◆精神保健研究所
〒187-8553
東京都小平市小川東町4-1-1
Tel:042-341-2711
Fax:042-346-1944

TOP研究所の紹介沿革 > 加我牧子刊行物総業績

加我牧子刊行物総業績

原著論文 英文

  1. Motegi T, Ichikawa T, Noda M, Hashimoto G, Kaga M: 18P- Mosaicism. Case report and review. Hum Genet 44:213-217, 1978.
  2. Mizuno Y, Ohtsuka S, Takano Y, Suzuki Y, Hosaka A, Kaga M, Segawa M: Giant axonal neuropathy-combined central and peripheral nervous system disease. Arch Neurol 36: 107-108, 1979.
  3. Kaga M, Azuma C, Imamura T, Murakami T, Kaga K: Auditory brainstem response (ABR) in infantile Gaucher's disease. Neuropediatrics 13:207-210, 1982.
  4. Motegi T, Kaga M, Yanagawa Y, Kadowaki H, Inoue A, Komatsu M, Minoda K: A recognizable pattern of the midface of retinoblastoma patients with interstitial deletion of 13q. Hum Genet 64:160-162, 1983.
  5. Kaga M, Kawasaki M, Mizuno Y, Ohuchi M, Nagashima K, Mohri N: Cerebello-brainstem orthochromatic leukodystrophy with floppiness and bulbar paralysis. Clin Neuropathol 3: 178-184, 1984.
  6. Kaga M, Ohuchi M, Kaga K, Tanaka Y: Normalization of poor auditory brainstem response in infants and children. Brain Dev 6: 458-466, 1984.
  7. Motegi T, Inoue A, Kadowaki H, Kaga M, Yanagawa Y, Akazawa K, Komatsu M and Minoda K. Another retinoblastoma patient of 13q14 deletion mosaicism with mental retardation and muscular hypotonia. Jpn J Hum Genet 29: 259, 1984.
  8. Kaga M, Kume M, Naitoh H, Nihei K: Auditory brainstem response in Leigh's syndrome. Acta Paediatr Jpn 29:254-260, 1987.
  9. Kadowaki H, Ohuchi M, Kaga M, Motegi T, Yanagawa Y, Hayakawa H, Hashimoto G, Furuya K: Problems of trace elements and vitamins during long-term total parenteral nutrition: A case report of idiopathic intestinal pseudo-obstruction. J Parenter Enteral Nutr 11:322-325, 1987.
  10. Kaga M, Murakami T, Naitoh H, Nihei K: Studies on pediatric patients with absent auditory brainstem response (ABR) later components. Brain Dev 12:380-384, 1990.
  11. Yoshikawa H, Kaga M, Suzuki H, Sakuragawa N, Arima M: Giant somatosensory evoked potentials in the Rett syndrome. Brain Dev 13:36-39, 1991.
  12. Kaga M: Development of Sound Localization. Acta Paediatr Jpn 34:134-138, 1992.
  13. Yamanouchi H, Nonaka I, Kaga M, Hirayama Y,Kurokawa T: Congenital focal muscle dysplasia in the lower extremities from probable abnormal innervation. A case report. Brain Dev 14:118-121, 1992.
  14. Kaga M, Nihei K: Appearance of wave Ⅲ of auditory brainstem response after removal of a cerebellar tumor. Brain Dev 15:305-307, 1993.
  15. Yamanouchi H, Kaga M, Arima M: Abnormal cortical excitability in Rett syndrome. Pediatr Neurol 9:202-206,1993.
  16. Yamanouchi H, Kaga M, Iwasaki Y, Sakuragawa N, Arima M: Auditory evoked responses in Krabbe disease. Pediatr Neurol 9:387-390,1993.
  17. Kaga M, Inagaki M, Kawano T: Deterioration of ABR and progressive hearing impairment after discharge from neonatal intensive care unit. Electroencephalogr Clin Neurophysiol 197:191, 1995.
  18. Inagaki M, Kaga M, Maegaki Y, Kinoshita H, Hirano S: Blink reflex in cerebral palsy: Evaluation of late components in patients with normal auditory brainstem responses. J Child Neurol 11: 205-209, 1996.
  19. Inagaki M, Kaga M, Isumi H, Hirano S, Takashima S, Nanba E: Hypoxia-induced ABR change and heat shock protein expression in the pontine auditory pathway of young rabbits. Brain Res 757: 111-118, 1997.
  20. Kaga M, Inagaki M, Hirano S: Auditory mismatch negativity in patients with severe motor and intellectual disabilities. Seishin Hoken Kenkyu 44: 61-67, 1998.
  21. Ozawa H, Inagaki M, Aikoh H, Hanaoka S, Sugai K, Hashimoto T, Kaga M: Somatosensory evoked potentials with a unilateral migration disorder of the cerebrum. J Child Neurol 13: 211-215, 1998.
  22. Kaneko M, Uno A, Kaga M, Matsuda H, Inagaki M, Haruhara N: Cognitive neuropsychological and regional cerebral blood flow study of a developmentally dyslexic Japanese child. J Child Neurol 13: 457-461, 1998.
  23. Yamanouchi H, Jay B, Otsubo H, Kaga M, Becher LE, Takashima S: Early forms of microtubule-associated protein are strongly expressed in cortical dysplasia. Acta Neuropathol 95: 466-470, 1998.
  24. Kaga M: Language disorders in Landau-Kleffner syndrome. J Child Neurol 14: 118-122, 1999.
  25. Yano T, Kaga M, Uno A: Semantic categorical relations on N400. Tohoku Psychologica Folia 58: 91-98, 1999
  26. Inagaki M, Kaga M, Nihei K, Naitoh H, Takayama S, Sugai K: The value of serial auditory brainstem response in patients with subacute sclerosing panencephalitis. J Child Neurol 14: 422-427, 1999.
  27. Kaga M, Inagaki M, Uno A: Auditory verbal and non-verbal mismatch negativity (MMN) in patients with severe motor and intellectual disabilities. Electroencephalogr Clin Neurophysiol 49: 194-198, 1999.
  28. Kon K, Inagaki M, Kaga M: Developmental changes of distortion product and transient evoked otoacoustic emissions in different age groups. Brain Dev 22: 41-46, 2000.
  29. Kon K, Inagaki M, Kaga M, Sasaki M, Hanaoka S: Otoacoustic emission in patients with neurological disorders who have auditory brainstem response abnormality. Brain Dev 22: 327-335, 2000.
  30. Kaga M, Shindo M, Kaga K: Long-term follow-up of auditory agnosia as a sequel of herpes encephalitis in a child. J Child Neurol 15: 626-629, 2000.
  31. Yano T, Kaga M: Semantic category discrimination and N400. Psychol Rep 87: 415-422, 2000.
  32. Kianoush S, Kaga K, Kaga M: An isolated and sporadic auditory neuropath (auditory nerve disease): report of five patients. J Laryngol Otol, 115: 530-534, 2001.
  33. Yano T, Inagaki M, Kaga M: Time course of semantic categorization of visual and auditory words. Tohoku Psychological Folia 59: 34-45, 2000.
  34. Sasaki K, Ohsawa Y, Sasaki M, Kaga M, Takashima S, Matsuda H: Cerebral cortical dysplasia: Assessment by MRI and SPECT. Pediatr Neurol 23: 410-415, 2000.
  35. Shiroma N, Kanazawa N, Izumi M, Sugai K, Fukumizu M, Sasaki M, Hanaoka S, Kaga M, Tsujino S. Diagnosis of Alexander disease in a Japanese patient by molecular genetic analysis. J Hum Genet 46: 579-582, 2001.
  36. Sasaki M, Sugai K, Fukumizu M, Hanaoka S, Kaga M: Mechanical ventilation care in severe childhood neurological disorders. Brain Dev 23: 796-800, 2001.
  37. Kaga M, Kon K, Uno A, Horiguchi T, Yoneyama H, Inagaki M: Auditory perception in auditory neuropathy: Clinical similarity with auditory verbal agnosia. Brain Dev 24:197-202, 2002.
  38. Horiguchi T, Ohta K, Kaga M, Nishikawa T: An MEG study of P300 during a color discrimination task. Seishin Hoken Kenkyu 48: 53-58, 2002.
  39. Horimoto R, Inagaki M, Yano T, Sata Y, Kaga M: Mismatch negativity of the color modality during a selective attention task to auditory stimuli in children with mental retardation. Brain Dev 24; 703-709, 2002.
  40. Shiroma N, Kanazawa N, Kato Z, Shimozawa N, Imamura A, Ito M, Ohtani K, Oka A, Wakabayashi K, Iai M, Sugai K, Sasaki M, Kaga M, Ohta T, Tsujino S: Molecular genetic study in Japanese patients with Alexander disease: a novel mutation, R79L. Brain Dev 25; 116-121, 2003
  41. Horiguchi T, Kaga M, Inagaki M, Uno A, R Lasky, K Hecox: An Assessment of the Mental Health of Physicians Specializing in the Field of Child Neurology. J Pediatr Nurs 18; 70-74, 2003
  42. Kaga K, Kaga M, Tamai F, Shindo M: Auditory agnosia in children after herpes encephalitis. Acta Otolaryngol 123: 232-235, 2003.
  43. Hatori T, Inagaki M, Shirane S, Kaga M: Developmental Changes of Auditory P300; Difference Between Two Stimuli Conditions, Non-verbal Sound and Verbal Sound. Seisin Hoken Kenkyu 49: 159-167, 2003.
  44. Ohnishi T, Moriguchi Y, Matsuda H, Mori T, Hirakata M, Imabayashi E, Hirao K, Nemoto K, Kaga M, Inagaki M, Yamada M, Uno A: The neural network for the mirror system and mentalizing in normally developed children: an fMRI study. Neuroreport 15: 1483-1487, 2004.
