指針 私はこう治療している.医学書院.東京.851-852. 2012.
3)金 吉晴:PTSDの病態と治療.神奈川県精神医学会誌60: 7-10, 2011.
4)松岡 豊, 浜崎景:うつ病とω3系多価不飽和脂肪酸. Depression Frontier 9(1):35-43, 2011.
5)西 大輔,臼杵正人,松村健太,松岡 豊:事故後のPTSDの予防に向けて.精神科18(6):659-663,2011
6)鈴木友理子: 災害支援のチーム医療. 災害支援-臨床心理士による包括的支援. 臨床心理学. 11(4): 513-518, 2011.
7)鈴木友理子:東日本大震災後の被災地における精神保健医療活動.日本精神科病院協会雑誌.30(10); 21-27, 2011
8)栗山健一:睡眠と記憶,認知機能.特集1: 睡眠研究の動向 日本生物学的精神医学会誌.22(3) 151-157. 2011.
9)金 吉晴:東日本大震災における被ばく不安.特集:フクシマの教訓-放射能被ばく事故に学ぶこころのケア.臨床精神医学,40(11):1461-1465,2011.
10)中島聡美:犯罪被害者・長期間の虐待被害者に対する治療マネジメント.精神科治療学(26)増刊号.神経症性障害の治療ガイドライン.319-323, 2011.

(3)著書
1)藤井 猛,藤堂直之,金 吉晴:III 神経症性障害、ストレス関連障害および身体表現性障害.7外傷後ストレス障害に有効な薬物療法は?. EBM 精神疾患の治療.中外医学社,東京,pp169-174, 2011.
2)金 吉晴:外傷後ストレス障害(PTSD).精神医学キーワード事典  2章Key Word49,中山書店,東京,pp125-126,2011.
3)鈴木友理子: 4.1 概説―基本的視点. 五百旗頭真(代表)林敏彦(編) 第2章分野別課題 4.こころのケア. 災害対策全書 3.復旧・復興. 公益財団法人ひょうご震災記念21世紀研究機構 災害対策全書編集企画委員会.ぎょうせい,東京,2011.5.30.
4)中島聡美:災害時野のこころのケアについて. 日本看護協会出版会編集部,:ルポ・そのとき看護は ナース発東日大震災レポート.日本看護協会出版会,東京,2011,pp576-580.
5)鈴木友理子:災害後の調査と倫理.大災害と子どものストレス―子どものこころのケアに向けて.藤森和美,前田正治編著.誠信書房.pp.105-107,東京,2011.10.
6)金 吉晴:第2章 外傷後ストレス性障害.精神医療の最前線と心理職への期待.誠信書房,東京,pp45-58,2011.
7)中島聡美:犯罪被害者支援.飛鳥井望編:最新医学別冊 新しい診断と治療のABC70 心的外傷後ストレス障害(PTSD).最新医学社,東京, pp50-59,2011.
8)鈴木友理子:1-4-4 対策本部機能. 精神保健福祉白書2012年版 東日本大震災と新しい地域づくり. 小特集:東日本大震災. 精神保健福祉白書編集委員会編集. 東京, p.29. 2011.
9)栗山健一:震災後の不眠症.新「名医」の最新治療2012.朝日新聞社出版.pp124-127. 2012.
10)金 吉晴:1-1-3 東日本大震災への精神医療対応.精神保健福祉白書 2012年版東日本大震災と新しい地域づくり.中央法規,東京,P28, 2012.
11) 鈴木友理子:災害に伴う精神医学的問題.今日の精神疾患治療指針.(編集)樋口輝彦,市川宏伸,神庭重信,朝田隆,中込和幸.医学書院,東京,2012.
12) 鈴木友理子:世界の精神保健医療改革の最近の動向.新版精神保健福祉養成セミナー2精神保健学―精神保健の課題と支援. (編集)新版精神保健福祉養成セミナー編集委員会.へるす出版,東京.2012.

(4)研究報告書
1)栗山健一, 金 吉晴:PTSD:記憶と意識の病理. 第11回八ヶ岳シンポジウム「Fear Circuit Disorderの基礎と臨床」. 分子精神医学11(2): 46?48, 先端医学社 ,2011.
2)金 吉晴,加茂登志子,柳田多美:DV被害母子家庭における母親の育児ストレスと認知特性に関する調査-主として子どもの精神・行動面の問題との関連について-調査研究報告書.平成22年度児童関連サービス調査研究等事業(研究代表者:加茂登志子),2011.
3)金 吉晴,加茂登志子,小西聖子,中島聡美,下山晴彦,石丸径一郎,氏家由里,丹羽まどか,中山未知,小菅二三恵,廣幡小百合,堤亜美,佐合累:心的外傷後ストレス障害に対する持続エクスポージャー療法の無作為比較試験.厚生労働科学研究費補助金 障害対策総合研究事業(精神障害分野)大規模災害や犯罪被害等による精神科疾患の実態把握と介入手法の開発に関する研究 平成22年度総括・分担研究報告書(研究代表者 金吉晴),pp5-14,2011.
4)松岡 豊,西 大輔,中島聡美,金 吉晴:交通外傷後の精神健康に関するコホート研究.厚生労働科学研究費補助金障害対策総合研究事業(精神障害分野)大規模災害や犯罪被害等による精神科疾患の実態把握と介入手法の開発に関する研究 平成22年度総括・分担研究報告書(研究代表者 金吉晴),pp71-79,2011.
5)中島聡美,加茂登志子,小西聖子,中澤直子,金 吉晴:性暴力被害者への急性期心理ケアプログラムの構築に関する研究.厚生労働科学研究費補助金障害対策総合研究事業(精神障害分野)大規模災害や犯罪被害等による精神科疾患の実態把握と介入手法の開発に関する研究 平成21年度総括・分担研究報告書(研究代表者 金吉晴),pp79-96,2011.
6)鈴木有理子,深澤舞子,中島聡美,成澤知美,金 吉晴:災害精神保健医療マニュアル改訂版作成の取り組み.厚生労働科学研究費補助金障害対策総合研究事業(精神障害分野)大規模災害や犯罪被害等による精神科疾患の実態把握と介入手法の開発に関する研究 平成21年度総括・分担研究報告書(研究代表者 金吉晴),pp97-131,2011.
7)金 吉晴,加茂登志子,小西聖子,中島聡美,下山晴彦,石丸径一郎,氏家由里,丹羽まどか,中山未知,,廣幡小百合,心的外傷後ストレス障害に対する持続エクスポージャー療法の無作為比較試験.厚生労働科学研究費補助金 障害対策総合研究事業(精神障害分野)大規模災害や犯罪被害等による精神科疾患の実態把握と介入手法の開発に関する研究 平成20年度―22年度 総合研究報告書(研究代表者 金吉晴),pp5-14,2011.
8)中島聡美:被害者の心理・対応および援助者の心理について‥代理受傷.平成23年度ストーカー・配偶者暴力専科,関東管区警察学校,東京,2011.5.31.
9)中島聡美:悲嘆の概念とケア.岩手県臨床心理士会研修,岩手県臨床心理士会,岩手,2011.5.28.
10)中島聡美:悲嘆と喪失の理解とケア.平成23年度東日本大震災トラウマ対策技能研修,国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所,東京,2011.6.22.
