研究業績一覧


2015年度研究業績一覧
【刊行物】
《原著論文》
1) Lin M, Soi-Kawase S, Narita-Otaki R, Itoh M, Kim Y: Reliability and validity of a self-report emotional expressivity measure: The Japanese version of the Berkeley Expressivity Questionnaire. Jpn J Nurs Sci. 13 (1):196-201, 2016.1.
2) Fukasawa M, Suzuki Y, Nakajima S, Asano K, Narisawa T, Kim Y:Systematic Consensus Building on Disaster Mental Health Services After the Great East Japan Earthquake by Phase. Disaster Med Public Health Prep. 9(4):359-366, 2015.
3) Nishi D, Hashimoto K, Noguchi H, Kim Y, Matsuoka Y: Serum Oxytocin, Posttraumatic Coping and C-Reactive Protein in Motor Vehicle Accident Survivors by Gender. Neuropsychobiology; 71:196-201, 2015.
4) Hori H, Sasayama D, Teraishi T, Yamamoto N, Nakamura S, Ota M, Hattori K, Kim Y, Higuchi T, Kunugi H: Blood-based gene expression signatures of medication-free outpatients with major depressive disorder: integrative genome-wide and candidate gene analyses. Sci Rep 6: 18776, 2016.
5) Fujinaka A, Li R, Hayashi M, Kumar D, Changarathil G, Naito K, Miki K, Nishiyama T, Lazarus M, Sakurai T, Kee N, Nakajima S, Wang SH, Sakaguchi M:Effect of context exposure after fear learning on memory generalization in mice. Mol Brain 9(1):2, 2016.
6) Suzuki Y, Yabe H, Yasumura S, Ohira T, Niwa S, Ohtsuru A, Mashiko H, Maeda M, Abe M & on behalf of the Mental Health Group of the Fukushima health management survey: Psychological distress and the perception of radiation risks: the Fukushima health management survey. Bulletin of the World Health Organization 2015;93:598-605, 2015.
7) Hashimoto N, Suzuki Y, Kato TA, Fujisawa D, Sato R, Aoyama-Uehara K, Fukasawa M, Asakura, S, Kusumi I, Otsuka K: Effectiveness of suicide prevention gatekeeper-training for university administrative staff in Japan . Psychiatry Clin Neurosci. 70(1):62-70, 2016.
8) Matsuo J, Kamio Y, Takahashi H, Ota M, Teraishi T, Hori H, Nagashima A, Takei R, Higuchi T, Motohashi N, Kunugi H: Autistic-like traits in adult patients with mood disorders and schizophrenia. PLoS One;10:4:e0122711, 2015.
9) Sasayama D, Hori H, Nakamura S, Yamamoto N, Hattori K, Teraishi T, Ota M, Kunugi H: Increased protein and mRNA expression of resistin after dexamethasone administration. Horm Metab Res ; 47: 433-438, 2015.
10) Ota M, Noda T, Sato N, Hattori K, Hori H, Sasayama D, Teraishi T, Nagashima A, Obu S, Higuchi T, Kunugi H: White matter abnormalities in major depressive disorder with melancholic and atypical features: A diffusion tensor imaging study. Psychiatry Clin Neurosci ; 69: 360-368, 2015.
11) Hattori K, Ota M, Sasayama D, Yoshida S, Matsumura R, Miyakawa T, Yokota Y, Yamaguchi S, Noda T, Teraishi T, Hori H, Higuchi T, Kohsaka S, Goto Y, Kunugi H: Increased cerebrospinal fluid fibrinogen in major depressive disorder. Sci Rep ; 5: 11412, 2015.
12) Ota M, Noda T, Sato N, Okazaki M, Ishikawa M, Hattori K, Hori H, Sasayama D, Teraishi T, Sone D, Kunugi H: Effect of electroconvulsive therapy on gray matter volume in major depressive disorder. J Affect Disord; 186: 186-191, 2015.
13) Ota M, Wakabayashi C, Sato N, Hori H, Hattori K, Teraishi T, Ozawa H, Okubo T, Kunugi H: Effect of l-theanine on glutamatergic function in patients with schizophrenia. Acta Neuropsychiatr; 27: 291-296, 2015.
14) Teraishi T, Hori H, Sasayama D, Matsuo J, Ogawa S, Ota M, Hattori K, Kajiwara M, Higuchi T, Kunugi H. 13C-tryptophan breath test detects increased catabolic turnover of tryptophan along the kynurenine pathway in patients with major depressive disorder. Sci Rep 5: 15994. 2015.
