研究業績一覧


2014年度研究業績一覧
【刊行物】
《原著論文》
1)Suzuki Y, Fukasawa M, Obara A, Kim Y: Mental Health Distress and Related Factors Among Prefectural Public Servants Seven Months After the Great East Japan Earthquake. J Epidemiol 24(4), 287-294, 7, 2014.
2)Suzuki Y, Fukasawa M, Nakajima S, Narisawa T, Keiko A, Kim Y: Developing a Consensus-based Definition of “Kokoro-no Care” or Mental Health Services and Psychosocial Support: Drawing from Experiences of Mental Health Professionals Who Responded to the Great East Japan Earthquake. Version 1. PLoS Curr. 7, 2015.1.29.【online】
3)Miyajima K, Fujisawa D, Yoshimura K, Ito M, Nakajima S, Shirahase J, Mimura M, Miyashita M: Association between quality of end-of-life care and possible complicated grief among bereaved family members. J Palliat Med.17(9), 1025-1031, 9, 2014.
4)Goto A, Reich MR, Suzuki Y, Tsutomi H, Watanabe E, Yasumura S: Parenting in Fukushima City in the post-disaster period: short-term strategies and long-term perspectives. Disasters. Jul;38 Suppl 2:s179-89.2014.
5)Goto A, Rudd RE, Bromet EJ, Suzuki Y, Yoshida K, Suzuki Y, Halstead DD, Reich MR: Maternal confidence of Fukushima mothers before and after the nuclear power plant disaster in Northeast Japan: Analyses of municipal health records. Journal of Communication in Healthcare. 7(2): 106-116, 2014.
6)Yabe H, Suzuki Y, Mashiko H, Nakayama Y, Hisata M, Niwa S, Yasumura S, Yamashita S, Kamiya K, Abe M: Psychological distress after the great East Japan earthquake and fukushima daiichi nuclear power plant accident: results of a mental health and lifestyle survey through the fukushima health management survey in fy2011 and fy2012. Fukushima J Med Sci 60(1): 57-67, 2014.【online】
7)Sakuma A, Takahashi Y, Ueda I, Sato H, Katsura M, Abe M, Nagao A, Suzuki Y, Kakizaki M, Tsuji I, Matsuoka H, Matsumoto K: Post-traumatic stress disorder and depression prevalence and associated risk factors among local disaster relief and reconstruction workers fourteen months after the Great East Japan Earthquake: a cross-sectional study. BMC Psychiatry 2015, 15:58, 2015.
8)Ikeda H, Kubo T, Kuriyama K, Takahashi M: Self-awakening improves alertness in the morning and during the day after partial sleep deprivation. J Sleep Res. 23(6):673-680. 2014.
9)Kim W, Tateno A, Arakawa R, Sakayori T, Ikeda Y, Suzuki H, Okubo Y: In vivo activity of modafinil on dopamine transporter measured with positron emission tomography and [18F]FE-PE2I. Int J Neuropsychopharmacol 17(5) 697-703, 2014.
10)Ogawa K, Tateno A, Arakawa R, Sakayori T, Ikeda Y, Suzuki H, Okubo Y: Occupancy of serotonin transporter by tramadol: a positron emission tomography study with [11C]DASB. Int J Neuropsychopharmacol 17(6) 845-850, 2014.
11)Sakayori T, Tateno A, Arakawa R, Ikeda Y, Suzuki H, Okubo Y: Effect of mazindol on extracellular dopamine concentration in human brain measured by PET. Psychopharmacology (Berl) 231(11) 2321-2325, 2014.
12)Shingai Y, Tateno A, Arakawa R, Sakayori T, Kim W, Suzuki H, Okubo Y: Age-related decline in dopamine transporter in human brain using PET with a new radioligand [18F]FE-PE2I. Ann Nucl Med 28(3) 220-226, 2014.
13)Fujii K, Ozeki Y, Okayasu H, Takano Y, Shinozaki T, Hori H, Orui M, Horie M, Kunugi H, Shimoda K: QT is longer in drug-free patients with schizophrenia compared with age-matched healthy subjects. PLoS One 9: e98555, 2014.
14)Ota M, Noda T, Sato N, Hattori K, Teraishi T, Hori H, Nagashima A, Shimoji K, Higuchi T, Kunugi H: Characteristic distributions of regional cerebral blood flow changes in major depressive disorder patients: a pseudo-continuous arterial spin labeling (pCASL) study. J Affect Disord 165: 59-63, 2014.
15)Hori H, Fujii T, Yamamoto N, Teraishi T, Ota M, Matsuo J, Kinoshita Y, Ishida I, Hattori K, Okazaki M, Arima K, Kunugi H: Temperament and character in remitted and symptomatic patients with schizophrenia: modulation by the COMT Val158Met genotype. J Psychiatr Res 56: 82-89, 2014.
16)Ogawa S, Fujii T, Koga N, Hori H, Teraishi T, Hattori K, Noda T, Higuchi T, Motohashi N, Kunugi H: Plasma L-tryptophan concentration in major depressive disorder: new data and meta-analysis. J Clin Psychiatry 75: e906-e915, 2014.
17)Teraishi T, Hori H, Sasayama D, Matsuo J, Ogawa S, Ishida I, Nagashima A, Kinoshita Y, Ota M, Hattori K, Kunugi H: Relationship between Lifetime Suicide Attempts and Schizotypal Traits in Patients with Schizophrenia. PLoS One 9: e107739, 2014.
18)Fujii T, Ota M, Hori H, Hattori K, Teraishi T, Matsuo J, Kinoshita Y, Ishida I, Nagashima A, Kunugi H: The common functional FKBP5 variant rs1360780 is associated with altered cognitive function in aged individuals. Sci Rep 4: 6696, 2014.
19)Fujii T, Ota M, Hori H, Hattori K, Teraishi T, Sasayama D, Higuchi T, Kunugi H: Association between the common functional FKBP5 variant (rs1360780) and brain structure in a non-clinical population. J Psychiatr Res 58, 96-101, 2014.
20)Ota M, Sato N, Sakai K, Okazaki M, Maikusa N, Hattori K, Hori H, Teraishi T, Shimoji K, Yamada K, Kunugi H: Altered coupling of regional cerebral blood flow and brain temperature in schizophrenia compared with bipolar disorder and healthy subjects. J Cereb Blood Flow Metab 34: 1868-1872, 2014.
21)Teraishi T, Hori H, Sasayama D, Matsuo J, Ogawa S, Ishida I, Nagashima A, Kinoshita Y, Ota M, Hattori K, Higuchi T, Kunugi H: Personality in remitted major depressive disorder with single and recurrent episodes assessed with the Temperament and Character Inventory. Psychiatry Clin Neurosci ; 69: 3-11, 2015.
22)Ogawa S, Hattori K, Sasayama D, Yokota Y, Matsumura R, Matsuo J, Ota M, Hori H, eraishi T, Yoshida S, Noda T, Ohashi Y, Sato H, Higuchi T, Motohashi N, Kunugi H. Reduced cerebrospinal fluid ethanolamine concentration in major depressive disorder. Sci Rep ; 5: 7796, 2015.
23)菊池美名子,金 吉晴:DSM-5におけるトラウマ・ストレス関連疾患の診断基準について.心と社会,157:48-52,9,2014.


