国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所
心身医学研究部
Department of Psychosomatic Research
ホーム
概要
研究紹介
スタッフ
業績集
お知らせ
アクセス
リンク
Q&A

文字の大きさ
標準

安藤哲也     菊地裕絵

菊地 裕絵 (きくち ひろえ)
心身症研究室長, 医学博士

Hiroe Kikuchi, M.D., Ph.D.
Chief in Psychosomatic Disorder Research


【専門領域】

心身医学
行動医学

【主な研究テーマ】

緊張型頭痛の心身医学的研究
食行動等を対象とした日常生活下調査(ecological momentary assessment、アクチグラフ等)を用いた心身医学的病態研究
日常生活下調査に関する方法論的検討

▲ページの先頭へ


【主な所属学会】

日本内科学会 認定内科医 総合内科専門医
日本心身医学会 心身医療「内科」専門医 評議員
日本心療内科学会
日本女性心身医学会 幹事 評議員
日本自律訓練学会 評議員
日本頭痛学会
日本行動療法学会
日本交流分析学会 評議員
日本サイコオンコロジー学会 代議員
日本行動医学会 評議員
日本摂食障害学会 評議員
日本ストレス学会 評議員
the American Psychosomatic Society
Academy for Eating Disorders

▲ページの先頭へ


【略歴】

2000. 3. 東京大学医学部医学科卒業
2000. 5.−2001. 5. 東京大学医学部附属病院医員(内科研修医)
2001. 6.−2002. 5. NTT東日本関東病院常勤嘱託医(内科研修医)
2002. 6.−2003. 3. 東京大学医学部附属病院医員(心療内科)
2003. 4.−2007. 3. 東京大学大学院医学系研究科医学博士課程内科学専攻
(ストレス防御心身医学)
2007. 4.−2008. 4. 東京大学大学院教育学研究科教育学研究員
2007. 4.−2011. 3. 東京大学大学院医学系研究科客員研究員
2007. 9.−2012. 3. 共立女子大学家政学部非常勤講師
2008. 5.−2010. 3. 東京大学大学院教育学研究科特任研究員
2010. 4.− 現職
   
2013. 4.−2016.3. 東京大学大学院教育学研究科客員准教授
2016. 4.− 東邦大学医学部客員講師

▲ページの先頭へ


【主な業績】

《原著》

Kikuchi H, Yoshiuchi K, Ando T, Yamamoto Y: Influence of psychological factors on acute exacerbation of tension-type headache: Investigation by ecological momentary assessment. Journal of Psychosomatic Research, 79(3): 239-242, 2015.7. [PubMed]

Kim J, Nakamura T, Kikuchi H, Yamamoto Y: Psychobehavioral validity of self-reported symptoms based on spontaneous physical activity: Conf Proc IEEE Eng Med Biol Soc. 4021-24, 2015.8. [PubMed]

Kim J, Nakamura T, Kikuchi H, Yoshiuchi K, Sasaki T, Yamamoto Y: Co-Variation of Depressive Mood and Spontaneous Physical Activity in Major Depressive Disorder: Towards Continuous Monitoring of Depressive Mood. IEEE Journal of Biomedical and Health Informatics, 19(4): 1347-55, 2015.7. [PubMed]

Kikuchi H, Yoshiuchi K, Inada S, Ando T, Yamamoto Y: Development of an ecological momentary assessment scale for appetite. BioPsychoSocial Medicine 9(1): 2, 2015.1. [PubMed]

Kim J, Nakamura T, Kikuchi H, Yoshiuchi K, Yamamoto Y: Co- Variation of depressive mood and spontaneous physical activity evaluated by ecological momentary assessment in major depressive disorder. Conf Proc IEEE Eng Med Biol Soc, 2014: 6635-38, 2014.8. [PubMed]

富田吉敏, 三田村朋子, 菊地裕絵, 安藤哲也:様々な治療的関わりで症状と抗体価が改善した疼痛性障害の症例.日本心療内科学会誌 18(1):28-33, 2014.02.

