研究業績一覧


2016年度研究業績一覧
【刊行物】
《原著論文》
-英文原著-
1) Lin M, Soi-Kawase S, Narita-Otaki R, Itoh M, Kim Y: Reliability and validity of a self-report emotional expressivity measure: The Japanese version of the Berkeley Exp
1) Hori H, Koga N, Hidese S, Nagashima A, Kim Y, Higuchi T, Kunugi H: 24-h activity rhythm and sleep in depressed outpatients. J Psychiatr Res. 2016; 77: 27-34.2016.
2) Itoh M, Ujiie Y, Nagae N, Niwa M, Kamo T, Lin M, Hirohata S, Kim Y: The Japanese version of the Posttraumatic Diagnostic Scale: Validity in participants with and without traumatic experiences. Asian J Psychiatr 25: 1-5, 2017.
3) Suzuki Y, Fukasawa M, Obara A, Kim Y: Burnout among public servants after the Great East Japan Earthquake: decomposing the construct aftermath of disaster. J Occup Health. 2017 (March) 59: 156-164.2017.
4) Iwasa H, Suzuki Y, Shiga T, Maeda M, Yabe H, Yasumura S: Psychometric Evaluation of the Japanese Version of the Posttraumatic Stress Disorder Checklist in Community Dwellers Following the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Incident-The Fukushima Health Management Survey. SAGE Open,6(2) 2158244016652444, 2016.
5) Oe M, Fujii S, Maeda M, Nagai M, Harigane M, Miura I, Yabe H, Ohira T, Takahashi H, Suzuki Y, Yasumura S, Abe M: Three-year trend survey of psychological distress, post-traumatic stress, and problem drinking among residents in the evacuation zone after the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident [The Fukushima Health Management Survey]. Psychiatry Clin Neurosci. 70(6):245-52, 2016.
6) Kunii Y, Suzuki Y, Shiga T, et al: Severe Psychological Distress of Evacuees in Evacuation Zone Caused by the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Accident: The Fukushima Health Management Survey. Mappes T, ed. PLoS ONE, 11(7):e0158821. 2016.
7) Uemura M, Ohira T, Yasumura S, Otsuru A, Maeda M, Harigane M, Horikoshi N, Suzuki Y, Yabe H, Takahashi H, Nagai M, Nakano H, Zhang W, Hirosaki M, Abe M, for the Fukushima Health Management Survey Group:Association between psychological distress and dietary intake among evacuees after the Great East Japan Earthquake in a cross-sectional study: the Fukushima Health Management Survey. BMJ Open 6(7):e011534. 2016.
8) Suzuki Y, Yabe H, Horikoshi N, Yasumura S, Kawakami N, Ohtsuru A, Mashiko H, Maeda M; Mental Health Group of the Fukushima Health Management Survey. Diagnostic accuracy of Japanese posttraumatic stress measures after a complex disaster: The Fukushima Health Management Survey. Asia Pac Psychiatry 9(1), 2017.
9) Oe M, Maeda M, Nagai M, Yasumura S, Yabe H, Suzuki Y, Harigane M, Ohira T, Abe M: Predictors of severe psychological distress trajectory after nuclear disaster: evidence from the Fukushima Health Management Survey. BMJ Open 2016;6:e013400.
10) Horikoshi N, Iwasa H, Kawakami N, Suzuki Y, Yasumura S: Residence-related factors and psychological distress among evacuees after the Fukushima Daiichi nuclear power plant accident: a cross-sectional study. BMC Psychiatry. Nov 24;16(1):420, 2016.
11) Nishi D, Suzuki Y, Nishida J, Mishima K, Yamanouchi Y. Personal lifestyle as a resource for work engagement. J Occup Health. 2017 Jan 24;59(1):17-23. 2016.
12) Zhang W, Ohira T, Abe M, Kamiya K, Yamashita S, Yasumura S, Ohtsuru A, Maeda M, Harigane M, Horikoshi N, Suzuki Y, Yabe H, Yuuki M, Nagai M, Takahashi H, Nakano H, for the Fukushima Health Management Survey Group: Evacuation after the Great East Japan Earthquake was associated with poor dietary intake: The Fukushima Health Management Survey. J Epidemiol. 2017 Jan. 27 (1): 14-23. 2017.
13) Harigane M, Suzuki Y, Yasumura S, Ohira T, Yabe H, Maeda M, Abe M: The Relationship between Functional Independence and Psychological Distress in Elderly Adults Following the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Accident: The Fukushima Health Management Survey. Asia Pacific Journal of Public Health, 29 (2): 120S-130S, 2017.
14) Oe M, Takahashi H, Maeda M, Harigane M, Fujii S, Miura I, Nagai M, Yabe H, Ohira T, Suzuki Y, Yasumura S, Abe M: Changes of Posttraumatic Stress Responses in Evacuated Residents and Their Related Factors: A 3-Year Follow-up Study From the Fukushima Health Management Survey. Asia Pacific Journal of Public Health, 29 (2): 182S–192S, 2017.