11)鈴木友理子:災害時のこころのケアの考え方:IASCガイドラインの紹介. 東日本大震災におけるIASCガイドラインに基づいた心理支援に関するワークショップ. 2011.6.11. 東京
12)金 吉晴:トラウマ(複雑性悲嘆を含む)に対する認知行動療法の均霑化に関する研究.厚生労働科学研究費補助金 障害者対策総合研究事業(精神障害分野)精神療法の有効性の確立と普及に関する研究 平成23年度総括・分担研究報告書(研究代表者:大野 裕),p40-54,2012.
13)金 吉晴,大沼麻実:災害時の精神保健医療対応の課題について.厚生労働科学研究費補助金 健康安全・危機管理対策総合研究事業 健康危機発生時における地域健康安全に係る効果的な精神保健医療体制の構築に関する研究 平成23年度総括・分担研究報告書(研究代表者:金 吉晴),p5-10.2012.
14)金 吉晴,秋山 剛,大沼麻実:東日本大震災後の精神医療初期対応の概要.厚生労働科学研究費補助金 障害者対策総合研究事業(精神障害分野)大規模災害や犯罪被害者等による精神疾患の実態把握と対応ガイドラインの作成・評価に関する研究 平成23年度総括・分担研究報告書(研究代表者:金 吉晴)p5-12.2012.
15)金 吉晴,大沼麻実:自然災害のメンタルヘルスに関する研修の効果について-予備的調査-.厚生労働科学研究費補助金 障害者対策総合研究事業(精神障害分野)大規模災害や犯罪被害者等による精神疾患の実態把握と対応ガイドラインの作成・評価に関する研究 平成23年度総括・分担研究報告書(研究代表者:金 吉晴)p12-20.2012.
16)加茂登志子,金 吉晴,伊藤史ヱ,丹羽まどか他:DV被害母子に対する親子相互交流療法(Parent-Child Interaction Therapy: PCIT)の効果に関する研究-DV被害母子フォローアップ研究との比較.厚生労働科学研究費補助金 障害者対策総合研究事業(精神障害分野)大規模災害や犯罪被害者等による精神疾患の実態把握と対応ガイドラインの作成・評価に関する研究 平成23年度総括・分担研究報告書(研究代表者:金 吉晴)p21-38,2012.
17) 中島聡美,加茂登志子,鈴木友理子,金 吉晴,成澤知美,淺野敬子,深澤舞子他:犯罪被害者の急性期心理ケアプログラムの構築に関する研究.厚生労働科学研究費補助金 障害者対策総合研究事業(精神障害分野)大規模災害や犯罪被害者等による精神疾患の実態把握と対応ガイドラインの作成・評価に関する研究 平成23年度総括・分担研究報告書(研究代表者:金 吉晴)p39-86,2012.
18) 鈴木友理子,深澤舞子,金 吉晴:心的外傷後ストレス障害のスクリーニングおよび症状評価のための自記式調査票の開発,尺度特性の検討.厚生労働科学研究費補助金 障害者対策総合研究事業(精神障害分野)大規模災害や犯罪被害者等による精神疾患の実態把握と対応ガイドラインの作成・評価に関する研究 平成23年度総括・分担研究報告書(研究代表者:金 吉晴)p87-92,2012.


(5)翻訳
1)松岡 豊:精神科臨床試験におけるデータ解析例.ロンドン大学精神医学研究所に学ぶ精神科臨床試験の実践(Brain S. Everitt, Simon Wessly編,樋口輝彦・山田光彦監訳,中川敦夫・米本直裕訳),医学書院,東京,pp111-134,2011.

(6)その他
1)Suzuki Y: Inka Weissbecker. Post-disaster mental health care in Japan. Lancet 2011; 378: 317, 2011
2) Suzuki Y: (interviewed) Japan’s Resilience Eases Impact of Natural Disaster. Psychiatric News, 46(11):1, 2011.6.3.
3) Suzuki Y: (interviewed) Lessons Bitterly But Gratefully Learned. Psychiatric News ,46 (11):25, 2011.6.3.
4)金 吉晴:怯える子ども(災害時 心のケア急性期の対応).教育医事新聞,2011.3.25
5)金 吉晴:東日本大震災:安易に声かけせず、そっと寄り添う 遺族支える「悲嘆ケア」.毎日新聞夕刊,2011.4.16.
6)鈴木友理子:メンタルヘルス・ファーストエイドプログラム. 心と社会. 143:46-51, 2011
7)栗山健一:被災地や周辺地域住民の不眠症対策.産経新聞朝刊,2011.4.5.
8)栗山健一:震災後の不眠症 知って得する!新名医の最新治療vol.178.週刊朝日,2011.4.22. 
9)金 吉晴:犯罪・災害被害者のための精神医療を支える~成人精神保健研究部・金 吉晴部長に聞く~.精研だより 第7号,2011.5.
10)松岡 豊:第20回国際心身医学総会に参加して. 総合病院精神医学22(3):263-265, 2010.
11)松岡 豊:被災者ならびにそのご家族への対応. サイコオンコロジーニュースレター65号. 2011年5月.
12)金 吉晴:“大震災後のメンタルヘルスを考える”.うつと不安の情報誌D-Plus,臨時増刊号,pp2-6,2011.
13)金吉晴:東日本大震災と心のケアチームの診療レポート.精神医療 特集 東日本大震災とこころのケア.no.64: 138-148, 2011
14)加藤寛,鈴木友理子,金吉晴:自然災害後の精神保健医療の対応について.トラウマティック・ストレス 特集 東日本大震災―1. 9(2),pp40-45, 2011.
15)栗山健一:ヒトの恐怖出来事記憶の想起特性-PTSD発症予防策としての睡眠強制剥奪の有効性の検討-,第22回精研研究報告会.精研だより(8),pp04.2011.
16)深澤舞子:国立精神・神経医療研究センター「東北地方太平洋沖地震メンタルヘルス情報サイト」の紹介.日本トラウマティック・ストレス学会誌9: 148-151, 2011.
17)Suzuki Y: (interviewed) Japan’s Resilience Eases Impact of Natural Disaster. Psychiatric News, 46(11):1, 2011.6.3.
18)Suzuki Y: (interviewed) Lessons Bitterly But Gratefully Learned. Psychiatric News ,46 (11):25, 2011.6.3.
19)鈴木友理子:(取材)第10回トラウマティック・ストレス学会.被災地ではこころのケアの真価が問われる時期.メディカルトリビューン, 2011.11.24.
20)金 吉晴:自然災害後の精神保健医療の対応について.[座談会] 特集●東日本大震災-1,トラウマティック・ストレス9(2)17,pp40-45,2011.
21)鈴木友理子: (取材) 3. 「心のケア」の課題とは?どうする?復興を支える自治体職員の心のケア. 連合, 東京,284(12):10-11, 2011.
22)鈴木友理子:(取材)  被災地における精神保健医療の課題. 特集シリーズ 東日本大震災から⑥. 公衆衛生情報. 東京,41(7):pp2-15. 2011.
23)栗山健一:朝刊 産経新聞.良い初夢見るには「楽しい気分」「強くイメージ」「良質の睡眠」.2011.12.22.