  45. Fukumizu M, Kaga M, Kohyama J, Hayes MJ: Sleep-Related Nighttime Crying (Yonaki) in Japan: A Community-Based Study. Pediatrics 115:217-224, 2005.
  46. Suzuki Y, Takemoto Y, Shimozawa N, Imanaka T, Kato S, Furuya H, Kaga M, Kato K, Hashimoto N, Onodera O, Tsuji S: Natural  history of X-linked adrenoleukodystrophy in Japan, Brain & Development 27; pp353-357, 2005.
  47. Nobutoki T, Sasaki M, Fukumizu M, Hanaoka S, Sugai K, Anzai Y, Kaga M:Fluctuatinghearing loss, episodic headache, and stroke with platelet hyperaggregability: Coexistence of auditory neuropathy and cochlear hearing loss. Brain Dev 28: 55-59, 2006.
  48. Inagaki M, Kon K, Suzuki S, Kobayashi N, Kaga M, Nanba E: Characteristic findings of auditory brainstem response and otoacoustic emission in the Bronx waltzer mouse. Brain Dev 28:617-624, 2006.
  49. Inagaki M, Kaga Y, Kaga M, Nihei K: Multimodal evoked potentials in patients with pediatric leukodystrophy.Clinical Neurophysiology 59 suppl: 251-263,2006.
  50. Ishiguro A, Inagaki M, Kaga M:Stereotypic circling behavior in mice with vestibular dysfunction: asymmetrical effects of intrastriatal microinjection of a dopamine agonist.Int J Neurosci 117: 1049-64, 2007.
  51. Inoue Y, Inagaki M, Gunji A, Furushima W, Kaga M:Response switching process in children with attention deficit/hyperactivity disorder on the novel continuous performance test.Dev Med Child Neurol 50:pp462-6, 2008.
  52. Kaga M, Inagaki M, Kon K, Uno A, Nobutoki T: Diagnosis of Auditory Neurpathy (AN) in Child Neurology. Neuropathies of Auditory and Vestibular Eighth Cranial Nerves, pp123-133, 2009.
  53. Gunji A, Inagaki M, Inoue Y, Takeshima Y, Kaga M: Event-related potentials of self-face recognition in children with pervasive developmental disorders. Brain Dev. 31: 139-147, 2009.
  54. Kaga M, Furushima W, Inagaki M, Nakamura M:Early neuropsychological signs of childhood adrenoleukodystrophy (ALD). Brain Dev. 31: 558-561, 2009.
  55. Furushima W, Inagaki M, Gunji A, Inoue Y, Kaga M, Mizutani S:Early Signs of Visual Perception and Evoked Potentials in Radiologically Asymptomatic Boys With X-linked Adrenoleukodystrophy.J Child Neurol 24: 927-935, 2009.
  56. Inoue Y, Inagaki M, Gunji A, Furushima W, Okada H, Sasaki H, Omori T, Takeichi H, Kaga M.: Altered effect of preceding response execution on inhibitory processing in children with AD/HD: An ERP study. Int J Psychophysiol, 77:118-125, 2010.
  57. Kita Y, Gunji A, Sakihara K, Inagaki M, Kaga M, Nakagawa E, Hosokawa T: Scanning strategies do not modulate face identification: Eye-tracking and near-infrared spectroscopy study. PLoSONE June 2010|Volume 5|Issue 6 | e11050.
  58. Sakuma H, Shimizu Y, Saito Y, Sugai K, Inagaki M, Kaga M, Sasaki M. :Electrophysiological evidence of cerebral dysfunction in childhood opsoclonus-myoclonus syndrome. Mov Disord, 25:940-945, 2010.
  59. Matsuda Y, Inoue Y, Izumi H, Kaga M, Inagaki M, Goto Y:Fewer GABAergic interneurons, heightened anxiety and decreased high-frequency electroencephalogram components in Bronx waltzer mice, a model of hereditary deafness. Brain Res. 1373:202-210, 2011.
  60. Kita Y, Gunji A, Inoue Y, Goto T, Sakihara K, Kaga M, Inagaki M, Hosokawa T: Self-face recognition in children with autism spectrum disorders: A near-infrared spectroscopy study. Brain Dev. 33: 494-503, 2011.
  61. Yonekawa T, Nakagawa E, Takeshita E, Inoue Y, Inagaki M, Kaga M, Sugai K, Sasaki M, Kaido T, Takahashi A, Otsuki T:: Effect of corpus callosotomy on attention deficit and behavioral problems in pediatric patients with intractable epilepsy’.  Epilepsy & Behavior,  in press.
  62. Kobayashi T, Inagaki M, Kaga M: Professional Caregiver's View on Mental Health in Parents of Children with Developmental Disabilities: A Nationwide Study of Institutions and Consultation Centers in Japan. IISRN Pediatrics Volume 2012 (2012), Article ID 121898, 7pages doi:10.5402/2012/121898.
  63. Inoue Y, Sakihara K, Gunji A, Ozawa H, Kimiya S, Shinoda S, Kaga M, Inagaki M:Reduced prefrontal hemodynamic response in children with AD/HD during the Go/NoGo task: A NIRS study.Neuroreport.Dec.2011.Jan 25;23 (2): 55-60.

原著論文 邦文

  1. 加我牧子, 茂木富美子, 坂本博, 伴場次郎, 正木幹雄: 肺嚢胞症に合併したMycobacterium intracellurare症の一例. 小児科臨床 30: 277-279, 1977.
  2. 加我牧子, 海野健, 早川浩, 中村了正: 無乳糖食餌による治療が奏効したガラクト―ス血症の一例. 小児科臨床 30: 1388-1392, 1977.
  3. 加我牧子, 茂木富美子, 中村孝, 飯沼和三, 日暮真: 四番染色体短腕欠損症(4P- 症候群)の一例. 小児科臨床 31: 680-684, 1978.
  4. 加我牧子, 西猛, 水野美彦, 鈴木昌樹, 児玉和夫, 北住映二: 神経放射線学的及び電気生理学的検査により著明な左右差が証明されたReye症候群の一例. 小児科診療 41: 389-396, 1978.
  5. 加我牧子, 水野美彦, 鈴木昌樹: 癲癇発作後にみられ頭頂後頭葉症状を合併した後天性小児失語症の一例. 脳と発達 10: 389-396, 1978.
  6. 加我牧子, 茂木富美子, 小田原真理子, 桜井迪朗, 白木和夫: 家族性肝内胆汁欝滞性黄疸(いわゆる Byler病)の一例. 小児科診療 41: 1624-1629, 1978.
  7. 鈴木昌樹, 水野美彦, 加我牧子, 近江一彦, 鈴木陽子: 微細脳障害 学習障害におけるFrostig 視知覚発達検査. 脳と発達 10: 273-283, 1978.
  8. 水野美彦, 加我牧子, 鈴木昌樹, 福岡和子, 瀬川昌也: 若年型筋萎縮性側索硬化症の一例. 脳と発達 10:416-422, 1978.
  9. 橋本剛太郎, 大内美南, 加我牧子, 古屋清一: Idiopathic intestinal pseudoobstruction の一例. 日本小児科学会雑誌 83: 522-530, 1979.
  10. 古屋清一, 吉村重華, 橋本剛太郎, 大内美南, 加我牧子, 野田正子: 高カロリ―輸液を長期間行なっている小児の一例. 治療学 3: 663-666, 1979.
  11. 加我牧子, 武井道子, 水野美彦: 心因反応を疑われた9歳女子のもやもや病による運動性失語症. 小児科診療 44: 1463-1466, 1981.
  12. 水野美彦, 三代道子, 加我牧子, 野村芳子, 瀬川昌也: Central core病の一家系―臨床的,組織学的,電子顕微鏡学的研究. 神経内科 15: 154-164, 1981.
  13. 加我牧子: 精神発達遅滞児の聴性行動反応および聴性脳幹反応の関係について. 日本小児科学会雑誌 86: 98-104, 1982.
  14. 佐川幸子, 加我君孝, 加我牧子, 田中美郷: 小児の聴覚失認の視覚的言語習得過程-同一年齢で発症した末梢性聾との比較-. 脳と神経 34: 485-491,1982.
  15. 加我牧子, 大内美南, 水野美彦, 柳川幸重, 白木和夫: 慢性肝障害を疑われた筋疾患の5症例について. 小児科診療 46: 1455-1458, 1983.
  16. 加我牧子, 大内美南, 田中美郷: 難聴を疑われる乳児の聴性行動反応と聴性脳幹反応-3-6か月児を対象に-. 小児科 25: 449-453, 1984.
  17. 高見沢勝, 加我牧子, 柳川幸重, 早川浩, 今村哲夫, 村上俊一, 山岡秀樹: MCLSに合併した大動脈弁閉鎖不全症により4年9か月後に死亡した女児の一剖検例. 小児科臨床 38: 605-610, 1985.
  18. 加我牧子, 杉浦正俊, 田中美郷: 難聴を疑われる乳幼児の聴性脳幹反応と聴性行動反応. 3-6ヶ月児と7-23ヶ月児の比較. 日本小児科学会雑誌 90: 1552-1557, 1986.
  19. 加我牧子, 杉浦正俊, 内藤達男, 河野寿夫, 二瓶健次: 低酸素無酸素状態の聴覚誘発反応. 小児科診療 50: 1041-1045, 1987.
  20. 加我牧子, 前田香織, 二瓶健次, 茂木富美子: 染色体異常児の聴覚誘発反応. 精神衛生研究 33: 195-203, 1987.
  21. 中村こずえ, 薦田房子, 加我牧子, 茂木富美子, 柳川幸重, 早川浩: VSDを合併したSmith-Lemli-Opitz 症候群と考えられる1例. 小児科臨床 40: 663-666, 1987.
