堀 弘明(HORI Hiroaki, M.D., Ph.D.)

認知機能研究室長  博士(医学)、日本精神神経学会専門医・指導医

略歴・研究紹介

私は2002年に京都大学医学部を卒業後、同大学病院や国立精神・神経センター武蔵病院(現:国立精神・神経医療研究センター病院)、日下部記念病院、精神科クリニックなどにおいて精神科臨床に携わるとともに、2003年より国立精神・神経医療研究センター神経研究所疾病研究第三部(功刀浩部長)にて統合失調症や気分障害のより良い診断・治療を目指した研究の手ほどきを受け、その後10年以上にわたり研究を継続してきました。心理学的なアプローチに神経生理学、神経内分泌学、遺伝学による検討を組み合わせることで、これらの精神疾患の病因・病態の一端を明らかにすることを目指してきました。

こういった研究と並行して、抗精神病薬の多剤併用が認知機能に及ぼす影響の検討、治療抵抗性うつ病を対象とした臨床試験、統合失調症へのスティグマ調査など、日々の臨床実践や患者さんへの援助に直結するテーマにも取り組んできました。 2014年6月より当研究部の室長として、PTSDやトラウマを対象とした研究に着手しています。PTSDは、トラウマ体験という明確なきっかけがあって発症する精神疾患ですが、同じ体験をしても発症する方としない方がいるなど、その原因は未解明です。適切な治療によって早期に回復される方がいる一方で、長期にわたってPTSDの症状に苦しまれている方も少なくありません。

患者さんごとに有効な治療法が異なる可能性もあります。 私たちは、心理学的手法と生物学的手法を併用した包括的な研究を通じて、PTSDという疾患をより良く理解し、一人ひとりに合った治療・介入法の開発につなげてゆくことを目指しています。

現在、研究にご参加いただける方を募集しています。
(詳細は以下のリンク先をご覧ください)
研究協力のお願い

主要論文

Hori H, Fujii T, Yamamoto N, Teraishi T, Ota M, Matsuo J, Kinoshita Y, Ishida I, Hattori K, Okazaki M, Arima K, Kunugi H. Temperament and character in remitted and symptomatic patients with schizophrenia: modulation by the COMT Val158Met genotype. J Psychiatr Res 2014; 56: 82-89.

Hori H, Teraishi T, Sasayama D, Matsuo J, Kinoshita Y, Ota M, Hattori K, Kunugi H. A latent profile analysis of schizotypy, temperament and character in a nonclinical population: association with neurocognition. J Psychiatr Res 2014; 48: 56-64.

Hori H, Teraishi T, Ota M, Hattori K, Matsuo J, Kinoshita Y, Ishida I, Nagashima A, Koga N, Higuchi T, Kunugi H. Psychological coping in depressed outpatients: association with cortisol response to the combined dexamethasone/CRH test. J Affect Disord 2014; 152-154: 441-447.

Hori H, Teraishi T, Sasayama D, Hattori K, Hashikura M, Higuchi T, Kunugi H. Relationship of temperament and character with cortisol reactivity to the combined dexamethasone/CRH test in depressed outpatients. J Affect Disord 2013; 147: 128-136.

Hori H, Yamamoto N, Fujii T, Teraishi T, Sasayama D, Matsuo J, Kawamoto Y, Kinoshita Y, Ota M, Hattori K, Tatsumi M, Arima K, Kunugi H. Effects of the CACNA1C risk allele on neurocognition in patients with schizophrenia and healthy individuals. Sci Rep 2012; 2: 634.

Hori H, Matsuo J, Teraishi T, Sasayama D, Kawamoto Y, Kinoshita Y, Hattori K, Hashikura M, Higuchi T, Kunugi H. Schizotypy and genetic loading for schizophrenia impact upon neuropsychological status in bipolar II and unipolar major depressive disorders. J Affect Disord 2012; 142: 225-232.

Hori H, Ozeki Y, Teraishi T, Matsuo J, Kawamoto Y, Kinoshita Y, Suto S, Terada S, Higuchi T, Kunugi H. Relationships between psychological distress, coping styles, and HPA axis reactivity in healthy adults. J Psychiatr Res 2010; 44: 865-873.

Hori H, Ozeki Y, Terada S, Kunugi H. Functional near-infrared spectroscopy reveals altered hemispheric laterality in relation to schizotypy during verbal fluency task. Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry 2008; 32: 1944-1951.

Hori H, Noguchi H, Hashimoto R, Nakabayashi T, Saitoh O, Murray RM, Okabe S, Kunugi H. Personality in schizophrenia assessed with the Temperament and Character Inventory (TCI). Psychiatry Res 2008; 160: 175-183.

Hori H, Noguchi H, Hashimoto R, Nakabayashi T, Omori M, Takahashi S, Tsukue R, Anami K, Hirabayashi N, Harada S, Saitoh O, Iwase M, Kajimoto O, Takeda M, Okabe S, Kunugi H. Antipsychotic medication and cognitive function in schizophrenia. Schizophr Res 2006; 86: 138-146.

受賞履歴

2012 第7回日本統合失調症学会奨励賞
2012 3rd Biennial Schizophrenia International Research Conference, Travel Award
2012 JSNP Excellent Presentation Award for CINP 2012 Stockholm
2012 JSBP and TSBPN Academic Exchange Program Award
2011 第23回加藤記念国際交流助成
2011 第6回日本統合失調症学会奨励賞
2010 2nd Biennial Schizophrenia International Research Conference Travel Award

学術雑誌編集委員

The Scientific World Journal
Frontiers in Psychiatry (Public Mental Health section)
TOPへ