15) Ota M, Hori H, Sato N, Yoshida F, Hattori K, Teraishi T, Kunugi H: Effects of ankyrin 3 gene risk variants on brain structures in patients with bipolar disorder and healthy subjects. Psychiatry Clin Neurosci. 70: 498-506, 2016.
16) Matsuo J, Ota M, Hori H, Hidese S, Teraishi T, Ishida I, Hiraishi M, Kunugi H: A large single ethnicity study of prepulse inhibition in schizophrenia: Separate analysis by sex focusing on effect of symptoms. J Psychiatr Res. 82: 155-162, 2016.
17) Sasayama D, Hattori K, Ogawa S, Yokota Y, Matsumura R, Teraishi T, Hori H, Ota M, Yoshida S, Kunugi H: Genome-wide quantitative trait loci mapping of the human cerebrospinal fluid proteome. Hum Mol Genet, 26: 44-51, 2017.
18) Matsuo J, Ota M, Hidese S, Hori H, Teraishi T, Ishida I, Hiraishi M, Kunugi H: Sexually dimorphic deficits of prepulse inhibition in patients with major depressive disorder and their relationship to symptoms: A large single ethnicity study. J Affect Disord. ; 211: 75-82, 2017.
19) Mizuno M, Yamaguchi S, Taneda A, Hori H, Aikawa A, Fujii C: Development of Japanese version of King's Stigma Scale and its short version: Psychometric properties of a self-stigma measure. Psychiatry Clin Neurosci. ; 71: 189-197, 2017.
20) Nouchi R, Taki Y, Takeuchi H, Nozawa T, Sekiguchi A, Kawashima R: ”Reading aloud and solving simple arithmetic calculation intervention (Learning therapy) improves inhibition, verbal episodic memory, focus attention, and processing speed in healthy elderly people: Evidence from a randomized controlled trial" Frontiers in Human Neuroscience, May, 10:217, 2016.
21) Takeuchi H, Taki Y, Sekiguchi A, Nouchi R, Kotozaki Y, Nakagawa S, Miyauchi CM, Iizuka K, Yokoyama R, Shinada T, Yamamoto Y, Hanawa S, Araki T, Hashizume H, Kunitoki K, Sassa Y, Kawashima R: "Differences in gray matter structure correlated to nationalism and patriotism" Scientific Reports, 15;6:29912. 2016.
22) Nakagawa S, Takeuchi H, Taki Y, Nouchi R, Sekiguchi A, Kotozaki Y, Miyauchi CM, Iizuka K, Yokoyama R, Shinada T, Yamamoto Y, Hanawa S, Araki T, Kunitoki K, Sassa Y, Kawashima R: "Sex-related differences in the effects of sleep habits on verbal and visuospatial working memory" Frontiers in Psychology, 7:1128, 2016.
23) Nouchi R, Takeuchi H, Taki Y, Sekiguchi A, Kotozaki Y, Nakagawa S, Miyauchi CM, Iizuka K, Yokoyama R, Shinada T, Yamamoto Y, Hanawa S, Araki T, Sassa Y, Kawashima R: "Neuroanatomical bases of effortful control: evidence from a large sample of young healthy adults using voxel-based morphometry". Scientific Reports, 6 31231, 2016.
24) Nakagawa S, Sugiura M, Sekiguchi A, Kotozaki Y, Miyauchi CM, Hanawa S, Araki T, Takeuchi H, Sakuma A, Taki Y, Kawashima R: "Effects of post-traumatic growth on the dorsolateral prefrontal cortex after a disaster" Scientific Reports, Sep 27;6:34364, 2016.
25) Sekiguchi A, Sato C, Matsudaira I, Kotozaki Y, Nouchi R, Takeuchi H, Kawai M, Tada H, Ishida T, Taki Y, Ohuchi N, Kawashima R: "Postoperative hormonal therapy prevents recovery of neurological damage after surgery in patients with breast cancer" Scientific Reports, Oct 6;6:34671, 2016.
26) Nakagawa S, Takeuchi H, Taki Y, Nouchi R, Sekiguchi A, Kotozaki Y, Miyauchi CM, Iizuka K, Yokoyama R, Shinada T, Yamamoto Y, Hanawa S, Araki T, Hashizume H, Kunitoki K, Sassa Y, Kawashima R: "The anterior midcingulate cortex as a neural node underlying hostility in young adults" Brain Structure and Function, 222(1):61-70, 2017.
27) Takeuchi H, Taki Y, Nouchi R, Yokoyama R, Kotozaki Y, Nakagawa S, Sekiguchi A, Iizuka K, Yamamoto Y, Hanawa S, Araki T, Miyauchi CM, Shinada T, Sakaki K, Sassa Y, Nozawa T, Ikeda S, Yokota S, Daniele M, Kawashima R: "Creative females have larger white matter structures: evidence from a large sample study" Human Brain Mapping, 38(1):414-430. 2017.
28) Takeuchi H, Taki Y, Sekiguchi A, Nouchi R, Kotozaki Y, Nakagawa S, Miyauchi CM, Iizuka K, Yokoyama R, Shinada T, Yamamoto Y, Hanawa S, Araki T, Kunitoki K, Sassa Y, Kawashima R: "Mean diffusivity of basal ganglia and thalamus specifically associated with motivational states among mood states" Brain Structure and Function, 222(2):1027-1037, 2017.
29) Hakamata Y, Sato E, Komi S, Moriguchi Y, Izawa S, Murayama N, Hanakawa T, Inoue Y, Tagaya H: The functional activity and effective connectivity of pulvinar are modulated by individual differences in threat. Scientific Reports, 6:34777, 2016.