  22. 加我牧子: 発達障害児の反応と視聴覚誘発反応. 精神保健研究 34: 13-25, 1987.
  23. 加我牧子, 阿部敏明, 有馬正高, 鈴木康之, 平山義人: 乳幼児一次健診に使用されている機器と検査法の現状. 小児保健研究 47: 74-78, 1988.
  24. 加我牧子: 染色体異常児の聴性脳幹反応. 日本小児科学会雑誌 92:1 5-20, 1988.
  25. 加我牧子, 内藤春子, 二瓶健次: 後期成分を欠く聴性脳幹反応を示した小児症例の臨床的検討. 臨床脳波 30 : 373-378, 1988.
  26. 加我牧子, 田中美郷, 高見沢勝, 内藤春子, 二瓶健次: 小児科領域における聴性脳幹反応(ABR)無反応症例の臨床的検討. 脳と発達 21: 550-556, 1989.
  27. 吉川秀人, 加我牧子, 桜川宣男, 加我君孝: Tay-Sachs病における驚愕反応の神経耳科学的検討-聴覚過敏という表現の不適当性について. 脳と発達 21: 583-585, 1989.
  28. 加我牧子, 有馬正高: 乳幼児健診における聴覚障害スクリ-ニング用音源の周波数分析.小児保健研究 49: 350-353, 1990.
  29. 加我牧子, 新井幸男, 進藤美津子: 著しい構音障害を示し,書字能力との解離を示した軽度精神遅滞,広汎性発達障害を伴うKlippel-Feil症候群の一例. 精神保健研究 36: 147-155, 1990.
  30. 吉川秀人, 鈴木文晴, 加我牧子, 桜川宣男: Rett症候群の体性感覚誘発電位(SEP),特にgiant SEPについて. 脳と発達 22: 186-188, 1990.
  31. 栗田広, 加我牧子, 三宅由子: 特定不能の広汎性発達障害と自閉症の症状評価尺度による比較研究. 発達の心理学と医学 1: 395-401, 1990.
  32. 加我牧子, 鈴木文晴, 曽根翠, 加我君孝, 荒木敦, 平山義人: 重度脳障害児の聴性脳幹反応と経外耳道法蝸電図. 脳と発達 23: 9-14, 1991.
  33. 坂井香織, 加我牧子, 内藤春子, 二瓶健次, 平山義人: Rett症候群の臨床症状(ステージ)と聴性脳幹反応. 小児科臨床 44: 105-109, 1991.
  34. 秋山千枝子, 菅野徹夫, 正林陽高, 鈴木文晴, 吉川秀人, 加我牧子, 桜川宣男: 急性脳症と両側線状体の低吸収域について. 小児科診療 54: 49-51, 1991.
  35. 松井潔, 福水道郎, 吉川秀人, 加我牧子, 黒川徹, 高嶋幸男: Leukodystrophyにおける電気生理学的検討-Blink Reflexと聴性脳幹反応-. 日本小児科学会雑誌 95: 2628-2633, 1991.
  36. 加我牧子: Landau-Kleffner症候群の長期観察例. 精神保健研究 37: 169-175, 1991.
  37. 昆かおり, 加我牧子, 吉川秀人, 野田泰子, 鈴木文晴, 平山義人: 頭部CT上広範な脳脊髄液領域を示した重症心身障害児の神経生理学的検討. 臨床脳波 34: 109-116, 1992.
  38. 加我牧子: 小児の音像定位の発達. -方向感検査装置を用いて-. 脳と発達 24: 317-322, 1992.
  39. 加我牧子, 昆かおり, 鈴木文晴, 山内秀雄, 石川充: CT上広範な脳脊髄液領域を示す症例の聴覚中間潜時反応. 精神保健研究 38: 57-66, 1992.
  40. 松井潔, 黒川徹, 加我牧子, 桜川宣男, 高嶋幸男: Cystic Dilatation of the Occipital Hornを呈するてんかん患児の臨床的検討. てんかん研究 10: 138-143, 1992.
  41. 松井潔, 鈴木文晴, 平山義人, 加我牧子, 黒川徹: 重症心身障害児の接食機能に関する一考察. -総合的評価の試み-. 脳と発達 24: 419-425, 1992.
  42. 加我牧子, 昆かおり, 曽根翠: 精神遅滞を有する乳幼児に合併する難聴について-小児科領域からみた早期発見と早期教育のために-研究助成論文集(障害児療育関連分野)28: 15-22, 1992. 財団法人 安田生命社会事業団
  43. 高橋立子, 高梨愛子, 岩崎裕治, 加我牧子, 黒川徹: 聴性脳幹反応無反応から回復した低酸素性脳症の1例. 日本小児科学会雑誌 97: 139-144, 1993.
  44. 昆かおり, 加我牧子, 石澤瞭, 浜口弘: 心肺停止後の無酸素脳症の聴性脳幹反応(ABR) I/V比の検討. 臨床脳波 35: 673-677, 1993.
  45. 加我牧子, 稲垣真澄, 平野悟, 長利伸一, 木下裕俊: 重症心身障害児における聴覚認知の電気生理学的研究. 脳と発達26: 387-392,1994.
  46. 加我牧子: 乳幼児健診システムから二次紹介機関の小児外来に紹介された聴覚障害児の検討. 小児保健研究 53: 562-567, 1994.
  47. 加我牧子: 難聴診断の遅れた聴覚障害児の臨床的検討.-乳幼児健診以外のルートから二次紹介機関である小児科を紹介された症例-. 小児保健研究 53: 863-867, 1994.
  48. 稲垣真澄, 前垣義弘, 中野英二, 加我牧子, 伊藤雅之, 大浜栄作: 片側大脳皮質形成不全例の電気生理学的所見. 臨床脳波 37: 703-706, 1995.
  49. 宇野彰, 加我牧子, 稲垣真澄:漢字書字に特異的な障害を示した学習障害児の一例-認知心理学的および神経心理学的分析-. 脳と発達 27:395-400, 1995.
  50. 原仁, 加我牧子: てんかんを伴う精神遅滞児・者の10年予後調査: 知的予後に関する検討. てんかん治療研究振興財団研究年報 7: 199-206, 1995.
  51. 宇野彰, 加我牧子, 稲垣真澄: 学習障害児の認知神経心理学的機能障害と局在性大脳機能-認知神経心理学的分析および局所大脳血流量の測定-. 財団法人安田生命社会事業団研究助成論文集 31: 13-21, 1995.
  52. 渋井展子, 加我牧子, 白井泰子, 山本正生: 乳幼児期における父親の育児の実態とそれに対する母親の評価. 安田生命社会事業団研究助成論文集 31: 54-61, 1995.
  53. 加我牧子, 稲垣真澄, 河野寿夫, 善利裕実, 昆かおり: 新生児脳障害と誘発電位-聴覚誘発電位を中心に-. 脳と発達 28: 138-145, 1996.
  54. 加我牧子, 稲垣真澄, 宇野彰: 学習障害児の聴覚事象関連電位. 臨床脳波 39: 43-49, 1996.
  55. 稲垣真澄, 加我牧子, 宇野彰, 平野悟, 小沢浩: 重症心身障害児の聴覚認知に関する研究: 語音刺激に対するmismatch negativityの検討. 脳と発達 28: 156-162, 1996.
  56. 善利裕実, 八尾徳明, 権東雅宏, 中邨弘重, 立石格, 河野寿夫, 加我牧子: 新生児遷延性肺高血圧(PPHN)の聴覚予後. 日本新生児学会雑誌 32: 278-283, 1996.
  57. 宇野彰, 加我牧子, 稲垣真澄, 金子真人, 春原則子, 松田博史: 視覚的認知障害を伴い特異的な漢字書字障害を呈した学習障害児の1例-認知神経心理学的及び電気生理学的分析-. 脳と発達 28: 418-423, 1996.
  58. 宇野彰, 加我牧子, 稲垣真澄, 金子真人, 春原則子, 松田博史: 視覚的認知障害を伴い特異的な漢字書字障害を呈した学習障害児の1例―認知神経心理学的および電気生理学的分析―. 脳と発達 28: 418-423, 1996.
  59. 小沢浩, 稲垣真澄, 加我牧子, 花岡繁, 須貝研司: 水無脳症における聴覚性mismatch negativityの検討. 脳と発達 29: 460-465, 1997.
  60. 宇野彰, 加我牧子, 稲垣真澄, 三村將, 加藤元一郎: 言語的意味理解力と非言語的意味理解力に解離を示したsemantic-pragmaticタイプの学習障害児の一例. 脳と発達 29: 315-320, 1997.
  61. 金子真人, 宇野彰, 加我牧子, 稲垣真澄, 春原則子: 仮名・漢字双方に読み書きの障害を認めた学習障害児における平仮名1文字の読み書き過程. 脳と発達 29: 249-253, 1997.
  62. 春原則子, 宇野彰, 平野悟, 稲垣真澄, 加我牧子: 記憶障害を主症状とする小児の1例. 脳と発達 29: 321-325, 1997.
  63. 加我牧子, 稲垣真澄, 宇野彰, 堀口寿広, 昆かおり: 聴覚性Mismatch negativity-発達的変化と発達障害児への応用. 脳波と筋電図 26: 292-298, 1998.
  64. 加我牧子, 稲垣真澄, 宇野彰, 堀口寿広: 発達障害医療に従事する医師の精神健康に関する研究. 発達障害研究 20: 120-131, 1998.
  65. 昆かおり, 加我牧子, 小牧宏文, 稲垣真澄, 堀口寿広, 橋本俊顕: Pelizaeus-Merzbacher病先天型の1例の聴覚誘発電位と耳音響反射. 臨床脳波 9: 615-619, 1998.
