<神経研究所>
〒187-8502
東京都小平市小川東町4-1-1
Tel: 042-341-2711
Fax: 042-342-7521

TOPイベント情報国際セミナー国際セミナーバックナンバー > 国際セミナー(平成22年)

国際セミナー(平成22年)

日時・場所
平成22年12月15日(水)14:00~16:00
1)14:00-14:30
2)14:30-15:20
3)15:20-16:00
研究所3号館 セミナールーム
演題
「筋疾患の病態研究・治療研究の進歩」
1)遺伝子改変モデルマウスを用いた横紋筋肉腫治療の試み(日本語)
2)Muscle Stem Cell Reprogramming and Vascular Niche: Novel Therapy for Muscular Dystrophy(日本語)
3)Protein displacement therapy for myotonic dystrophy(英語)
講演者
1)細山 徹 博士
(University of Wisconsin-Madison)
2)朝倉 淳 博士
(Stem Cell Institute Paul & Sheila Wellstone Muscular Dystrophy Center, Department of Neurology University of Minnesota Medical School)
3)Thurman M. Wheeler 博士
(Departments of Neurology, Pharmacology and Physiology, University of Rochester)
詳細
要旨(PDF)PDF
日時・場所
平成22年11月15日(月)15:00~15:45
研究所本館1階 第2会議室
演題
Understanding the pathogenesis of Alzheimer’s disease and designing neuro-protective therapeutic interventions by developing an in vitro model of the blood-brain barrier.
講演者
Julie Nigro博士
(コモンウェルス科学産業研究機構)
詳細
要旨(PDF)PDF
日時・場所
平成22年10月29日(金)17:00~18:00
研究所3号館 セミナー室
演題
The expanding spectrum of RYR1-related myopathies
講演者
ハインツ・ユングブルート教授
(ロンドン大学教授)
詳細
要旨(PDF)PDF
日時・場所
平成22年10月22日(金)16:00~17:00
研究所本館 第一会議室
演題
A Pharmacological Strategy to Treat Duchenne Muscular Dystrophy
講演者
ウルス・ルーグ博士
(スイス ジュネーブ大学)
詳細
要旨(PDF)PDF
日時・場所
平成22年10月20(水)16:00~17:00
研究所本館 第一会議室
演題
Laminopathies affecting the striated muscles: from gene defects to possible pathophysiological mechanisms
講演者
ジゼル・ボン博士
(フランス・マイオロジー研究所)
詳細
要旨(PDF)PDF
日時・場所
平成22年10月18日(月)16:30~17:30
コスモホール
演題
Becker Muscular Dystrophy from “Duchenne” Mutations: Mechanisms of Molecular Amelioration
講演者
Kevin M. Flanigan, MD Professor of Pediatrics
(The Ohio State University Center for Gene Therapy, Nationwide Children’s Hospital Columbus, Ohio.)
詳細
要旨(PDF)PDF
日時・場所
平成22年10月8日(金)17:30~18:30
コスモホール
演題
Protein aggregation myopathy
講演者
Hans H. Goebel名誉教授
(Division of Neuropathology University of Mainz Medical Center)
詳細
要旨(PDF)PDF
日時・場所
平成 22年10月1日(金)17:00~19:00
研究所3号館セミナー室
演題
1)GNEopathy- clinical features of the Middle Eastern cluster and some vignettes
2)Elucidating potential pathogenic mechanisms in GNEopathies
講演者
1)Zohar Argov教授
(Hadassah-Hebrew Univ.)
2)Stella Mitrani-Rosenbaum教授
(Hadassah-Hebrew Univ.)
詳細
要旨(PDF)PDF
日時・場所
平成22年9月29日(水)16:00~17:00
研究所本館 第一・第二会議室
演題
Studying prenatal immune activation effects on abnormal brain and behavioral development in experimental rodent models
講演者
ヨラム・フェルドン博士
(スイス連邦工科大学チューリッヒ校 行動神経生物学研究所)
詳細
要旨(PDF)PDF
日時・場所
平成22年9月16日(木)16:00~17:30
研究所3号館1階セミナー室
演題
疾患モデル動物としてのマーモセット
1)Modeling the pathogenesis of multiple sclerosis in marmosets
2)Novel approach for remote registration of EEG, core body temperature and activity in common marmoset monkeys
3)Sexual and affiliative behavioral changes induced by flibanserin and the 5-HT1A agonist 8-OH-DPAT in male-female marmoset pairs
講演者
1)Prof. Bert A.‘t Hart
(Department of Immunobiology, Biomedical Primate Research Centre, Rijswijk, The Netherlands)
2)Prof. Eberhard Fuchs
(Eberhard Fuchs and Kerstin Plassmann, Clinical Neurobiology Laboratory, German Primate Center, Leibniz Institute for Primate Research, Göttingen, Germany)
3)Prof. David H. Abbott
(Department of Obstet & Gynecol, Wisconsin National Primate Research Center, Madison, WI, USA)
詳細
要旨(PDF)PDF
日時・場所
平成22年9月6日(月)16:00~17:00
研究所本館 第一・第二会議室
演題
Pattern formation in enteric nervous system development: Building a complex nervous system and human disease mechanisms
(腸管神経系の発生におけるパターン形成と疾患との関連)
講演者
ロバート・ホイカロース博士
(米国ワシントン大学医学部)
詳細
要旨(PDF)PDF
日時・場所
平成22年8月3日(火)16:00~17:00
研究所3号館セミナー室
演題
統合失調症治療薬としてのD-アミノ酸酸化酵素阻害剤の創薬研究
講演者
塚本 尚先生(ジョンスホプキンス大学医学部准教授)
詳細
要旨(PDF)PDF
前へ戻る