◆精神保健研究所
〒187-8553
東京都小平市小川東町4-1-1
Tel:042-341-2711
Fax:042-346-1944

TOP > 詳細

トピックス 詳細

「情動系を調節するオピオイドδ受容体作動薬の創製」が、JSTによるA-STEP産学共同促進ステージ(ハイリスク挑戦タイプ)に採択されました


独立行政法人科学技術振興機構(JST)が公募した平成25年度 第2回「研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP) 産学共同促進ステージ(ハイリスク挑戦タイプ)」に、当センター 精神保健研究所 精神薬理研究部 部長 山田光彦、室長 斎藤顕宜が参画する「情動系を調節するオピオイドδ受容体作動薬の創製」(研究責任者:北里大学 薬学部 教授 藤井秀明、日本ケミファ株式会社との共同応募)が新規課題として採択されました。

オピオイド受容体にはμ、κ、δの3種類のタイプが存在しています。臨床では、モルヒネを代表とするμ受容体作動薬が主に鎮痛薬として利用されていますが、医薬品として用いることができるδ受容体作動薬は未だ開発されていません。そのため、本研究課題の成果は、情動系を調節する医薬品としてδ受容体作動薬が開発されるための糸口になるものと期待されます。

(参考)http://www.jst.go.jp/pr/info/info995/besshi1.html