  66. 宇野彰, 金子真人, 春原則子, 加我牧子: 学習障害児の英単語書き取りにおける実験的訓練効果研究: 視覚法と聴覚法との比較検討. 音声言語医学 39: 210-214, 1998.
  67. 金子真人, 宇野彰, 春原則子, 加我牧子: 仮名と漢字に特異的な読み書き障害を示した学習障害児の仮名書字訓練. 音声言語医学 39: 274-278, 1998.
  68. 小沢浩, 橋本俊顕, 加我牧子: Tay-Sachs病の脳誘発反応. 臨床脳波 41:128-131, 1999.
  69. 宇野 彰, 春原則子, 金子真人, 加我牧子, 松田博史: 特異的言語機能障害児における非言語的認知能力の発達. 音声言語医学 40: 378-392. 1999.
  70. 春原則子, 宇野彰, 加我牧子, 松田博史, 金子真人: Semantic-pragmatic disorders の1例における言語性の意味理解障害について・音韻処理過程と意味処理過程の乖離・. 脳と発達 31: 370-375, 1999
  71. 堀口寿広, 加我牧子, 宇野彰, 稲垣真澄, 秋山千枝子: 発達障害児・者の家族の精神保健: 現状と対策について. 脳と発達 31: 349-354, 1999.
  72. 宇野彰, 堀口寿広, 山田裕康, 加我牧子: 学習障害(LD)児および周辺児・者の日常生活におけるハンディキャップに関する調査研究: 各都道府県「LD親の会」代表者からの回答. 小児の精神と神経 39: 73-78, 1999.
  73. 宇野彰, 加我牧子, 稲垣真澄, 金子真人, 春原則子: 特異的漢字書字障害児の認知能力に関する神経生理学的および神経心理学的発達. 臨床脳波 41: 392-396, 1999.
  74. 加我牧子: 特異的発達障害に対する神経生理学的アプローチ. 臨床神経生理学 29: 299-305, 2001.
  75. 須藤章, 須貝研司, 宮本健, 佐々木匡子, 福水道郎, 花岡繁, 佐々木征行, 加我牧子, 高嶋幸男: カルバマゼピン服用者の低ナトリウム血症について. 日本小児科学会雑誌 105: 755-762, 2001.
  76. 春原則子, 宇野 彰, 平野悟, 加我牧子, 金子真人, 松田博史: 「すぐ忘れてしまう」ことを主訴とした小児の1例-認知神経心理学的および脳血流による検討-. 脳と発達 38: 357-362, 2001.
  77. 富士川喜直, 須貝研司, 福水道郎, 花岡繁, 佐々木征行, 加我牧子: 難治てんかんと最重度の精神運動発達遅滞を示したCostello症候群の3例. 脳と発達 33: 430-435, 2001.
  78. 佐田佳美, 稲垣真澄, 矢野岳美, 堀本れい子, 加我牧子: 意味カテゴリー一致判断課題における事象関連電位N400の特徴-等電位分布(topography)による検討- 臨床神経生理学 29: 342-351, 2001.
  79. 加我牧子, 稲垣真澄, 佐田佳美, 白根聖子, 金子真人, 宇野彰: 特異的発達障害と高次脳機能.臨床脳波 43:695-700, 2001.
  80. 稲垣真澄, 佐田佳美, 矢野岳美, 加我牧子: 意味カテゴリー課題による視覚性および聴覚性N400: 小児への応用を目指して. 臨床脳波 43:349-356, 2001.
  81. 堀口寿広, 加我牧子: 母親による乳児の表情認知について-日本版I FEEL Picturesテストの活用, チャイルドヘルス 4: 74-77, 2001.
  82. 佐々木征行, 須貝研司, 花岡繁, 福水道郎, 加我牧子: 小児進行性中枢神経疾患の慢性呼吸障害に対する人工呼吸管理について. 脳と発達 33: 253-258, 2001
  83. 加我牧子, 堀口寿広, 稲垣真澄: 精神遅滞の医学的診断と療育連携に関する研究-第1報 精神遅滞の診断に用いられる検査と連携先についての現状調査-. 脳と発達34: 235-242, 2002.
  84. 宇野彰, 新貝尚子, 狐塚順子, 坂本和哉, 春原則子, 金子真人, 加我牧子: 大脳可塑性と側性化の時期-小児失語症からの検討-. 音声言語医学43: 207-212, 2002.
  85. 佐田佳美, 稲垣真澄, 白根聖子, 加我牧子: 漢字および図形に対する認知機能評価-第1報 刺激別視覚性事象関連電位P300の発達変化-. 脳と発達 34: 300-306, 2002.
  86. 堀口寿広, 加我牧子, 稲垣真澄: 精神遅滞の医学的診断と療育連携に関する研究-第2報 発達障害の診断に用いられる遺伝子検査の現状調査-. 脳と発達 34: 313-317, 2002.
  87. 春原則子, 宇野彰, 金子真人, 加我牧子, 松田博史: 特異的に言語性意味理解力障害を呈する発達障害児.失語症研究22:122-129, 2002
  88. 春原則子, 宇野彰, 金子真人, 加我牧子: 言語性記憶障害と視覚的認知障害を認めた小児の1例における英単語の書字訓練音声言語医学 43: 290-294, 2002
  89. 金子真人, 宇野彰, 春原則子, 加我牧子, 佐々木征行: 仮名読み書き障害を呈する学習障害児の音読過程における眼球運動の軌跡.音声言語医学 43: 295-301, 2002
  90. 佐田佳美, 稲垣真澄, 白根聖子, 加我牧子: 漢字および図形に対する認知機能評価-第2報 精神遅滞児における視覚性事象関連電位P300-. 脳と発達34: 491-497, 2002.
  91. 秋山千枝子, 堀口寿広, 加我牧子: 9,10か月乳幼児健康診査で模倣する子,しない子. 外来小児科5: 143-147, 2002.
  92. 富士川善直, 須貝研司, 花岡繁, 福水道郎, 佐々木征行 , 加我牧子: Non-convulsive status epilepticusにより最重度の重症心身障害の状態にあった3例. 脳と発達 35: 43-48.2003.
  93. 和泉美奈, 平山康浩, 須貝研司, 福水道郎, 花岡繁, 佐々木征行, 加我牧子, 村山恵子: ジクロロ酢酸ナトリウム療法の投与量により活動性低下, 肝腫大の副作用がみられたミトコンドリア病の1女児例. 脳と発達 35: 54-58, 2003.
  94. 佐々木匡子, 稲垣真澄, 加我牧子: 言語性意味理解障害児にみられた事象関連電位N400の異常について. 脳と発達35: 167-170, 2003.
  95. 堀口寿広, 加我牧子, 稲垣真澄: 脆弱X症候群に対する診断的検査の実態調査-本邦における患者数の推測-. 脳と発達 35:  297-303, 2003.
  96. 田中恭子, 堀口寿広, 稲垣真澄, 加我牧子: 精神遅滞の医学的診断と療育連携に関する研究-第3報 医学的診断検査の選択および有所見率の実態調査-. 脳と発達 35: 373-379. 2003.
  97. 宇野彰,春原則子,金子真人,新貝尚子,坂本和哉,狐塚順子,加我牧子:小児失語と言語発達の臨界点.神経進歩 47:694-700,2003.
  98. 稲垣真澄,白根聖子,加我牧子:AD/HD児の高次脳機能評価:視覚性弁別課題による検討.臨床脳波45:767-772,2003.
  99. 城間直秀,福水道郎,須貝研司,佐々木征行,加我牧子:West症候群における体性感覚誘発電位の検討.脳と発達 36:45-48,2004.
  100. 堀口寿広,稲垣真澄,加我牧子,杉江秀夫:脆弱X症候群と発達障害:認知機能の特徴.発達障害医学の進歩 16:45-51,2004.
  101. 加我牧子,堀本れい子,稲垣真澄,鈴木聖子:読み書きの障害を呈する学習障害児の視・聴覚性P300.臨床脳波 46:261-267,2004.
  102. 田中恭子,堀口寿広,稲垣真澄,加我牧子:精神遅滞の医学的診断と療育連携に関する研究-第4報 専門外来における精神遅滞児の医学的検査指針について-.脳と発達36:224-229,2004.
  103. 羽鳥誉之,稲垣真澄,白根聖子,加我牧子:言語音および非言語音(tone burst)の認知機能に関する臨床神経生理学的研究-第1報 刺激音別P300の健常発達-.脳と発達36:232-239,2004.
  104. 稲垣真澄,堀口寿広,加我牧子:発達障害児に対する医療・福祉資源の活用と連携の現状-第1報 専門医師と施設・他職種間の連携について-.脳と発達 36:241-247,2004
  105. 白根聖子,稲垣真澄,佐田佳美,加我牧子:漢字および図形に対する認知機能評価-第3報 注意欠陥/多動性障害児の視覚性単一波形P300の特徴-.脳と発達 36:296-303,2004
  106. 白根聖子,稲垣真澄,堀口寿広,中村雅子,佐々木匡子,加我牧子:副腎白質ジストロフィー症における両耳分離聴能検査(dichotic listening test)異常.脳と発達 36:311-317,2004.
  107. 堀口寿広,稲垣真澄,加我牧子:発達障害児に対する医療・福祉資源の活用と連携の現状-第2報 社会的支援サービスの利用状況について-.脳と発達 36:365-371,2004.
  108. 稲垣真澄,堀口寿広,加我牧子,杉江秀夫:症例:脆弱X症候群の聴覚性P300異常について. 臨床脳波 47.135-138. 2005.
  109. 堀口寿広,加我牧子,稲垣真澄:脆弱X症候群に対する診断的検査法の指針と疫学的調査の必要性. 脳と発達37:301-306.2005.
