◆精神保健研究所
〒187-8553
東京都小平市小川東町4-1-1
Tel:042-341-2711
Fax:042-346-1944

TOP過去のトピックス一覧 > 過去のトピックス 詳細

過去のトピックス 詳細

・後藤隆章(知的障害研究部)が第48回日本特殊教育学会大会総会において、第22回日本特殊教育学会研究奨励賞を受賞しました(2010年9月)。

後藤隆章、赤塚めぐみ、池尻加奈子、小池敏英
LD児における漢字の読みの学習過程とその促進に関する研究、特殊教育学研究、 2009、47、81-90

 学習障害(LD)は、知的障害がないにも関わらず文字の読み書きや計算などの学習に特異的に困難を示す特異的発達障害の一つであり、読み書き障害はその大部分を占める。日本語は、仮名文字と漢字より構成されているため、LD児の示す読み困難の様相は複雑であるが、これまで仮名文字を中心に検討されており、漢字については十分に明らかとなっていなかった。

 本研究では、読み困難を示すLD児において、学習する漢字の心象性(イメージのしやすさ)を高めることにより漢字の読み学習が促進されるかどうかを定型発達児との比較により検討した。その結果、読み困難を示すLD児において心象性を高めることで漢字の読み学習成績が増加することが明らかとなり、特に聴覚記憶に困難を示す事例で、その効果は大きかった。本研究の結果は、漢字の読み学習困難に聴覚記憶が関与していることが可能性を述べたもので、障害メカニズムを解明する上で重要な手掛かりを示した。