-和文原著-
30) 金 吉晴:外傷性悲嘆とトラウマ.特集 神経症性障害と抑うつ―その相互作用と臨床的意義,治療について― 精神神経学雑誌,118 (7): 516-521, 2016.
31) 上田 鼓,中島聡美,金 吉晴:犯罪被害者支援活動における警察職員の二次的外傷性ストレスと関連要因.トラウマティック・ストレス,14(2): 141-150,2016.
32) 大沼麻実,篠崎康子,金 吉晴:災害時の不安対応と心理的応急処置PFA(サイコロジカル・ファーストエイド). シリーズ:内科医と災害医療, 日本内科学会雑誌, 106:130-132, 2017.


《総説》
1) 金 吉晴:長崎市被爆未指定地域住民における原爆目撃体験と関連する精神状態についての調査研究について.精神保健研究63: 25-30,2017.3.
2) 大沼麻実, 金 吉晴:第17章PFA(サイコロジカル・ファーストエイド).小澤康司, 中垣真通, 小俣和義編:緊急支援のアウトリーチ—現場で求められる心理的支援の理論と実践,225-233,2017.
3) 大沼麻実,大滝涼子,金 吉晴:第12章 被災者・支援者のメンタルヘルスとケア 災害直後のこころのケア応急処置.小井土雄一,石井美恵子編著:多職種連携で支える災害医療-身につけるべき知識・スキル・対応力,127-131,2017
4) 鈴木友理子: メンタルヘルス・ファーストエイドとは.治療98(5): 640-644, 2016.5
5) 種田綾乃, 鈴木友理子,深澤舞子, 伊藤順一郎: 東日本大震災後の地域精神保健医療福祉システム再構築と外部支援: 現地支援者のグループインタビューから. 家族療法研究. 33(3): 322-330, 2016.


《著書》
1) 鈴木友理子:災害に伴う精神医学的問題.今日の精神疾患治療指針 (第2版). 樋口 輝彦/市川 宏伸/神庭 重信/朝田 隆/中込 和幸 (編),医学書院,東京,pp 987-990,2016.10.
2) 鈴木友理子: 2. PTSDの有病率. 何がトラウマになるのか.これからの対人援助を考える くらしの中の心理臨床. 3. トラウマ.藤森和美,青木紀久代 (編), pp.127-133,福村出版,東京,2016.11.
3) 鈴木友理子:第8章.世界の精神保健.精神保健福祉士養成セミナー② 精神保健学〈第6版〉精神保健の課題と支援. 精神保健福祉士養成セミナー編集委員会 (編), pp307-329,へるす出版, 東京.2017.1.
4) 堀 弘明:第8章 第2節 心的外傷後ストレス障害.精神保健医療福祉白書編集委員会(編):精神保健医療福祉白書2017. 中央法規出版, 東京, p174, 2016.


《研究報告書》
1) 金 吉晴:災害時の精神保健医療に関する研究.平成28年度厚生労働行政推進調査事業費補助金(障害者政策総合研究事業(精神障害分野))総括・分担研究報告書.pp1-4,2017.
2) 金 吉晴,加藤 寛,荒井秀典,松本和紀,前田正治,富田博秋,鈴木友理子,神尾陽子,松下幸生,大塚耕太郎,井筒 節:災害時精神保健活動ガイドライン:国内外の文献の検証と新たな包括的ガイドライン作成にむけての構想.平成28年度厚生労働行政推進調査事業費補助金(障害者政策総合研究事業(精神障害分野))総括・分担研究報告書.pp5-138,2017.
3) 金 吉晴:こころの健康づくりを推進する地域連携のリモデリングとその効果に関する政策研究.平成28年度厚生労働科学研究費補助金障害者政策総合研究事業(精神障害分野)総括・分担研究報告書.pp1-4,2017.
4) 金 吉晴,山之内芳雄,三島和夫,神尾陽子:全国市町村保健所における精神保健相談の実態調査.平成28年度厚生労働科学研究費補助金障害者政策総合研究事業(精神障害分野)総括・分担研究報告書.pp5-52,2017.
5) 伊藤真利子,林 明明,金 吉晴:運動習慣によるストレス反応の緩和-主観評価と自律神経活動評価による実験的検討-.明治安田厚生事業団 第31回(2014年度)若手研究者のための健康科学研究助成成果報告書.pp11-16, 2016.
6) 堀 弘明, 金 吉晴, 伊藤真利子, 林 明明:健常女性における運動習慣と心理的・身体的要因の関連. 総合健康推進財団 平成26年度第31回一般研究奨励助成事業 研究報告書. pp72-80,2016.


《その他》
1) 金 吉晴:熊本地震 余震恐怖「心のケア」ストレス深刻・避難所に「相談室」DPAT.読売新聞朝刊3面,2016.4.30.
2) 金 吉晴,小西聖子:PTSD(心的外傷後ストレス障害)の認知行動療法マニュアル.不安症研究2016特別号,pp155-170,2016.5.
3) 金 吉晴:長引く避難 心のケアを~不眠・うつ病高まるリスク~.朝日新聞朝刊33面,2016.5.18.
4) 金 吉晴:長崎原子爆弾に対する曝露後の持続的な精神的苦悩.【第14回日本トラウマティック・ストレス学会】JSTSS & ISTSSコラボ企画シンポジウム Trauma Around the World. トラウマティック・ストレス,14(1): 14-20,2016.
5) 金 吉晴:医療ルネサンスNO.6331 被災者の心を守る 以前の日常回復目指す.読売新聞朝刊18面,2016.6.17.
6) 金 吉晴:もっと知ろうからだのこと24 心的外傷後ストレス障害PTSD(監修).インタープレス,東京,2016.8.5.
7) 金 吉晴:PTSDの持続エクスポージャー療法.日精協誌36(2): 46-51,2017.
8) 淺野敬子,中島聡美,成澤知美,中澤直子,金 吉晴,小西聖子:急性期性暴力被害者のための支援情報ハンドブックの有用性評価.女性心身医学,21(3): 325-335,2017.
9) 大沼麻実:国際会議「OUT OF THE SHADOWS:Making Mental Health a Global Development Priority」報告. トラウマティック・ストレス, 一般財団法人日本トラウマティック・ストレス学会, 14(2), 81-82, 2016.
10) 大沼麻実:専門医部会 災害医療活動アクションカード.日本内科学会雑誌 106,巻頭挟み込み, 2017.1.