《総説》
1)Nakajima S: Bereavement and Grief Caused by the Great East Japan Earthquake. ADEC Forum40(2), 17-18, 2014.
2)大沼麻実,大滝涼子,金 吉晴:災害直後のこころのケア ? WHO版心理的応急処置(サイコロジカル・ファーストエイド)の支援とは.看護教育 55(9),902 - 907,09,2014
3)中島聡美:自死遺族の複雑性悲嘆に対する心理的ケア・治療.精神科25(1)57-63,7,2014.
4)栗山健一:PTSDと睡眠障害.さまざまな精神・神経疾患に伴う併存する睡眠障害(治療法を含めて),精神科 24(6) 626-632,2014.
5)栗山健一:睡眠不足が情動・記憶に及ぼす影響.ねむりとマネージメント,1(1) 49?51, 2014.
6)栗山健一:その不眠をどう治療するか、あるいは治療しないか-気分障害-.その患者に睡眠薬は必要か-眠れないという訴えにどう対応するか-,精神科治療学 29(11) 1373?1379, 2014.
7)吉池卓也, 栗山健一:精神疾患と不眠. Current Therapy 33(4) 369?373, 2015.
8)堀 弘明,功刀 浩:初発精神病エピソードの初回面接.精神科治療学 29 (7):911-917,2014.
9)吉池卓也,上田 諭,高橋正彦,須田潔子,古田 光,小山恵子:前頭葉症状が長年にわたって先行した進行性核上性麻痺の1臨床例.精神神経学雑誌116(5)359-369,2014.
10)安藤久美子,中澤佳奈子,淺野敬子,津村秀樹,長沼洋一,菊池安希子,岡田幸之:わが国における触法精神障害者通院医療の現状 : 2005~2013年の全国調査の分析から (特集 医療観察法とその周辺 : 症例と取り組み). 臨床精神医学43(9):1293-1300,2014.
11)吉池卓也,亀井雄一:概日リズム睡眠障害 2)睡眠相後退型と自由継続型の病態.睡眠医療 8: 191-196, 2014.


《著書》
1)金 吉晴:21.PTSD.POCKET精神科改訂2版,金芳堂,京都,P139-144,2014.
2)金 吉晴:Ⅴ災害精神医学.標準精神医学 第6版,監修:野村総一郎・樋口輝彦 編集:尾崎紀夫・朝田 隆・村井俊哉,医学書院,東京,pp228-234,2015.
3)大沼麻実,大滝涼子,金 吉晴:第7章 PTSD.貝谷久宣・佐々木司・清水栄司編著 不安症の事典 PARTⅡ不安症の診断・治療,日本評論社,東京,pp79-81,2015.
4)中島聡美:大切な人を亡くした子どもへのグリーフケア.第1回 グリーフケアとは.少年写真新聞社:体と心 保健総合大百科 保健ニュース・心の健康ニュース・ 縮刷活用版 2014年 中・高校編.少年写真新聞社,東京,119,2014.
5)中島聡美:大切な人を亡くした子どもへのグリーフケア.第3回 自死遺族へのグリーフケア.少年写真新聞社:体と心 保健総合大百科 保健ニュース・心の健康ニュース・ 縮刷活用版 2014年 中・高校編.少年写真新聞社,東京,121,2014.
6)中島聡美:犯罪被害者支援とメンタルヘルス -性暴力被害者支援の取り組み.精神保健福祉白書編集委員会.精神保健福祉白書2015年版,中央法規,東京,p51,2014.
7)中島聡美:犯罪被害とストレス.丸山総一郎編:ストレス学ハンドブック.創元社,東京,pp405-417,2015.
8)鈴木友理子,中島聡美:適応障害,他の特定される心的外傷およびストレス因関連障害,特定不能の心的外傷およびストレス因関連障害.神庭重信総編集,三村將編:DSM-5を読み解く.伝統的精神病理,DSM-Ⅳ,ICD-10をふまえた新時代の精神科診断4.不安症群,強迫症および関連症群,心的外傷およびストレス因関連障害群,解離症群,身体症状症および関連症群.中山書店,東京,pp179-186,2014.
9)鈴木友理子:PTSDとは?.髙橋清久監修, 有馬邦正, 平林直次, 古屋龍太編集/むさしの会編集協力: Q&Aでわかるこころの病の疑問100 当事者・家族・支援者に役立つ知識,中央法規,東京,pp.40-41,2014.
10)池田大樹:自己覚醒と日中の眠気への影響.白川修一郎,高橋正也編:睡眠マネジメント ~産業衛生・疾病との係わりから最新改善対策まで~,株式会社エヌ・ティー・エス,東京,pp133-139,2014.
11)淺野敬子,小西聖子:性暴力被害者の支援と治療.榎本 稔編著:性依存症の治療,金剛出版,東京,pp195-205,2014.


