研究活動
Research Activities
 
基礎研究 -睡眠障害・生物リズム障害の病態解明にむけて-
● ヒトの睡眠・覚醒体内時計の調節メカニズムの解明に取り組んでいます。
 
睡眠障害生体リズム障害原因遺伝子を探索
    しています。
 
 
 
 
 
 
 
 
睡眠不足不眠症に陥った人々の脳機能の変化とその原因を探索しています。
 
 
 
 
 
 
    睡眠中の脳血流測定 (PET)
                       睡眠障害での脳機能評価 (fMRI)
 
 
 
臨床研究 -睡眠障害や精神疾患の疫学・診断・治療法の解明-
睡眠障害や精神疾患の病態研究や治療研究に取り組んでいます。
○ 睡眠障害の診断と治療法の開発
○ 不眠をマーカーにしたうつ病・自殺予防
○ 認知症の不眠・昼夜逆転・行動異常の対処  など
 
 
新薬開発のための臨床治験に取り組んでいます。
○ 新規の睡眠薬の治験を推進しています。
○ 既存薬の再評価を行っています。
 
 
 
 
 
● 我が国における睡眠障害の有病率、睡眠薬使用の実態、長期予後などに関する大規模疫学研究に取り組んでいます。
○ 生活者が抱える睡眠問題の解明
○ 質の高い睡眠と健やかな日常生活を保つための啓発
 
 
これまでの成果の概要と今後の目標
大規模疫学調査で我が国の睡眠障害の実態を解明(国民福祉動向調査など)
   ○ 日本人の4人に1人が睡眠に問題を抱える
   ○ 認知症では3人に2人に睡眠障害あり→施設入所の大きな要因
   ○ 眠気による産業事故(経済損失3兆円/年)
   ○ 精神症状や身体疾患の合併→うつ・自殺・生活習慣病
 
睡眠・覚醒障害の効果的な治療システムを開発
   ○ 新規治療法の開発と応用(睡眠薬、呼吸補助装置、高照度光、メラトニンなど)
   ○ 睡眠障害の診断・治療ガイドラインの作成
        (不眠、過眠、睡眠時無呼吸、ムズムズ脚など多様)
   ○ 睡眠医療機関の相互連携の確立
   ○ 健康日本21:睡眠衛生指導要綱の作成
 
睡眠・体内時計調節にかかわる遺伝子システムの解明
   ○ 睡眠リズム障害、朝型夜型に関連する遺伝子群を同定
        (hPer3, hClock, hPer2など)→ 網羅的検索へ
   ○ 遺伝子診断法の開発→ 末梢細胞の時計遺伝子で体内時計を測定する試み
 
睡眠制御のメカニズムを解明
   ○ 深睡眠:疲労部位(言語野 前頭葉など)の休息
   ○ レム睡眠:視覚野(夢)や海馬(記憶回路)が活動 → 睡眠による記憶増強
   ○ 休息のための睡眠 + 始動のための睡眠(学習・記憶)