15) Hashimoto T, Takeuchi H, Taki Y, Sekiguchi A, Nouchi R, Kotozaki Y, Nakagawa S, Miyauchi CM, Ikuza K, Yokoyama R, Shinada T, Yamamoto Y, Hanawa S, Araki T, Hashizume H, Kunitoki K, Kawashima R: Neuroanatomical correlates of the sense of control: Gray and white matter volumes associated with an internal locus of control. Neuroimage, Oct. 1; 119:146-151, 2015.
16) Takeuchi H, Taki Y, Nouchi R, Sekiguchi A, Hashizume H, Sassa Y, Kotozaki Y, Miyauchi CM, Yokoyama R, Iizuka K, Nakagawa S, Nagase T, Kunitoki K, Kawashima R: Degree centrality and fractional amplitude of low-frequency oscillations associated with Stroop interference. Neuroimage, Oct. 1; 119:197-209, 2015.
17) Takeuchi H, Taki Y, Nouchi R, Hashizume H, Sekiguchi A, Kotozaki Y, Nakagawa S, Miyauchi CM, Sassa Y, Kawashima R: Working memory training impacts the mean diffusivity in the dopaminergic system. Brain Structure and Function, 220(6):3101-11, 2015.
18) Takeuchi H, Taki Y, Sekiguchi A, Nouchi R, Kotozaki Y, Nakagawa S, Miyauchi CM, Iizuka K, Yokoyama R, Shinada T, Yamamoto Y, Hanawa S, Araki T, Hashizume H, Sassa Y, Kawashima R: Brain structures in the sciences and humanities. Brain Structure and Function, 220(6):3295-305, 2015.
19) Sato C, Sekiguchi A, Kawai M, Kotozaki Y, Nouchi R, Tada H, Takeuchi H, Ishida T, Taki Y, Kawashima R, Ohuchi N: Postoperative structural brain changes and cognitive dysfunction in patients with breast cancer. PLoS ONE 10(11): e0140655. 2015 .
20) Nakagawa S, Takeuchi H, Taki Y, Nouchi R, Sekiguchi A, Kotozaki Y, Miyauchi CM, Iizuka K, Yokoyama R, Shinada T, Yamamoto Y, Hanawa S, Araki T, Hashizume H, Kunitoki K, Sassa Y, Kawashima R: White matter structures associated with loneliness in young adults. Scientific Reports, 5, Article number: 17001, 2015.
21) Takeuchi H, Taki Y, Sassa Y, Sekiguchi A, Nagase T, Nouchi R, Fukushima A, Kawashima R: "The associations between regional gray matter structural changes and changes of cognitive performance in control groups of intervention studies." Front Hum Neurosci, 9:681, 2015.
22) Nakagawa S, Takeuchi H, Taki Y, Nouchi R, Kotozaki Y, Shinada T, Maruyama T, Sekiguchi A, Iizuka K, Yokoyama R, Yamamoto Y, Hanawa S, Araki T, Miyauchi CM, Magistro D, Sakaki K, Jeong H, Sasaki Y, Kawashima R: "Basal ganglia correlates of fatigue in young adults". Sci Rep. 19;6:21386, 2016.
23) Akimoto Y, Nozawa T, Kanno A, Kambara T, Ihara M, Ogawa T, Goto T, Taki Y, Yokoyama R, Kotozaki Y, Nouchi R, Sekiguchi A, Takeuchi H, Miyauchi CM, Sugiura M, Okumura E, Sunda T, Shimizu T, Tozuka E, Hirose S, Nanbu T, Kawashima R: "High-gamma power changes after cognitive intervention: preliminary results from twenty-one senior adult subjects" Brain and Behavior, Mar; 6(3): e00427, 2016.
24) 大沼麻実,金 吉晴:産業ストレスと災害トラウマ対策研究(IN:特集「産業ストレスに関する研究プロジェクトの最近の成果」).産業ストレス研究,22(2):107-111,2015. 《要約》災害の心理的影響への対策としての、社会心理的支援を向上させるためのWHO版心理的応急処置(PFA)は産業における事故災害や、従業員の災害被害への対策としても有効である。未治療のPTSDは、職場復帰の妨げになる。近年の診断基準の明確化により、適切な診断と治療への導入が促進されるものと期待される。
25) 伊藤大輔,中澤佳奈子,加茂登志子,氏家由里,鈴木伸一,金 吉晴:外傷後ストレス障害患者の症状と生活支障度に関連する要因の比較検討‐トラウマや症状に対する認知的評価、対処方略を用いた検討‐.行動療法研究,41(1),19-29,2015.
26) 加茂登志子,氏家由里,伊東史ヱ,中山未知,伊藤まどか,金 吉晴:ドメスティック・バイオレンス被害母子に対する親子相互交流療法の効果に関する研究.東京女子医科大学雑誌86:E48-E58,2016.
27) 中島聡美,辰野文理:東海村臨海事故急性期における大学生の心理反応と対処行動.武蔵野大学心理臨床センター紀要15,1-13, 2016.
28) 淺野敬子,平川和子,小西聖子:性暴力被害者支援の現状と課題-ワンストップ支援センターと精神科医療の連携に関する報告から-.被害者学研究26:37-52,2016-03