24)栗山健一:朝刊 東京新聞.見たい初夢 1位は「家族」.2011.12.13.
25)鈴木友理子:(取材)心理的苦痛 目立つ被災者.東京新聞 総合面,2012.1.8
26)鈴木友理子:(取材)被災者 生活不安 心に重圧.福島民報,2012.1.10.
27)栗山健一:「夢と上手に付き合う方法」.読売新聞, YOMIURI ONLINE,2012.1.27.
28)安村誠司,マイケル・R・ライシュ,鈴木友理子:第60回 東北公衆衛生学会:いま東北の公衆衛生に求められていること. 福島医学雑誌62(1): 1-6, 2012
29)栗山健一:大規模災害時の睡眠問題をめぐり議論.2月2日 Medical Tribune誌 ,p.17, 2012
30)金 吉晴,北村 秀明:東日本大震災の復興計画と中長期的支援.特集 東日本大震災の復興計画と中長期的支援.精神神経学雑誌114(3),209-210,2012.

B.学会・研究会における発表
(1)学会特別講演,教育講演,シンポジウム,ワークショップ,パネルディスカッション等
1) Suzuki Y: Disaster response in Japan: From public mental health perspective. Royal Australian and New Zealand College of Psychiatrists 2011 Congress. RANZCP-JSPN symposium. Northern Territory, Australia, 2011.5.29-6.2.
2)Kim Y :Symposium tor depression in Neurological Disorders. Differential diagnosis of primary depression. Psychopharmacological treatment for depression.Hanyang University,Korea,2011.6.26.
3) Kim Y : Early mental health care response to the tsunami disaster in Japan, 2011. 3rd World Congress of Asian Psychiatry 2011, Melbourne, Australia, 2011.8.1.
4) Kim Y: Dissociation and traumatic memory. The 6th International Conference of Neurons and Brain Disease, Toyama, 2011.8.5.
5) Matsuoka Y: Omega-3 fatty acids may deter posttraumatic stress disorder after accidental injury. Session 6 (Psychiatric Disease and Mechanisms). The 6th International Conference of Neurons and Brain Diseases. (Toyama) 2011.8.3-5.
6)Kuriyama K: Effect of D-cycloserine and valproic acid on the extinction of reinstated fear-conditioned responses and habituation of fear conditioning. Poster presentation. 2011 International Summer Conference of Neurons and Brain Diseases, Toyama, 2011.8.3-5.
7) Matsumura K, Yamakoshi T, Noguchi H, Matsuoka Y:Fish consumption and psychophysiological activities during mental stress. The 34th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society - Neuroscience of the Mind-, Yokohama, 2011.9.14-17.
8) Matsuoka Y, Nishi D, Yonemoto N, Hamazaki K, Matsumura K, Hashimoto K, Hamazaki T: Can fish oil prevent posttraumatic stress disorder?: rationale and pilot study. 21th World Congress on Psychosomatic Medicine. Seoul, 2011.8.25-28.
9) Suzuki Y:Disaster response in Japan: From public mental health perspective. 15th World Congress of Psychiatry. Workshop. 18-22 September, 2011. Buenos Aires, Argentina.
10) Kim Y: Japan Earthquake and IASC MHPSS Guidelines. DRAFT AGENDA Global Meeting Paris,2011.11.22.
11) Kim Y: Prolonged psychological distress after nuclear disaster and its countermeasure: from a study of inhabitants in Nagasaki psychologically exposed to the atomic bomb explosion. 2011 University of Occupational and Environmental Health International Symposium. Fukuoka, Japan. 2011.11.9.
12) Kato H, Maeda M, Kamo T, Kim Y: Psychological support after major disaster in Japan: From Kobe and Tohoku experience. .International Society for Traumatic Stress Studies 27th Annual Meeting. Baltimore, Maryland USA. 2011.11.3.4) Kim Y, 13)Konishi T : Psychological effects of the atomic power plants accident in Fukushima. International Society for Traumatic Stress Studies 27th Annual Meeting. Baltimore, Maryland USA. 2011.11.3.
14) Nakajima S, Narisawa T, Asano K., Suzuki Y, Fukasawa M, Kim Y : Development of early psychosocial care manual for crime victims. (Poster), International Society for Traumatic Stress Studies 27th Annual Meeting, Baltimore, Maryland USA, 2011. 11. 5.
15) Ito M, Nakajima S, Konishi T, Shirai A, Kim Y : Brief Grief Questionnaire: validation for a Japanese sample. (Poster), International Society for Traumatic Stress Studies 27th Annual Meeting, Baltimore, Maryland USA, 2011. 11. 3.
16) Matsuoka Y: Secondary prevention of posttraumatic stress disorder with fish oil. 31st CMUH Anniversary International Symposium. Mind-Body Interface (II): New Concept and Promising Treatment, Plenary Lecture. Taichung, Taiwan, 2011.11.2.
17) Matsuoka Y: A lesson from conducting psychiatric clinical research in critical care medicine. Symposium “Needs and challenges in conducting clinical research in East Asia: Early career psychiatrists training forum V (Nakagawa A and Han C-S)”. World Psychiatric Association Regional Meeting. (Kaohsiung, Taiwan) 2011.11.3-5.(シンポジウム)
18) Matsuoka Y: Omega-3 fatty acids as new hope for preventing posttraumatic distress. Symposium “Omega-3 fatty acids in psycho-immunology of anxiety and depression (Lin P-Y and Su K-P)”. World Psychiatric Association Regional Meeting. (Kaohsiung, Taiwan) 2011.11.3-5. (シンポジウム)
19) Matsuoka Y: Omega-3 fatty acids as new hope for preventing posttraumatic distress. Young Investigator Symposium. International Conference on Affective Disorders: between clinical research and practice. (Tokyo) 2011.10.21-22. (シンポジウム)
20) Suzuki Y : Japanese response to the Great East Japan Earthquake and further preparedness. 2011 World Psychiatric Association Regional Meeting Symposium, Kaohsiung, Taiwan. 2011.11.3-5.
21) Suzuki Y : Psychological consequence of Nuclear Power Plant accident among clean-up workers. 2011 University of Occupational and Environmental Health International Symposium. Fukuoka, Japan. 2011.11.8-9.
22)金 吉晴:大規模災害時のこころの支援―自然災害と放射線事故.第107回日本精神神経学会議事総会「東日本大震災に対するこころのケア支援と復興支援対策ワークショップ」,基調講演,東京,2011.5.21.
23) 鈴木友理子:災害精神保健の国際的動向と日本の経験.第107回日本精神神経学会学術総会「東日本大震災に対するこころのケア支援と復興支援対策ワークショップ」,こころのケアの今後の課題と復興支援,東京,2011.5.21.
24) 鈴木友理子:災害精神保健:概要とこれまでの取り組み. 日本若手精神科医の会 災害精神医療ワークショップ,東京,2011.5.22.
25) 栗山健一:睡眠中の脳活動が手続き学習に与える影響.第50回日本生体医工学会大会 オーガナイズドセッション,東京, 2011.4.30.
26)金 吉晴:自然災害とトラウマ.「第419回広島精神神経学会」特別講演,広島,2011.7.2.