  110. 加我牧子,稲垣真澄,堀本れい子,加賀佳美,鈴木聖子,羽鳥誉之:誘発脳波と発達-視聴覚刺激による事象関連電位.Mismatch negativityとP300の発達.臨床脳波47:403-412, 2005.
  111. 小穴信吾,稲垣真澄,鈴木聖子,堀本れい子,加我牧子:刺激モダリティ別事象関連電位N400の発達と読字障害における特徴―意味カテゴリー一致判断課題による検討.脳と発達 38 : 431-438, 2006.
  112. 山崎広子,柴玉珠,伊藤久美子,加我牧子,昆かおり:知的障害者の視聴覚検診診断の試み―視覚健診の結果を中心に.臨床眼科 60:743-746,2006
  113. 稲垣真澄,羽鳥誉之,井上祐紀,加我牧子:発達障害のモダリティ別事象関連電位:自閉症スペクトラムにおける特徴.臨床脳波 49: 12-17, 2007.
  114. 井上祐紀,稲垣真澄,軍司敦子,小久保奈緒美,加我牧子:注意欠陥/多動性障害の反応抑制機能に関する研究 第1報 視覚性オドボール課題における非標的刺激性P300の検討.脳と発達39: 263-267, 2007.
  115. 宇野彰,金子真人,春原則子,佐々木征行,加我牧子:発達神経心理学からみた大脳の可塑性と認知機能の発達―小児における失語症,失読失書,左半側無視―.神経心理学 23:29-37,2007.
  116. 古島わかな,稲垣真澄,軍司敦子,加我牧子,山﨑広子,堀口寿広:小児大脳型白質ジストロフィーの超早期発症診断に関する研究.-視覚系心理検査および視覚誘発電位の有用性-.脳と発達 40 : 301-306,2008
  117. 中山東城,大槻泰介,仲間秀幸,開道貴信,金子裕,中川栄二,須貝研司,加我牧子,井上祐紀,佐々木征行:焦点切除術後に行動異常が改善した小児前頭葉てんかんの1例.てんかん研究26:46-452, 2009.
  118. 小林朋佳,稲垣真澄,軍司敦子,矢田部清美,加我牧子,後藤隆章,小池敏英,若宮英司,小枝達也:学童におけるひらがな音読の発達的変化:ひらがな単音,単語,単文速読課題を用いて.脳と発達42(1):15-21,2010.
  119. 北 洋輔,軍司敦子,佐久間隆介,後藤隆章,稲垣真澄,加我牧子,小池敏英,細川 徹:自閉症スペクトラム障害のある児に対するSocial Skill Training の客観的評価.精神保健研究 56:1-87,2010.
  120. 北 洋輔,小林朋佳,小池敏英,小枝達也,若宮英司,細川 徹,加我牧子,板垣真澄:読み書きにつまずきを示す小児の臨床症状とひらがな音読能力の関連-発達性読み書き障害診断における症状チェックリストの有用性-.脳と発達42:437-442,2010.
  121. 竹下絵里,中川栄二,新井麻子,斎藤義朗,小牧宏文,須貝研司,佐々木征行,高橋章夫,大槻研司,井上祐紀,稲垣真澄,加我牧子:小児の難治性てんかんの外科治療による行動障害の改善:子どもの行動チェックリストによる検討.てんかん研究28: 401-408,2011.
  122. 吉田有里,小池敏英,雲井未歓,稲垣真澄,加我牧子:国語学習の低成績の生起に及ぼすひらがな音読困難の影響について ―小学校2年生を対象とした検討―.LD研究,H24年2月(2012年1号)に掲載予定
  123. 佐久間隆介,軍司敦子,後藤隆章, 北洋輔,小池敏英,加我牧子,稲垣真澄:二次元尺度化による行動解析を用いた発達障害児におけるソーシャルスキルトレーニングの有効性評価.第51回日本小児神経学会総会推薦論文.脳と発達,印刷中.
  124. 小林朋佳,稲垣真澄,軍司敦子,矢田部清美,北洋輔,加我牧子,後藤隆章,小池敏英:学童における呼称能力の発達とひらがな読み書き能力との関連.脳と発達43:465-471,2011.

総説-邦文-

  1. 鈴木昌樹, 加我牧子: Reye症候群. 代謝 15: 172- 174, 1978.
  2. 加我牧子: 聴性脳幹反応-小児科臨床への応用. 小児内科 13: 1818-1824, 1981.
  3. 田中美郷, 加我牧子: 聴力障害の診断法. 脳と発達 15: 140-147, 1983.
  4. 加我牧子: 聴性脳幹反応の小児科臨床における意義-新生児ICUでの応用をめぐって. メジカルビュ- 19: 32, 1984.
  5. 加我牧子: 言葉が遅い. 小児看護 8: 361-369, 1985.
  6. 加我牧子: 難聴のない言語発達の遅れ. 小児科Mook 45 : 143-156, 1986.
  7. 加我牧子: 小児慢性疾患の管理 精神発達遅滞―管理の問題点と親へのサポ―ト. 小児内科 18: 1505-1510, 1986.
  8. 加我牧子: 乳児期の運動発達の遅れとして表われる病態の発見と対策のために. 周産期医学 17: 901-907, 1987.
  9. 加我牧子: 発達障害の原因―染色体異常. 発達の遅れと教育 366: 10-12, 1988.
  10. 加我牧子: 発達障害の原因―変性疾患. 発達の遅れと教育 366: 16, 1988.
  11. 加我牧子: 小児言語障害の見方―診断法,検査法. 小児内科 20: 1535-43, 1988.
  12. 加我牧子: 小児科とABR. JOHNS耳鼻咽喉科・頭頚部外科 5: 363-372, 1989.
  13. 加我牧子: 開発された新しい医療. 聴性脳幹反応-新生児・乳児への応用. 周産期医学 19: 245-251, 1989.
  14. 加我牧子: 感覚系の反応と発達:特に乳幼児の視聴覚系の反応の発達. 脳と神経 41: 863-876, 1989.
  15. 加我牧子: 後天性失語症・言語発達遅滞. 小児内科21(臨時増刊): 588-594, 1989.
  16. 加我牧子: Landau-Kleffner症候群. 精神保健研究 35: 25-38, 1989.
  17. 田中美郷, 加我牧子: 小児科領域における聴性脳幹反応無反応例の臨床的検討. 臨床脳波 31: 321-324, 1989.
  18. 加我牧子: 発達障害と発達の退行-Landau-Kleffner症候群. 発達障害研究 12: 25-35, 1990.
  19. 加我牧子: 聴覚誘発電位(聴性脳幹反応). 小児科Mook(増刊) 2: 329-341, 1990.
  20. 加我牧子: 言語障害. medicina 27: 1382-1385, 1990.
  21. 加我牧子: 聴性脳幹反応(ABR)の小児神経学的応用. 療育研究小児科医会報5周年記念号: 163-179, 1990.
  22. 加我牧子: 新生児期・乳幼児期の感覚機能の発達の評価法-聴覚. 周産期医学(臨時増刊) 20: 371-375, 1990.
  23. 加我牧子: 精神遅滞児の早期診断と早期療育. 小児科 31: 1741-1748, 1990.
  24. 加我牧子: 発達上の問題-構音障害・吃り. 小児科診療 54(増刊): 537-547, 1991.
  25. 加我牧子: 聴力障害. 小児科診療 54: 2205-2211, 1991.
  26. 加我牧子: 神経・発達に関する相談. 小児内科 24: 677-680, 1992.
  27. 加我牧子: 電気生理学的方法による感覚障害の診断. 発達障害医学の進歩 4: 78-90, 1992.
  28. 加我牧子: ダウン症候群の神経学的異常. 小児内科 24: 1649-1652, 1992.
  29. 昆かおり, 加我牧子: 小児の言語障害の診断と評価.小児看護17: 48-55, 1994.
  30. 昆かおり, 加我牧子: 赤ちゃんの病気 聴覚の発達. からだの科学(増刊): 20-23, 1994.
  31. 稲垣真澄, 加我牧子: 精神遅滞における視聴覚機能-とくにその電気生理学的所見について. 神経精神薬理 17:97-106, 1995.
  32. 宇野彰, 加我牧子: 小児の言語治療. Clin Neurosci 13: 208-213, 1995.
  33. 稲垣真澄, 加我牧子: 知能の規定要因 環境要因. Clin Neurosci 14: 20-25, 1996.
  34. 稲垣真澄, 加我牧子: 小児の誘発電位-2.聴覚誘発電位. 検査と技術 24: 729-736, 1996.
  35. 加我牧子: 小児の主な症状と診療の要点-言語障害. Modern Physician 16: 915-917, 1996.
  36. 加我牧子, 宇野彰, 稲垣真澄: 学習障害の神経学的基盤. 小児科 37: 1239-1245, 1996.
  37. 加我牧子, 稲垣真澄, 宇野彰, 金子真人, 春原則子: 聴覚認知過程の発達と発達障害-P300とmismatch negativity. 臨床脳波 38: 737-740, 1996.
  38. 加我牧子: Questions & Answers: 聴性脳幹反応. 小児科診療 25: 1910-1911, 1997.
  39. 稲垣真澄, 加我牧子: ヒトの聴覚の発達と発達障害. Bio Medical Engineering 12: 30-39, 1998.
  40. 加我牧子, 稲垣真澄, 宇野彰: 学習障害児の事象関連電位から. 言語聴覚療法 14: 263-264, 1998.
  41. 堀本れい子, 加我牧子: 外来患者の素朴な質問に答える:精神遅滞(知的障害). 小児科40: 423-726, 1999.
  42. 加我牧子: 小児の神経症候. 認知神経科学 2: 101-104, 2000.
