◆精神保健研究所
〒187-8553
東京都小平市小川東町4-1-1
Tel:042-341-2711
Fax:042-346-1944

TOP > 詳細

トピックス 詳細

睡眠習慣と摂食行動および肥満との関連
中﨑恭子、北村真吾、片寄泰子、元村祐貴、肥田昌子、三島和夫
精神保健研究所 精神生理研究部


近年、夜食が肥満リスクを増大させることが指摘されている。しかしながら、睡眠習慣と肥満リスクをつなぐメカニズムの詳細は明らかになっていない。本研究では、健常男性40名を対象として在宅での2週間の生活習慣(睡眠、食事栄養素、摂食時刻、消費カロリー数)を詳細にモニタリングし、BMIとの関係について検討した。その結果、睡眠時間の長短や総カロリー摂取量とは独立して、就寝前6時間以内での総カロリー摂取量、特に脂質摂取量がBMIと関連していることが明らかになった。