《研究報告書》
1)金 吉晴:被災地における精神障害等の情報把握と介入効果の検証及び介入手法の向上に資する研究.平成26年度厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業(障害者政策総合研究事業(精神障害分野)))「被災地における精神障害等の情報把握と介入効果の検証及び介入手法の向上に資する研究(研究代表者:金 吉晴)」,平成24-26年度総合研究報告書,pp3-11,2015.
2)金 吉晴,林 明明,伊藤真利子,加茂登志子,小西聖子,中島聡美,下山晴彦,石丸径一郎,氏家由里,丹羽まどか,中山未知,廣幡小百合:心的外傷後ストレス障害に対する持続エクスポージャー療法の無作為比較試験.平成26年度厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業(障害者政策総合研究事業(精神障害分野)))「被災地における精神障害等の情報把握と介入効果の検証及び介入手法の向上に資する研究(研究代表者:金 吉晴)」,平成24-26年度総合研究報告書,pp15-24,2015.
3)金 吉晴,河瀬さやか,中山未知,大滝涼子,荒川和歌子:持続エクスポージャー療法(Prolonged Exposure Therapy: PE)の普及体制の確立に関する研究.平成26年度厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業(障害者政策総合研究事業(精神障害分野)))「被災地における精神障害等の情報把握と介入効果の検証及び介入手法の向上に資する研究(研究代表者:金 吉晴)」,平成24-26年度総合研究報告書,pp25-28,2015.
4)金 吉晴,大沼麻実,大滝涼子,井筒 節,堤 敦朗,菊池美名子:WHO版心理的応急処置(サイコロジカル・ファーストエイド:PFA)の普及と研修成果に関する検証.平成26年度厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業(障害者政策総合研究事業(精神障害分野)))「被災地における精神障害等の情報把握と介入効果の検証及び介入手法の向上に資する研究(研究代表者:金 吉晴)」,平成24-26年度総合研究報告書,pp29-42,2015.
5)金 吉晴,中谷 優:災害時地域精神保健医療活動ガイドライン改訂に関する研究.平成26年度厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業(障害者政策総合研究事業(精神障害分野)))「被災地における精神障害等の情報把握と介入効果の検証及び介入手法の向上に資する研究(研究代表者:金 吉晴)」,平成24-26年度総合研究報告書,pp43-49,2015.
6)金 吉晴,林 明明,河瀬さやか,大滝涼子,伊藤真利子:感情の表出に関する尺度の標準化研究.平成26年度厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業(障害者政策総合研究事業(精神障害分野)))「被災地における精神障害等の情報把握と介入効果の検証及び介入手法の向上に資する研究(研究代表者:金 吉晴)」,平成24-26年度総合研究報告書,pp51-60,2015.
7)秋山 剛,飯田敏晴,岩谷 潤,川口彰子,金 吉晴他:災害時の外国人支援ガイドライン案の作成.平成26年度厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業(障害者政策総合研究事業(精神障害分野)))「被災地における精神障害等の情報把握と介入効果の検証及び介入手法の向上に資する研究(研究代表者:金 吉晴)」,平成24-26年度総合研究報告書,pp61-72,2015.
8)鈴木 満,金 吉晴,大滝涼子,大沼麻実他:海外および国内の大規模緊急事態に共通する遠隔メンタルヘルス支援の現況と課題.平成26年度厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業(障害者政策総合研究事業(精神障害分野)))「被災地における精神障害等の情報把握と介入効果の検証及び介入手法の向上に資する研究(研究代表者:金 吉晴)」,平成24-26年度総合研究報告書,pp73-83,2015.
9)山田幸恵,中島聡美他:被災地域におけるグリーフ・ケア研究‐岩手県における実践から-.平成26年度厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業(障害者政策総合研究事業(精神障害分野)))「被災地における精神障害等の情報把握と介入効果の検証及び介入手法の向上に資する研究(研究代表者:金 吉晴)」,平成24-26年度総合研究報告書,pp143-153,2015.
10)神尾陽子,金 吉晴,大沼麻実:被災地の子どもの精神医療支援:東日本大震災のメディア報道による子どもたちのメンタルヘルスへの影響.平成26年度厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業(障害者政策総合研究事業(精神障害分野)))「被災地における精神障害等の情報把握と介入効果の検証及び介入手法の向上に資する研究(研究代表者:金 吉晴)」,平成24-26年度総合研究報告書,pp205-215,2015.
11)神尾陽子,金 吉晴,森脇愛子:被災地の子どもの精神医療支援:災害時の避難所・仮設住宅における子どもとその家族のための生活環境と支援ニーズの実態調査およびガイドライン遵守のためのチェックリスト作成.平成26年度厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業(障害者政策総合研究事業(精神障害分野)))「被災地における精神障害等の情報把握と介入効果の検証及び介入手法の向上に資する研究(研究代表者:金 吉晴)」,平成24-26年度総合研究報告書,pp217-229,2015.
12)加茂登志子,金 吉晴,伊藤史ヱ,丹羽まどか,中山未知他:母親のうつ状態と子どもの問題行動について.平成26年度厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業(障害者政策総合研究事業(精神障害分野)))「被災地における精神障害等の情報把握と介入効果の検証及び介入手法の向上に資する研究(研究代表者:金 吉晴)」,平成24-26年度総合研究報告書,pp231-236,2015.
13)金 吉晴:被災地における精神障害等の情報把握と介入効果の検証及び介入手法の向上に資する研究.平成26年度厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業(障害者政策総合研究事業(精神障害分野)))「被災地における精神障害等の情報把握と介入効果の検証及び介入手法の向上に資する研究(研究代表者:金 吉晴)」,平成26年度総括・分担研究報告書,pp3-9,2015.
14)金 吉晴,林 明明,伊藤真利子,加茂登志子,小西聖子,中島聡美,下山晴彦,石丸径一郎,氏家由里,丹羽まどか,中山未知,廣幡小百合:心的外傷後ストレス障害に対する持続エクスポージャー療法の無作為比較試験.平成26年度厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業(障害者政策総合研究事業(精神障害分野)))「被災地における精神障害等の情報把握と介入効果の検証及び介入手法の向上に資する研究(研究代表者:金 吉晴)」,平成26年度総括・分担研究報告書,pp13-22,2015.
15)金 吉晴,鈴木 満,井筒 節,堤 敦朗,荒川亮介,大沼麻実,菊池美名子,小見めぐみ,大滝涼子:WHO版心理的応急処置(サイコロジカル・ファーストエイド:PFA)の普及と研修成果に関する検証.平成26年度厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業(障害者政策総合研究事業(精神障害分野)))「被災地における精神障害等の情報把握と介入効果の検証及び介入手法の向上に資する研究(研究代表者:金 吉晴)」,平成26年度総括・分担研究報告書,pp23-34,2015.
16)金 吉晴,中谷 優:災害時地域精神保健医療活動ガイドライン改訂に関する研究.平成26年度厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業(障害者政策総合研究事業(精神障害分野)))「被災地における精神障害等の情報把握と介入効果の検証及び介入手法の向上に資する研究(研究代表者:金 吉晴)」,平成26年度総括・分担研究報告書,pp35-41,2015.
17)金 吉晴,鈴木友理子,深澤舞子:(資料)DPATに関する意見の収集.平成26年度厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業(障害者政策総合研究事業(精神障害分野)))「被災地における精神障害等の情報把握と介入効果の検証及び介入手法の向上に資する研究(研究代表者:金 吉晴)」,平成26年度総括・分担研究報告書,pp43-63,2015.
18)金 吉晴,河瀬さやか,中山未知,大滝涼子,丹羽まどか,伊藤史ヱ,堀 弘明,伊藤真利子,林 明明他:TFCBTの普及体制の確立に関する研究.平成26年度厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業(障害者政策総合研究事業(精神障害分野)))「被災地における精神障害等の情報把握と介入効果の検証及び介入手法の向上に資する研究(研究代表者:金 吉晴)」,平成26年度総括・分担研究報告書,pp65-67,2015.
19)秋山 剛,加藤 寛,金 吉晴他:災害時の外国人支援ガイドライン案の作成.平成26年度厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業(障害者政策総合研究事業(精神障害分野)))「被災地における精神障害等の情報把握と介入効果の検証及び介入手法の向上に資する研究(研究代表者:金 吉晴)」,平成26年度総括・分担研究報告書,pp69-75,2015.
20)山田幸恵,中島聡美他:被災地における支援活動について‐「ふくしま心のケアセンター」3年目の活動から‐.平成26年度厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業(障害者政策総合研究事業(精神障害分野)))「被災地における精神障害等の情報把握と介入効果の検証及び介入手法の向上に資する研究(研究代表者:金 吉晴)」,平成26年度総括・分担研究報告書,pp161-170,2015.
21)神尾陽子,金 吉晴,大沼麻実:被災地の子どもの精神医療支援:東日本大震災のメディア報道による子どもたちのメンタルヘルスへの影響.平成26年度厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業(障害者政策総合研究事業(精神障害分野)))「被災地における精神障害等の情報把握と介入効果の検証及び介入手法の向上に資する研究(研究代表者:金 吉晴)」,平成26年度総括・分担研究報告書,pp207-212,2015.
22)神尾陽子,金 吉晴,森脇愛子:被災地の子どもの精神医療支援:災害時の避難所・仮設住宅における子どもとその家族のための生活環境と支援ニーズの実態調査およびガイドライン遵守のためのチェックリスト作成.平成26年度厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業(障害者政策総合研究事業(精神障害分野)))「被災地における精神障害等の情報把握と介入効果の検証及び介入手法の向上に資する研究(研究代表者:金 吉晴)」,平成26年度総括・分担研究報告書,pp213-224,2015.
23)神尾陽子,金 吉晴,伊藤史ヱ,丹羽まどか,中山未知他:母親のうつ状態と子どもの問題行動について.平成26年度厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業(障害者政策総合研究事業(精神障害分野)))「被災地における精神障害等の情報把握と介入効果の検証及び介入手法の向上に資する研究(研究代表者:金 吉晴)」,平成26年度総括・分担研究報告書,pp225-230,2015.
24)金 吉晴,大滝涼子:幼少期のトラウマによる複雑性PTSDのための認知行動療法STAIR(感情調整と対人関係調整スキルトレーニング)とNST(ナラティブ・ストーリィ・テリング)治療プロトコルの検討.平成26年度厚生労働科学研究費補助金障害者対策総合研究事業「認知行動療法等の科学的エビデンスに基づいた標準治療の開発と普及に関する研究(研究代表者:大野 裕)」,平成26年度総括・分担研究報告書,pp107-121,2015.
25)吉池卓也,中島聡美,池田大樹,大村英史,栗山健一:脳機能画像を用いた複雑性悲嘆の病態生理の検討. 先進医薬研究振興財団2014年度研究成果報告書(精神薬療分野一般研究助成研究成果報告書),pp18-19,2015.3.
26)鈴木友理子:厚生労働科学研究費補助金(地域医療基盤開発推進研究事業)「東日本大震災の被災地における地域精神保健医療福祉システムの再構築に資する中長期支援に関する研究」 平成26年度 分担研究報告書.(研究代表者 樋口輝彦)2015.3.