《総説》
1) Kunugi H, Hori H, Ogawa S: Biochemical markers subtyping major depressive disorder. Psychiatry Clin Neurosci ; 69: 597-608, 2015.
2) 金 吉晴, 中島聡美, 堀 弘明, 関口 敦: 不安障害、PTSD の治癒と再燃に関わる要因. 精神保健研究 62:35-39, 2016.
3) 鈴木友理子,深澤舞子:東日本大震災のその後、レジリエンスは働いたか? 精神保健研究 62: 41-46, 2016.
4) 堀 弘明:PTSDの遺伝研究.トラウマティック・ストレス 13 (2):150-159,2015.
5) 関口 敦:自尊心が守る脳と健康~東日本大震災における追跡調査から.Brain and Nerve, 67(10):1193-1204,2015.
6) 吉池卓也,栗山健一:精神疾患と不眠.カレントテラピー 33(4): 51-55, 2015.


《著書》
1) Yoshiike T, Kenichi K: Valproic acid in the treatment of posttraumatic stress disorder in Comprehensive Guide to Post-Traumatic Stress Disorder (ed. Martin CR et al.), Springer, pp. 1-11, 2015.
2) 金 吉晴:災害と精神医療.酒井明夫,丹羽真一,松岡洋夫監修:災害時のメンタルヘルス,医学書院,東京,pp2-5,2016.
3) 金 吉晴:災害派遣精神医療チーム(DPAT)について.酒井明夫,丹羽真一,松岡洋夫監修:災害時のメンタルヘルス,医学書院,東京,pp56-59,2016.
4) 金 吉晴:総論.酒井明夫,丹羽真一,松岡洋夫監修:災害時のメンタルヘルス,医学書院,東京,pp102-105,2016.
5) 金 吉晴:急性ストレス障害(ASD)と心的外傷後ストレス障害(PTSD).酒井明夫,丹羽真一,松岡洋夫監修:災害時のメンタルヘルス,医学書院,東京,pp108-112,2016.
6) 松岡恵子,金 吉晴:知的機能の簡易評価日本語版(JART).山内俊雄,鹿島晴雄編:精神・心理機能評価ハンドブック.中山書店,東京,pp51-53,2015.
7) 大塚耕太郎,加藤 寛,金 吉晴,松本和紀:災害時のメンタルヘルス(編集).医学書院,東京,2016.
8) 佐久間敦,松本和紀,金 吉晴:薬物の用い方.酒井明夫,丹羽真一,松岡洋夫監修:災害時のメンタルヘルス,医学書院,東京,pp36-38,2016.
9) 鈴木友理子,金 吉晴: 災害への反応とフェーズ.酒井明夫,丹羽真一,松岡洋夫監修:災害時のメンタルヘルス.医学書院,東京, pp.10-14,2016.
10) 大沼麻実,大滝涼子,金 吉晴:サイコロジカル・ファーストエイド(PFA)Ⅰ.WHO版PFA. 酒井明夫,丹羽真一,松岡洋夫監修:災害時のメンタルヘルス.医学書院,東京,pp30-33,2016.3.15.
11) 中島聡美:女性のトラウマとPTSD、複雑性悲嘆.本庄英雄先生監修 日本女性心身医学会編集.最新女性心身医学.ぱーそん書房,東京,pp327-341,2015.7.
12) 中島聡美,白井明美,小西聖子:災害による喪失と死別への心理的ケア・治療.酒井明夫,丹羽真一,松岡洋夫監修:災害時のメンタルヘルス.医学書院,東京,pp113-121,2016.


《研究報告書》
1)金 吉晴:災害時の精神保健医療に関する研究.平成27年度厚生労働科学研究費補助金障害者対策総合研究事業(障害者政策総合研究事業(精神障害分野))総括・分担研究報告書.pp3-10,2016.
2) 金 吉晴,島津恵子,小林真綾:災害時精神保健活動ガイドライン:国内外の文献の検証と新たな包括的ガイドラインに向けての構想.平成27年度厚生労働科学研究費補助金障害者対策総合研究事業(障害者政策総合研究事業(精神障害分野))「災害時の精神保健医療に関する研究(研究代表者:金 吉晴)」平成27年度総括・分担研究報告書.pp13-75,2016.
3) 金 吉晴,大滝涼子:持続エクスポージャー療法指導用マニュアルの作成に向けて.平成27年度厚生労働科学研究費補助金障害者対策総合研究事業「認知行動療法等の精神療法の科学的エビデンスに基づいた標準治療の開発と普及に関する研究(研究代表者:大野 裕)」平成27年度総括・分担研究報告書.pp54-67,2016.
4) 金 吉晴,大滝涼子:第一部:幼少期のトラウマによる複雑性PTSDのための認知行動療法 第二部:持続エクスポージャー療法指導用マニュアルの作成に向けて.厚生労働科学研究費補助金障害者対策総合研究事業「認知行動療法等の精神療法お科学的エビデンスに基づいた標準治療の開発と普及に関する研究.平成25-27年度総合研究報告書.pp164-209,2016.
5) 金 吉晴,荒川亮介,大沼麻実,大滝涼子:災害時における医療チームと関係機関との連携に関する研究 精神ケアチームとの情報共有.平成27年度厚生労働科学研究費補助金(健康安全・危機管理対策総合研究事業)「健康危機管理・テロリズム対策に資する情報共有基盤の整備に関する研究(研究代表者:近藤久禎)」平成25年度~平成27年度総合研究報告書.pp125-127,2016.
6) 大沼麻実, 大滝涼子, 金 吉晴:2015年度WHO版心理的応急処置(サイコロジカル・ファーストエイド:PFA)の普及活動について.平成27年度災害時こころの情報支援センター事業報告.pp2-7, 2016.
7) 神尾陽子, 金 吉晴, 大沼麻実:東日本大震災のメディア報道による子どもたちのメンタルヘルスへの影響.平成27年度厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業(障害者政策総合研究事業(精神障害分野))「災害時の精神保健医療に関する研究」平成27年度総括・分担研究報告書.pp157-162,2016.
8) 松岡恵子, 大沼麻実, 大滝涼子, 種市康太郎, 宮本有紀, 金 吉晴:WHO版心理的応急処置(サイコロジカル・ファーストエイド:PFA)のあり方について.平成27年度災害時こころの情報支援センター事業報告.pp.8-31, 2016.
9) 中島聡美:災害による遺族の複雑性悲嘆に対するケア・治療の普及に関する研究.平成27年度厚生労働科学研究費補助金障害者対策総合研究事業(障害者政策総合研究事業(精神障害分野))「災害時の精神保健医療に関する研究(研究代表者:金 吉晴)」平成27年度総括・分担研究報告書.pp109-113,2016.
10) 鈴木友理子, 深澤舞子, 種田綾乃:外部支援者による中長期的な支援者支援のあり方に関する研究. 厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業(障害者政策総合研究事業(精神障害分野)))「災害時の精神保健医療に関する研究(研究代表者: 金 吉晴)」平成27年度分担研究報告書.pp119-156,2016.
11) 吉池卓也,中里容子,岡田晋,森長修一,中村元昭,栗山健一:高照度光療法の不安障害への臨床応用と作用機序の解明.先進医薬研究振興財団 平成26年度精神薬療分野若手研究者助成 研究成果報告書,pp76−77, 2016.


