袴田優子Hakamata Yuko, Ph.D.)

外来研究員(日本学術振興会)、博士(教育学)、臨床心理士

略歴

2008年に東京大学大学院教育学研究科博士課程修了後、日本学術振興会特別研究員PDとして心的外傷後ストレス障害 (PTSD) やハイリスク健常者に対する神経画像研究に従事。PD任命期間中にアメリカ合衆国・国立衛生研究所 (National Institutes of Health in the U.S.) に留学、不安障害の認知科学研究に従事。帰国後、2011年~北里大学大学院医療系研究科・専任講師、2014年~東京大学大学院教育学研究科・専任講師。現在、日本学術振興会特別研究員RPD。 研究活動と併せて、精神科外来で認知行動療法を中心とした臨床活動に従事。

研究テーマ

情報処理バイアスの神経機序の解明 および 臨床応用可能性の検証

研究の概要

人は、遺伝や生育環境、人生でのさまざまな学習経験を通して、何かしら癖・習慣のようなものを身に付けてきていることが多いものです。こうした癖や習慣は、必ずしも行動上に表れるものばかりではなく、物事を処理する脳の中でも生じています。  うつ病や不安障害、PTSDの患者さん、また患者さんに限らず、もともと不安や抑うつ感を抱えやすい人は、物事をネガティブに捉えさせるような情報処理上の偏り(バイアス)を持っていることが知られています。  私は、このような情報処理上のバイアス(癖・習慣)が脳の中でどのように生じているのか、またどのようにすれば良い方向に変化させることができるかについて、主に神経科学的アプローチを通して研究しています。  誰もが安心して取り組みやすい治療、そして予防方法を模索・開発し、臨床実践に還元してゆくことを目指しています。

主な業績

(英文原著)
1) Hakamata Y, Komi S, Moriguchi Y, Izawa S, Motomura Y, Sato E, Mizukami S, Kim Y, Hanakawa T, Inoue Y, Tagaya H (2017). Amygdala-centred functional connectivity affects daily cortisol concentrations: a putative link with anxiety. Scientific Reports, 7:8313.
2) Hakamata Y, Sato E, Komi S, Moriguchi Y, Izawa S, Murayama N, Hanakawa T, Inoue Y, Tagaya H (2016). The functional activity and effective connectivity of pulvinar are modulated by individual differences in threat-related attentional bias. Scientific Reports, 6:34777.
3) Hakamata Y, Matsui M, Tagaya H (2014). Does neurocognitive function affect cognitive bias toward an emotional stimulus? Association between general attentional ability and attentional bias toward threat. Frontiers in psychology, 5:881.
4) Hakamata Y, Izawa S, Sato E, Komi S, Murayama N, Moriguchi Y, Hanakawa T, Inoue Y, Tagaya H (2013). Higher cortisol levels at diurnal trough predict greater attentional bias towards threat in healthy young adults. Journal of Affective Disorders, 151, 775-779.
5) Hakamata Y, Iwase M, Kato T, Senda K, Inada T (2013). The neural correlates of mindful awareness: a possible buffering effect on anxiety-related reduction in subgenual anterior cingulate cortex activity. PLoS One, 8:e75526.
6) Hakamata Y, Lissek S, Bar-Haim Y, Britton JC, Fox N, Leibenluft E, Ernst M, Pine DS (2010). Attention Bias Modification Treatment: A meta-analysis towards the establishment of novel treatment for anxiety, Biological Psychiatry, 68, 982-990.
7) Hakamata Y, Iwase M, Iwata H, Kobayashi T, Tamaki T, Nishio M, Matsuda H, Ozaki N, Inada T (2009). Gender-related differences in relationship between personality traits and cerebral brain glucose metabolism. Psychiatry Research: Neuroimaging, 173, 206-211.
8) Hakamata Y, Mastuoka Y, Inagaki M, Nagamine M, Hara E, Imoto S, Murakami K, Kim Y, Uchitomi Y (2007). Structure of orbitofrontal cortex and its longitudinal course in cancer-related posttraumatic stress disorder, Neuroscience Research, 59, 383-389.
9) Hakamata Y, Iwase M, Iwata H, Kobayashi T, Tamaki T, Nishio M, Kawahara K, Matsuda H, Ozaki N, Honjo S, Inada T (2006). Regional brain cerebral glucose metabolism and temperament: A positron emission tomography study. Neuroscience Letters, 396, 33-37.
10) Hakamata Y, Takahashi N, Ishihara R, Saito S, Ozaki N, Honjo S, Ono Y, Inada T (2005). No association between monoamine oxidase A promoter polymorphism and personality traits in Japanese females. Neuroscience Letters, 389, 121-123.

(和文総説)
1) 袴田優子・田ヶ谷浩邦 (2011),不安・抑うつにおける認知バイアス,日本生物学的精神医学会雑誌,22, 277-295.
2) 袴田優子 (2011),脳科学と認知行動療法 (CBT)―CBTは脳をどのように変えるか―,精神療法,37, 58-67.
3) 袴田優子・松岡豊 (2007),心的外傷後ストレス障害 (PTSD) の機能神経画像研究―認知行動療法の神経生物学的作用機序の解明に向けて―,脳と精神の医学,18, 157-173.



TOPへ