27)中島聡美:日本の犯罪被害者支援の軌跡と今後の課題.国際犯罪学会第16回国際大会日本被害者学会シンポジウム,兵庫,2011.8.7.
28) 鈴木友理子:災害後のメンタルヘルス:危機から回復に向けて. 第60回東北公衆衛生学会 特別講演,福島, 2011.7.22.
29) 鈴木友理子:災害後のこころのケア:危機から回復に向けて. 第13回東北児童青年精神医学会 教育講演,山形,2011.7.24.
30) 金 吉晴:トラウマからの回復.第19回「脳の世紀」シンポジウム,NPO脳の世紀推進会議,東京,2011.9.7
31) 松岡豊:臨床疫学からみた私のサイコオンコロジー臨床研究.ワークショップ「サイコオンコロジー(8) サイコオンコロジーにおける研究の方法論:デザインから測定法まで」.日本心理学会第75回大会,東京,2011/9/15-17
32)栗山健一:大規模自然災害被災者への睡眠医療.シンポジウム【災害医療における睡眠問題】,日本睡眠学会第36回定期学術集会.京都.2011.10.15.
33)栗山健一:PTSDの形成と悪化を防止するための睡眠医療.シンポジウム【睡眠医学と精神医療のリンケージによる効果的な治療プログラムの提案】.第107回日本精神神経学会学術総会,東京,2011.10.26.
34)木友理子:災害後のメンタルヘルス:役割分担と連携.常盤大学国際被害者学研究所第6回シンポジウム 被災者の心理・社会的回復を促進する.東京,2011.10.1.
35)鈴木友理子:パブリック・メンタルヘルスの視点から:宮城県の対応を通じての考察.日本トラウマティック・ストレス学会 特別シンポジウム「東日本大震災後のこころのケアを考える」,神戸,2011.10.10.
36) 金 吉晴:東日本大震災後に求められるケア.大会企画シンポジウム2.日本行動療法学会第37回大会・第35回研修会,東京,2011.11.27.
37) 金 吉晴:シンポジウム 東日本大震災の復興計画と中長期的支援 司会.第107回日本精神神経学会学術総会,東京,2011.10.26.
38) 伊藤正哉,中島聡美, 金 吉晴:災害後の悲嘆反応とその心理的ケア:これまでの研究と実践.日本トラウマティック・ストレス学会第10回大会シンポジウム8-1「災害による遺族のメンタルヘルスケア」, 兵庫,2011.10.10.
39) 吉池卓也, 栗山健一. 本間元康, 金 吉晴, 西川徹:NMDA受容体作動薬は覚醒時間帯における作働記憶容量増大に関わる神経可塑性を促進する.ポスター.日本時間生物学会第18回学術大会,名古屋,2011.11.24.
40) 中島聡美:遺族の複雑性悲嘆に対する認知行動療法の実践. 第27回日本ストレス学会学術大会シンポジウム Ⅰ がん患者・家族のストレスケア, 東京,2011.11.18.
41) 松岡 豊,西 大輔:魚油によるレジリエンス向上の可能性.シンポジウム「レジリエンス―総合病院精神医学における新しい視点(座長:松岡豊,西大輔)」第24回日本総合病院精神医学会総会.福岡,2011.11.25-26. (シンポジウム)
42) 西 大輔,松岡 豊:レジリエンスとは?総合病院における活用に向けて.シンポジウム「レジリエンス―総合病院精神医学における新しい視点(座長:松岡豊,西大輔)」第24回日本総合病院精神医学会総会.福岡,2011.11.25-26. (シンポジウム)
43) 松岡 豊, 西 大輔:魚油によるPTSD予防への挑戦. シンポジウム「食生活への介入で精神疾患を予防できるか?(座長:松岡豊、浜崎景)」第107回日本精神神経学会総会, 東京, 2011.10.26-27. (シンポジウム)
44) 松岡 豊:精神科専門医の養成:臨床研究の教育研修法に関する取組(エビデンスと臨床).シンポジウム「精神科専門医の養成を考える: 指導現場の取組と課題 -若手指導医の視点から-(座長:鹿島晴雄,中川敦夫)」第107回日本精神神経学会総会, 東京, 2011.10.26-27. (シンポジウム)
45) 鈴木友理子:災害後の地域ケアの回復. 日本精神障害者リハビリテーション学会 シンポジウム東日本大震災への中長期支援~地域ケアとリハビリテーションの視点から~ ,京都,2011.11.12.
46) 鈴木友理子:震災被害者への行政サービスのありかた. 第26回日本総合病院精神医学会 シンポジウム「災害被災者の抱える問題と支援について」,福岡,2011.11.26.
47) 栗山健一:時間認知の生理的・病理的変動.シンポジウム【臨床時間生物学の現状と展望】.日本時間生物学会第18回学術大会,名古屋,2011.11.25.
48) 中島聡美:特別プログラム「『関係性から見た』子ども虐待」座長,日本子ども虐待防止学会第17回いばらき大会,茨城,2011.12.2.
49) 中島聡美:子どもの悲嘆とケア. 第8回日本周産期メンタルヘルス研究会学術集会教育講演,東京,2011.12.3.
50) 鈴木友理子:災害後のメンタルヘルス:中長期の課題と対応.第47回宮城県公衆衛生学会学術総会 特別講演,仙台市,2011.12.1.
51)栗山健一:睡眠剥奪によるPTSD予防の可能性.シンポジウム(招待) 第4回日本不安障害学会学術大会,東京早稲田,2012.2.4.
52)鈴木友理子:災害後のメンタルヘルス:中長期の課題.第38回山形県公衆衛生学会 特別講演 山形市,2012.3.7.

(2)一般演題
1)Fukasawa M, Suzuki Y, Kim Y, Komagata K, Matsuda H, Someya T: Social networks and its relationships with mental health one year after the Niigata chuetsu-oki earthquake. 13th IFPE International Congress, Kaohsiung, 2011.3.30-4.2.
2)Nishi D, Matsuoka Y, Usuki M, Kim Y: Posttraumatic growth, posttraumatic stress disorder and resilience of motor vehicle accident survivors. 21th World Congress on Psychosomatic Medicine. (Seoul) 2011.8.25-28.
3) Suzuki Y, Fukasawa M, Nakajima S, Kim Y:Comparison of experts’ consensus on psychosocial care following disasters and major incidents: TENTS guideline and Japanese guideline. 15th World Congress of Psychiatry. Poster presentation. Buenos Aires, Argentina., 2011.9.18-22.
4) Yoshiike T, Kuriyama K, Honma M, Shimazaki M, Kim Y,Nishikawa T:NMDA receptor agonist facilitates sleep-independent synaptic plasticity associated with enhancement of working memory capacity. Poster Presentation. Worldsleep2011. Kyoto , 2011.10.19
5) Honma M,Yoshiike T,Shimazaki M,Koyama S,Kimura M,Kim Y,Kuriyama K:Sleep extinguishes false perception acquired by learning of visual-tactile integration. Poster Presentation. Worldsleep2011. Kyoto, 2011.10.19.
6) Kodama M, Kawasaki N, Ishimura I, Hatori K, Asano K, Ito M: Culturally sensitive positive psychological intervention among Japanese college students (1): An overview of the program and its effects on well-being. 6th World Congress for Psychotherapy, 342, Sydney, August 24-28, 2011.