  43. 堀口寿広, 加我牧子: 自閉症に対する抗うつ薬の使用ー新しい抗うつ薬SSRIについて. 小児科41: 1316-1322, 2000
  44. 加我牧子: 難聴のハイリスクと病態:中枢性難聴. Journal of Otolaryngology, Head and Neck Surgery 16: 1721-1724, 2000
  45. 加我牧子: 特別講演Ⅱ 小児の聴覚発達と中枢性聴覚障害. 小児耳鼻咽喉科 21: 24-29 2000.
  46. 加我牧子: 特異的発達障害に対する神経生理学的アプローチ. 臨床神経生理学 29: 299-305, 2001
  47. 加我牧子, 堀口寿広: 注意欠陥多動障害(ADHD)をめぐって. 医学のあゆみ 197 : 556-558. 2001.
  48. 昆かおり, 加我牧子, 岩崎裕治: 特集-重症心身障害児へのアプローチとトータルケア- 精神神経科. 小児看護 24: 1149-1155. 2001.
  49. 堀本れい子,加我牧子: 知的障害(精神遅滞)小児疾患の診断治療基準. 小児内科33: 718-719,2001.
  50. 加我牧子: 中枢性聴覚障害⑥.小児神経疾患と中枢性聴覚障害. 医学のあゆみ 200:181-185, 2002.
  51. 加我牧子, 堀本れい子, 羽鳥誉之: 神経症候群-てんかん症候群-Ⅵ 精神遅滞を伴う進行性てんかん. 日本臨牀 領域別症候群シリーズ37: 310-314, 2002.
  52. 白根聖子, 稲垣真澄, 加我牧子: 中枢性聴覚障害シリーズ9 小児の中枢性聴覚障害. JOHNS18: 1822-1824, 2002.
  53. 稲垣真澄, 加我牧子: 障害者スポーツのUp to Date 知的障害者スポーツ. 臨床スポーツ医学 20: 1169-74, 2003.
  54. 田中恭子, 稲垣真澄, 加我牧子: 発達障害のスクリーニングと早期発見 知的障害の子ども. 小児看護 26: 1637-1641, 2003.
  55. 鈴木聖子,稲垣真澄,加我牧子:AD/HDへの神経生理学的アプローチ.日本小児科学会雑誌 108:602-610,2004.
  56. 加我牧子,諸岡啓一:シンポジウム1:発達障害児の早期診断と早期介入について.序論.脳と発達 37:26-27, 2005.
  57. 加我牧子,稲垣真澄,田中恭子,堀口寿広:シンポジウム1:発達障害児の早期診断と早期介入について.精神遅滞.脳と発達 37:139-144,2005.
  58. 加我牧子,田中恭子,稲垣真澄:精神遅滞の医学的診断検査について.小児科臨床 58:461-465,2005.
  59. 加我牧子,稲垣真澄,田中恭子,堀口寿広:精神遅滞.脳と発達 37:139-144,2005.
  60. 稲垣真澄,遠藤雄策,大見 剛,加我牧子:聴性脳幹反応(ABR):検査法の実際と臨床応用.医学検査.619-632,2006.
  61. 宮本雄策,加我牧子:発達障害.小児看護7: 1050-1053, 2006.
  62. 大戸達之,加我牧子:言葉の遅れ.小児疾患の診断治療基準 第3版,小児内科増刊38: 51-52, 2006.
  63. 井上祐紀,加我牧子:メチルフェニデート投与における注意機能の変化.臨床脳波49: 299-304, 2007.
  64. 加我牧子,稲垣真澄:LD(学習障害).小児看護30: 1262-1266, 2007.
  65. 稲垣真澄,加我牧子:知的障害の判定とスポーツの動向.臨床スポーツ医学25: 595-600, 2008.
  66. 竹島正,加我牧子,今田寛睦:政策立案を担う.精神科13: 117-122, 2008.
  67. 加我牧子:最近注目されている発達障害.小児科臨床61: 2335-2336,2008.
  68. 加我牧子,藤田英樹,矢田部清美,稲垣真澄:広汎性発達障害の疫学に関する文献的研究―自閉症を中心に―.精神保健研究 54: 95-102,2008.
  69. 小山幸子,軍司敦子,加我牧子:広汎性発達障害における聴覚認知の他覚的評価.臨床脳波 vol.51 no.6, 362-365, 2009.
  70. 稲垣真澄,加我牧子:知的障害児の医学的診断検査ガイドライン.精神保健研究50:43-46,2009.
  71. 加我牧子:副腎白質ジストロフィー症の話題.東京小児科医会報,100:47-53,2011.
  72. 加我牧子:発達障害の認知機能評価.認知神経科学13:29-33,2011.
  73. 加我牧子:小児の誘発電位 基礎.特集「脳機能計測法を基礎から学ぶ人のために」臨床神経生理学39(4):227-231,2011.
  74. 加我牧子:小児聴覚失認の診療.音声言語医学52:316-321,2011.
  75. 加我牧子:発達障害における認知機能障害と神経生理学的所見.医学のあゆみ239:609-613,2011.
  76. 加我牧子:症状からアプローチするプライマリケア.日本医師会雑誌第140巻特別号(2),325-329,2011.

総説-英文-

  1. Kaga M: Language disorders in Landau-Kleffner syndrome. Review Series Neurology 1: 16-17, 2000.
  2. Kaga M, Takeshima T, Matsumoto T: Suicide and its prevention in Japan. Legal Medicine 11: 18-21, 2009.

著書

  1. 加我牧子: 失読症. 新小児医学体系第37巻. 小児眼科学,中山書店, 東京, pp.409-415,1981
  2. 加我牧子: てんかん発作を起こすようになった子. 美樹ちゃんについて. 鈴木陽子編: ひまわり小径 微細脳損傷(MBD)といわれた子を育てて.ミネルヴァ書房, 京都, pp.112-113,1982.
  3. 加我牧子: 聴性脳幹反応の原理と臨床的意義について. 小児科診療Question and Answers. P.1863:4-1863:5, 六法出版社, 東京, 1983.
  4. 加我牧子: 言語障害. 小林登, 平山宗宏編: 小児の治療保健指針.診断と治療社, 東京, pp.632-635, 1984.
  5. 加我牧子: てんかんと言葉の障害. 大国真彦監修: こどもの発達とそのみかた-そのすべて.ライフサイエンスセンタ-, 東京, pp.339-344, 1984.
  6. 加我牧子: 家庭で行なう救急処置-ひきつけを起こした, 小さい傷, 頭を打った. 中村孝監修: 生活健康百科エスキュ-レ 第3巻 子どもの生活と健康,大日本健康出版, 東京, pp.214-215, pp.218-219, pp.220-221, 1985.
  7. 加我牧子: 病気のある子の日常生活. -けいれん(てんかん)のある子ども. 中村孝監修: 生活健康百科エスキュ-レ 第3巻 子どもの生活と健康,大日本健康出版, 東京, pp.228-229, 1985.
  8. 加我牧子: 学習障害. -総論, 発達性言語障害, 読字困難, 算数障害, 発達性Gerstmann 症侯群. 新小児医学体系第14巻B 小児精神医学Ⅱ,中山書店, 東京, pp.221-245, pp.259-262, 1985.
  9. 加我牧子: 系統的診察-言語. 中山健太郎, 奥山和夫, 薮田敬次郎, 鴨下重彦編集: 小児の診察診断学,医学書院, 東京, pp.204-208, 1986.
  10. 加我牧子: 運動機能の不自由. 栗田宏編集: 障害児 親と教師ための思春期学 第七巻,情報開発研究所, 東京, pp.113-128, 1989.
  11. 加我牧子: 精神遅滞児(者)のてんかんに関する研究. 精神薄弱部モノグラフ 平成元年度No.1, pp.1-18, pp.71-73, 1989.
  12. 加我牧子: 難聴. 前川喜平, 白木和夫, 土屋裕編集:今日の小児診断指針 第2版,医学書院, 東京, pp.176-181, 1990.
  13. 加我牧子: 臨床各科における「誘発電位」の応用. Ⅱ. 神経疾患における誘発電位の臨床応用. B. 聴覚誘発電位(auditory brainstem evoked potentials:ABR)について. 佐藤謙助, 平井富雄, 山岡淳監修: 誘発電位の基礎と臨床,創造出版, 東京, pp.282-327, 1990.
  14. 加我牧子: 知恵が遅れている, 落ち着きがない, 言葉が遅い, どもりがある. 小林登, 早川浩監修: 医師が答えるお母さんの心配事 知っておきたい子どものからだと心,企画社,東京, pp.94-111, 1991.
  15. 加我牧子: 聴覚の病気とその予防. 1. 聴覚言語に障害を与える病気, 2. 聴覚検査法と実施上の注意. 養護教諭実践講座刊行会編集: CARA 養護教諭実践講座 第4巻. 子どもの病気と予防. ニチブン, 東京, pp.156-168, 169-180, 1991.
  16. 有馬正高・加我牧子 編: 発達障害医学の進歩5, 診断と治療社, 東京,1992.
  17. 加我牧子: 32. 乳幼児健診(母子保健法), 34. 小児慢性特定疾患医療. 医療文書の正しい書き方と医療補償の実際. 金原出版, 東京, pp.130-131,136-137, 1993
  18. 加我牧子: 第2部 医療・保健 精神遅滞と聴力障害. 精神薄弱問題白書 1994年版 日本精神薄弱者福祉連盟,日本文化科学社, 東京,pp.24-26, 1993.
  19. 加我牧子: 第13章 感覚器疾患 1. 視覚障害, 2. 聴覚障害. 胎児・新生児の神経学,メディカ出版, 東京,pp.586-605, pp606-633, 1993.
  20. 加我牧子: 吃音. 亀山正邦, 高倉公朋: 今日の神経疾患治療指針.医学書院, 東京, pp851-853, 1994.
  21. 加我牧子, 進藤美津子: 5. Herpes脳炎による小児聴覚失認の長期観察例. 新宮一成, 北村俊則, 島悟編: 精神の病理学 多様と凝集. 金芳堂, 京都, pp. 54-63, 1995.