《その他》
1) Suzuki Y: Psychiatric morbidity after a major yet transient disaster. Lancet Psychiatry. Published Online: 22 July 2015.
2) 金 吉晴:災害後の中期的支援について.第57回総会(仙台)特集 シンポジウムA【みやぎ心のケアセンター共催】東日本大震災とメンタルヘルス,病院・地域精神医学57(3)14-16,2015.
3) 金 吉晴:2月例会 被災者の心と向き合う~WHO版PFAの普及を目指して~.NPO日本医学ジャーナリスト協会会報29(2)3-4,2015.
4) 金 吉晴:心のケア基本知識 専門家以外も必要 県、災害時対応で研修会.信濃毎日新聞 朝刊 34面,2015.7.3.
5) 瀬藤乃理子,黒川雅代子,石井千賀子,中島聡美:東日本大震災における「あいまいな喪失」への支援 ― 行方不明家族への支援の手がかり-.トラウマティック・ストレス13(1),69-77,2015.
6) 金 吉晴:特集 トラウマと脳科学 特集にあたって.トラウマティック・ストレス 13 (2),21,2015.
7) 鈴木友理子,中島聡美:学会便り 第5回アジア精神医学世界大会.トラウマティック・ストレス13(2),89,2015.
8) 丹羽まどか,金 吉晴:【書評】子どものトラウマと悲嘆の治療-トラウマ・フォーカスト認知行動療法マニュアル.トラウマティック・ストレス13:99,2015.
9) 関口 敦:【学会便り】第31回国際トラウマティック・ストレス学会.トラウマティック・ストレス13:87,2015.
10) 丹羽まどか:【学会便り】第6回国際ウィメンズメンタルヘルス学会.トラウマティック・ストレス13:96,2015.



【学会・研究会における発表】
(1) 学会特別講演,教育講演,シンポジウム,ワークショップ,パネルディスカッション等
1) Kim Y: Trauma after maritime disaster (Sewol & Fukushima). The 2015 International Maritime Disaster and Safely Forum. Incheon, 2015.4.5.
2) Kim Y: Pathway for recovery from the combined trauma and grief, from the experience in 2004 and 2011 Tsunami Disasters. The First Anniversary of Sewol Ferry Accident Memorial International Conference for Trauma and Mental Health. Seoul, 2015.4.17.
3) Kim Y: Psychological Impact of War – Revisiting Children Survivors of the 1945 Atomic Bombing of Hiroshima & Nagasaki. Kuala Lumpur Foundation to Criminalise war International World Forum. Kuala Lumpur , 2015.4.19.
4) Kim Y: National guidelines for post-disaster mental health issued by the Japanese National Center of Neurology and Psychiatry: vision and application. Annual Conference on Disaster Preparedness and Response 2015, Hong-Kong, 2015.10.30.
5) Suzuki Y, Hayashi M, Fukuchi N: Kokoro-no care for school children after the Great East Japan Earthquake in Sendai city. World Psychiatric Association regional congress. Symposium30: Mental health epidemiology for various populations, Osaka, 2015.6.4-6.
6) 金 吉晴:PTSDからの回復とエクスポージャー療法の治療原理.第111回日本精神神経学会学術総会 シンポジウム8 PTSD治療の最前線,大阪,2015.6.4.
7) 金 吉晴:PTSDと外傷性悲嘆.第111回日本精神神経学会学術総会 シンポジウム14 神経症性障害と抑うつ:その相互作用と臨床的意義、治療について,大阪,2015.6.5.
8) 金 吉晴:Persistent Distress after Witnessing the Atomic Bomb Explosion in Nagasaki in 1945.(長崎原子爆弾に対する曝露後の持続的な精神的苦悩).第14回日本トラウマティック・ストレス学会 JSTSS&ISTSSコラボ企画シンポジウム「Trauma Around the world」,京都,2015.6.20.
9) 中島聡美,伊藤正哉,鈴木友理子,金 吉晴:DSM-5およびICD-11における複雑性悲嘆の診断基準の違いと今後の展望. 第14回日本トラウマティック・ストレス学会 シンポジウムA-4 トラウマ関連病態の診断:現在と近未来を見据えて,京都,2015.6.21.
10) 加茂登志子,三上由里,本田朋子,横田仁子,伊藤まどか,中山未知,伊藤史ヱ,金 吉晴:パートナー間暴力被害に潜む性暴力のインパクト.第111回日本精神神経学会学術総会 シンポジウム30 性暴力被害者の精神科臨床:一般精神科臨床現場で、性暴力被害者への治療をどのように組み立てるか,大阪,2015.6.6.
11) 丹羽まどか,加茂登志子,氏家由里,中山未知,金 吉晴:DVを受けた母親の精神症状と子どもの回復について‐前向き縦断研究と国内外の知見から.第14回日本トラウマティック・ストレス学会 シンポジウムC-1 DV被害者の回復に向けて‐新たな治療・介入‐,京都,2015.6.21.
12) 新明一星,伊藤正哉,松田陽子,淺野敬子,正木智子,成澤知美,中島聡美,白井明美,小西聖子,金 吉晴:複雑性悲嘆の集団認知行動療法プログラムの開発.第14回日本トラウマティック・ストレス学会 シンポジウムC-2 災害後の複雑性悲嘆の予防および治療介入.京都,2015.6.21.
13) 中島聡美:性暴力被害者のメンタルヘルスと司法手続きの影響.第111回日本精神・神経学会総会 シンポジウム30 性暴力被害者の精神科臨床:一般精神科臨床現場で、性暴力被害者への治療をどのように組み立てるか.大阪,2015.6.6.
14) 中島聡美:日本被害者学会第26回学術大会個別発表(司会),東京,2015.6.13.
15) 伊藤正哉,堀越 勝,森田展彰,小西聖子,中島聡美:日本における認知処理療法の発展. 第14回日本トラウマティック・ストレス学会 シンポジウムA-3 心的外傷後ストレス障害への認知処理法の展開.京都,2015.6.21.
16) 瀬藤乃理子,伊藤正哉,中島聡美,黒川雅代子,坂口幸弘,白井明美:ウェブサイトによる悲嘆・複雑性悲嘆の理解の促進.第14回日本トラウマティック・ストレス学会 シンポジウムC-2 災害後の複雑性悲嘆の予防および治療介入.京都,2015.6.21.
17) 黒川雅代子,瀬藤乃理子,中島聡美,石井千賀子:あいまいな喪失への介入.第14回日本トラウマティック・ストレス学会 シンポジウムC-2 災害後の複雑性悲嘆の予防および治療介入.京都,2015.6.21.
18) 白井明美,中島聡美,小西聖子,Wagner B:複雑性悲嘆の筆記療法による介入の現状と課題.第14回日本トラウマティック・ストレス学会 シンポジウムC-2 災害後の複雑性悲嘆の予防および治療介入.京都,2015.6.21.
19) 伊藤正哉,中島聡美:複雑性悲嘆における成長.心的外傷後成長研究会,東京,2015.5.23.
20) 中島聡美:あいまいな喪失を抱える家族への支援.日本家族研究・療法学会主催 東日本大震災行方不明者家族支援ワークショップ in盛岡,岩手,2015.8.8. 
21) 中島聡美:犯罪被害者のメンタルヘルスへの司法の影響.自主シンポジウム7 「犯罪被害者のメンタルヘルスと司法」,日本心理臨床学会第34回秋季大会,兵庫,2015.9.18.
22) 中島聡美,伊藤正哉,白井明美,小西聖子,松田陽子,新明一星,成澤知美,片柳章子, 正木智子,淺野敬子,石丸径一郎,金 吉晴,Shear,KM:複雑性悲嘆の認知行動療法の適応性および有効性に関する研究. 国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所 平成27年度 研究報告会,東京,2016.2.29.
23) 鈴木友理子:精神疾患とスティグマ.第28回日本サイコオンコロジー学会総会 シンポジウム がんサバイバーを取り巻く社会:がんと偏見・スティグマ,広島,2015.9.18-19.
24) 関口 敦:震災ストレスと脳形態変化.第22回日本行動医学会学術総会,仙台,2015.10.16-17.
25) 小西聖子,淺野敬子:急性期における性暴力被害者の臨床.第111回日本精神・神経学会総会 シンポジウム30 性暴力被害者の精神科臨床:一般精神科臨床現場で、性暴力被害者への治療をどのように組み立てるか.大阪,2015.6.6
26) 吉池卓也,佐伯隆史,森長修一,平井伸英,中村元昭:脳刺激法による睡眠修飾作用と精神機能.シンポジウム「睡眠医学と精神科医療の関連における新規視点」日本睡眠学会第40 回定期学術集会,栃木,2015.7.2.