7) Kawasaki N, Ishimura I, Hatori K, Asano K, Ito M, Kodama M: Culturally sensitive positive psychological intervention among Japanese college students (2): The power of Japanese calligraphy, "sho". 6th World Congress for Psychotherapy, 342, Sydney, August 24-28, 2011.
8) Asano K, Ito M, Kodama M, Kawasaki, N, Ishimura I, Hatori K: Culturally sensitive positive psychological intervention among Japanese college students (3): Awareness on and reframing of self-talk about one's weakness. 6th World Congress for Psychotherapy, 342, Sydney, August 24-28, 2011.
9) Ishimura I, Hatori K, Asano K, Ito M, Kodama M, Kawasaki, N. : Culturally sensitive positive psychological intervention among Japanese college students (4): Discovering the seeds of human strength in one's adversity. 6th World Congress for Psychotherapy, 342, Sydney, August 24-28, 2011.
10) Hatori K, Asano K, Ito M, Kodama M, Kawasaki N, Ishimura I: Culturally sensitive positive psychological intervention among Japanese college students (5): Thankfulness brings the awareness of being connected to others. 6th World Congress for Psychotherapy, 342, Sydney, August 24-28, 2011.
11)永岑光恵,中島聡美,白井明美:犯罪被害者遺族の精神症状の回復およびコルチゾール分泌変化に及ぼすレジリエンスの異なる影響.(ポスター),日本心理学会第75回大会,東京,2011.9.17.
12)深澤舞子,鈴木友理子,駒形規左枝,松田ひろし,染矢俊幸:中越沖地震後3年間の地域住民の精神健康.第31回日本社会精神医学会 示説,東京,2012.3.15-16.

(3)研究報告会
1) 栗山健一,曽雌崇弘,金 吉晴:ヒトの恐怖出来事記憶の想起特性-PTSD発症予防策としての睡眠強制剥奪の有効性の検討-.国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所 平成22年度研究報告会 (第22回),東京,2011. 5. 23.
2)伊藤正哉,中島聡美,藤澤大介,宮下光令, 金 吉晴:日本版複雑性悲嘆スクリーニング尺度の信頼性と妥当性:一般成人を対象とした検討.(ポスター),国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所 平成22年度研究報告会,東京,2011.5.23.
3)金 吉晴:エクスポージャー療法から見たPTSD.北海道トラウマ・解離研究会,ホテルクレスト札幌,北海道.2011.6.25.
4)鈴木友理子:災害時の国際的支援のあり方の検討.平成23年度厚生労働科学研究費補助金 障害者対策総合研究事業「精神障害への対応への国際比較に関する研究」研究班会議,東京,2012.1.28.
5)金 吉晴:健康危機発生時における地域健康安全に係る効果的な精神保健医療体制の構築に関する研究.セッションⅠ 地域健康危機管理の基盤形成に関する研究分野,健康安全・危機管理対策総合研究事業成果発表会,国立保健医療科学院,埼玉,2012.2.24.

(4)座長
1)栗山健一,平出敦:【災害医療における睡眠問題】.シンポジウム 日本睡眠学会第36回定期学術集会,京都,2011.10.15.
2) Kuriyama K,Sasaki S: Integrative understandings between basic and clinical findings of sleep dependent learning. Plenary Symposium. Worldsleep2011,Kyoto,201110.17.
3)三島和夫,栗山健一:【睡眠医学と精神医療のリンケージによる効果的な治療プログラムの提案】.シンポジウム 第107回日本精神神経学会学術総会,東京,2011.10.26
4)栗山健一:【睡眠と記憶】.NCNP国際セミナー,東京,2011.10.24.
5)金 吉晴:東日本大震災において日本トラウマティック・ストレス学会が果たすべき役割について.第10回日本トラウマティックストレス学会,兵庫,2011.10.10.
6)松岡 豊:シンポジウム「食生活への介入で精神疾患を予防できるか?」第107回日本精神神経学会総会, 東京, 2011.10.26-27.
7)松岡 豊:特別講演「栄養素及び食パターンと抑うつに関する職域江井紀学研究(溝上哲也・南里明子)」,第2回精神栄養研究会, 東京, 2011.10.29.
8)鈴木友理子:東日本大震災のメンタルヘルスケアを振り返る:岩手県の経験.第31回日本社会精神医学会 シンポジウム(座長),東京,2012.3.15-16.

C.講演
1) Suzuki Y: Stress-related disorders: A perspective from East Asia. Meeting of the Working Group on Stress-Related Disorders. International Advisory Group for the Revision of ICD-10 Mental and Behavioral Disorders. Geneva, Switzerland, 2011.7.14-15.
2) Suzuki Y: Cross-sectional study. Capacity building toward evidence-based medicine among health care professionals. JICA Partnership program. University of Medicine and Pharmacy- Ho Chi Minh City. Ho Chi Minh City, Vietnam, 2011.8.15-19.
3) Suzuki Y: Data management and workflow. Capacity building toward evidence-based medicine among health care professionals. JICA Partnership program. University of Medicine and Pharmacy- Ho Chi Minh City. Ho Chi Minh City, Vietnam, 2011.8.15-19.
4) Suzuki Y: Postnatal depression. Staff training for parental support program. Nhan Dan Gia Dinh Hospital. August 17, 2011, Ho Chi Minh City,Vietnam, 2011.8.17.
5) Suzuki Y: Mental health community’s response to the 3.11 disaster and future preparedness. A Panel Discussion on Mental Health following the March 11th, 2011 Disaster, The Embassy of Canada, Tokyo, December 8, 2011
6) Suzuki Y, Jones L , Wessely S: Acute stress reaction. The 2nd meeting of the working group on the Classification of Stress-Related Disorders. International Advisory Group for the Revision of ICD-10 Mental and Behavioral Disorders. Zurich, Switzerland. 2012.1.19-20.
7)金 吉晴:災害後の心のケアと回復力:災害のもたらす心への影響とその対応. 平成23年度第1回メディアカンファレンス.東京,2011.4.27.
8)鈴木友理子:こころに配慮した災害支援. 東北関東大震災被災者支援に関する講習会. 日本心身医学会関東甲信越支部. 東京,2011.4.24.
9)鈴木友理子:災害後の心のケアと回復力:これまでの事例と取り組み. 平成23年度第1回メディアカンファレンス. 東京,2011.4.27.
10)鈴木友理子:災害後のこころのケアについて. 塩釜市管理職員の健康管理講演会. 宮城県,2011.4.28.
11)松岡 豊:What is PTSD?.国立精神・神経医療研究センター病院平成23年度看護の日講演. 東京, 2011.5.16.
12)鈴木友理子:こころに配慮した災害支援. 東北関東大震災被災者支援講習会. 日本心身医学会関東甲信越支部. 東京,2011.5.8.
13)鈴木友理子,深澤舞子:柏崎市、出雲崎町、刈羽村の調査報告. 中越沖地震被災者のこころと身体の健康調査報告会,新潟,2011.5.10.
