本文へスキップ

司法精神医学研究部

研究部概要CONCEPT

研究部の紹介

司法精神医学研究部は、平成15年(2003年)7月の「心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者に対する医療及び観察に関する法律(通称、医療観察法)」の制定をうけて、同年10月に国立精神・神経センター(当時)精神保健研究所の11番目の部として、そして「司法精神医学」を標榜する国内で唯一の公的研究機関として2003年10月1日に設立されました。私たちは精神医学に限らず、さまざまな領域の専門家との連携を進めています。そして何よりも、国民のニーズに応えることを忘れずに活動をしています。

厚生労働省組織規則(当時)の第396条の2 司法精神医学研究部の所掌事務によると、また現在の国立精神・神経医療研究センター組織規程の第115条によると以下のように定められています。

司法精神医学研究部
司法精神医学研究部は、心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者に対する医療、観察及び指導に関する調査及び研究を行うことを担当する。

3つの研究室の紹介

司法精神医学研究部を構成するのは、@精神鑑定研究室、A専門医療・社会復帰研究室、B制度運用研究室です。

医療には「診断」と「治療」の二本の柱がありますが、その「診断」にあたる研究を@精神鑑定研究室が、「治療」にあたる研究をA専門医療・社会復帰研究室が担当しています。また、医療観察法は、法務省・厚生労働省・裁判所の三者が管轄する制度ですが、その制度全体が日本全体で、うまく働いているかを研究するのがB制度運用研究室です。

独立行政法人国立精神・神経医療研究センター組織規程第116〜118条によると、それぞれの所掌業務として、次の調査研究を担当するように定められています。

精神鑑定研究室
心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者の処理決定に係る精神鑑定及び精神保健観察のあり方に関する調査研究に関すること
判断能力及び責任能力に係る司法並びに精神医学的な調査研究に関すること
専門医療・社会復帰研究室
心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者に関する医療及び社会復帰に係る調査研究に関すること
被害者の支援に関する調査研究に関すること
制度運用研究室
心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者の医療及び観察等に関する制度の運用に係る調査研究に関すること
心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者に関する制度に係る国際的動向の調査研究に関すること
心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者に対する処遇に係る普及啓発方策の開発及び研究に関すること

研究部沿革

2003年 7月16日
心神喪失者等医療観察法が制定される
2003年10月 1日
司法精神医学研究部が設置される
吉川和男が部長(初代)に就任する
2005年 4月 1日
精神保健研究所が市川市から小平市に移転する
2005年 7月15日
心神喪失者等医療観察法が施行される
2010年 4月 1日
国立精神・神経センター(旧)から独立行政法人国立精神・神経医療研究センター(旧)に組織変更 される
2010年 8月 1日
加我牧子 精神保健研究所所長による部長事務取扱となる
2011年 1月 1日
岡田幸之が部長(第二代)に就任する
2015年 4月 1日
独立行政法人(旧)から国立研究開発法人(現)に組織変更 される
2015年 9月 1日
福田祐典 精神保健研究所所長による部長事務取扱となる
2015年10月 1日
冨澤一郎 精神保健研究所所長による部長事務取扱となる
2015年12月 1日
中込和幸 精神保健研究所所長による部長事務取扱となる

「精研だより」の研究部紹介

精神保健研究所の「精研だより」11号(2012年9月1日発行)で司法精神医学研究部が紹介されました。