《翻訳》
1)金 吉晴,小林由季,大滝涼子,大塚佳代:青年期PTSDの持続エクスポージャー療法‐10代のためのワークブック‐.星和書店,東京,2014.5.(Kelly R. Chrestman, Eva Gilboa-Schechtman, Edna B. Foa: Prolonged Exposure Therapy for PTSD. -Teen Workbook- , Oxford, 2009.)
2)金 吉晴,中島聡美,小林由季,大滝涼子:青年期PTSDの持続エクスポージャー療法-‐治療者マニュアル‐.星和書店,東京,2014.5.(Edna B. Foa, Kelly R. Chrestman, Eva Gilboa-Schechtman: Prolonged Exposure Therapy for Adolescents with PTSD. Emotional Processing of Traumatic Experiences. Therapist Guide, Oxford, 2009.)
3)金 吉晴:PTSDハンドブック‐科学と実践.金剛出版,東京,2014.5.( Matthew J. Friedman, Terence M. Keane, Patricia A. Resick:Handbook of PTSD: Science and Practice, New York, 2007)
4)中島聡美:第17章PTSDの心理社会的治療.マシュー・J・フリードマン, テレンス・M・キーン, パトリシア・A・レシック編, 金 吉晴 監訳:PTSDハンドブック―科学と実践,金剛出版,東京,pp311-338,2014.(Matthew J. Friedman, Terence M. Keane, Patricia A. Resick eds,.:Handbook of PTSD: Science and Practice. The Guilford Press, New York, 2007.)
5)中島聡美:第3部 悲嘆に焦点を当てた構成要素3,4.ジュディス・A・コーエン,アンソニー・P. マナリノ,エスター・デブリンジャー著,白川美也子,菱川 愛,富永良喜監訳:トラウマと悲嘆の治療 トラウマ・フォーカスト認知行動療法マニュアル,金剛出版,東京,pp229-248,2014.(Judith A. Cohen, Anthony P. Mannmarino, Esther Deblinger eds.: Treating Trauma and Traumatic Grief in Children and Adolescents. Guilgord publication, Inc. New York, 2006.)
6)中島聡美:あいまいな喪失とトラウマからの回復.ポーリン・ボス著,中島聡美,石井千賀子監訳:家族とコミュニティのレジリエンス,誠信書房,東京,2015.(Boss P: Loss, Trauma, and Resilience : Therapeutic Work with Ambiguous Loss. W. W. Norton & Company, NY, 2006.)
7)栗山健一:第9章 PTSDの神経回路と神経可塑性.マシュー・J・フリードマン,テレンス・M・キーン,パトリシア・A・レシック編 金 吉晴監訳 PTSDハンドブック-科学と実践,pp.152-163,金剛出版,東京,2014. ( Matthew J. Friedman, Terence M. Keane, Patricia A. Resick:Handbook of PTSD: Science and Practice, New York, 2007)
8)堀 弘明:第19章 PTSDに対する薬物療法.マシュー・J・フリードマン,テレンス・M・キーン,パトリシア・A・レシック編 金 吉晴監訳 PTSDハンドブック-科学と実践,pp.354-382,金剛出版,東京,2014. ( Matthew J. Friedman, Terence M. Keane, Patricia A. Resick:Handbook of PTSD: Science and Practice, New York, 2007)


《その他》
1)金 吉晴:【レクチャーシリーズ】用語集24 シェルショック(Shell shock;砲弾恐怖症).トラウマディック・ストレス12(1),p108,2014.6.
2)金 吉晴:被災者支援 長い目で(新潟 心のケア学ぶ研修会)【社会面】.新潟日報モア,2014.8.7.
3)金 吉晴:listening:市民による被災者心のケア 震災後に脚光各地で研修実施.毎日新聞(ネットニュース),2014.8.21.
4)金 吉晴:新潟PTSD対策専門研修会 東日本大震災の津波と原発事故による精神的影響について.新潟県精神保健福祉協会こころのケアセンター発行,2014.12.
5)金 吉晴:こころのケア国際シンポジウム 災害とこころのケア‐復興と心の回復‐報告書.こころのケア国際シンポジウム実行委員会発行,2015.3.
6)金 吉晴:記者対象 PFA研修開く.新聞協会報 第4135号4面,2015.3.3.
7)金 吉晴:ありがた迷惑な押し付け支援をしないために.日経メディカル 私の視点,2015.3.11.
8)鈴木友理子,深澤舞子,池淵恵美,後藤雅博,種田綾乃,永松千恵,伊藤順一郎:東日本大震災後のコミュニティと地域精神保健医療福祉システム再構築の課題― 支援者によるワールドカフェ方式の対話から―.家族療法研究 31(1):110-114,2014.
9)栗山健一:【眠りのコツ伝授】しんぶん赤旗(10面),2014.5.16.
10)栗山健一:【体内時計、うまく使うには 7日、みやまで公開学術シンポ /福岡県】朝日新聞 朝刊,2014.6.5.
11)栗山健一:眠りの超スキル. 寝る前の2時間が自分磨きのゴールデンタイムだった!日経Gooday. 2014.11.17. http://gooday.nikkei.co.jp/atcl/report/14/091100017/111100002/
12)栗山健一:【熟眠感がない】.健康情報 日経ヘルス 特別編集版 p41-44 2015年春号.




