2003 国際学会

  1. Hashimoto R, Straub RE, Weickert CS, Hyde TM, Kleinman JE, Weinberger DR: Expression Analysis of Neuregulin-1 in the Dorsolateral Prefrontal Cortex in Schizophrenia. Society for neuroscience annual meeting, New Orleans, Louisiana, USA, 11.12, 2003.

  2. Hashimoto R , Shannon-Weickert C, Matsumoto M, Hyde T, Kleinman J, Weinberger D, Straub R: Expression Analysis of Dysbindin: Upregulation of One Class of Transcripts in the Dorsolateral Prefrontal Cortex of Schizophrenics. International Congress on Schizophrenia Research, Colorado Springs, Colorado, USA, 3.31, 2003.

 

2003 一般学会

  1. 橋本亮太、吉田満吏子、尾崎紀夫、岩田仲生、山之内芳雄、鈴木竜世、北島剛司、巽雅彦、上島国利、功刀浩: 統合失調症の候補遺伝子dysbindinの検討. 第11回日本精神・行動遺伝医学会、長崎、10.25, 2003.

  2. 宗像可枝、森加奈子、米田誠、田中雅嗣、功刀浩、南光進一郎、加藤忠史: 双極性障害に関連する新規ミトコンドリアDNA多型. 日本人類遺伝学会第48回大会、長崎、10.24, 2003.

  3. 漆原貴子、南光進一郎、功刀浩: うつ病と健常者におけるDEX/CRH テストの変動について. 第2回日本-ドイツ精神科CRH研究フォーラム、神戸、6.6, 2003.

  4. 田中裕志、南光進一郎、功刀浩: NO合成酵素と統合失調症との関連研究. 第25回日本生物学的精神医学会、金沢、4.7, 2003.

  5. 鷲塚伸介、垣内千尋、森加奈子、田島治、秋山剛、功刀浩、南光進一郎、加藤忠史: ミトコンドリアComplex Iサブユニット遺伝子(NDUFV2)と双極性障害との関連. 第25回日本生物学的精神医学会、金沢、4.7, 2003.

  6. 秦孝憲、南光進一郎、神長達郎、功刀浩: 統合失調症における低出生体重と脳構造異常. 第25回日本生物学的精神医学会、金沢、4.18, 2003.

  7. 漆原貴子、南光進一郎、功刀浩: DEX/CRHテストを用いたうつ病におけるHPA系機能異常と通電療法による変化. 第25回日本生物学的精神医学会、金沢、4.18, 2003.

  8. 中野祐子、赤羽晃寿、田中裕志、功刀浩、南光進一郎: 統合失調症とアルツハイマー病におけるreelin関連遺伝子の解析. 第25回日本生物学的精神医学会、金沢、4.18, 2003.

  9. 橋本亮太、吉田満吏子、尾崎紀夫、岩田仲生、山之内芳雄、鈴木竜世、北島剛司、巽雅彦、上島国利、功刀浩: 統合失調症の候補遺伝子dysbindinの検討. 第11回日本精神・行動遺伝医学会、長崎、10.25, 2003.

  10. Ryota Hashimoto, Richard E. Straub, Cynthia Shannon Weickert, Thomas M. Hyde, Joel E. Kleinman, Daniel R. Weinberger: 統合失調症の背外側前頭前皮質におけるニューレグリン1の発現解析. 第46回神経化学会、新潟、9.24, 2003.

  11. 橋本亮太、Cynthia L. Shannon Weickert, 松本光之、Thomas M. Hyde, Joel E. Kleinman, Daniel R. Weinberger, Richard E. Straub: 統合失調症の脆弱性遺伝子であるDysbindinのトランスクリプトの統合失調症の背外側前頭前皮質における発現の異常な増加. 第26回日本神経科学大会、名古屋、7.25, 2003.