Kim J, Nakamura T, Kikuchi H, Sasaki T, Yamamoto Y: Co-Variation of Depressive Mood and Locomotor Dynamics Evaluated by Ecological Momentary Assessment in Healthy Humans. PLOS ONE, 8(9):e74949, 2013.09. [PubMed]

Kikuchi H, Yoshiuchi K, Yamamoto Y, Komaki G, Akabayashi A: Diurnal variation of tension-type headache intensity and exacerbation: An investigation using computerized ecological momentary assessment.. BioPsychoSocial Medicine, 4;6(1):18, 2012. [PubMed]

Kim J, Kikuchi H, Yamamoto Y: Systematic comparison between ecological momentary assessment and day. British Journal of Health Psychology, 2012. [PubMed]

Kikuchi H, Yoshiuchi K, Yamamoto Y, Komaki G, Akabayashi A: Does sleep aggravate tension-type headache?: An investigation using computerized ecological momentary assessment and actigraphy. BioPsychoSocial Medicine 5:10, 2011. [PubMed]

Aoyagi Y, Park H, Park S, Yoshiuchi K, Kikuchi H, Kawakami H, Morita Y, Ono A, Shephard RJ. Interactive effects of milk basic protein supplements and habitual physical activity on bone health in older women: a 1-year randomized controlled trial. International Dairy Journal 20:724-730, 2010.

Fukuo W, Yoshiuchi K, Ohashi K, Togashi H, Sekine R, Kikuchi H, Sakamoto N, Inada S, Sato F, Kadowaki T, Akabayashi A. Development of a hand-held personal digital assistant-based food diary with food photographs for Japanese subjects. Journal of the American Dietetic Association. 109:1232-1236, 2009. [PubMed]

Fukuo W, Yoshiuchi K, Takimoto Y, Sakamoto N, Kikuchi H, Hachizuka M, Inada S, Nannya Y, Kumano K, Takahashi T, Kurokawa M, Akabayashi A. Comparison of temporal changes in psychological distress after hematopoietic stem cell transplantation among the underlying diseases of Japanese adult patients. BioPsychoSocial Medicine 2:24(1-4), 2008. [PubMed]

Sakamoto N, Yoshiuchi K, Kikuchi H, Takimoto Y, Kaiya H, Kumano H, Yamamoto Y, Akabayashi A. Panic disorder and locomotor activity. BioPsychoSocial Medicine 2:23(1-6), 2008. [PubMed]

Kikuchi H, Yoshiuchi K, Ohashi K, Yamamoto Y, Akabayashi A. Tension-type headache and physical activity: an actigraphic study. Cephalalgia. 27:1236-1243, 2007. [PubMed]

Struzik ZR, Yoshiuchi K, Sone M, Ishikawa T, Kikuchi H, Kumano H, Watsuji T, Natelson BH, Yamamoto Y. "Mobile Nurse" platform for ubiquitous medicine. Methods of Information in Medicine. 46:130-134, 2007. [PubMed]

Kikuchi H, Yoshiuchi K, Miyasaka N, Ohashi K, Yamamoto Y, Kumano H, Kuboki T, Akabayashi A. Reliability of recalled self-report on headache intensity: investigation using ecological momentary assessment technique. Cephalalgia. 26:1335-1343, 2006. [PubMed]

菊地裕絵, 吉内一浩, 齊藤麻里子, 石澤哲郎, 熊野宏昭, 久保木富房, 「ストレスと自律神経症状〜EMAを応用してリアルタイムに捉える〜」, 『自律神経』, 日本自律神経学会, 42巻2号, pp125-129, 2005.

冨久尾航, 大谷真, 菊地裕絵, 坂本典之, 西川將巳, 吉内一浩, 熊野宏昭, 久保木富房, 「心身医学的アプローチが効果的であった頭頚部癌のコンサルテーション4症例」, 『心療内科』, 9巻3号, pp218-222, 2005.

▲ページの先頭へ


《総説》

菊地裕絵:糖尿病と摂食障害の併発. 臨床栄養 127(7):932-4, 2015.12.

菊地裕絵:日常生活下モニタリングとその心身相関評価への活用. 心身医学 55(8):943-8, 2015.8.

菊地裕絵:心療内科に寄与する行動医学:生活習慣病. 日本心療内科学会誌 19(2):94-8, 2015.5.