  22. 加我牧子: 32. 乳幼児健診(母子保健法), 34. 小児慢性特定疾患医療. 日野原重明, 加我君孝編: 医療文書の正しい書き方と医療補償の実際-診断書から社会保障まで-.金原出版, 東京, pp.132-133, 138-139, 1995.
  23. 加我牧子: ことばの障害. 愛育同窓会編, ことばの相談. pp. 5-25, 1995.
  24. 加我牧子: 臨床検査 2.電気生理. 三吉野産治編著:厚生省精神・神経疾患研究委託費重症心身障害医療ハンドブック, pp.109-115, 1995.
  25. 加我牧子: P1-MLR中間潜時反応. 加我君孝, 古賀良彦, 大澤美貴雄, 平松謙一編: 事象関連電位(ERP)マニュアル-P300を中心に. 篠原出版, 東京, pp.275-286, 1995.
  26. 加我牧子: 3歳児健診. 矢田純一, 柳沢正義, 山口規容子編: 今日の小児治療指針, 医学書院, pp.42-44, 1997.
  27. 加我牧子: 言語発達遅滞,精神発達遅滞-医師の立場から. 日暮眞編著: 統合保育マニュアル-試案, 東京, pp.37-41, 1997.
  28. 加我牧子: 言語発達と失語症: 2. ことばと聞こえの障害. 高倉公朋, 宮本忠雄監修: 脳と神経科学シリーズ7 失語症からみたことばの神経科学,メジカルビュー社, 東京, pp.147-155, 1997.
  29. Kaga M, Inagaki M, Uno A: Event related potentials in children with learning disabilities: visual event related potentials in specific Kanji writing disabilities. Perat MV (ed.) New Developments in Child Neurology, Monduzzi Editore, Bologna, pp.627-633, 1998.
  30. 加我牧子: 言葉の遅れ. 日野原重明, 阿部正和監修: 今日の治療指針1998年版, 医学書院, 東京, p.818, 1997.
  31. 加我牧子: 臨床編-C. ABRによる小児神経疾患の診断: 2. 低酸素・無酸素障害・代謝病・変性疾患. 加我君孝編: ABRハンドブック, 金原出版, 東京, pp.127-133, 1997.
  32. 加我牧子, 原仁: 第五章 知的障害を持つ人達の生命の危険と死亡原因・てんかんを合併する重症心身障害児施設居住者における死亡例の検討. 有馬正高編: 不平等な命-知的障害の人達の健康調査から, 日本知的障害福祉連盟, 東京, pp.158-163, 1998.
  33. 加我牧子: 児童期・思春期のこころの病気: 精神遅滞. 大塚俊男, 上林靖子, 福井進, 丸山晋編: こころの健康百科, 弘文堂, 東京, pp.338-347, 1998.
  34. 稲垣真澄, 加我牧子: 基礎編 3. 脳と言語 B. 神経生理学の基礎. 濱中淑彦監修, 波多野和夫, 藤田郁代編: 失語症臨床ハンドブック, 金剛出版, 東京,pp. 54-63, 1999.
  35. 加我牧子: 第2章発達診断・評価 2. 各論 A. 言語発達. 陣内一保, 安藤徳彦, 伊藤利之編: こどものリハビリテーション医学, 医学書院, 東京, pp.25-34, 1999.
  36. 加我牧子: 乳幼児健診(母子保健法). 日野原重明, 加我君孝編: 医療文書の正しい書き方と医療補償の実際: 診断書から社会保障まで. 金原出版, 東京, pp.144-145, 1999.
  37. 加我牧子: 小児慢性特定疾患医療. 日野原重明, 加我君孝編: 医療文書の正しい書き方と医療補償の実際: 診断書から社会保障まで. 金原出版, 東京, pp150-155, 1999.
  38. 加我牧子: 保健・医療・医学的概念の変遷. 日本知的障害福祉連盟編: 発達障害白書. 日本文化科学社, 東京, pp.21-25, 1999.
  39. 加我牧子: コミュニケーションの障害. 有馬正高監修,熊谷公明,栗田広編集: 発達障害の基礎. 日本文化科学社, 東京, pp.16-19, 1999.
  40. 加我牧子, 稲垣真澄: 聴覚認知と誘発電位. 黒川徹監修, 黒川徹, 平山義人, 有馬正高責任・編集: 重症心身障害医学: 最近の進歩.日本知的障害福祉連盟, 東京, pp.295-300, 1999.
  41. 加我牧子: 言語発達遅滞,精神発達遅滞-医師の立場から-. 厚生省心身障害研究「統合保育マニュアルに関する研究班」: 統合保育マニュアル-主として身体的な障害をもつ子どもを中心に-. pp.42-47, 1999.
  42. 加我牧子, 宇野彰: 脳の機能と学習-LDと脳生理学-. 日本LD学会編, 中根晃, 加藤醇子編: わかるLDシリーズ4 LDと医療. 日本文化科学社, 東京, pp.47-60, 2000.
  43. 加我牧子: 幼少児の聴覚失認―Landau-Kleffner症候群とヘルペス脳炎後遺症―. 加我君孝編: 中枢性聴覚障害の基礎と臨床. 金原出版, 東京, pp.90-94, 2000.
  44. 加我牧子編著, 稲垣真澄, 宇野彰共著: <新版>小児のことばの障害. 医歯薬出版, 東京, 2000.
  45. 加我牧子: 幼小児疾患と聴性脳幹反応. 舩坂宗太郎監修, 橋本勲 矢野純編: 必携聴性脳幹反応ガイドブック. メジカルビュー社, 東京, pp.120-135, 2000.
  46. 加我牧子: てんかんに伴う中枢性難聴. 加我君孝編, 池田勝久, 加我君孝, 岸本誠司, 久保武責任編集: 耳鼻咽喉科診療プラクティス3 新生児・幼児・小児の難聴. 文光堂, 東京, pp.233-235, 2001.
  47. 加我牧子: 小児の高次脳機能障害の診断. 日本小児神経学会教育委員会編「小児神経学の進歩」第30集.診断と治療社,東京,pp.23-35, 2001.
  48. 加我牧子: 5 言語発達障害.医療研究推進財団監修.「第2版 言語聴覚士 指定講習会テキスト」pp. 222-231, 医歯薬出版, 東京, 2001.
  49. 加我牧子: 精神遅滞の医学的諸問題. 多賀須幸男, 尾形悦郎, 山口徹, 北原光夫編: 今日の治療指針2001年版, p297, 医学書院, 東京, 2001.
  50. 加我牧子: Ⅱ軽度の発達障害; 概論 LD. 小枝達也編著: ADHD, LD, HFPDD, 軽度MR児保健指導マニュアル-ちょっと気になる子どもたちへの贈りもの. 診断と治療社, 東京, pp16-21, 2002.
  51. 加我牧子: Ⅲ気になる問題点とアドバイス いうことを聞かない, 指示が入りにくい. 小枝達也編著: ADHD, LD, HFPDD, 軽度MR児保健指導マニュアル-ちょっと気になる子どもたちへの贈りもの. 診断と治療社, 東京, pp50-53, 2002.
  52. 加我牧子: Ⅲ気になる問題点とアドバイス こだわりが強い. 小枝達也編著: ADHD, LD, HFPDD, 軽度MR児保健指導マニュアル-ちょっと気になる子どもたちへの贈りもの. 診断と治療社, 東京, pp54-57, 2002.
  53. 加我牧子: Ⅳ症例から学ぶ保健指導のエッセンス 1幼児編LD. 小枝達也編著: ADHD, LD, HFPDD, 軽度MR児保健指導マニュアル-ちょっと気になる子どもたちへの贈りもの. 診断と治療社, 東京, pp95-103, 2002.
  54. 佐々木匡子, 加我牧子: ことばの遅れ-難聴のないもの-. 川城信子編集: 耳鼻咽喉科診療プラクティス9 小児の耳鼻咽喉科診療. 文光堂, 東京. pp72-76,2002.
  55. 加我牧子, 佐々木征行, 須貝研司編著: 国立精神・神経センター 小児神経科 診断・治療マニュアル. 診断と治療社, 東京, 2003.
  56. 加我牧子: 5言語発達遅滞. 加我牧子, 佐々木征行, 須貝研司編著: 国立精神・神経センター 小児神経科 診断・治療マニュアル. 診断と治療社, 東京, pp25-30, 2003.
  57. 加我牧子: 10 AD/HDの治療. 加我牧子, 佐々木征行, 須貝研司編著: 国立精神・神経センター 小児神経科 診断・治療マニュアル. 診断と治療社, 東京, pp326-330, 2003.
  58. 有馬正高, 加我牧子編著: 国立精神・神経センター 小児神経学講義-臨床に役立つエッセンスと最新のエビデンス. 診断と治療社, 東京, 2003.
  59. 加我牧子: 13小児の高次脳機能の評価と臨床診断への応用. 有馬正高, 加我牧子編著: 国立精神・神経センター 小児神経学講義-臨床に役立つエッセンスと最新のエビデンス-. 診断と治療社, 東京, pp135-149, 2003.
  60. 加我牧子: 精神遅滞. 大塚俊男, 上林靖子, 福井進, 丸山晋編集: こころの病気を知る事典. 弘文堂, 東京, pp168-176, 2003.
  61. 田中恭子, 加我牧子: 17学習上の困難. 加我牧子, 佐々木征行, 須貝研司編著: 国立精神・神経センター 小児神経科 診断・治療マニュアル. 診断と治療社, 東京, pp85-88, 2003.
  62. 小穴信吾, 加我牧子: 5特定疾患. 加我牧子, 佐々木征行, 須貝研司編著: 国立精神・神経センター 小児神経科 診断・治療マニュアル. 診断と治療社, 東京, pp433-437, 2003.