  12. 橋本亮太、Cynthia L. Shannon Weickert, 松本光之、Thomas M. Hyde, Joel E. Kleinman, Daniel R. Weinberger, Richard E. Straub: 統合失調症の脆弱性遺伝子であるDysbindinのトランスクリプトの統合失調症の背外側前頭前皮質における発現の異常な増加. 第25回日本生物学的精神医学会、金沢、4.18, 2003.

  13. 橋本亮太、松本光之、Cynthia L. Shannon Weickert, Thomas M. Hyde, Joel E. Kleinman, Daniel R. Weinberger, Richard E. Straub: 統合失調症の脆弱性遺伝子であるDysbindinのトランスクリプトの発現解析. 第25回日本生物学的精神医学会、金沢、4.17, 2003.

  14. 橋本亮太、藤巻康一郎、鄭美羅、Vladimir Senatorov, Lori Christ, Peter Leeds, 荘徳茂: リチウムの神経保護効果とそのメカニズム: 臨床的作用機序への可能性. 第25回日本生物学的精神医学会、金沢、4.17, 2003.

  15. 宋文杰、服部聡子、村上富士夫: 線条体コリンニューロンにおけるA電流とKv4遺伝子発現の量的関係. 第26回日本神経科学大会、名古屋、7.23, 2003.

  16. 齋藤和也、服部聡子、宋文杰、伊佐正、高草木薫: Nigral GABAergic inhibition upon mesopontine cholinergic neurons. 第26回日本神経科学大会、名古屋、7.23, 2003.

  17. 大友麻子、秦野伸二、岡田武也、水村光、國田竜太、西嶋仁、将口(宮田)淳子、柳澤佳子、古曳英理、須賀恵津子、安田政実、大須賀等、西本毅治、成宮周、池田穰衛: 筋萎縮性側索硬化症2型遺伝子産物ALS2のRab5GEF活性とエンドソーム動態調節機能. 第26回日本分子生物学会年会、神戸、12.13, 2003.

  18. 佐合典子、小見和也、田村美子、功刀浩、豊岡照彦、徳永勝士、北條浩彦: マウス筋芽細胞由来株C2C12細胞におけるRNA intereference. 第26回日本分子生物学会年会、神戸、12.13, 2003.

  19. 田村美子、功刀浩、北條浩彦: メチル化によるエピジェネテックなゲノム変化と統合失調症との関連解析. 第26回日本分子生物学会年会、神戸、12.13, 2003.

 

2003 特別講演・シンポジウム

  1. 橋本亮太: 精神医学奨励賞受賞講演. 第99回日本精神神経学会総会、東京、5.29, 2003.

  2. 功刀浩: 「統合失調症の発症メカニズムにせまる」. 早稲田大-神経研究所合同シンポジウム「システムとしての脳のはたらきを探る―医学的視点と工学的視点―」、早稲田大学大久保キャンパス、10.1, 2003.

  3. 功刀浩: 「統合失調症と脳」. 第1回国府台地区精神保健臨床研究セミナー、国府台、千葉、7.24, 2003.

  4. 功刀浩: 「統合失調症の原因の話」. 国立武蔵病院家族会「むさしの会」例会、武蔵病院会議室、7.26, 2003.

 

2003 班会議・報告会 他

  1. 沼川忠広、矢ケ崎有希、橋本亮太、功刀浩: 気分障害における視床下部-下垂体-副腎系異常に関する研究―副腎皮質ステロイドが脳由来神経栄養因子(BDNF)の機能に与える影響について―. 厚生労働省 精神・神経疾患委託費「精神疾患の分子病態解明による新しい治療・予防法の開発に関する研究」(主任研究者 山脇成人) 平成15年度班会議、東京、12.17, 2003.

  2. 功刀浩、橋本亮太、吉田満吏子、田所和幸、岡田武也、巽雅彦、上島国利: 神経栄養因子遺伝子多型の気分障害における病因的役割と機能解析. 第36回精神神経系薬物治療研究報告会、12.5, 2003.