【学会・研究会における発表】
(1) 学会特別講演,教育講演,シンポジウム,ワークショップ,パネルディスカッション等
1) Kim Y: PARALLEL PANEL DISCUSSION 2 Addressing the mental health needs of vulnerable populations across sectors. OUT OF THE SHADOWS: Making Mental Health a Global Development Priority, Washington D.C, 2016.4.14.
2) Kim Y: Persistent distress after psychological exposure to the Nagasaki atomic bomb explosion. National center of mental health inauguration symposium Symposium2. Seoul, 2016.10.14.
3) Kim Y: Comprehensive View of PTSD; Pathogenesis, Biomarkers and Treatment. 2016’ Annual autumn meeting of Korean Neuropsychiatric association. Gwangju, 2016.10.28.
4) Suzuki Y: Disorders specifically associated with stress and trauma: Findings in preparation of WHO's ICD-11 release. Discussant. The 31st International Congress of Psychology, Kanagawa, 2016.7.25.
5) Suzuki Y: Psychological distress after the Fukushima Nuclear Power Plant Accident. The XXII World Congress of the World Association of Social Psychiatry, Symposium, “The Psychosocial Impact of Disasters after the 2011 Great East Japan Earthquake / Fukushima Nuclear Accident and the2015 Joso Flood Disaster in Japan". New Delhi, 2016.11.30-12-4.
6) Hori H: Hypothalamic-pituitary-adrenal Axis Function and Gene Expression Profiles as Useful Blood Biomarkers for Major Depressive Disorders. The 10th Annual Scientific Meeting of Hong Kong Society of Biological Psychiatry, Hong Kong, 2017.3.11.
7) Nakamura S, Hori H, Ishizawa Y, Matsubara K, Matoba R, Kunugi H: Identification of blood-based gene expression biomarkers for major depressive and bipolar disorders. 日本薬学会第137年会 3rd International Symposium for Medicinal Sciences, 宮城, 2017.3.26.
8) 金 吉晴:心的トラウマと自殺.第7回国際自殺予防学会アジア・太平洋地域大会/第40回日本自殺予防学会総会ランチョンセミナー1,東京,2016.5.18.
9) 金 吉晴:PTSDの多様性とエクスポージャー療法:概観.第112回日本精神神経学会学術総会シンポジウム13 PTSDの多様性とエクスポージャーに基づいた治療法,千葉,2016.6.2.
10) 金 吉晴:トラウマと嗜癖.第112回日本精神神経学会学術総会シンポジウム30災害と嗜癖関連行動,千葉,2016.6.2.
11) 金 吉晴:PTSDの治療と生活への適応:持続エクスポージャー療法の立場から.第112回日本精神神経学会学術総会シンポジウム37不安障害の予後~再発の問題を含めて,千葉,2016.6.2.
12) 金 吉晴:強迫症の治療予後~再発と寛解を中心に~(コーディネーター).第112回日本精神神経学会学術総会シンポジウム37不安障害の予後~再発の問題を含めて,千葉,2016.6.2.
13) 金 吉晴:教育講演20 PTSDの回復とその経路.第112回日本精神神経学会学術総会,千葉,2016.6.4.
14) 金 吉晴:災害時の心理社会支援:日本の現況.災害心理支援シンポジウム‐被災地における心理社会的ケアを考える‐.東京,2016.8.8.
15) 金 吉晴:トラウマ反応の治療はどこまで来ているのか?シンポジスト.武蔵野大学臨床心理学国際シンポジウム,東京,2016.8.27.
16) 金 吉晴,加茂登志子:シンポジウム13 PTSDの多様性とエクスポージャーに基づいた治療法(司会).第112回日本精神神経学会学術総会,千葉,2016.6.2.
17) 松下幸生,金 吉晴:シンポジウム30災害と嗜癖関連行動(司会).第112回日本精神神経学会学術総会,千葉,2016.6.2.
18) 金 吉晴,佐藤由佳利,小林朋子:支援活動委員会企画シンポジウム「支援活動の裾野を広げるために」話題提供者.日本心理臨床学会第35回秋季大会,神奈川,2016.9.6.
19) 鈴木友理子:大災害後の子どもの教育・心理・医療における長期支援について.第15回日本トラウマティック・ストレス学会,宮城,2016.5.20-21.
20) 鈴木友理子:災害時のこころのケア. 第66回日本病院学会ワークショップ「災害時のメンタルケア-東日本大震災の経験に学ぶ-」,岩手,2016.6.23.
21) 鈴木友理子 ,前田正治:福島第一原子力発電所事故後の地域住民の精神健康について.第36回日本社会精神医学会 災害精神医学 復興期における精神科支援の重要性,東京,2017.3.3.
22) 堀 弘明:うつ病バイオマーカーとしての視床下部-下垂体-副腎系.第13回日本うつ病学会総会,愛知,2016.8.5-6.
23) 関口 敦:脳画像研究から見たうつ病と心身症.ワークショップ1「うつ病と心身相関」第13回日本うつ病学会総会,愛知,2016.8.5-6