原島沙季, 菊地裕絵, 吉内一浩:ストレスの生理学的測定法. JOHNS 31(3):279-82. 2015.3.

菊地裕絵:英文誌から 緊張型頭痛における頭痛の強さと急性増悪の日内変動:ecological momentary assessmentによる検討. 心身医学 55(3):277. 2015.3.

菊地裕絵, 吉内一浩:特集・心身症関連疾患に対する心理的アプローチと 薬物療法 緊張型頭痛.医学と薬学 71(9):1475-9, 2014.8.

菊地裕絵, 吉内一浩, 稲田修士, 山本義春: 携帯情報端末を用いた気分と食行動の関連の評価. 精神科, 21 (5): 569-273, 2012

菊地裕絵:心身医学における病歴の取り方と面接法. 女性心身医学 16(2):134-137, 2011.

菊地裕絵,吉内一浩:緊張型頭痛への心身医学的アプローチ.Modern Physician 31:969-973, 2011.

中村 亨,菊地裕絵,吉内一浩,山本義春:数理科学モデルから精神行動異常を解く.精神科 18:554-559,2011.

Yoshiuchi K, Inada S, Kikuchi H: Food diaries: use of new technology versus the written record. CAB Reviews: Perspectives in Agriculture, Veterinary Science, Nutrition and Natural Resources 5:48(1-5), 2010.

吉内一浩, 菊地裕絵, 赤林 朗:心身症としての緊張型頭痛.心身医学 50 :811-815, 2010.

吉内一浩, 菊地裕絵, 赤林朗, 「心身症診断・治療ガイドライン2006・Summary 緊張型頭痛」, 『心身医学』, 47巻11号, pp967-971, 2007.

吉内一浩, 佐々木直, 坂本典之, 菊地裕絵, 冨久尾航, 熊野宏昭, 久保木富房. 「サイコオンコロジーとTA 造血幹細胞移植におけるリエゾンとエゴグラムの活用」, 『交流分析研究』, 29巻2号, pp126-131, 2004.

吉内一浩, 佐々木直, 坂本典之, 菊地裕絵, 熊野宏昭, 久保木富房. 「チーム医療における心身医学の役割 造血幹細胞移植におけるリエゾン」, 『日本心療内科学会誌』, 8巻4号, pp225-228, 2004.

菊地裕絵, 吉内一浩, 「心身医学 緊張型頭痛」, 『日本医事新報』, 4168号, pp24-26, 2004.

菊地裕絵, 吉内一浩, 久保木富房, 「緊張型頭痛における心身症の診断・治療ガイドライン」, 『心療内科』, 8巻1号, pp6-10, 2004.

熊野宏昭, 菊地裕絵, 宮坂菜穂子, 吉内一浩, 辻内琢也, 佐々木直, 久保木富房. 「大学病院心療内科の心身医療におけるEBM」, 『日本心療内科学会誌』, 7巻3号, pp149-155, 2003.

吉内一浩, 菊地裕絵, 久保木富房. 「頭頚部の慢性疼痛 頭痛を中心に」, 『痛みと臨床』, 3巻4号, pp375-381, 2003.

吉内一浩, 菊地裕絵, 久保木富房. 「摂食障害」, 『臨床栄養』, 101巻5号, pp489-496, 2002.

▲ページの先頭へ


《著書》

菊地裕絵:日本女性心身医学会編: 精神療法 一般心理療法と心身医学の三大治療法(交流分析、自律訓練法、行動療法):最新女性心身医学, ぱーそん書房, 東京, 44-55, 2015.8.

吉内一浩, 菊地裕絵:摂食障害.医歯薬出版編: 目でみる臨床栄養学UPDATE第2版, 医歯薬出版: 東京, 201-208, 2015.

菊地裕絵: ストレスマネジメント. 永井良三, 田村やよひ編: 看護学大辞典 第六版. メヂカルフレンド, 東京, 2013.01.31.

菊地裕絵: 全人的医療. 永井良三, 田村やよひ編: 看護学大辞典 第六版. メヂカルフレンド, 東京, 2013.01.31.

菊地裕絵: アクセプタンスアンドコミットメントセラピー. 永井良三, 田村やよひ編: 看護学大辞典 第六版. メヂカルフレンド, 東京, 2013.01.31.

