金 吉晴(KIM, Yoshiharu, MD, PhD)

成人精神保健研究部長
災害時こころの情報支援センター長
精神保健指定医、医学博士

研究テーマ

外傷後ストレス障害(PTSD)の病態解明と治療
 自然災害、DV、犯罪被害等のもたらす精神健康被害の研究と対策
 自殺遺族支援研究
 薬害HIV遺族支援対策
 統合失調症のスティグマ対策
 精神鑑定における精神医学的診断評価

活動紹介

統合失調症の精神病理学が専門であり、この病名を現在のものに変更する際に、日本精神神経学会の担当委員会で活動した。
ペルー日本大使公邸人質占拠事件で、政府医療団の一員として現地に派遣され、その後、PTSD研究に取り組む。PTSDをめぐる誤解と混乱を終息させ、当たり前の医療のひとつとして位置づけることを目指してきた。その後も厚生労働省の専門家として、和歌山カレー毒物混入事件、池田小学校児童殺傷事件、キルギス邦人人質事件、新潟中越大地震、能登半島地震等で現地に赴き、対策への助言を行っている。
PTSD治療として、日本で初めて持続エクスポージャー法(PE)を取り入れ、創始者であるペンシルバニア大学のフォア教授を二度にわたって招聘してワークショップを行い、同大学にて研修を受けるなどの後、専門外来で実施している。
またparoxetineを用いた臨床治験を実施し、PTSD薬物療法の国際アルゴリズム作成のメンバーとなり、その成果を翻訳出版している。現在は、PEの効果研究、DV被害を受けた子どもの支援研究、交通事故被害者の経過研究、実験的情動記憶研究、震災後の住民調査、等を組織している。

略歴

1984年 京都大学医学部卒業 同病院精神科にて研修
 1985年 医療法人泉州病院 老年痴呆病棟を受け持ち、社会復帰、身体管理などに取り組む
 1988年 福知山紅葉丘病院 主に重症の統合失調症、うつ病などの入院治療に取り組む
 1994年 国立精神・神経センター精神保健研究所 研究員
 1995年 ロンドン精神医学研究所
 1997年 厚生大臣表彰:ペルー人質事件での精神医療活動に対して
 2002年 国立精神・神経センター精神保健研究所 成人精神保健部長
 2004-2005年 日本トラウマティックストレス学会会長
 2011年 国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所 災害時こころの情報支援センター長
 (非常勤講師)
 京都大学医学部、東京大学大学院医学系研究科、
 (客員教授)
 東京女子医科大学

役職等

International Society for Traumatic Stress Studies理事
 日本トラウマティックストレス学会 常任理事
 World Psychiatric Association: the committee of psychopathology 委員
 宇宙開発事業団 医療心理学委員会 委員
 精神神経学会 ガイドライン委員会 委員
 International pharmacological algorithm project, PTSD algorithm committee 委員
 トラウマティックストレス誌 編集委員長
 日本精神神経学雑誌 編集委員
 Cognitive Neuropsychiatry誌 編集委員
 Psychopathology誌 編集委員  等

主な著作

金吉晴編 心的トラウマの理解とケア(改訂第2版)じほう社, 2006
 金吉晴(共著)PTSD(心的外傷後ストレス傷害) 星和書店、2004
 金吉晴、大野裕訳 エキスパートコンセンサスガイドライン「PTSD」 アルタ出版
 金吉晴、原恵利子訳 PTSD薬物療法アルゴリズム
 金吉晴編 災害時精神保健医療マニュアル 
(当研究部のホームページ上に所収)タイ語、英語、インドネシア語に翻訳
TOPへ