本文へスキップ

司法精神医学研究部

タイトル

司法精神医学研究部は「司法精神医学Forensic Psychiatry」を専門とする公的研究機関です。社会で生活する人々をめぐるさまざまな課題に精神医学と法律の2つの視点から取り組んでいます。

司法精神医学研究部は、(1)専門医療・社会復帰研究室、(2)制度運用研究室、(3)精神鑑定研究室の3室からなります。さまざまな専門家が所属しており、それぞれの知識、技術、経験を活かし、また幅広い研究を実現するために、精神医学の枠にとらわれず、多様な領域の人々、機関と連携しています。

司法精神医学研究部では、研究活動によって得られた成果を精神医療機関、司法機関等に還元するために、講演や広報など、多くの教育活動も行っています。

TOPICS 話題

  • 「司法精神医学」は、精神医学と法律の接点の課題を扱う、精神医学の特殊専門領域subspecialityです。
  • 「司法精神医学」は英語ではforensic psychiatry(フォレンシック・サイカイアトリー)と呼ばれます。
  • 2017年4月1日で「成年後見制度」の施行17年目を迎えました。
  • 2017年5月21日で「裁判員制度」の施行8年目を迎えました。
  • 2017年5月24日で「刑事収容施設法」の施行11年目を迎えました。
  • 2017年7月15日で「医療観察法」の施行12年目(成立14年目)を迎えました。
  • 2017年10月1日で「司法精神医学研究部」の開設から14周年を迎えました。

過去の<TOPICS 話題>


NEWS ニュース新着情報

2017年10月24,25日
第12回司法精神医学研修を開催しました。ご参加いただいた皆様にお礼申し上げます。

過去の<NEWS ニュース>

UPDATE 更新情報新着情報

2017年10月2日      
メンバーページ、その他をUPDATEしました。

過去の<UPDATE 更新情報>