【学会・研究会における発表】
(1) 学会特別講演,教育講演,シンポジウム,ワークショップ,パネルディスカッション等
1)Kim Y: International Symposium on Disaster Medical and Public Health Management: Review of the Hyogo Framework for Action. Washington D.C, 2014.5.20-5.24.
2)Kim Y: Disaster and alcohol-related mental problems-from reports 3years after the niigata-chuetsu earthquake. 16th international Society of Addiction Medicine Annual Meeting2014. Kanagawa, 2014.10.3.
3)Kim Y: Keynote3: 311 disaster and mental health countermeasures311. International Society for Traumatic Stress Studies(ISTSS) Hangzhou Conferene and the 2 Annual Conference of Zhejiang Behavior Medicine Society. Hangzhou, 2014.10.18.
4)Kim Y: 311 disaster and mental health countermeasures. Joint symposium 2014 Department of Psychiatry( The University of Melbourne) & National center of Neurology and Psychiatry. Melbourne, 2014.11.19.
5)Kim Y: Welcome remarks. Expert group meeting on mental well- being, disability and disaster risk reduction. Tokyo, 2014.11.27.
6)Kim Y: Mental health, disability and disasters: Experiences in Japan. Expert group meeting on mental well- being, disability and disaster risk reduction. Plenary session. Tokyo, 2014.11.27.
7)Kim Y: Integrating mental well-being and disability in disaster reduction: learning from experience in Japan. Expert group meeting on mental well- being, disability and disaster risk reduction. Tokyo, 2014.11.28.
8)V K Masfety, Kim Y: Symposium1 Trauma and Mental Health: introductory session(Chair). World Psychiatric Association Section on Epidemiology and Public Health-2014 Meeting. Nara, 2014.10.16.
9)Matsuoka Y, Hamazaki K, Nishi D, Yonemoto N, Noguchi H, Kim Y: The Role of High-Density Lipoprotein Cholesterol in Risk for PTSD. ISTSS 30th Annual Meeting. Physiological Aspects of Trauma. Florida, 2014.11.6.
10)Ohmura H, Ikeda H, Yoshiike T, Kim Y, Kuriyama K: Mood generator system with emotional musical mode based on probabilistic complexity and bias on the circle of fifth. The 1st International Workshop on Mood Engineering, Tsukuba, 2014.10.28.
11)Kamo T, Honda T, Yokota J, Mikami Y, Niwa M, Nakayama M, Ito F, Kim Y: Impact of sexual violence on mental health among women victimized by intimate partner violence. 6th World Congress on Women's Mental Health, Tokyo, 2015.3.23.
12)Nakajima S: Complicated grief in women whose bereavement was caused by violent death.Symposium23“Gender Based Violence and Trauma”, the 5th World Congress of Asian Psychiatry (WCAP2015), Fukuoka, 2015.3.5.
13)Nakajima S: Complicated grief among women: From the perspective of attachment and caregiving. Symposium” Psychiatric treatment of traumatized women in Japan”, IAWMH2015, Tokyo, 2015.3.23.
14)Suzuki Y, Yabe H, Yasumura S, Niwa S, Ohtsuru A, Mashiko H, Maeda M, Abe M on behalf of the Mental Health Group of the Fukushima Health Management Survey. Gender and age differences on psychological distress among evacuees of the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident: The Fukushima Health Management Survey. World Psychiatric Association Section on Epidemiology and Public Health-2014 Meeting, Symposium on Mental Health Consequences of Radiation Disasters. Nara, 2014.10.16-18.
15)Suzuki Y, Fukasawa M: What is “Kokoro-no care”, or Mental health service and psychosocial support? The 5th World Congress of Asian Psychiatry. Challenges for Asian Psychiatry, Mental Health Consequences of Disaster. Fukuoka, 2015.3.3- 3.6.
16)Kuriyama K: Neurocognitive Consequences of Sleep Deprivation. 日韓合同シンポジウム【JSSR-KSSM Joint Symposium Sleep loss and society】日本睡眠学会第39回定期学術集会,徳島, 2014.7.3.
17)金 吉晴:日本における認知処理療法の可能性.第13回日本トラウマティック・ストレス学会 シンポジウムB-4,福島,2014.5.17.
18)金 吉晴:PTSD治療困難例に対する持続性エクスポージャー療法とD-cycloserine.第110回日本精神神経学会学術総会 シンポジウム44,神奈川,2014.6.27.
19)金 吉晴:委員会シンポジウム18 来たるべき災害に必要な備えと支援は何か?東日本大震災で津波被災した精神科病院での体験を通して考える.第110回日本精神神経学会学術総会,神奈川,2014.6.28.
20)金 吉晴,秋山 剛:ワークショップ21災害時精神医療の経験と備え.第110回日本精神神経学会学術総会,神奈川,2014.6.28.
21)金 吉晴:シンポジウム1 災害時における組織のマネジメント「災害直後のメンタル対応」.日本災害看護学会第16回年次大会,東京,2014.8.19.
22)金 吉晴:PTSDの実際.第14回日本認知療法学会・第18回日本摂食障害学会学術合同集会合同学会,大阪,2014.9.14.
23)金 吉晴:シンポジウムA「東日本大震災とメンタルヘルス」.第57回日本病院・地域精神医学会総会,宮城,2014.10.31.
24)中島聡美,伊藤正哉,瀬藤乃理子,鈴木友理子,金 吉晴:複雑性悲嘆の概念の変遷 -DSM-5を踏まえて-.シンポジウムD-3 複雑性悲嘆の日本における実態と治療介入の実践.第13回日本トラウマティック・ストレス学会,福島,2014.5.18.
25)成澤知美,中島聡美,吉田謙一,辻村貴子,金 吉晴:検視及び司法解剖時の遺族への対応の現状と心理的影響 -遺族へのアンケート調査の結果から-.シンポジウムD-2 犯罪被害後の急性期における介入,第13回日本トラウマティック・ストレス学会,福島,2014.5.18.
26)中島聡美:プライマリケア医のためのPTSD薬物療法ガイドライン・初期対応マニュアル.ランチョンセミナー1 「PTSDの薬物療法:適応拡大に関する学会要望とその結果について」,第13回日本トラウマティック・ストレス学会,福島,2014.5.17.
27)白井明美,中島聡美,小西聖子:筆記を用いた複雑性悲嘆の認知行動療法の実践.シンポジウムD-3 複雑性悲嘆の日本における実態と治療介入の実践.第13回日本トラウマティック・ストレス学会,福島,2014.5.18.
28)大岡由香,野坂祐子,中島聡美:子どもの被害者への急性期介入 ~民間支援団体の事例分析~. シンポジウムD-2 犯罪被害後の急性期における介入,第13回日本トラウマティック・ストレス学会,福島,2014.5.18.
29)鈴木友理子,深澤舞子:仙台市の児童生徒への心とからだの健康調査.第13回日本トラウマティックストレス学会シンポジウム 東日本大震災後の、仙台市の児童生徒への心のケア,福島,2014.5.17-18.
30)栗山健一:体内時計が記憶・学習に与える影響.日本時間学会第6回大会 時間学公開学術シンポジウム,福岡,2014.6.7.
31)栗山健一:学習に影響を及ぼす環境因子. シンポジウム【睡眠が“からだ丸ごと”に与える様々な影響-睡眠研究者の視点から-】日本睡眠学会第39回定期学術集会,徳島, 2014.7.3.
32)栗山 健一:D-サイクロセリンおよびバルプロ酸による恐怖再燃の予防効果.シンポジウム34【精神神経疾患の新しい治療薬の展望】, 第36回日本生物学的精神医学会,奈良,2014.10.1.
33)淺野敬子,平川和子,小竹久美子,正木智子,小西聖子:性暴力救援センターから精神科へ紹介された被害者の実情に関する報告.第13回日本トラウマティック・ストレス学会,福島,2014.5.17-18.


(2) 一般演題
1)Yoshiike T, Kuriyama K, Honma M, Ikeda H, KimY: Neuroticism facilitates daytime wakefulness and sleep devaluation via higher neural efficiency in the bilateral prefrontal cortex. 17th World Congress of Psychophysiology, Hiroshima, 2014.9.26.
2)Kuriyama K, Honma M, Yoshiike T, Kim Y: Suppression of Aversive Memory Interrupts Extinction of Fear Facilitated by Sleep Deprivation. XVI World Congress of Psychiatry, Madrid, 2014.9.15.
3)Snider L, Kim Y, Izutsu T, Tsutsumi A, Ohtaki R: Orienting emergency responders in Psychological first aid: techniques and resources. International Society for Traumatic Stress Studies, 30th Annual Meeting. Pre-meeting institutes. Florida, 2014.11.5.
4)Ito M, Kamo T, Kim Y, Yonemoto N, Ujiie Y, Nakayama M: Mother’s dissociation with victims of intimate partner Violence has negative relationships on child’s cognitive functioning: A prospective longitudinal study. ISTSS 30th Annual Meeting. Florida, 2014.11.6-8.
5)Lin M, Itoh M, Soi-Kawase S, Narita-Ohtaki R, Kim Y: Emotional expressivity is influenced by different factors across genders. 6th World Congress on Women's Mental Health, Tokyo, 2015.3.22-25.
6)Narisawa T, Nakajima S, Tsujimura T, Yoshida K, Kim Y: Perceived effect on the bereaved of the attitude of the personnel handling judicial autopsies. (poster), ISTSS 30th Annual Meeting, Florida, 2014.11.6.
7)Yoshiike T, Honma M, Ikeda H, Ohmura H, Kim Y, Kuriyama K: Bright light facilitates off-line consolidation of fear extinction and prefrontal ability to regulate fear in humans. The 21st Annual Meeting of Japanese Society for Chronobiology, Fukuoka, 2014.11.8-9.
8)Furukawa K, Hamano T, Ohmura H, Nakagawa R, Hoshi-Shiba R, Terasawa H: ’it’s almost a song…’ an audio-visual installation for using three EEG systems and Clarinet. Joint 40th International Computer Music Conference (ICMC) and 11th Sound and Music Computing (SMC), Athens, 2014.9.14-20.
9)Hamano T, Ohmura H, Nakagawa R, Terasawa H, Hoshi-Shiba R, Okanoya K, Furukawa K: Creating a place as a medium for musical communication using multiple electroencephalography. Joint 40th International Computer Music Conference (ICMC) and 11th Sound and Music Computing (SMC), Athens, 2014.9.16.
10)金 吉晴:トラウマをめぐる臨床と研究の現状.第11回月経関連医学研究会 特別講演,東京,2015.3.22.
11)金 吉晴:“外傷後ストレスと妊娠”~過去のトラウマ(虐待)と精神健康障害が妊娠とホルモンの状態に与える影響.第11回月経関連医学研究会 合同特別講演,東京,2015.3.22.
12)林 明明,丹野義彦,金 吉晴:ストレスの記憶強化効果における不安の個人差.第13回日本トラウマティック・ストレス学会,福島,2014.5.17-18.
13)氏家由里,伊藤真利子,丹羽まどか,長江信和,林 明明,加茂登志子,金 吉晴:日本語版PTSD診断尺度(PDS)の妥当性-臨床群における検討.第13回日本トラウマティック・ストレス学会,福島,2014.5.17-18.
14)吉池卓也, 本間元康, 池田大樹, 金 吉晴, 栗山健一:恐怖消去学習における高照度光照射の有用性. 口頭発表・ポスター日本睡眠学会第39回定期学術集会,徳島,2014.7.2-3.
15)吉池卓也,本間元康,池田大樹,大村英史,金 吉晴,栗山健一:神経症人格特性が覚醒促進および睡眠への不満をもたらす背景となる前頭皮質機能特性. 第36回日本生物学的精神医学会,奈良,2014.9.29.
16)林 明明,丹野義彦,金 吉晴:学習後ストレスの効果へ認知スタイルが及ぼす影響.日本心理学会第78回大会,京都,2014.9.10-12.
17)林 明明,相井さやか,伊藤真利子,大滝涼子,金 吉晴:感情表出・感情体験・感情抑制の傾向が抑うつに与える影響.第14回日本認知療法学会・第18回日本摂食障害学会学術集会合同学会,大阪,2014.9.12-14.
18)大村英史,池田大樹,吉池卓也,金 吉晴,栗山健一:五度圏に基づいた確率的複雑化と偏向化による情動的旋法を用いた音楽生成システム,第21回先端芸術音楽創作学会研究会,東京,2014.9.28.
19)種田綾乃,伊藤順一郎,鈴木友理子,深澤舞子,永松千恵,武田牧子,樋口輝彦:福島県における精神保健福祉サービス事業所利用者の生活実態:震災にともなう生活の変化とニーズの実態.日本精神障害リハビリテーション学会 第22回いわて大会,岩手, 2014.10.30-11.1.
20)深澤舞子,鈴木友理子,種田綾乃,永松千恵,須藤康宏,伊藤順一郎,樋口輝彦:東日本大震災被災地における精神障害者保健福祉手帳所持者の生活実態:福祉等サービスの利用有無による比較.日本精神障害リハビリテーション学会 第22回いわて大会,岩手,2014.10.30-11.1.
21)久保智英,高橋正也,劉欣欣,東郷史治,田中克俊,島津明人,池田大樹,久保善子,鎌田直樹,上杉淳子:労働者のWorktime controlの変化が疲労と睡眠に及ぼす影響―客観指標を用いた1年間の追跡調査.第6回日本臨床睡眠医学会学術集会,兵庫,2014.8.2.