菊地裕絵, 吉内一浩: 大腸がん. 小川朝生, 内富庸介編: 精神腫瘍学クリニカルエッセンス. pp216-223, 創造出版, 東京, 2012.11.27.

菊地裕絵, 門脇孝,永井良三: カラー版 内科学. 心身医学的要因による疾患 神経・筋骨格系疾患-緊張型頭痛,片頭痛 . pp1923-1924, 西村書店, 東京, 2012.07.31.

Hiroe Kikuchi: Headaches, Types of: Cluster, Migraine, Tension. Mark Gellman, J. Rick Turner編: Encyclopedia of Behavioral Medicine, Springer, New York, 2012.07.24.

Hiroe Kikuchi: Headaches: Psychological Management. Mark Gellman, J. Rick Turner編: Encyclopedia of Behavioral Medicine, Springer, New York, 2012.07.24.

Hiroe Kikuchi: Relaxation: Techniques/Therapy. Mark Gellman, J. Rick Turner編: Encyclopedia of Behavioral Medicine, Springer, New York, 2012.07.24.

Hiroe Kikuchi: Patient-Reported Outcome. Mark Gellman, J. Rick Turner編: Encyclopedia of Behavioral Medicine, Springer, New York, 2012.07.24.

Hiroe Kikuchi: Cancer, Lymphatic. Mark Gellman, J. Rick Turner編: Encyclopedia of Behavioral Medicine, Springer, New York, 2012.07.24.

菊地裕絵: 書評『緩和ケアと時間 私の考える精神腫瘍学』小森康永著: 心と社会 42(1):122, 2011.

菊地裕絵, 吉内一浩: 造血器腫瘍. 内富庸介, 小川朝生編: 精神腫瘍学. pp281-283, 医学書院, 東京, 2011.10.

Kikuchi H, Yoshiuchi K, Ohashi K, Sato F, Takimoto Y, Akabayashi A, Yamamoto Y: Food intake and heart rate variability: toward a momentary biopsychosocial understanding of eating behavior. Preedy, V. R., Watson, R. R., and Martin, C. R. edit: Handbook of Behavior, Food and Nutrition, Springer, London, pp. 845-863, 2011.

菊地裕絵, 吉内一浩. 「造血器腫瘍」, 財団法人医療研修推進財団監修, 小川朝生, 内富庸介編, 『精神腫瘍学クイックリファレンス』, 創造出版, pp260-266, 2009.

吉内一浩, 菊地裕絵, 赤林朗, 端詰勝敬, 坪井康次. 「緊張型頭痛」, 小牧元, 福土審, 久保千春編, 『心身症診断・治療ガイドライン〈2006〉』, 協和企画, pp205-223, 2006.

菊地裕絵. 「心身症の診断基準 緊張型頭痛」, 樋口輝彦監修, 久保木富房, 中村純, 山脇成人編, 『ストレス疾患ナビゲーター』, メディカルレビュー社, pp70-71, 2004.

菊地裕絵. 「頭痛」, 久保木富房編, 『専門医に学ぶこころのケア』, メジカルビュー社, pp60-61, 2004.

▲ページの先頭へ


《翻訳》

菊地裕絵訳, 「身体化」, 内山喜久雄, 大野裕, 久保木富房, 坂野雄二, 沢宮容子監訳, 『認知行動療法事典』, 日本評論社, 東京, pp234-237, 2010. (Freeman A, Felgoise SH, Nezu AM, Nezu CM, Reinecke MA eds.: Encyclopedia of Cognitive Behavior Therapy. Springer, New York, 2005)

菊地裕絵訳, 久保木富房監訳, 『AAFP Home Study 抑うつ』, No.1〜4, ヘスコインターナショナル, 2005.

菊地裕絵訳, 「不安の進化論的概念」, 樋口輝彦, 久保木富房, 貝谷久宣, 坂野雄二, 野村忍, 不安抑うつ臨床研究会監訳, 『不安障害』, 日本評論社, pp62-76, 2005.

▲ページの先頭へ

国立精神・神経医療研究センターHP
© 2011 Department of Psychosomatic Research.