(2) 一般演題
1) Kim Y: Psychosocial response to disaster: experience and policy. ICDR 2016 2nd International Conference of Disater Reduction, Seowl. 2016.617.
2) Itoh M, Hori H, Lin M, Kim Y: Correlations between habitual exercise and mental health in Japanese healthy adult women. 31st International Congress of Psychology, Kanagawa, 2016.7.24-29.
3) Hori H, Sasayama D, Teraishi T, Yamamoto N, Nakamura S, Ota M, Hattori K, Kim Y, Higuchi T, Kunugi H: Involvement of hypothalamic-pituitary-adrenal axis in the mechanism of transcriptome-wide identified differentially expressed genes for depression. 29th ECNP Congress, Vienna, 2016.9.17-20.
4) Kamo K, Kim Y, Ito M, Ujiie Y, Nakayama M: The Trajectory of Mental Health among Mothers and Children who Exposed to Intimate Partner Violence : Prospective Longitudinal Study. ISTSS 32nd Annual Meeting, Dallas, 2016.11.10-12.
5) Miyauchi CM, Takeuchi H, Taki Y, Yokoyama R, Nakagawa S, Hanawa S, Nouchi R, Sekiguchi A, Araki A, Sassa S, Kawashima R: “Regional gray matter volume associated with shame-proneness” The 22nd Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping, Geneva, Switzerland; June 26-30, 2016.
6) Landré L, Thyreau B, Oba K, Abe M, Sekiguchi A, Taki Y: “Socio-demographics and Brain Correlates of Stress due to the 2011 Great East Japan Earthquake” The 22nd Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping, Geneva, Switzerland; June 26-30, 2016.
7) Sekiguchi A, Kotozaki Y, Thyreau B, Takeuchi H, Yokota S, Asano K, Asano M, Sassa Y, Nouchi R, Taki Y, Kawashima R: "Pre-existing smaller DLPFC volume contributes to post-traumatic growth after a disaster in children" The 75th Annual Meeting of the American Psychosomatic Society, Seville, 2017 .3.17.(Poster)
8) 伊藤真利子,氏家由里,丹羽まどか,長江信和,林 明明,加茂登志子,金 吉晴:PTSDスクリーニングのための自記式尺度の開発:日本語版Posttraumatic Diagnostic Scaleの再体験3項目版尺度.第15回日本トラウマティック・ストレス学会,宮城,2016.5.20-21.
9) 堀 弘明, 古賀賀恵, 秀瀬真輔, 長島杏那, 金 吉晴, 樋口輝彦, 功刀 浩:大うつ病エピソードの外来患者における概日活動リズムと睡眠.第13回日本うつ病学会総会,愛知,2016.8.5-6.
10) 堀 弘明,篠山大明,寺石俊也,山本宜子,中村誠二,太田深秀,服部功太郎,金 吉晴,樋口輝彦,功刀 浩: Involvement of hypothalamic-pituitary-adrenal axis in the mechanism of transcriptome-wide identified differentially expressed genes for depression. 第38回日本生物学的精神医学会,福岡,2016.9.8-10.
11) 関口 敦,伊藤真利子,林 明明,伊藤まどか,堀 弘明,菅原彩子,金 吉晴:“ストレス関連疾患の疾患横断的なバイオマーカー検索のための脳MRI研究”.第128回日本心身医学会関東地方会,東京,2017.1.28-29.(口演)
12) 佐藤千穂,関口 敦,松平 泉,事崎由佳,野内 類,竹内 光,瀧 靖之,河合賢朗,多田 寛,石田孝宣,川島隆太,大内憲明:脳MRIを用いた初発乳癌術後半年の視床体積における神経可塑性の検討.第116回日本外科学会定期学術集会,大阪, 2016.4.14.
13) 村椿智彦, 鹿野理子, 石垣 泰, 関口 敦, 澤田正二郎, 近藤敬一, 事崎由佳, 佐々木彩加, 森下 城, 金澤 素, 片桐秀樹, 川島隆太, 福土 審:肥満症患者の灰白質容量とBMI,糖代謝指標との関係.第57回日本心身医学会総会,仙台,2016.6.4.


(3) 研究報告会
1) 金 吉晴:PTSD症状と神経的基盤.2016年 医療心理懇話会,東京,2016.11.2.
2) 金 吉晴,篠﨑康子,島津恵子,小林真綾:包括的災害対応ガイドラインの作成に向けて.「災害時の精神保健医療に関する研究」研究班・専門家合同会議,東京,2016.10.6. 
3) 関口 敦:研究費獲得へ向けたブレインストーミング.第4回心身医学のニューロサイエンス研究会,大阪,2016.9.17.
4) 関口 敦:災害ストレス曝露前後の脳形態変化~健常大学生における検討. 第1回医療心理懇話会,東京,2016.11.2-3.