(2) 一般演題
1) Yoshiike T, Honma M, Kim Y, Kuriyama K: Bright light facilitates fear extinction and prefrontal processing for fear extinction in humans. 27th Annual Meeting of Society for Light Treatment & Biological Rhythms, San Diego, 2015.6.28.
2) Hori H, Sasayama D, Teraishi T, Yamamoto N, Nakamura S, Ota M, Hattori K, Kim Y, Higuchi T, Kunugi H: Blood-based gene expression signatures of medication-free outpatients with major depressive disorder: integrative genome-wide and candidate gene analyses identify genes suggestive of molecular mechanisms underlying depression. World Psychiatric Association International Congress 2015, Taipei, 2015.11.18-22.
3) Sekiguchi A, Kotozaki Y, Sugiura M, Takeuchi H, Taki Y, Kawashima R: Differential brain structural characteristics of pre-existing vulnerability factors for the post-traumatic responses between young adults and children. The ISTSS 31th Annual Meeting, New Orleans, 2015.11. 5-7.
4) Sekiguchi A, Sato C, Kawai M, Ishida T, Taki Y, Ohuchi N, Kawashima R: "Recovery from brain volume reduction and cognitive dysfunctions 6 months after surgery in patients with breast cancer". The 74th Annual Meeting of the American Psychosomatic Society, Denver, 2016.3.9-12.
5) 松岡 豊,浜崎 景,西 大輔,金 吉晴:HDLコレステロールと心的外傷後ストレス障害の発症リスク.第111回日本精神神経学会学術総会,大阪,2015.6.5.
6) 小林奈津子,新宮古都美,庄子朋香,北田友子,中谷直樹,中村智洋,土屋菜歩,吉田弘和,菊地紗耶,本多奈美,松岡洋夫,辻 一郎,寳澤 篤,中島聡美,富田博秋:東日本大震災被災者の喪失と悲嘆のプロファイル.第111回日本精神・神経学会総会,大阪,2015.6.4.
7) 中島聡美:山下和彦発表事例研究「原発事故による避難者の喪失体験の理解と心理教育的アプローチ」指定討論.日本心理臨床学会第34回秋季大会,兵庫,2015.9.18.
8) 白井明美,中島聡美:複雑性悲嘆を有する自死遺族の筆記表現の変化.口頭発表,日本心理臨床学会第34回秋季大会,兵庫,2015.9.18.
9) 松田陽子,新明一星,伊藤正哉,中島聡美,淺野敬子,正木智子,成澤知美,白井明美,小西聖子:複雑性悲嘆の集団を対象とした心理教育プログラムの開発 ―予備施行の結果についての報告-.第14回日本トラウマティック・ストレス学会 ポスター発表,京都,2015.6.20.
10) 大岡由佳,中島聡美:犯罪被害者支援における生活支援の必要性.第14回日本トラウマティック・ストレス学会 ポスター発表,京都,2015.6.20.
11) 鈴木友理子,矢部博興,大平哲也,安村誠司:福島第一原子力発電所事故の避難住民における精神健康と放射線のリスク認知の関連.第74回日本公衆衛生学会総会 示説,長崎,2015.11.4- 6.
12) 堀 弘明, 篠山大明, 寺石俊也, 山本宜子, 中村誠二, 太田深秀, 服部功太郎, 金 吉晴, 樋口輝彦, 功刀 浩: 服薬していない外来うつ病患者における末梢血遺伝子発現プロファイル:網羅的遺伝子発現と候補遺伝子発現の統合的解析. 第45回日本神経精神薬理学会・第37回日本生物学的精神医学会合同年会, 東京, 2015.9.24-26.
13) 淺野敬子,平川和子,小西聖子:性暴力被害者の支援-ワンストップ支援センターと精神科医療の連携と課題.第26 回日本被害者学会学術大会.東京,2015.6.13.
14) 吉池卓也,池田大樹,大村英史,中島聡美,栗山健一:複雑性悲嘆の報酬系と注意の協調に基づく神経機能異常.第37回日本生物学的精神医学会,東京,2015.9.24.
15) 吉池卓也,中里容子,岡田晋,森長修一,中村元昭,栗山健一:Bright light as an enhancer of cognitive-behavioral therapy for insomnia 高照度光による不眠症認知行動療法の効果増強(ポスター).第22回日本時間生物学会学術大会,東京,2015.11.21.
16) 林 明明,丹野義彦:ストレス中の記憶における感情価および性格特性の影響.第8回日本不安症学会学術大会,千葉,2016.2.6.