  63. 加我牧子: 28 ことばの遅れ. 森山寛, 岸本誠司, 小林俊光, 川内秀之編集: 今日の耳鼻咽喉科頭頸部外科治療指針第2版. 医学書院, 東京, p56, 2003.
  64. 加我牧子:(用語の執筆).日本精神保健福祉協会・日本精神保健福祉学会監修,荒田寛,石川到覚,佐藤三四郎,高橋一,西澤利朗,松永宏子編集幹事:精神保健福祉用語辞典.中央法規出版,東京,2004.
  65. 加我牧子:ことばの遅れ.五十嵐隆,大薗惠一,高橋孝雄編集:今日の小児診断指針第4版.医学書院,東京,pp172-178,2004.
  66. 加我牧子:ALDの神経心理学,副腎白質ジストロフィーハンドブック(第2版).厚生労働省難治性疾患克服研究事業 運動失調に関する調査及び病態機序に関する研究班編著,pp37-39,厚生労働省難治性疾患克服研究事業 運動失調に関する調査及び病態機序に関する研究班,東京.2005.
  67. 加我牧子:精神と身体の成長と発達.高橋清久,樋口輝彦 第13巻編集代表:改訂第3版精神保健福祉士養成セミナー医学一般 第13巻,へるす出版,東京,pp45-54,2005.
  68. 加我牧子:Ⅳ言語発達の生物学的基礎.3.言語機能の側性化と臨界期.岩立志津夫,小椋たみ子編:よくわかる言語発達.ミネルヴァ書房,京都,pp106-109, 2005.
  69. 加我牧子:Ⅵ言語発達の障害と実際.6.失語症と言語発達.岩立志津夫,小椋たみ子編:よくわかる言語発達.ミネルヴァ書房,京都,pp143-145, 2005.
  70. 稲垣真澄,田中恭子,加我牧子:知的障害のある人のための健康生活支援ノート-円滑な連携を目指して-. 診断と治療社,東京,2005.
  71. 田中恭子,稲垣真澄,加我牧子:第7章発達障害治療の新しい流れ.第2節精神遅滞.柳澤正義,衛藤義勝,五十嵐隆編:小児科の新しい流れ.先端医療技術研究所,東京, pp176-180, 2005.
  72. 田中恭子,加我牧子:学習障害.別所文雄編:これだけは知っておきたい小児医療の知識.新興医学出版社,東京,pp387-392, 2006.
  73. 田中恭子,加我牧子:精神発達障害.別所文雄編:これだけは知っておきたい小児医療の知識.新興医学出版社,東京,pp397-402, 2006.
  74. 田中恭子,稲垣真澄,加我牧子:精神遅滞.大野裕編:チーム医療のための最新精神医学ハンドブック.弘文堂,東京,pp231-237.2006
  75. 加我牧子,稲垣真澄編:医師のための発達障害児・者 診断治療ガイド.診断と治療社,東京,2006.
  76. Kaga M, Inagaki M, Kwok H: Mental Retardation. Textbook in Psychiatry for Asia. Beijin University Press. 120-126, 2006
  77. 加我牧子:Ⅳ小児の症状.観察と看護.五十嵐隆編:これだけは知っておきたい小児ケアQ&A.総合医学社,東京,pp74-75, 2007.
  78. 加我牧子:小児の発達評価.大槻泰介,三原忠紘,亀山茂樹,馬場啓至編:難治性てんかんの外科治療.診断と治療社,東京,pp154-158, 2007.
  79. 加我牧子:乳幼児健診(母子保健法).日野原重明,加我君孝編:医療文書の正しい書き方と医療補償の実際.診断書から社会保障まで.金原出版,東京,pp148-149, 2007.
  80. 加我牧子,三好温子:小児慢性特定疾患医療.日野原重明,加我君孝編 医療文書の正しい書き方と医療補償の実際.診断書から社会保障まで.金原出版,東京,pp154-165, 2007.
  81. 加我牧子:特異的発達障害.こころの健康科学研究の現状と課題-今後の研究のあり方について-,pp.131-136,2007.
  82. 加我牧子:診断と神経生理検査.pp47-63,Q20・22・23.p204, pp206-207,宮島祐,田中英高,林北見編:小児科医のための注意欠陥/多動性障害AD/HDの診断・治療ガイドライン.中央法規出版,東京,2007.
  83. 加我牧子:精神遅滞.大塚俊男,上林靖子,福井進,丸山晋編:こころの病気を知る事典(新版).弘文堂,東京,pp195-204, 2007.
  84. 加我牧子:言語発達.こどものリハビリテーション医学第2版,医学書院,東京,pp69-73.2008.
  85. 加我牧子,田中恭子:社会性と対人認知の発達と変貌 乳幼児期からの精神発達とその生物学的基盤.中根晃,牛島定信,村瀬嘉代子編:詳解子どもと思春期の精神医学,金剛出版,東京,pp30-36,2008.
  86. 加我牧子,稲垣真澄編,有馬正高監修:小児神経学,診断と治療社,東京,2008.
  87. 加我牧子,稲垣真澄:17発達障害,1診断の考え方.有馬正高監修,加我牧子,稲垣真澄編,小児神経学,診断と治療社,東京,pp422-424,2008.
  88. 加我牧子,軍司敦子:自閉症の非侵襲的脳機能検査.有馬正高監修,加我牧子,稲垣真澄編,小児神経学,診断と治療社,東京,pp506-507, 2008.
  89. 加我牧子:精神遅滞による言語障害.森山寛他編:今日の耳鼻咽喉科頭頸部外科治療指針 第3版,医学書院,東京, p545,2008.
  90. 加我牧子:視力・視覚障害.日本発達障害学会監修:発達障害基本用語事典,金子書房,東京,p30,2008.
  91. 加我牧子:小児神経学領域におけるAuditory Neuropathy, 加我君孝編集企画: ENTONI.全本病院出版会, 東京, pp.43-49, 2008.
  92. Kaga M, Inagaki.M, Yoneda.H.R.: Auditory and visual mismatch negativity(MMN) in children with typical and delayed development. Ikeda A, Inoue Y (ed.): Event-related Potentials in Patients with Epilepsy: from Current State to Future Prospects. Editions John Libbey Eurotext, Monrouge, pp59-68, 2008.
  93. 古島わかな,加我牧子:乳幼児の精神運動発達とその異常.よくわかる病態生理(15)小児疾患.日本医事新報社,pp188-197,2008.
  94. 加我牧子:成長・発達.医学一般―人体の構造と機能および疾病―.精神保健福祉士・社会福祉士養成基礎セミナー編集委員会編.へるす出版,東京,pp1-12,2008.
  95. Kaga M, Inagaki M, Kon K, Uno A, Nobutoki T: Diagnosis of Auditory Neurpathy (AN) in Child Neurology. Kaga K, Starr A(ed.): Neuropathies of Auditory and Vestibular Eighth Cranial Nerves. Springer, Japan, pp123-133, 2009.
  96. 加我牧子, 佐々木征行, 須貝研司編著: 国立精神・神経センター 小児神経科 診断・治療マニュアル改訂第2版. 診断と治療社, 東京, 2009.
  97. 古島わかな,加我牧子:言語発達遅滞.加我牧子,須貝研司,佐々木征行編:国立精神・神経センター小児神経科診断・治療マニュアル・改訂第2版,診断と治療社,東京,pp24-29,2009.
  98. 井上祐紀,加我牧子:AD/HDの治療.加我牧子,須貝研司,佐々木征行編:国立精神・神経センター小児神経科診断・治療マニュアル・改訂第2版,診断と治療社,東京,pp349-352,2009.
  99. 加我牧子:知的障害.社会福祉学習双書編集委員会編:医学一般―人体の構造と機能および疾病 保健医療サービス―.全国社会福祉協議会,東京,pp124-127,2009.
  100. 加我牧子:Rett障害.市川宏伸,内山登喜夫編:発達障害ケースブック.診断と治療社,東京,pp.29-36,2009.
  101. 加我牧子:知的障害.社会福祉学習双書編集委員会編:医学一般―人体の構造と機能および疾病 保健医療サービス―.全国社会福祉協議会,東京,pp122-124,2010.
  102. 加我牧子:特異的発達障害 診断・治療のための実践ガイドライン―わかりやすい診断手順と支援の実際―.稲垣真澄,小枝達也,小池敏英,若宮英司,加我牧子編.診断と治療社,東京,2010.
  103. Gunji A, Takeichi H, Inoue Y, Okada H, Omori T, Inagaki M, Kaga M: Single one-minute trial assessment of speech processing in school age children. Proceedings of the Auditory Research Meeting, the Acoustical Society of Japan, 2010, 40: 857-861.
  104. 加我牧子:知的障害.社会福祉学習双書編集委員会編:医学一般―人体の構造と機能および疾病 保健医療サービス―.全国社会福祉協議会,東京,pp122-124,2011.
  105. 加我牧子:加藤敏,神庭重信ほか編.脂質代謝障害(p409),知的障害者福祉法(p699),糖質代謝障害(p760),レッシュ=ナイハン症候群(p1080).現代精神医学辞典,弘文堂,東京,2011.
  106. 加我牧子:Ⅵ.小児の症状,観察と看護,Q34発達の遅れについて,教えてください.これだけは知っておきたい小児ケアQ&A.総合医学社,東京,pp78-79,2011.
  107. 稲垣真澄,加我牧子:診断の考え方.加我牧子,稲垣真澄編:小児神経学.診断と治療社,東京,pp422-424,2011.
  108. 軍司敦子,加我牧子:自閉症の非侵襲的脳機能検査.加我牧子,稲垣真澄編:小児神経学.診断と治療社,東京,pp506-507,2011.