(4) その他
1) 吉池卓也:国際学会発表賞.第112回日本精神神経学会学術総会,千葉,2016.6.4.
Yoshiike T, Honma M, Kim Y, Kuriyama K: Bright light facilitates fear extinction and prefrontal processing for fear extinction in humans. 27th Annual Meeting of Society for Light Treatment & Biological Rhythms, San Diego, 2015.6.28.
2) 淺野敬子:優秀演題賞 第15回日本トラウマティック・ストレス学会,2016.5.20-21.
淺野敬子,今野理恵子,山本このみ,正木智子,平川和子,小西聖子:性暴力被害者のためのワンストップ支援センターから精神科へ紹介された被害者の実情と治療の課題.



【講演】
1) 金 吉晴:一般論.第13回Prolonged Exposure Therapy講習会,東京,2016.5.2.
2) 金 吉晴:PTSDと災害精神医療.高知大学神経精神科学教室,高知,2016.5.25
3) 金 吉晴:市民公開講座「震災ストレスから眠りと健康をいかに守るか」.日本睡眠学会第41回定期学術集会,東京,2016.7.8.
4) 金 吉晴:PTSDの病態と治療.東京大学医学部附属病院精神神経科における金 吉晴先生PTSDの病態と治療,東京,2016.7.25.
5) 金 吉晴:自然災害と精神保健医療.平成28年度「徳島県自殺予防講演会」,徳島,2016.9.11.
6) 金 吉晴:災害とトラウマ.熊本地震こころの支援者応援シリーズ,熊本,2016.9.27.
7) 金 吉晴:一般精神科診療におけるPTSD診断、評価と対応.2016年度10月精神医療セミナー,東京,2016.10.26.
8) 金 吉晴:メンタルヘルスケアとキャリア支援プログラム.平成28年度派遣責任者セミナー,東京,2016.11.15.
9) 金 吉晴, 大沼麻実:災害時のサイコロジカル・ファーストエイド.NHK,東京,2017.2.8.
10) 鈴木友理子, 深澤舞子:平成28年度心とからだの健康調査結果について. 仙台市教育委員会 平成28年度第2回心のケア推進委員会,宮城,2017.1.26.
11) 大沼麻実:被災者を支えるために~サイコロジカル・ファーストエイドについて~. 災害時の被災者への対応能力向上研修会,広島, 2016.7.15.
12) 大沼麻実:PFA講演会. 埼玉病院, 埼玉, 2017.2.22.



【学会活動】
(学会役員)
1) Kim Y: International Society for Traumatic Stress Studies 理事
2) Kim Y: Global Committee, International Traumatic Stress Studies, 委員
3) Suzuki Y: World Health Organization, Member of the International Health Regulations (2005) (IHR(2005)) Roster of Experts, expert in Mental Health (2012-2016).
4) 金 吉晴:日本トラウマティック・ストレス学会 常任理事
5) 金 吉晴:日本精神神経学会 災害支援委員会委員,災害支援連絡会委員
6) 金 吉晴:自殺予防学会 理事
7) 鈴木友理子:日本精神神経学会 アンチスティグマ委員.
8) 鈴木友理子:日本トラウマティック・ストレス学会 理事.国際委員
9) 堀 弘明:日本生物学的精神医学会 評議員
10) 関口 敦:日本心身医学会 幹事


(座長)
1) Kim Y: Symposium Emerging Network for Post-disaster Psychosocial Support in Asia. (Chair). ISTSS 32nd Annual Meeting, Dallas, 2016.11.10.
2) 金 吉晴:ランチョンセミナー1.第15回日本トラウマティック・ストレス学会,宮城,2016.5.20.
3) 金 吉晴:ワークショップ19 PTSDに対するPE療法の研修会.第16回日本認知療法学会,大阪,2016.11.25.
4) 鈴木友理子:東日本大震災とこころのケア: 公衆衛生学と実践宗教学の視点から.第15回日本トラウマティック・ストレス学会,宮城,2016.5.20-21.
5) 関口 敦,守口善也:シンポジウム3.「目に見えるストレス:ニューロイメージング心身医学の新展開」 第57回日本心身医学会総会,仙台,2016.6.4.
6) 瀧本禎之,関口 敦:ポスター P2-25~28. 「生物学的検討」 第57回日本心身医学会総会,仙台,2016.6.5.
7) 吉川眞理, 大沼麻実:災害心理支援シンポジウム ‐被災地における心理社会的ケアを考える-.東京,2016.8.8.


(学会誌編集委員等)
1) Kim Y: Cognitive Neuropsychiatry, editorial board
2) Kim Y: European Journal of Psychotraumatology, editorial board
3) Kim Y: Disaster Health, editorial board
4) Kim Y: Psychiatry and Clinical Neuroscience, field editor
5) Suzuki Y: International Journal of Mental Health System, editorial board
6) Hori H: The Scientific World Journal, editorial board
7) Hori H: Frontiers in Psychiatry, editorial board
8) 金 吉晴:日本トラウマティック・ストレス学会 編集委員長



【研修】
(研修企画)
1) 金 吉晴:PTSDのための持続エクスポージャー療法研修.東京,2016.6.13-16.
2) 金 吉晴:国立精神・神経医療研究センター 国際セミナー,東京,2017.1.18.(演者:Justin Kenardy, Ph.D. 自動車衝突事故後の外傷性損傷に伴う精神疾患“Psychological Disorder associated with Traumatic Injury following Motor Vehicle Crash.”)
3) 金 吉晴:平成28年度「こころの健康づくり対策」事業PTSD対策専門研修C:大規模災害対策コース(精神医療関係者).東京,2017.2.2-3.
4) 金 吉晴:平成28年度「こころの健康づくり対策」事業PTSD対策専門研修B:大規模災害対策コース(一般及び行政医療関係者).東京,2017.2.14.
5) 金 吉晴:平成28年度「こころの健康づくり対策」事業PTSD対策専門研修A:大規模災害対策コース(通常コース).東京,2017.2.22-23.
6) 金 吉晴, Leslie Snider, 大沼麻実, 大滝涼子:第2回WHO版心理的応急処置(サイコロジカル・ファーストエイド:PFA)指導普及に関する専門家検討会,東京,2017.2.21.
7) 鈴木友理子: 第53回 精神保健指導課程研修 第一部 メンタルケアの初期対応のリーダーになる.東京,2016.9.29-30.