14)鈴木友理子:被災地の対応:危機から回復に向けて. 東日本大震災、フクシマとメンタルヘルス. メンタルヘルスケア協議会講演 2011.6.19. 東京
15)鈴木友理子:災害後のこころのケア. 東北福祉大学メンタルヘルスプロモーション事業公開フォーラム. 2011.6.25. 仙台市
16)鈴木友理子:主観的評価の測定法. TMC臨床研究入門講座・ワークショップTMC入門講座. 2011.6.10. 東京
17)金 吉晴:人間発達学基礎演習Ⅰ心理学に関する講演.和洋女子大学,千葉,2011.6.8
18) 金 吉晴:PTSDについて.海精会病実研セミナー,東京,2011.6.24.
19) 金 吉晴:日常診療におけるPTSD.第7回精神疾患セミナー,東京,2011.6.30.
20) 松岡 豊:魚嫌いは心の健康に疎い?.武蔵野大学平成23年度前期生涯学習講座. 三鷹.2011.7.8.
21) 金 吉晴:震災後のこころのケアを考える.東日本大震災こころのケア支援プロジェクト,ファイザー,岩手,2011.7.27.
22) 中島聡美:大切な人を失った悲しみに向き合う -悲嘆の理解とケア―.常磐大学心理臨床センター主催公開講演会,常磐大学心理臨床センター,茨城,2011.7.24.
23) 鈴木友理子:原子力災害とメンタルヘルス. 日本精神神経学会 原発事故ストレス-支援者からの情報収集プロジェクト スタッフ研修会,東京,2011.8.27. 
24) 金 吉晴:健康危機管理におけるメンタルヘルス対策について.平成23年度地域保健総合推進事業「地域保健推進戦略会議(九州ブロック)」,財団法人日本公衆衛生協会,宮崎,2011.8.26.
25) 金 吉晴:大震災と心のケア.平成23年度秋田県精神保健福祉協会研修会,秋田県精神保健福祉協会,秋田,2011.9.1.
26) 鈴木友理子:災害復興期における精神保健福祉活動の留意点について. 震災復興期における精神医療保健福祉活動に関するワークショップ. 平成23年9月14日 岩手県大船渡市
27) 鈴木友理子、大塚耕太郎:メンタルヘルス・ファーストエイド. 相模原市精神保健福祉センター専門研修. 平成23年9月2日 神奈川県相模原市
28) 金吉晴:トラウマからの回復.第19回脳の世紀シンポジウム,NPO法人脳の世紀推進会議,東京,2011.9.7.
29) 金吉晴:うつ病の認知行動療法と薬物療法.第11回日本認知療法学会,大阪,2011.10.1.
30) 金 吉晴:災害とこころのケアについて.「災害時の地域精神保健活動とメンタルヘルス」講演会.和歌山県御坊保健所,和歌山,2011.10.20.
31) 鈴木友理子:災害時のこころのケア:原発事故をめぐって. 福島市育児支援研修会. 福島市,2011.11.21.
32) 鈴木友理子:災害後のこころと身体の健康調査. 長期的な視点に立った健康調査のあり方. 「平成23年度 地域自殺対策研修会:災害時のメンタルヘルス対策」宮城県精神保健福祉センター,仙台,2011.11.22.
33) 金 吉晴:社内講演会「災害後のメンタルケア(PTSD)-製薬企業が貢献出来る情報提供活動とは-」.ファイザー㈱,東京,2011.12.1.
34) 金 吉晴:臨床診断・スクリーニングの方法.兵庫県こころのケアセンター,神戸,2011.12.6.
35) 金 吉晴:PTSDの治療法と介入技法(総論).兵庫県こころのケアセンター,神戸,2011.12.6.
36) 金 吉晴:災害時における心のケア.鳥取県精神保健福祉協会,鳥取,2011.12.8.
37) 金 吉晴:トラウマと悲嘆について.みやぎ心のケアセンター,宮城,2011.12.14-15.
38) 中島聡美:性暴力の被害者のこころの支援.性暴力禁止法を作ろう、全国縦断シンポジウム in 名古屋,愛知,2011.12.10.
39) 鈴木友理子:災害後のメンタルヘルス:危機から回復に向けて.精神保健科学研修会(平成23年度特別講義) 山形県精神保健福祉センター,山形市,2011.12.2.
40) 鈴木友理子:災害精神保健医療マニュアルの開発について. 新潟PTSD対策専門研修会アドバンスコース,新潟,2011.12.7.
41) 鈴木友理子:東日本大震災後のメンタルヘルス~中長期の課題.東日本大震災後のメンタルヘルス.特例民法法人 青少年健康センター,東京,2011.12.18.
42) 金 吉晴:災害時のこころのケア~いま、一人ひとりができること~.群馬県こころの健康センター,群馬,2012.1.22.
43) 金 吉晴:自然災害と精神医療対応:東日本大震災から.塩野義製薬/日本イーライリリー,東京,2012.1.27.
44) 中島聡美:職域におけるPTSD.第273回 関東産業健康管理研究会,東京,2012.1.9.
45) 金 吉晴:外傷後ストレス障害の治療.日本不安障害学会市民公開講座,東京,2012.2.5.
46) 金 吉晴:東日本大震災と精神保医療対応.第16回女性精神科医による女性のメンタルヘルスを考える会,東京,2012.2.9.
47) 中島聡美:犯罪被害者の心理と支援.大阪被害者支援アドボカシーセンター主催被害者支援セミナー,大阪,2012.3.16.
48) 鈴木友理子,深澤舞子:新潟県中越沖地震 被災者こころと身体の健康調査3年間の比較.中越沖地震支援従事者検討会,柏崎市,2012.3.2.

D.学会活動
(1)学会主催

(2)学会役員
1) Kim Y: World Psychiatric Association, Committee of psychopathology.
2) 金 吉晴:日本トラウマティック・ストレス学会,常任理事.
3) 金 吉晴:日本精神神経学会,ガイドライン委員.
4) 金 吉晴:自殺予防学会,理事.
5) 中島聡美:日本トラウマティック・ストレス学会,理事.被害者支援委員会委員長、震災支援員会委員
6) 中島聡美:日本被害者学会,理事.企画委員
7) 中島聡美:日本精神・神経学会災害対策委員会委員,災害対策本部委員
8) 中島聡美:日本学術会議連携委員
9) Suzuki Y: World Health Organization, Working group on the Classification of Stress-Related Disorders. International Advisory Group for the Revision of ICD-10 Mental and Behavioral Disorders.
10) 鈴木友理子:日本精神神経学会,アンチスティグマ委員.
11) 鈴木友理子:日本トラウマティック・ストレス学会,理事.
12) 栗山健一:日本時間生物学会,評議員.