(3) 研究報告会
1) 大滝涼子,井筒 節,富田博秋,堤 敦朗,大沼麻実,種市康太郎,宮本有紀,中谷 優,金 吉晴:インターネットを使用した災害時の精神保健・心理社会的支援に関する研究. 国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 平成27年度研究報告会,東京,2016.2.29.
2) 吉池卓也, 中里容子, 岡田 晋, 森長修一, 中村元昭, 栗山健一:高照度光療法の不安障害への臨床応用と作用機序の解明.平成26年度精神薬療分野若手研究者助成,先進医薬研究振興財団第48回精神神経系薬物治療研究報告会,大阪,2015.12.4.


(4) その他
1) 吉池卓也:第20回日本睡眠学会睡眠研究奨励賞(非臨床系),栃木,2015.7.3.
受賞論文 Neuroticism relates to daytime wakefulness and sleep devaluation via high neurophysiological efficiency in the bilateral prefrontal cortex : A preliminary study Psychophysiology 51, 396-406, 2014.



【講演】
1) 金 吉晴:自然災害と精神医療対応.第199回精神科医会および第155回学術講演会,高知,2015.4.22.
2) 金 吉晴:PE研究の進展.第12回Prolonged Exposure Therapy講習会,東京,2015.5.1.
3) 金 吉晴:PTSDと認知行動療法.被害者カウンセリング技術(上級)専科,東京,2015.5.19.
4) 金 吉晴:災害と精神保健医療対応.第2回日本心療内科学会災害支援プロジェクト報告会および研修会,東京,2015.6.28.
5) 金 吉晴:災害時のこころのケア.平成27年度災害時のこころのケア研修会,長野,2015.7.2.
6) 金 吉晴:PTSDの概念と治療.神奈川県臨床心理士会 平成27年度第1回全体研修会,神奈川,2015.7.5.
7) 金 吉晴:被災者の心のケア~1年後の今、起きていること、私たちにできること~.広島豪雨災害被災者支援に関する研修会,広島,2015.7.16.
8) 金 吉晴:東京大学医学部附属病院精神神経科における「PTSDエクスポージャー法実践的セミナー」.東京,2015.7.27
9) 金 吉晴:被災者の心のケアについて.第6回さいたま市立病院災害対策講演会,埼玉,2015.10.6.
10) 金 吉晴:総合病院でのトラウマ・遺族対応と災害への備え.国立病院機構埼玉病院院内研修,埼玉,2015.11.11.
11) 金 吉晴:サイコロジカル・ファースト・エイド(PFA)研修.外務省領事事務研修,東京,2015.11.19.
12) 中島聡美:犯罪被害者遺族の心理とケア.秋田県臨床心理士会福祉領域委員会研修会,秋田,2015.7.25.
13) 中島聡美:困難な状況で生き延びる力~ レジリエンス ~.自殺予防セミナー「こころの健康講座」,福島,2015.9.5.
14) 中島聡美:複雑性悲嘆の概念と治療.2015年度第2回精神保健セミナー.東京,2015.9.29.
15) 中島聡美:トラウマと心理社会的支援・ケア.いのちの学校,東京,2015.10.21.
16) 中島聡美:喪失と悲嘆について.埼玉県立精神保健福祉センター主催平成27年度課題・テーマ別研修(保健2),埼玉,2015.12.14.
17) 鈴木友理子:災害後のこころのケア. 平成27年度災害時のこころのケア研修会.新潟,2016.1.27.
18) 鈴木友理子:平成27年度心とからだの健康調査結果について.平成27年度第3回仙台市児童生徒の心のケア推進委員会,宮城,2016.2.19.
19) 鈴木友理子:災害精神保健活動における役割分担と連携〜急性期から中長期への心のケアの意義〜.第40回全国精神保健福祉業務研修会 被災地における精神保健・医療福祉活動の実際,愛知,2016. 2.27.
20) 鈴木友理子:災害時のこころのケア.「ネクストクライシス(来るべき大規模災害)への備え,自助・互助・共助・公助で出来ること-生き残るのはあなた次第-」文部科学省科学研究費助成事業-挑戦的萌芽研究「大規模災害における後遺障害に対する統合医療的戦略」研究班 市民公開講座,大阪,2016.3.6.
21) 関口 敦:脳画像研究から考える災害ストレス対策.第6回徳島市医師会学術講演会,徳島,2015.10.23.
22) 関口 敦:認知症早期発見のためのバイオマーカー検索~東北メディカル・メガバンク機構 MRI事業の取り組み.第3回東北認知症画像診断研究会,宮城,2016.2.27.
23) 大沼麻実:災害・事故時のこころのケア対策事業関係職員研修「災害時の心がまえ〜サイコロジカル・ファーストエイドについて」. 北九州市保健福祉局精神保健福祉センター, 危機管理室危機管理課, 福岡, 2015.7.31.
24) 大沼麻実:サイコロジカル・ファーストエイドとは.精神科薬剤師の会,東京,2015.8.22.



