HOME被害にあわれた方、ご家族の方へ医療、心理関係者の方へ犯罪被害者の声犯罪被害者に対する急性期心理社会支援ガイドライン参考文献・資料研究協力のお願い研修のお知らせリンク
HOME > 被害にあわれた方、ご家族の方へ > 犯罪被害後の心理的影響 > 一人で苦しまないで

被害にあわれた方、ご家族の方へ

犯罪被害後の心理的影響

一人で苦しまないで

犯罪被害。

それは突然、あなたやあなたにとって大切な方に降りかかり、衝撃を与えます。
身体だけでなく、こころも強く影響を受け、これまでに経験もしなかった気持ちになります。

あなた自身だけでなく、家族、周りの人にも影響を与えます。

信じられない、現実のことと思えない。
自分でないよう。
恐怖、おののき(戦慄)
怒り。
誰も信用できない。
無力感。何もする気になれない。
集中力がなくなる。
自分のこころをコントロールできない。
……

「自分がおかしくなった」と感じたかもしれませんが、本当は、あなたがおかしいのではありません。あなたの身に降りかかったようなことを体験すれば、誰でもそのような心理状態になります。

しかし、時間がたっても以上のような症状が続いている人の中には、カウンセリングや治療が必要になる人もいます。

このHPでは、被害にあわれた方がよく体験するこころの反応と、回復のために必要なこと、専門的な治療、相談機関について紹介しています。

被害にあってどのようにしてよいかわからない、自分の状態を知りたいという方は、次のページに進んでください。

ページトップへ戻るページトップへ戻る
前のページに戻る前のページに戻る