(3) 研究報告会
1)金 吉晴:被災地における精神障害等の情報把握と介入効果の検証及び介入手法の向上に資する研究.厚生労働科学研究(障害者対策総合研究推進事業(精神障害,神経・筋疾患分野))研究成果等普及啓発事業研究成果発表会,東京,2015.2.4.
2)中島聡美:複雑性悲嘆について.第1回日本心療内科学会災害支援プロジェクト報告会および研修会,東京,2014.6.8.
3)中島 聡美,伊藤正哉:自死遺族の複雑性悲嘆とエビデンスに基づく支援・治療.第5回 自殺リスクに関する研究会,東京,2015.2.15.
4)吉池卓也,中島聡美,池田大樹,大村英史,栗山健一:脳機能画像を用いた複雑性悲嘆の病態生理の検討. 第47回先進医薬研究振興財団精神神経系薬物治療研究報告会,大阪,2014.12.5.
5)堀 弘明:非臨床人口における統合失調型パーソナリティ・気質・性格の潜在プロフィール分析:認知機能との関連. 第10回統合失調症研究会,東京,2014.9.6.


(4) その他
1)吉池卓也:Bright Light Facilitates Off-line Consolidation of Fear Extinction and Prefrontal Ability to Regulate Fear in Humans. 日本時間生物学会第21回学術大会 優秀ポスター賞.2014.11.9.




【講演】
1)Suzuki Y: Global mental health: Experience in Vietnam. Round table discussion on collaboration on global mental health research in Vietnam. Hanoi, 2014.8.5.
2)Suzuki Y: Mental Health First Aid in Japan. Mental Health First Aid workshop, Melbourne, 2014.12.5.
3)金 吉晴:東日本大震災後の精神保健医療の歩みを振り返る.第13回日本トラウマティック・ストレス学会 パネルディスカッション,福島,2014.5.17.
4)金 吉晴:被災地における精神障害等に関する情報交換と今後の研究体制について.自殺対策官民連携協働ブロック会議,福島,2014.6.20.
5)金 吉晴:トラウマケア~臨床心理士が知っておくべき最新の知識.大阪府臨床心理士会第22回総会・研修会,大阪,2014.6.22.
6)金 吉晴:東日本大震災の津波と原発事故による精神的影響について.平成26年度新潟PTSD対策専門研究会,新潟,2014.8.6.
7)金 吉晴:新たなコミュニティづくりに向けて~住民と支援者の心のケア~.第8回震災心のケア交流会みやぎin南三陸~明日へ向かう支援~,宮城,2014.9.5.
8)金 吉晴:慢性PTSDの持続エクスポージャー療法.第3回Evidence Based Psychiatry研究会,愛知,2014.10.30.
9)金 吉晴:自然災害と精神医学(DPATの現状について).内閣官房副長官補(事態対処・危機管理担当)付職員勉強会,東京,2014.12.24.
10)金 吉晴:就職活動を元気で乗り切るためのストレス対策.和洋女子大学就職活動対策セミナー,千葉,2015.1.27.
11)金 吉晴:PTSDからの回復:持続エクスポージャー療法の立場から.森田療法研究会,東京,2015.1.31.
12)金 吉晴:災害とストレス関連疾患.第24回若手精神科医のためのクロスカンファレンス,東京,2015.2.4.
13)金 吉晴:次に災害が起きたら.こころの防災市民フォーラム~第3回国連防災世界会議に向けて~,宮城,2015.2.7.
14)金 吉晴:PTSDの理解と治療.第7回日本不安症学会学術大会,広島,2015.2.15.
15)金 吉晴:被災地での被災者取材の記者の対応について.日本医学ジャーナリスト協会例会.東京,2015.2.27.
16)金 吉晴:災害時における心のケア~チーム医療の中で看護師に期待すること~.災害医療センター附属昭和の森看護学校卒業式記念講演,東京,2015.3.2.
17)金 吉晴:災害・緊急時の初期対応はどうあるめきか?専門家へ「つなぐ」ことの意義.国連防災世界会議パブリックフォーラム「子どもと養育者のための心理社会的ケア~子供にやさしい災害時の支援を考える~」,宮城,2015.3.14.
18)金 吉晴:災害時の精神保健医療対応.被災者の心に寄り添うために~サイコロジカルファーストエイド:PFA~市民講座,東京,2015.3.18.
19)中島聡美:悲嘆の理解とケア.大正大学平成26年度心理臨床セミナー,東京,2014.7.6.
20)中島聡美:犯罪被害者の心理とケア.平成26年茨城県被害者支援連絡協議幹事会,茨城,2014.7.8.
21)中島聡美:自死遺族の悲嘆とケア.平成26年度こころサロン(自死遺族交流会),岩手,2014.10.17.
22)中島聡美:被災者である教職員への心のケア ~震災3年を経て、喪失や支援者ストレスの理解と対応~.平成26年度 管理監督者メンタルヘルス特別セミナー,岩手,2014.12.12.
23)中島聡美:犯罪被害で大切な方を失った遺族への心理的ケア.グリーフケアを学ぶ講座,兵庫,2015.2.6.
24)鈴木友理子,深澤舞子:平成26年度心とからだの健康調査結果について.平成26年度仙台市児童生徒心のケア推進委員会,宮城,2014.10.30.
25)鈴木友理子:災害時のこころのケア. 平成26年度岐阜県災害医療関係機関体制整備事業「岐阜県医師会 災害医療研修会」,岐阜,2015.3.1.
26)栗山健一:眠れていますか? ~心地よく眠るためのヒケツとは~.足立区江北保健総合センター 睡眠講演会,東京,2015.1.26.
27)栗山健一:眠りと健康~ここちよく眠るための秘訣とは~.新宿区保健所精神保健講演会,東京,2014.6.16.
28)栗山健一:あなたの睡眠は大丈夫?~人生3分の1は睡眠.板橋区板橋健康福祉センター睡眠講演会,東京,2014.7.30.
29)栗山健一, 大沢知隼:60歳からのこころと身体のメンテナンス講座 ~体内時計をリセットして身体もこころも晴ればれ講座~.新宿区落合保健センター睡眠講演会,東京,2014.11.26.