E.委託研究
1)金 吉晴:厚生労働科学研究費(障害者対策総合研究事業(精神障害分野))/大規模災害や犯罪被害等による精神疾患の実態把握と対応ガイドラインの作成・評価に関する研究.研究代表者
2)金 吉晴:厚生労働科学研究費(健康安全・危機管理対策総合研究)/健康危機発生時における地域健康安全に係る効果的な精神保健医療体制の構築に関する研究.研究代表者
3)金 吉晴:厚生労働科学研究費(障碍者対策総合研究(精神障害分野))/精神療法の有効性の確立と普及に関する研究.研究分担者
4)金 吉晴:戦略的創造研究推進事業(CRESTタイプ)/恐怖記憶制御の分子構造の理解に基づいたPTSDの根本的予防法・治療法の創出.共同研究者
5)金 吉晴:精神・神経疾患研究開発費/わが国における低強度認知行動療法の実施マニュアル開発と地域への応用可能性に関する研究.研究分担者
6)中島 聡子:科学研究費補助金(基盤研究(B))/複雑性悲嘆の認知行動療法の効果の検証およびインターネット治療のプログラム開発.研究代表者
7)鈴木 友里子:厚生労働科学研究費(障害者対策総合研究(身体・知的等障害分野))/精神障害者への対応への国際比較に関する研究.研究分担者
8)栗山 健一:科学研究費補助金(若手研究(B))/睡眠中の作動記憶容量強化メカニズムの解明.研究代表者
9)栗山健一:武田科学振興財団2010年度医学系研究奨励金(精神疾患・脳疾患)/D-サイクロセリンによる睡眠中の恐怖記憶消去学習強化への影響の検討.研究代表者
10)栗山 健一:中山科学振興財団2011(平成23)年度「睡眠の生物化学」研究助成/抑圧された外傷出来事記憶が睡眠剥奪により受ける影響の精神生理学的検討.研究代表者
11)本間 元康:科学研究費補助金(若手研究(B))/痛みの認識に基づく触知覚メカニズムの検討:脳機能画像手法を用いて.研究代表者
12)本間 元康:科学研究費補助金(若手研究(B))/脳機能画像手法に基づく錯覚の検討と解離性隔離の臨床治療への実証的試み.研究分担者
13)本間 元康:公益社団法人日本心理学会「震災からの復興のための実践活動及び研究」/余震の長期経験後に生じる平衡感覚の異常に関する予備的研究.研究代表者
14)伊藤 正哉:日本学術振興会(特別研究員奨励賞)/共感的自己なだめによる感情調整プロセス:課題分析に基づく心理療法プロセス研究.研究代表者
15)伊藤 正哉:公益社団法人日本心理学会「震災からの復興のための実線活動及び研究」/震災により死別・離別を経験した遺族への心理社会的支援.研究代表者
16)金 吉晴:平成23年度こころの健康づくり対策事業費補助金/PTSD研修事業.担当者
17)金 吉晴:精神・神経疾患研究開発費/独立行政法人 国立精神・神経医療研究センターにおける経営戦略企画に係る研究.研究協力者
18)松岡 豊:戦略的創造研究推進事業(CRESTタイプ)/恐怖記憶制御の分子構造の理解に基づいたPTSDの根本的予防法・治療法の創出.共同研究者
19)松岡 豊:厚生労働科学研究費(医療技術実用化総合研究)/精神・神経・筋分野における治験・臨床研究の推進のための基盤整備に関する研究.研究分担者
20)中島 聡子:厚生労働科学研究費(障害者対策総合研究事業(精神障害分野))/大規模災害や犯罪被害等による精神疾患の実態把握と対応ガイドラインの作成・評価に関する研究).研究分担者
21)中島 聡子:厚生労働科学研究費(健康安全・危機管理対策総合研究)/健康危機発生時における地域健康安全に係る効果的な精神保健医療体制の構築に関する研究.研究分担者
22)鈴木 友里子:厚生労働科学研究費(障害者対策総合研究事業(精神障害分野))/大規模災害や犯罪被害等による精神疾患の実態把握と対応ガイドラインの作成・評価に関する研究.研究分担者
23)鈴木 友里子:厚生労働科学研究費(健康安全・危機管理対策総合研究)/健康危機発生時における地域健康安全に係る効果的な精神保健医療体制の構築に関する研究.研究分担者
24)鈴木 友里子:厚生労働科学研究費(障害者対策総合研究事業(精神障害分野))自殺対策のための複合的介入法の開発に関する研究.研究分担者

F.研修
(1)研修企画
1)金 吉晴:平成23年度 東日本大震災トラウマ対策技能研修,国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所,東京,2011.6.22.
2)金 吉晴:平成23年度「こころの健康づくり対策」研修会,トラウマ対策基本技能研修.東京,2011.12.20-21.
3) 金 吉晴:平成23年度「こころの健康づくり対策」研修会,自然災害等精神医療対応研修(医療従事者向け).東京,2012.2.6-7.
4) 金 吉晴:東日本大震災心のケア活動に係る意見交換会.災害時こころの情報支援センター,東京,2012.3.7.
(2)研修講師
1) 金 吉晴:トラウマ反応総論、支援者ストレス.平成23年度 東日本大震災トラウマ対策技能研修,国立精神・線形医療研究センター精神保健研究所,東京,2011.6.22.
2) 松岡 豊:研究倫理の歴史と基本原則. 国立精神・神経センター2011年度臨床研究研修制度 入門講座・倫理講座ワークショップ, 小平, 2011/6/9
3) 中島聡美:災害後のこころのケア.いのちの電話 東日本大震災フリーダイヤル相談事業研修.いのちの電話, 東京,2011.4.2.
4) 中島聡美:東日本大震災 中長期のメンタルヘルスと支援者のストレスケア.岩手県精神保健福祉センター内部研修,岩手県精神保健福祉センター, 岩手,2011.4.16.
5) 中島聡美:想像エクスポージャー法.第8回 Prolonged Exposure Therapy 講習会,武蔵野大学,東京,2011.4.30.
6) 中島聡美:突然の喪失による悲嘆への対応.東北関東大震災被災者支援に関する講習会,日本心身学会関東甲信越支部,東京,2011.5.8.
7) 中島聡美:複雑性悲嘆の概念と治療.2011年春秋上智大学グリーフケア講座,上智大学日本グリーフケア研究所,東京,2011.5.12.
8) 中島聡美:災害時に係わる中長期の心のケアの留意点.一関地域精神保健福祉研修会,一関保健所,岩手,2011.5.26.
9) 中島聡美:中長期におけるこころのケアの留意点について.災害時こころのケア研修会,岩手県精神保健福祉センター,岩手,2011.5.29.
10) 中島聡美:災害とこころのケア,平成23年度専門講座,茨城県精神保健福祉センター,茨城,2011.5.30.
11) 中島聡美:被害者の心理・対応および援助者の心理について‥代理受傷.平成23年度ストーカー・配偶者暴力専科,関東管区警察学校,東京,2011.5.31.
12) 中島聡美:悲嘆の概念とケア.岩手県臨床心理士会研修,岩手県臨床心理士会,岩手,2011.5.28.
13) 中島聡美:悲嘆と喪失の理解とケア.平成23年度東日本大震災トラウマ対策技能研修,国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所,東京,2011.6.22.
14) 鈴木友理子:災害時のこころのケアの考え方:IASCガイドラインの紹介. 東日本大震災におけるIASCガイドラインに基づいた心理支援に関するワークショップ. 2011.6.11. 東京
15) 金 吉晴:災害時こころのケアに関するかかりつけ医等研修会,岩手県精神保健福祉センター,岩手,2011.6.23.
16) 金 吉晴:災害時における心のケアについて.災害時の保健活動研修会,鹿児島県精神保健福祉センター,鹿児島,2011.7.8.