【学会活動】
(学会役員)
1) Kim Y: International Society for Traumatic Stress Studies 理事.
2) Kim Y: Global Committee, International Traumatic Stress Studies, 委員.
3) 金 吉晴:日本トラウマティック・ストレス学会 常任理事.
4) 金 吉晴:日本精神神経学会 災害支援委員会委員,災害支援連絡会委員.
5) 金 吉晴:自殺予防学会 理事.
6) 中島聡美:日本トラウマティック・ストレス学会 理事,副会長,犯罪被害者支援委員会委員長
7) 中島聡美:日本被害者学会理事 企画委員
8) 中島聡美:日本心理臨床学会 支援活動委員
9) 鈴木友理子:日本精神神経学会 アンチスティグマ委員.東日本大震災特別委員.
10) 鈴木友理子:日本トラウマティック・ストレス学会 理事.国際委員.
11) 堀 弘明:日本生物学的精神医学会 評議員.


(座長)
1) Suzuki Y, Nishi D: Symposium30: Mental health epidemiology for various populations. World Psychiatric Association regional congress, Osaka, 2015.6.4-6.
2) 金 吉晴:シンポジウムB-1 国際的なトラウマ研究 座長.第14回日本トラウマティック・ストレス学会,京都,2015.6.21.
3) 金 吉晴:演題2 PTSDにおける薬物療法 座長.第15回トラウマ治療研究会,東京,2016.1.29.
4) 中島聡美,前田正治:第111回日本精神・神経学会総会 シンポジウム30 性暴力被害者の精神科臨床:一般精神科臨床現場で、性暴力被害者への治療をどのように組み立てるか.(座長),大阪,2015.6.6.
5) 中島聡美,加茂登志子:第14回日本トラウマティック・ストレス学会 シンポジウムC-1 DV 被害者の回復に向けて -新たな治療・介入- 座長,京都,2015.6.21.
6) 堀 弘明:Asian Biological Psychiatry Symposium. 第45回日本神経精神薬理学会・第37回日本生物学的精神医学会合同年会, 東京, 2015.9.24-26.


(学会誌編集委員等)
1) Kim Y: Cognitive Neuropsychiatry, editorial board.
2) Kim Y: European Journal of Psychotraumatology, editorial board
3) Kim Y: Disaster Health, editorial board
4) Kim Y: Psychiatry and Clinical Neuroscience, field editor.
5) Hori H: The Scientific World Journal, editorial board
6) Hori H: Frontiers in Psychiatry, editorial board
7) 金 吉晴:日本トラウマティック・ストレス学会 編集委員長



【研修】
(研修企画)
1) 金 吉晴, 大沼麻実, 種市康太郎, 宮本有紀:海外青年協力隊ネパール派遣隊員のためのサイコロジカル・ファーストエイド研修. 東京大学, 国立精神・神経医療研究センター, 桜美林大学, 東京, 2015.5.26.
2) 金 吉晴, Leslie Snider, 大沼麻実, 大滝涼子, 種市康太郎:WHO版サイコロジカル・ファーストエイド指導者育成研修.国立精神・神経医療研究センター,東京,2015.10.27-30.
3) 金 吉晴:平成27年度PTSD対策専門研修事業 A.通常コース.東京,2016.2.11-12.
4) 金 吉晴:平成27年度PTSD対策専門研修事業 C.大規模災害対策コース(精神医療関係者).東京,2016.2.15-16.
5) 金 吉晴:平成27年度PTSD対策専門研修事業 C.大規模災害対策コース(一般医療関係者),東京,2016.2.19.
6) 鈴木友理子:第1回 メンタルヘルス問題への初期対応指導者研修.国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所,東京,2015.10.1-2.