【学会活動】
(学会役員)
1)Kim Y: International Society for Traumatic Stress Studies 理事.
2)Kim Y: World Psychiatric Association, Committee of psychopathology.
3)Suzuki Y: World Health Organization, Working Group on the Classification of Stress-Related Disorders. International Advisory Group for the Revision of ICD-10 Mental and Behavioral Disorders.
4)金 吉晴:日本トラウマティック・ストレス学会,常任理事.
5)金 吉晴:日本精神神経学会,災害支援委員会委員,災害支援連絡会委員.
6)金 吉晴:自殺予防学会,理事.
7)金 吉晴:日本集団災害医学会,マニュアル委員.
8)中島聡美:日本トラウマティック・ストレス学会理事,副会長,犯罪被害者支援委員会委員長
9)中島聡美:日本被害者学会理事,企画委員
10)中島聡美:日本心理臨床学会,支援活動委員
11)鈴木友理子:日本精神神経学会,アンチスティグマ委員.東日本大震災特別委員.
12)鈴木友理子:日本トラウマティック・ストレス学会,理事.国際委員.
13)栗山健一:日本時間生物学会,評議員.


(座長)
1)Kim Y: SY21 Medication treatment for women with depression. 6th World Congress on Women's Mental Health, Tokyo, 2015.3.24.
2)Suzuki Y: World Psychiatric Association Section on Epidemiology and Public Health-2014 Meeting, Chair of the Free parallel session 2, Nara, 2014.10.16-18.
3)Xiang Dong Wang, Suzuki Y: Challenges for Asian Psychiatry, Mental Health Consequences of Disaster. The 5th World Congress of Asian Psychiatry. Fukuoka, 2015.3.3-3.6.
4)Cheng-Chung Chen, Suzuki Y: Activating Regional Mental Health Services with International Collaboration- Action between Vietnam and Taiwan. The 5th World Congress of Asian Psychiatry . Fukuoka, 2015.3.3-3.6.
5)金 吉晴:第14回トラウマ治療研究会 座長,東京,2014.9.12.
6)加藤 寛,金 吉晴:パネルディスカッション「こころのケアの連携を巡って」座長.こころのケア国際シンポジウム,兵庫,2014.12.1.
7)鈴木友理子, 種田綾乃:自主プログラム シンポジウム 被災地における支援者支援のメリットとデメリット、これからに向けて:現地支援者からの発信 座長.日本精神障害リハビリテーション学会 第22回いわて大会,岩手,2014.10.30-11.1.
8)角谷 寛,栗山健一:【睡眠が“からだ丸ごと”に与える様々な影響-睡眠研究者の視点から-】シンポジウム 座長.日本睡眠学会第39回定期学術集会 ,徳島,2014.7.3.


(学会誌編集委員等)
1)Kim Y: Cognitive Neuropsychiatry, editorial board.
2)Kim Y: Psychiatry and Clinical Neuroscience, field editor.
3)Hori H: The Scientific World Journal, editorial board
4)Hori H: Frontiers in Psychiatry, editorial board
5)金 吉晴:日本トラウマティック・ストレス学会,編集委員長.
6)金 吉晴:日本精神神経学会,編集委員.
7)栗山健一:日本時間生物学会,学会誌 編集委員.




【研修】
(研修企画)
1)金 吉晴:子供向け心理的応急処置(PFA)指導者研修(セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンとの共催).東京,2014.7.8-11.
2)金 吉晴:平成26年度DPAT先遣隊研修.東京,2014.7.20.
3)金 吉晴:PTSD持続エクスポージャー療法研修会.東京,2014.8.26-29.
4)金 吉晴:平成26年度災害派遣精神医療チーム(DPAT)研修,東京,2015.1.11-1.12.
5)金 吉晴:平成26年度災害派遣精神医療チーム(DPAT)研修,東京,2015.1.17-1.18.
6)金 吉晴:平成26年度PTSD対策専門研修事業C.大規模災害対策コース(一般医療関係者).東京,2015.2.2.
7)金 吉晴:ジャーナリストのためのPFA研修(心理的応急処置)~被災者に寄り添う取材のために~.東京,2015.2.10.
8)金 吉晴:平成26年度PTSD対策専門研修事業E.大規模災害対策コース サイコロジカル・ファーストエイド指導者育成研修.東京,2015.2.16-19.
9)金 吉晴:平成26年度PTSD対策専門研修事業A.通常コース(東京).東京,2015.2.23-24.
10)金 吉晴:平成26年度PTSD対策専門研修事業D.大規模災害対策コース サイコロジカル・ファーストエイド研修.2015.2.25-26.
11)金 吉晴:平成26年度PTSD対策専門研修事業B.通常コース(大阪).大阪,2015.3.3-4.