17) 金 吉晴:うつの認知行動療法.平成23年度精神保健福祉研修(前期),東京都立精神保健福祉センター,東京,2011.7.14.
18) 金 吉晴:PTSDの概念と治療,災害時の支援.平成23年度「心的外傷後ストレス障害(PTSD)の理解」,東京都立中部総合精神保健福祉センター,東京,2011.7.20.
19) 中島聡美:複雑性悲嘆の概念と治療.常磐大学心理臨床センター公開研修,常磐大学心理臨床センター,茨城,2011.7.24.
20) 中島聡美:悲嘆と喪失の理解とケア.山田町保健師,三陸病院医療関係者,大船渡市保健師,陸前高田市保健師・心のケアチーム, 岩手,2011.7.27.-28.
21) 中島聡美:犯罪被害者および遺族の心理的ケア.平成23年被害者カウンセリング技術(上級)専科,絵警察庁,東京,2011.8.3.
22) 中島聡美:災害と子どもの心.思春期心のの健康セミナー,茨城県精神保健福祉センター,茨城,2011.8.29.
23) 中島聡美:PTSDの病態と治療について.第13期被害者支援活動員養成講座,いばらき被害者支援センター,茨城,2011.9.9.
24) 中島聡美:被害者の心理とメンタルヘルス対策.平成23年度地域自殺対策研修会,宮城県精神保健福祉センター,宮城,2011.9.21.
25)金吉晴:震災後の自殺対策.平成23年度市町村自殺対策主幹課長・担当者研修会,福島県県北保険福祉事務所,福島,2011.9.29.
26) 金吉晴,小林由季:PTSDの持続エクスポージャー法.PTSD認知行動療法基本研修.(独)国立精神・神経医療研究センター 認知行動療法センター,小平,2011.10.5-10.6.
27) 鈴木友理子:災害時の精神保健の諸問題.平成23年度短期研修 健康危機管理研修.国立保健医療科学院,和光市,2011.10.7.
28) 鈴木友理子:災害時のストレス:被災者・支援者への対応.災害時の保健活動.東京都特別区職員研修所平成23年度専門研修,東京,2011.10.12.
29) 鈴木友理子:メンタルヘルス・ファーストエイド研修: 不安障害. 相模原市精神保健福祉センター教育研修事業(専門研修),相模原,2011.10.14.
30)中島聡美:PTSDについて.被害者支援都民センター自助グループ研修会, 被害者支援都民センター,東京,2011.10.4.
31) 中島聡美:犯罪被害者遺族の悲嘆について.平成25年度自助グループ運営・連絡会議,内閣府,東京,                               2011.10.25.
32) 中島聡美:性暴力被害者の心理と支援. いばらき被害者支援センター被害者支援活動員養成講座, いばらき被害者支援センター, 茨城,2011.10.14.
33) 中島聡美:トラウマとPTSD概念.平成23度トラウマ技能研修プログラム,岩手県精神保健福祉センター,岩手,2011.11.20.
34) 鈴木友理子:指導者の心構え. メンタルヘルス・ファーストエイド指導者養成研修. 岩手県精神保健福祉センター,盛岡,2011.11.23.
35) 鈴木友理子:不安障害、トラウマ対応. メンタルヘルス・ファーストエイド指導者養成研修. 岩手県精神保健福祉センター,盛岡,2011.11.23.
36)金 吉晴:CAPS講習会.みやぎ心のケアセンター,宮城,2011.12.15.
37) 金 吉晴:トラウマの概念.トラウマ対策基本技能研修,東京,2011.12.20.
38) 金 吉晴:PTSDの診断と治療.トラウマ対策基本技能研修,東京,2011.12.21.
39) 中島聡美:犯罪被害者の心理と支援. 平成23年度第2回全国被害者支援ネットワーク北海道・東北ブロック研修会,全国被害者支援ネットワーク・福島被害者支援センター, 福島,2011.12.5.
40) 中島聡美:震災の遺族ケア.JICA/兵庫県こころのケアセンター主催・中国四川大地震復興支援こころのケア人材育成プロジェクト研修,兵庫,2011.12.9.
41) 金 吉晴:PTSDの治療.第6回犯罪被害者メンタルケア研修,小平,2012.1.18.
42) 中島聡美:PTSDの認知行動療法 -長時間曝露療法を中心に-.平成23度トラウマ技能研修プログラム,岩手県精神保健福祉センター,岩手,2012.1.22.
43) 鈴木友理子:うつ・自殺の初期対応ゲートキーパー養成のために:メンタルヘルス・ファーストエイド(ゲートキーパー養成研修用テキスト)を用いて.平成23年度リスナー育成指導者研修. 愛知県精神保健福祉センター.名古屋,2012.1.27.
44) 鈴木友理子:職員健康調査を踏まえた管理監督者の役割とメンタルヘルス対策.宮城県管理監督者メンタルヘルス研修会,仙台,2012.1.31.
45)中島聡美:うつ病について.被害者支援都民センター自助グループ研修会, 被害者支援都民センター,東京,2013.3.14.

G.その他
1)Kuriyama K: World sleep federation Early Career Award 2011. Kyoto,2011.10.20.
2)金 吉晴:国立精神・神経医療研究センターHP「東北地方太平洋沖地震メンタルヘルス情報サイト」開設,2011.3.14.
3)鈴木友理子:未体験のストレスとどうつきあうか. 不安、焦り、恐怖を癒すには. ヘルス&ビューティー・レビュー,4・5月号. 講談社,東京,2011.5.20.
4)栗山健一,三島和夫、内山 真:原発・大震災サバイバルブック Chapter 57 震災後の「不眠症」を長引かせないためには?週刊朝日 臨時増刊2011/5/25号, p. 93, 2011.
5)金 吉晴:インタビュー記事:アートセラピー「注意を」.朝日新聞,2011.6.10.
6)中島聡美:インタビュー記事:被災者の心どうまもる.岩手日報,2011.4.18.
7)中島聡美:記事作成協力:遺族の心身ケア どう支援.日本経済新聞,2011.5.22
8)金 吉晴:インタビュー記事,医療ルネサンス NO.5124 震災関連病3/3. 読売新聞,2011.7.19
9)栗山健一:記事作成協力:「プチ仮眠」で頭すっきり.日本経済新聞朝刊NIKKEI PLUS1 健康生活 S13面,2011.8.6.
10) 栗山健一:記事作成協力:強い恐怖体験後 不眠がトラウマ防ぐ.日本経済新聞朝刊 11面,2011.8.22.
11) 金 吉晴:震災後メンタルヘルス座談会(東日本大震災後のメンタルヘルスの現状と対策).ファイザー㈱,宮城,2011.10.16.
12)栗山健一. 第9回日本時間生物学会学術奨励賞 臨床・社会部門.(AWARD)
13)金 吉晴:被災者のこころのケア連携会議.内閣府(防災担当),東京,2011.12.21.
14) 鈴木友理子:被災者の孤立防止と心のケアに関する有識者会議.内閣官房.東日本大震災復興対策本部.東京,2011.12.27.
15) 金 吉晴:災害医療とIT 対談「遠隔医療とメンタルケア」.㈱ライフメディコム,東京,2012.3.1.
TOPへ