(研修会講師)
1) 金 吉晴, 大沼麻実, 宮本有紀:サイコロジカル・ファーストエイド指導者育成研修.平成27年度サイコロジカル・ファーストエイド(PFA)指導者育成研修会, 沖縄,2015.10.14-16.
2) 金 吉晴, Leslie Snider, 大沼麻実, 大滝涼子, 種市康太郎:サイコロジカル・ファーストエイド指導者育成研修.東京, 2015.10.27-30.
3) 金 吉晴:PTSDの概念と治療.平成27年度精神保健研修「第10回犯罪被害者メンタルケア研修」,東京,2016.1.20.
4) 金 吉晴:トラウマとPTSD、診断と評価.平成27年度PTSD対策専門研修事業 A.通常コース,東京,2016.2.11.
5) 金 吉晴:PTSDの持続エクスポージャー療法.平成27年度PTSD対策専門研修事業 A.通常コース,東京,2016.2.12.
6) 金 吉晴:災害時の精神医療総論.平成27年度PTSD対策専門研修事業 C.大規模災害対策コース(精神医療関係者),東京,2016.2.15.
7) 金 吉晴, 大沼麻実他:災害時のPFA(心理的応急処理:サイコロジカル・ファーストエイド).平成27年度PTSD対策専門研修事業 C.大規模災害対策コース(精神医療関係者),東京,2016.2.15.
8) 金 吉晴,中谷 優:PE補講・PE事例検討・持続エクスポージャー療法の基礎理論・持続エクスポージャー療法~派生したCBT.持続エクスポージャー療法(PE)フォローアップ研修,東京,2016.2.9-10.
9) 金 吉晴:災害時の心の反応 総論.平成27年度PTSD対策専門研修事業 C.大規模災害対策コース(一般医療関係者),東京,2016.2.19.
10) 金 吉晴, 大沼麻実他:災害時のWHO版PFA(心理的応急処理:サイコロジカル・ファーストエイド)概論.平成27年度PTSD対策専門研修事業 C.大規模災害対策コース(一般医療関係者),東京,2016.2.19.
11) 中島聡美:PEにおける現実エクスポージャーの理論と実践.武蔵野大学主催第12回 Prolonged Exposure Therapy 講習会,東京,2015.5.2.
12) 中島聡美:公共交通事故被害者等の心理.国土交通省主催公共交通事故被害者等支援(Ⅰ期).千葉,2015.5.15.
13) 中島聡美:犯罪被害者の心理と支援.警察庁主催被害者カウンセリング技術(上級)専科.東京,2015.5.19.
14) 中島聡美,伊藤正哉:複雑性悲嘆療法ワークショップ.第14回日本トラウマティック・ストレス学会 プレコングレス,京都,2015.6.19.
15) 中島聡美:悲嘆と複雑性悲嘆の理解とケア.岩手県精神保健福祉センター主催.平成27年度トラウマケア・フォローアップ研修会,岩手,2015.7.24.
16) 中島聡美:犯罪被害者及び遺族の心理的ケア.警察庁平成27年度被害者支援専科,東京,2015.7.29.
17) 中島聡美:PTSDの病態と治療について.いばらき被害者支援センター養成講座 初級編,茨城,2015.8.7.
18) 中島聡美:性暴力被害者.いばらき被害者支援センター養成講座 初級編,茨城,2015.8.21.
19) 中島聡美:PTSDの病態と治療について.いばらき被害者支援センター養成講座 初級編,茨城,2015.8.7.
20) 中島聡美:性暴力被害者.いばらき被害者支援センター養成講座 初級編,茨城,2015.8.21.
21) 中島聡美:交通犯罪被害者への支援の留意点.平成27年度秋期全国研修会 全体会パネルディスカッション,東京,2015.10.3.
22) 中島聡美:公共交通事故等の被害者および遺族の心理.国土交通省平成27年度 専門課程 公共交通事故被害者等支援研修,千葉,2015.11.27.
23) 中島聡美:第1・2段階:Pre, Session1.トラウマに関する認知処理両方(CPT研修),東京,2015.12.11.
24) 中島聡美:トラウマとグリーフ.仙台グリーフケア研究会主催「グリーフケアの担い手養成講座」,宮城,2016.1.9.
25) 中島聡美:犯罪被害者の心理と治療・支援.平成27年度精神保健研修「第10回犯罪被害者メンタルケア研修」,東京,2016.1.18.
26) 中島聡美:犯罪被害者への治療の実際.平成27年度精神保健研修「第10回犯罪被害者メンタルケア研修」,東京,2016.1.20.
27) 中島聡美:犯罪被害者の心理と支援・ケア.警察庁人質交渉に関する研修教養,東京,2016.2.15.
28) 中島聡美:複雑性悲嘆の治療 近年の取り組み.第7回複雑性悲嘆(CG)研修会,大阪,2016.3.5.
29) 鈴木友理子, 藤澤大介, 加藤隆弘:職域におけるメンタルヘルス・ファーストエイド研修会. レンドリース・ジャパン,東京,2015.6.8.
30) 鈴木友理子:メンタルヘルス・ファーストエイド 第3版の変更点について.メンタルヘルス・ファーストエイド指導者研修会,福岡, 2015.8.6.
31) 鈴木友理子:メンタルヘルス・ファーストエイド 不安障害.メンタルヘルス・ファーストエイド指導者研修会,福岡,2015.8.6.
32) 鈴木友理子:相模原市職員対象「ゲートキーパー研修(窓口編)」,神奈川,2015.9.4.
33) 鈴木友理子:メンタルヘルス・ファーストエイドとは.平成27年度ゲートキーパー・スキルアップ研修指導者養成講習会,島根,2015.11.14-15.
34) 鈴木友理子:うつ病・自殺のメンタルヘルス・ファーストエイド.平成27年度ゲートキーパー・スキルアップ研修指導者養成講習会,島根,2015.11.14-15.
35) 鈴木友理子:メンタルヘルス・ファーストエイド研修の実際I: 成人学習理論.平成27年度ゲートキーパー・スキルアップ研修指導者養成講習会.島根,2015.11.14-15.
36) 鈴木友理子,深澤舞子:平成27年度心とからだの健康調査結果について.平成27年度 第7回 心のケア研修会,宮城,2015.12.15.
37) 堀 弘明: PTSDの生物学的基盤と薬物療法.平成27年度PTSD対策専門研修事業 A.通常コース,東京,2016.2.11.
38) 大沼麻実,種市康太郎,宮本有紀:海外青年協力隊ネパール派遣隊員のためのサイコロジカル・ファーストエイド研修. 東京,2015.5.26.
39) 大沼麻実,加藤郁子:サイコロジカル・ファーストエイド研修.災害時のこころのケア・ワークショップ. 長野県精神保健福祉センター,長野,2015.7.2.
40) 大沼麻実,上田 鼓:サイコロジカル・ファーストエイド研修.被害者支援研修会. 神奈川県臨床心理士会,神奈川, 2015.7.26.
41) 大沼麻実:災害時のこころのケア研修—PFAについて学ぶ. 横浜市こころの健康相談センター,神奈川,2015.9.29.
42) 大沼麻実,鈴江毅,中山照美,金井純子,高橋真里:WHO版心理的応急処置(PFA:Psychological First Aid)研修会.四国防災・危機管理特別プログラム(香川大学・徳島大学共同開設)「災害と健康管理・メンタルヘルスケア」集中講義,香川,2015.12.19.
43) 大沼麻実:WHO版心理的応急処置「サイコロジカル・ファーストエイド(PFA)」を知る.三重県精神保健福祉センター,三重,2016.1.15.
44) 大沼麻実,松木秀幸,齋木郁夫,荻原理江:サイコロジカル・ファーストエイド研修会,医務官会議(外務省),パリ, 2016.2.10.
45) 大沼麻実:災害時等の心理的応急処置(サイコロジカル・ファーストエイド:PFA)研修会,和歌山,2016.2.22.
46) 大沼麻実, 河嶌 譲:Psychological First Aid(PFA)研修,大阪,2016.3.14.
47) 大沼麻実, 河嶌 譲, 赤坂美幸:子どもに対するPsychological First Aid(PFA-C)研修.大阪, 2016.3.15.
48) 吉池卓也:快適に眠るための秘訣とは.台東保健所精神保健講演会,東京,2015.12.15.
49) 吉池卓也:知らないと困る睡眠障害.平塚市保健福祉研修,神奈川,2016.1.26.





TOPへ