(研修会講師)
1) 金 吉晴:被害者支援活動の動向.平成28年度ふくしま心のケアセンター年度当初研修会,福島,2016.4.4.
2) 金 吉晴:PTSD概論とCBT理論.PTSDのための持続エクスポージャー療法研修.東京,2016.6.13.
3) 金 吉晴:PE概観と症状評価.PTSDのための持続エクスポージャー療法研修.東京,2016.6.13.
4) 金 吉晴:PEの治療原理と導入.PTSDのための持続エクスポージャー療法研修.東京,2016.6.13.
5) 金 吉晴:CAPS講習会.PTSDのための持続エクスポージャー療法研修.東京,2016.6.13.
6) 金 吉晴:心理教育.PTSDのための持続エクスポージャー療法研修.東京,2016.6.14.
7) 金 吉晴:想像エクスポージャー.PTSDのための持続エクスポージャー療法研修.東京,2016.6.14.
8) 金 吉晴:現実エクスポージャー.PTSDのための持続エクスポージャー療法研修.東京,2016.6.14.
9) 金 吉晴:ホットスポット.PTSDのための持続エクスポージャー療法研修.東京,2016.6.15.
10) 金 吉晴:PEの実践的課題.PTSDのための持続エクスポージャー療法研修.東京,2016.6.15.
11) 金 吉晴:回避への対応.PTSDのための持続エクスポージャー療法研修.東京,2016.6.15.
12) 金 吉晴:想像エクスポージャーの修正.PTSDのための持続エクスポージャー療法研修.東京,2016.6.15-16.
13) 金 吉晴:PEの振り返り.PTSDのための持続エクスポージャー療法研修.東京,2016.6.16.
14) 金 吉晴:PE実施の注意点.PTSDのための持続エクスポージャー療法研修.東京,2016.6.16.
15) 金 吉晴:災害時の心理変化とこころのケア.災害支援ナースの基礎知識~災害看護の第一歩~,兵庫,2016.7.7.
16) 金 吉晴:持続エクスポージャー療法症例検討会~金 吉晴先生をお迎えして~,愛知,2016.7.28.
17) 金 吉晴:災害時の精神保健医療対応 総論.平成28年度「こころの健康づくり対策」事業PTSD対策専門研修C:大規模災害対策コース(精神医療関係者).東京,2017.2.3.
18) 金 吉晴,大沼麻実他:災害時のPFA.平成28年度「こころの健康づくり対策」事業PTSD対策専門研修C:大規模災害対策コース(精神医療関係者).東京,2017.2.3.
19) 金 吉晴:災害時の精神保健医療対応 総論.平成28年度「こころの健康づくり対策」事業PTSD対策専門研修B:大規模災害対策コース(一般及び行政医療関係者).東京,2017.2.14.
20) 金 吉晴, Leslie Snider, 大沼麻実, 大滝涼子:第2回WHO版心理的応急処置(サイコロジカル・ファーストエイド:PFA)指導普及に関する専門家検討会,国立精神・神経医療研究,東京,2017.2.21.
21) 金 吉晴:PTSDの診断と評価.平成28年度「こころの健康づくり対策」事業PTSD対策専門研修A:大規模災害対策コース(通常コース).東京,2017.2.22.
22) 金 吉晴,Leslie S:災害への心理対応~心理的応急処置(PFA).平成28年度「こころの健康づくり対策」事業PTSD対策専門研修A:大規模災害対策コース(通常コース).東京,2017.2.22.
23) 金 吉晴:PTSDの心理療法:持続エクスポージャー療法の立場から.平成28年度「こころの健康づくり対策」事業PTSD対策専門研修A:大規模災害対策コース(通常コース).東京,2017.2.23.
24) 鈴木友理子:東日本大震災から5年を経て.岩手県精神保健福祉センター 平成28年度災害支援者・救援者研修会,岩手, 2016.4.20.
25) 鈴木友理子:メンタルヘルス・ファーストエイド(うつ病・自殺対応、物質関連障害).福島県県民健康調査研修会,福島,2016.6.28.
26) 鈴木友理子:不安の問題のメンタルヘルス・ファーストエイド.平成28年度自殺対策支援者研修,北九州,2016.7.21-22.
27) 鈴木友理子:成人学習理論.平成28年度自殺対策支援者研修,北九州,2016.7.21-22.
28) 鈴木友理子:メンタルヘルス・ファーストエイド(不安の問題、精神病性障害). 福島県県民健康調査研修会,福島,2016.8.2.
29) 鈴木友理子,深澤舞子:平成28年度心とからだの健康調査結果について.仙台市教育委員会 平成28年度 第2回 心のケア研修会,宮城,2016.8.18.
30) 鈴木友理子:うつ病と自殺のメンタルヘルス・ファーストエイド.相模原市ゲートキーパー研修,神奈川,2016.9.6.
31) 鈴木友理子:ストレス、不安に関連した疾患の知識と対応法.精神医学基礎研修4「神経症」,神奈川, 2016.10.12.
32) 鈴木友理子:災害精神保健活動における役割分担と連携〜急性期から中長期の心のケア〜.平成28年度日本臨床心理士会定例研修会I 第23医療保健領域研修会分科会1. コミュニティの危機に医療チームがどう関わるか,東京,2016. 10.23.
