「体内時計と睡眠の研究」研究参加のお願い

国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 精神生理研究部では、光曝露の少なさが体内時計と睡眠の関係にどのような影響を及ぼすのかを実験的に検証する目的で、実験協力者を下記の内容で募集致します。

本研究では、低照度環境での生活を送ることで、体内時計と睡眠の関係の変化を調べます。また日中のさまざまな検査を実施することで、体内時計と睡眠の関係の変化による心身への影響や、その影響を受ける度合いの個人差、ストレス反応による影響を明らかにすることを目的とします。

1.20歳〜49歳までの男性で下記の除外基準に当てはまらない心身ともに健康な方。
2.定められた日時に来所が可能な方。

※以下の1 つでも該当される方はご参加いただけません。
1) 睡眠状態に影響を与える可能性のある基礎疾患に罹患している方
2) 睡眠状態に影響を与える可能性のある医薬品を服用している方
3) 睡眠障害に罹患している方
4) 精神疾患に罹患している方
5) 実験の半年前までに時差を伴う旅行または交代勤務に従事した方
6) 実験期間中の隔離実験室での生活を送れない方
※参加いただくことができるかどうかを検査の結果から判断します。場合によっては同意いただいた後でも研究に参加いただけないことがあります。また、研究への参加をいただいている途中でも、あなたにとってこの研究に参加することが難しいと研究責任者が判断した場合、研究参加を中止させていただくこともありますので、あらかじめご了承ください。
負担を軽減するため、ご参加いただき最後まで完了された方には80,000円をお支払い致します。2週間の在宅調査のみで本試験に参加しない場合もしくは本試験の途中で何らかの理由で中止する場合は3,000円をお支払致します。

低照度に設定された実験室で3泊4日のスケジュールで実験室内にて生活していただいます。
・外出は不可です。
・実験室内ではインターネットやメール、電話など外部との通信はできません。
・スマートフォン、ゲームなどは画面の明るさを調節させて頂く(低照度に合わせる)ことを条件に使用していただけます。
・実験課題以外の時間は基本的に自由に読書、映画視聴、ゲーム等が可能です(持ち込み可)。
・実験室内での生活時間はこちらで設定させていただきます。
・実験室には寝室、リヒ゛ンク゛、トイレ、シャワーか゛完備されています。
・実験中の食事はすへ゛てこちらて゛準備します。

【A日程】
説明会: 1月30日(月)〜1月31日(火)【1泊2日】
※夕方ごろに来所し、翌朝に退所いただく予定です。
在宅事前検査:1月31日(火)夜〜2月7日(火)朝
※睡眠記録(Web・活動量計)、いくつかの質問紙にお答えいただきます。
宿泊実験期間: 2月7日(火)〜2月 10日(金) 【3泊4日】
※夕方ごろに来所し、3日後の朝に退所いただく予定です。

【B日程】
説明会: 2月6日(月)〜2月7日(火)【1泊2日】
※夕方ごろに来所し、翌朝に退所いただく予定です。
在宅事前検査:2月7日(火)夜〜2月14日(火)朝
※睡眠記録(Web・活動量計)、いくつかの質問紙にお答えいただきます。
宿泊実験期間: 2月14日(火)〜2月 17日(金) 【3泊4日】
※夕方ごろに来所し、3日後の朝に退所いただく予定です。

【C日程】
説明会: 2月13日(月)〜2月14日(火)【1泊2日】
※夕方ごろに来所し、翌朝に退所いただく予定です。
在宅事前検査:2月14日(火)夜〜2月21日(火)朝
※睡眠記録(Web・活動量計)、いくつかの質問紙にお答えいただきます。
宿泊実験期間: 2月21日(火)〜2月 24日(金) 【3泊4日】
※夕方ごろに来所し、3日後の朝に退所いただく予定です。

※上記日程にご都合がつかない場合はご相談下さい。

1.記載されているメールアドレスまで、以下の内容でご応募下さい

件名:「体内時計と睡眠の研究」参加希望
本文:氏名、年齢、メールアドレス、電話番号、紹介者(※任意)
送信先:sleepmed-recruit@ncnp.go.jp

2.応募後に確認のメールを返信いたします。
3.担当者と実験参加の日程調整をおこないます。調整の結果、日程が合わず参加いただけない場合もあることをご了承ください。

〒187-8551
東京都小平市小川東町四丁目1番1号
国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 精神生理研究部
担当:高野、北村
E-mail: sleepmed-recruit@ncnp.go.jp