(研修会講師)
1)Suzuki Y:Cross-sectional study. Epidemiological research training course VI-1. JICA partnership program. University of Medicine and Parmacy, Ho Chi Minh City, 2014.8.6.
2)金 吉晴:PTSD心理治療の新しい潮流.第11回Prolonged Exposure Therapy講習会(武蔵野大学),東京,2014.4.28.
3)金 吉晴:講義12心理ケア(支援者,受援者).平成26年度第1回日本DMAT隊員養成研修,東京,2014.5.12.
4)金 吉晴:トラウマの理解とPTSD治療.埼玉県臨床心理士会研修会,埼玉,2014.7.27.
5)金 吉晴:PTSD持続エクスポージャー療法研修会.東京,2014.8.26-29.
6)金 吉晴:PTSDの持続エクスポージャー療法.北海道トラウマ・解離研究会 日本臨床MMPI研究会 合同研修会in Sapporo,北海道,2014.9.28.
7)金 吉晴:災害時のこころのケアについて(こころのケアに関わる支援者として有すべき知識及びその心構えについて等).平成26年度第1回奈良県災害時こころのケア活動に関する専門職研修会,奈良,2014.10.15.
8)金 吉晴:災害時におけるこころのケア.平成26年度 サイコロジカル・ファーストエイド(PFA)研修会,沖縄,2014.12.5.
9)金 吉晴:相談対応の基本姿勢について~WHO版サイコロジカル・ファーストエイドを例にして~.全国警察職員生活相談員研修会,東京,2014.12.12.
10)金 吉晴:災害時の精神医療活動概観.平成26年度災害派遣精神医療チーム(DPAT)研修,東京,2015.1.11.
11)金 吉晴:災害時の精神医療活動概観.平成26年度災害派遣精神医療チーム(DPAT)研修,東京,2015.1.17.
12)金 吉晴:PTSDの概念と治療 ①PTSD治療の枠組み.第9回犯罪被害者メンタルケア研修,東京,2015.1.21.
13)金 吉晴:PTSDの概念と治療 ②PTSD治療アルゴリズム.第9回犯罪被害者メンタルケア研修,東京,2015.1.21.
14)金 吉晴:心理的応急処置(サイコロジカル・ファーストエイド)訓練.平成26年度健康危機管理研修(高度技術編),埼玉,2015.1.30.
15)金 吉晴:災害時の心の反応 総論.平成26年度PTSD対策専門研修事業C.大規模災害対策コース(一般医療関係者),東京,2015.2.2.
16)金 吉晴,大沼麻実:WHO版PFA.平成26年度PTSD対策専門研修事業C.大規模災害対策コース(一般医療関係者),東京,2015.2.2.
17)金 吉晴,大滝涼子:子どものPFA・CFS.平成26年度PTSD対策専門研修事業C.大規模災害対策コース(一般医療関係者),東京,2015.2.2.
18)金 吉晴:基本原理.平成26年度PTSD対策専門研修事業E.大規模災害対策コース サイコロジカル・ファーストエイド指導者育成研修.東京,2015.2.16.
19)金 吉晴:災害シナリオ演習2.平成26年度PTSD対策専門研修事業E.大規模災害対策コース サイコロジカル・ファーストエイド指導者育成研修.東京,2015.2.16.
20)金 吉晴:コミュニケーションスキル.平成26年度PTSD対策専門研修事業E.大規模災害対策コース サイコロジカル・ファーストエイド指導者育成研修.東京,2015.2.17.
21)金 吉晴:教育実習準備2.平成26年度PTSD対策専門研修事業E.大規模災害対策コース サイコロジカル・ファーストエイド指導者育成研修.東京,2015.2.17.
22)金 吉晴:PFA指導実習1.平成26年度PTSD対策専門研修事業E.大規模災害対策コース サイコロジカル・ファーストエイド指導者育成研修.東京,2015.2.18.
23)金 吉晴:PFA指導実習4.平成26年度PTSD対策専門研修事業E.大規模災害対策コース サイコロジカル・ファーストエイド指導者育成研修.東京,2015.2.18.
24)金 吉晴:指導実習評価.平成26年度PTSD対策専門研修事業E.大規模災害対策コース サイコロジカル・ファーストエイド指導者育成研修.東京,2015.2.19.
25)金 吉晴:継続研修体制討論.平成26年度PTSD対策専門研修事業E.大規模災害対策コース サイコロジカル・ファーストエイド指導者育成研修.東京,2015.2.19.
26)金 吉晴:トラウマとPTSDの診断と評価.平成26年度PTSD対策専門研修事業A.通常コース(東京).東京,2015.2.23.
27)金 吉晴:PTSDの認知行動療法.平成26年度PTSD対策専門研修事業A.通常コース(東京).東京,2015.2.24.
28)金 吉晴:トラウマとPTSDの診断と治療.平成26年度PTSD対策専門研修事業B.通常コース(大阪).大阪,2015.3.3-4.
29)中島聡美: PTSDとは.武蔵野大学心理臨床センター主催第11回Prolonged Exposure Therapy講習会.東京,2014.4.26.
30)中島聡美: PTSDとは.武蔵野大学心理臨床センター主催第11回Prolonged Exposure Therapy講習会.東京,2014.4.26.
31)中島聡美:犯罪被害者および遺族の心理とケア.警察庁平成26年度被害者カウンセリング研修,東京,2014.5.20.
32)中島聡美:公共交通事故等の被害者および遺族の心理.国土交通省平成26年度 専門課程 公共交通事故被害者等支援研修,千葉,2014.5.21.
33)中島聡美:犯罪被害者および遺族の心理とケア.警察庁平成26年度被害者支援専科,東京,2014.6.23.
34)中島聡美:PTSDの病態と治療について,被害者等の理解(1)性暴力被害者.いばらき被害者支援センター養成講座 初級編,茨城,2014.8.29.
35)中島聡美:複雑性悲嘆の概念と治療.第14回トラウマ治療研究会,東京,2014.9.12.
36)中島聡美:複雑性悲嘆の診断基準の変遷と治療動向.岩手県精神保健福祉センター 平成26年度トラウマケア・フォローアップ研修,岩手,2014.10.17.
37)中島聡美:災害で大切な方を失った遺族の理解とケアについて.広島市精神保健福祉センター主催「大切な方を失った遺族ケア」研修会,広島,2014.10.27.
38)中島聡美:あいまいな喪失理論講義.行方不明者の家族、故郷に戻れない家族の支援 ~「あいまいな喪失」事例検討会,JDGS project主催,福島,2014.11.22.
39)中島聡美:犯罪被害者の心理と治療・支援.第9回犯罪被害者メンタルケア研修,東京,2015.1.19.
40)中島聡美:DV被害者への対応.第9回犯罪被害者メンタルケア研修,東京,2015.1.20.
41)中島聡美:犯罪・災害の被害者遺族への長期的な支援.平成26年度 都道府県臨床心理士会被害者支援担当者研修会,岐阜,2015.1.31.
42)中島聡美:性暴力被害者のメンタルヘルス、性暴力被害者への対応と治療(PTSD)について.性犯罪・性暴力被害者支援に係る相談員、支援員育成研修.群馬,2015.2.13.
43)中島聡美:悲嘆.平成26年度 「こころの健康づくり対策事業」研修会 PTSD専門研修,東京,2015.2.24.
44)中島聡美:犯罪被害者の心理と支援・ケア.人質交渉に関する研修教養,東京,2015.2.27.
45)中島聡美:悲嘆.平成26年度 「こころの健康づくり対策事業」研修会 PTSD専門研修,大阪,2015.3.4.
46)鈴木友理子, 深澤舞子:平成26年度心とからだの健康調査結果について.仙台市教育委員会 平成26年度 第7回 心のケア研修会,宮城,2014.8.18.
47)鈴木友理子:うつ病と自殺対応のメンタルヘルス・ファーストエイド.相模原市精神保健福祉センターゲートキーパ研修(窓口編),神奈川,2014.9.19.
48)鈴木友理子:原子力災害とメンタルヘルス.福島県立医科大学付属病院性差医療センター 平成26年度保健師等支援研修会,福島,2014.9.30.
49)鈴木友理子:メンタルヘルスファーストエイドによる不安障害への初期対応.平成26年度ゲートキーパー・スキルアップ研修指導者養成講習会,島根,2014.11.15.
50)鈴木友理子:成人学習理論.平成26年度ゲートキーパー・スキルアップ研修指導者養成講習会,島根,2014.11.15.
51)鈴木友理子:精神保健、メンタルヘルス、こころのケア. 相模原市精神保健福祉センター教育研修事業(課題別研修)「地域精神保健活動」,神奈川,2014.12.15.
52)鈴木友理子: 不安障害に関するメンタルヘルス・ファーストエイド.平成26年度北九州市自殺対策支援者研修 メンタルヘルス・ファーストエイドジャパン研修会,福岡,2015.1.29-30.
53)鈴木友理子: 成人学習理論.平成26年度北九州市自殺対策支援者研修 メンタルヘルス・ファーストエイドジャパン研修会,福岡, 2015.1.29-30.




【その他】
1)金 吉晴:心のケアチームからDPATへ.平成26年度全国精神保健福祉センター長会定期総会,東京,2014.7.17.
2)金 吉晴:災害時に精神医療が果たすべきこと.第1回NCNPメディア塾,東京,2014.8.22.
3)金 吉晴:スポンサードセッションA『災害時における「子どもにやさしい空間(Child Friendly Spaces-CFS)支援の意義と可能性:東日本大震災支援活動における試みから考える』企画.子ども虐待防止世界会議名古屋2014,愛知,2014.9.14.
4)金 吉晴:ビデオメッセージ(スポンサードセッションA『災害時における子どもにやさしい空間(Child Friendly Spaces-CFS)支援の意義と可能性:東日本大震災支援活動における試みから考える』).子ども虐待防止世界会議名古屋2014,愛知,2014.9.14.
5)栗山健一:あなたの睡眠は大丈夫?~人生3分の1は睡眠.板橋区板橋健康福祉センター睡眠講演会,東京,2014.7.30.


TOPへ