本文へスキップ

司法精神医学研究部

国際生活機能分類ICFと司法精神医学(総論)RECRUIT

目次

国際生活機能分類ICFについて
ICFと精神医療
ICFと医療観察法
ICFと成年後見制度
関連する研究業績

国際生活機能分類ICFについて

国際生活機能分類とは
国際生活機能分類International Classification of Functioning, Disability and Health; ICF (WHO, 2001)は国際障害分類International Classification of Impairments, Disabilities and Handicaps; ICIDH (WHO, 1980) の改訂版です。      
ICFは、ひとの健康状態を記述するための標準的な枠組みです。どのような環境のなかでどのような生活機能を発揮できるのか、あるいは制限されているのかといったことを整理するために利用できます。
ICFとICD
ICFとともにWHOの国際分類ファミリーに属する分類として国際疾病分類International Classification of Disease; ICD(現在は第10版ICD-10)があります。
簡単にいうと、ICDは病気を分類しますが、それだけではそのひとがどのような健康状態にあるのかはわかりません。ICFでは、たとえばそのICDで標記される病気によって、実際に身体のどのような部分のどのような機能が制限されているのか、それによって生活上はどのような困難が生じているのか、それは環境によってどのように影響をうけるものなのかを記述します。
ICFとICIDH
ICIDHは「@疾患・変調」によってもたらされる体の一部分の「A機能・形態障害」が個人のレベルの「B能力障害」を生じ、それが社会生活の中で「C社会的不利」という形であらわれるという考え方に基づいていました。ICIDHをどのように発展させたのかという点に注目して、ICFの主要な特徴を3つあげるとすると以下のようになります。
第1にICFでは、(a)障害というマイナスの面だけを評価するのではなく、生活機能のプラスの面を重視して包括的に評価します。上記のICIDHの@〜Cの4つの領域もそれぞれ「@健康状態」「A心身機能・身体構造」「B活動」「C参加」というニュートラルな言葉で定義しなおしています。これは、個人がもっている能力こそが適応を支えるのであり、提供される支援もその能力を活かすことに注目するというストレングスモデルに合致したものとなっています。
第2にICFでは、(b)相互作用を重視します。ICIDHでは疾患・変調から社会的不利への一方向の病因論的なモデルであったのに対して、ICFでは社会的な活動や参加の制限が逆に機能や能力の障害を招くことなどにも注目しています。たとえば典型的には、筋肉の廃用性萎縮があげられますが、同様のことは精神機能にも認められます。このことによって@〜Cの4つの領域を双方向、相互作用的なものとして再配置しています。
第3にICFでは、(c)相対性を重視しています。実際の生活機能というのは、背景因子、つまり人それぞれがおかれた場(環境因子)や個人の特性(個人因子)によって決まるものであるという点を強調しています。たとえば、同じ精神機能であっても、おかれている生活環境によって適応状態は異なるということです。
    

ICFと精神医療

ICFが医療やリハビリテーションにもたらす意義は、精神医学の文脈でも示されています。しかし、必ずしも精神科臨床への導入が進んでいるわけではありません。その一番の障壁は、ICFの具体的な利用方法が示されていないところにあるといえるでしょう。

ICFと医療観察法

心神喪失者等医療観察法(以下、医療観察法)制度では、そこで行われる評価はともすると症状やリスクといったものだけに偏りやすいかもしれません。社会復帰を促進する上では生活全般を包括する全人的な医療の視点を導入することが不可欠です。
このようなことから、医療観察法の処遇ガイドラインには、「・・・共通評価項目を基本とする評価を通して、入院対象者の全体的な評価を行うが、共通評価項目の評価方法は、国際生活機能分類(ICF)の生活機能評価と互換性を有する指標に基づくものとする・・・」と記されています。つまりICFの視点を医療観察法に採用するということです。
ガイドラインの書式例では、ICFに準拠した評価の項目は、入院中については(1)入院時の初期評価、(2)半年ごとの入院継続時の評価、(3)退院申請時の評価として組み込まれています。また通院中については、(4)通院開始当初の評価、(5)通院から3年目に通院延長をする場合の評価、(6)通院の終了の申し立て時の評価として組み込まれています。
具体的な項目は以下の通りです。

生活機能

セルフケア 身体快適性の確保、食事や体調の管理、健康の維持、調理、調理以外の家事
社会的な適正 敬意と思いやり、感謝、寛容さ、批判、合図、身体的接触
対人関係 対人関係の形成、対人関係の終結、対人関係における行動の制限、社会的ルールに従った対人関係、社会的距離の維持
日課の遂行 日課の管理、日課の達成、自分の活動レベルの管理
ストレスとその他の心理的要求への対処 責任への対処、ストレスへの対処、危機への対処
経済生活 基本的な経済的取り引き、複雑な経済的取り引き、経済的自給

機能に影響する環境要因

生産品と用具 処方薬、自家用車、家、資産など
自然環境・地域環境 通院の便、地域の風紀など
支援と関係(量的な側面) 家族・知人・医療福祉関係者、法律関係者などの人的支援の量的な評価
態度(感情や質的な側面) 家族・知人の態度、治療者の逆転移、地域の感情などの人的環境の質的な評価
サービス・制度 医療福祉制度の利用状況など
      

ICFと成年後見制度

(準備中)

関連する研究業績

(準備中)