33) 鈴木友理子:私たちにもできる心の応急手当:自殺のサインとその対処法.平成28年度自殺予防のための支援者研修会,岡山, 2016.10.31.
34) 鈴木友理子:災害時のこころのケア 急性期から中長期の精神保健福祉活動.災害時こころのケア研修会,奈良,2016.11.11.
35) 鈴木友理子:メンタルヘルス・ファーストエイドとは.平成28年度ゲートキーパー・スキルアップ研修指導者養成講習会,島根, 2016.11.19-20.
36) 鈴木友理子:うつ病と自殺のメンタルヘルス・ファーストエイド.平成28年度ゲートキーパー・スキルアップ研修指導者養成講習会,島根,2016.11.19-20.
37) 鈴木友理子:成人学習理論.平成28年度ゲートキーパー・スキルアップ研修指導者養成講習会,島根,2016.11.19-20.
38) 鈴木友理子:不安の問題のメンタルヘルス・ファーストエイド.平成28年度ゲートキーパー・スキルアップ研修指導者養成講習会.島根,2016.11.19-20.
39) 鈴木友理子:不安の問題. 平成28年度メンタルヘルス・ファーストエイド—ジャパン指導者(インストラクター)研修会. 福岡, 2017.1.27.
40) 鈴木友理子:不安の問題のメンタルヘルス・ファーストエイド.自殺対策研修・講演会,東京,2017.2.14.
41) 鈴木友理子:災害時の調査・研究.JICA workshop on disaster mental health,神戸,2017.3.11.
42) 堀 弘明: PTSDの生物学的基盤と薬物療法.平成28年度PTSD対策専門研修事業 A.通常コース,東京,2017.2.22.
43) 大沼麻実, 河嶌 譲, 赤坂美幸:子どものためのサイコロジカル・ファーストエイド研修.セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン,東京,2016.5.13.
44) 大沼麻実, 加茂登志子:サイコロジカル・ファーストエイド研修.東京女子医科大学救命救急センター,東京,2016.5.27.
45) 大沼麻実, 福地 成, 河嶌 譲, 赤坂美幸, 猿渡英代子:子どものためのサイコロジカル・ファーストエイド研修.セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン, 神戸, 2016.6.1.
46) 大沼麻実, 石田牧子:サイコロジカル・ファーストエイド研修.セブン&アイホールディングス, 東京, 2016.6.25.
47) 大沼麻実:サイコロジカル・ファーストエイド演習.東京女子医科大学,東京,2016.10.21.
48) 大沼麻実,宮川 治,伊藤義徳,赤嶺遼太郎,滝 友秀:サイコロジカル・ファーストエイド研修,沖縄県立総合精神保健福祉センター,沖縄,2016.10.28.
49) 大沼麻実,平安明,甲田宗良,諸見秀太,吉元なるよ,原田大幹,井上幸代,高江洲慶,諏訪賀一:サイコロジカル・ファーストエイド研修, 沖縄県医師会, 沖縄, 2016.10.29.
50) 大沼麻実, 大滝涼子, 伯耆田修:緊急事態を想定したワークショップ(PFA研修).外務省領事中堅研修,外務省,東京, 2015.11.17.
51) 大沼麻実, 鈴木 満, 伯耆田修, 矢田重信:PFA研修会. ERT研修会, 外務省, パリ, 2017.1.26.
52) 大沼麻実, 荻原かおり, 森光玲雄, 澤 智恵, 谷知正章, 大滝涼子, 小松里美:災害時のPFA(心理的応急処理:サイコロジカル・ファーストエイド). PTSD対策専門研修事業C.大規模災害対策コース(精神医療関係者), 国立精神・神経医療研究センター, 東京, 2016.2.3.
53) 大沼麻実, 大滝涼子:PFA研修会.ERT研修会,外務省,東京,2017.3.30.



【その他】
1) Suzuki Y: Psychological impact of Fukushima Nuclear Power Plant. Meeting with the OECD Nuclear Energy Agency (NEA) and the Division of Radiological Protection & Radioactive Waste Management. Tokyo, 2016.9.27.
2) 金 吉晴:震災関連死を防ぎ、命を守る知識とは?.TBSラジオ 萩上チキ Session22 電話ゲスト,2016.4.20.
3) 金 吉晴:避難生活にストレス 多くの学校で休校続く 子供の遊び場必要 学習塾で無料授業も.日本テレビnews every. VTR出演,2016.4.27.
4) 金 吉晴:医療ルネサンスNO.6331 被災者の心を守る 以前の日常回復目指す.読売新聞朝刊18面,2016.6.17.
5) 金 吉晴:【企画】災害心理支援シンポジウム‐被災地における心理社会的ケアを考える‐.東京,2016.8.8.
6) 金 吉晴:2016年 医療心理懇話会 企画,東京,2016.11.2-3.
7) 金 吉晴:2016年 医療心理懇話会 総合司会,東京,2016.11.2-3.


TOPへ