2008 国際学会

  1. Horinouchi K, Izumi A, Tohyama M, Shiosaka S, Arima K, Kunugi H: L1 mRNA was decreased in the hippocampal granule cells in the patients with schizophrenia, major depression, and bipolar disorder. The 38th annual meeting of the Society for Neuroscience, Washington D.C., USA, 11.18, 2008.

  2. Kato T, Kametani M, Kakiuchi C, Kasahara T, Fuke S, Kunugi H, Ozaki N, Iwata N, Minabe Y, Nakamura K, Mori N, Yamada K, Fujii K, Yoshikawa T: Mutations of mitochondrial DNA polymerase (POLG) in patients with bipolar disorder. The 7th European Meeting on Mitochondrial Pathology (Euromit 7), Stockholm, Sweden, 6.11-14, 2008.

  3. Iijima Y, Richards M, Shizuno T, Hori H, Omori M, Arima K, Saitoh O, Kunugi H: An association study of the human Epsin 4 gene and schizophrenia in a Japanese population. XXVI CINP Congress, Munich, Germany, 7.16, 2008.

  4. Ozeki Y, Fujii K, Kurimoto N, Tsuji K, Aoki T, Takahashi J, Ishida N, Narita M, Saito O, Horie M, Kunugi H: Risk factors of QT interval prolongation in 1000 Japanese patinets with schizophrenia. XXVI CINP Congress, Munich, Germany, 7.14, 2008.

  5. Kazuno A, Munakata K, Mori K, Nanko S, Kunugi H, Nakamura K, Mori N, Yamada K, Yoshikawa T, Kato N, Kato T: Analysis of mitochondrial DNA polymorphisms and haplogroups in bipolar disorder. XVIth World Congress on Psychiatric Genetics, Osaka, 10.13, 2008.

  6. Izumi A, Iijima Y, Noguchi H, Numakawa T, Okada T, Hori H, Kato T, Tatsumi M, Kosuga A, Kamijima K, Asada T, Arima K, Saitoh O, Shiosaka S, Kunugi H: Possible association of the human neuropsin gene with bipolar disorder and cognitive functions. Society for Neuroscience 2008, Washington D.C., USA, 11.15-19, 2008.

  7. Kato T, Kametani M, Kakiuchi C, Kasahara T, Fuke S, Kunugi H, Ozaki N, Iwata N, Minabe Y, Nakamura K, Mori N, Yamada K, Fujii K, Yoshikawa T: Mutations of mitochondrial DNA polymerase (POLG) in patients with bipolar disorder. The 7th European Meeting on Mitochondrial Pathology (Euromit 7), Stockholm, Sweden, 6.11-14, 2008.

  8. Ozeki Y, Fujii K, Kurimoto N, Tsuji K, Yamada N, Okawa M, Aoki T, Takahashi J, Ishida N, Narita M, Saitoh O, Horie M, Kunugi H: Risk factors of QT interval prolongation in 1000 Patients with schizophrenia. XIV Biennial Winter Workshop on Schizophrenia and Bipolar disorders, Montreux, Switzerland, 2.3-7, 2008.

 

2008 一般学会

  1. 兼田康宏、住吉太幹、中込和幸、沼田周助、古郡規雄、橋本直樹、佐久間寛之、大下隆司、船橋英樹、功刀浩、原田俊樹、田中恒彦、上岡義典、伊東徹、池澤聰、長田泉美、加藤淳一、吉田悟己、羽下路子、芳賀大輔、小林清香、中谷真樹、鈴木道雄、久住一郎、石郷岡純、大森哲郎: 統合失調症認知機能簡易評価尺度-日本語版(BACS-J)による統合失調症の認知機能評価(続報). 第8回精神疾患と認知機能研究会、東京、11.8, 2008.

  2. 久保位可子、橋倉都、堀弘明、尾関祐二、廣中直行、高田孝二、功刀浩: 健常者における音刺激による驚愕反応と不安感との関連. 第51回日本神経化学会大会&第30回日本生物学的精神医学会、富山、9.13, 2008.

  3. 尾関祐二、橋倉都、岡本長久、大森まゆ、斎藤治、樋口輝彦、功刀浩: 気分障害患者におけるQT延長リスクの検討. 第51回日本神経化学会大会&第30回日本生物学的精神医学会、富山、9.12, 2008.

  4. 堀弘明、沢村香苗、橋倉都、尾関祐二、岡本長久、大森まゆ、寺田純雄、樋口輝彦、功刀浩: DEX/CRHテストにおける過抑制とストレスとの関連. 第51回日本神経化学会大会&第30回日本生物学的精神医学会、富山、9.11, 2008.

  5. Horinouchi K, Izumi A, Tohyama M, Shiosaka S, Arima K, Kunugi H: L1 mRNA was decreased in the hippocampal granule cells in the patients with schizophrenia, major depression, and bipolar disorder. (精神疾患患者では海馬顆粒細胞における細胞接着分子 L1 の発現が減少している) 第51回日本神経化学会大会、富山、9.11, 2008.

  6. Izumi A, Kajiyama Y, Furuta M, Shiosaka S, Kunugi H: Possible anxiolytic effect of quazepam in the daytime: behavioral analysis in mice. 2nd WFSBP Asia-Pacific Congress and 30th Annual Meeting of JSBP, Toyama, 9.13, 2008. (第51回日本神経化学会大会&第30回日本生物学的精神医学会)

  7. 兼田康宏、住吉太幹、中込和幸、沼田周助、古郡規雄、橋本直樹、佐久間寛之、大下隆司、船橋英樹、功刀浩、原田俊樹、田中恒彦、上岡義典、伊東徹、池澤聰、長田泉美、加藤淳一、吉田悟己、羽下路子、芳賀大輔、小林清香、中谷真樹、鈴木道雄、久住一郎、石郷岡純、大森哲郎: 統合失調症認知機能簡易評価尺度(BACS)による統合失調症の認知機能評価(続報). 認知機能研究会、東京、2008.

  8. 尾関祐二、橋倉都、堀弘明、三島和夫、功刀浩: 記憶・知能検査と睡眠・睡眠衛生. 日本睡眠学会第33回定期学術集会、福島、6.25, 2008.

  9. 堀弘明、沢村香苗、橋倉都、尾関祐二、岡本長久、大森まゆ、樋口輝彦、功刀浩: DEX/CRHテストにおける過抑制とストレスとの関連. 第27回躁うつ病の薬理・生化学的研究懇話会、箱根、6.21, 2008.

  10. 沼川忠広、熊丸絵美、安達直樹、功刀浩: Up-regulation of p75 is involved in BDNF-mediated cell death after glucocorticoid exposure in cultured cortical neurons. 第27回躁うつ病の薬理・生化学的研究懇話会、箱根、6.21, 2008.

  11. 二宮碧、古田都、梶山優、泉愛子、柴田重信、功刀浩: 社会的敗北ストレスによるうつ病モデル動物とシグマ受容体アゴニストの影響. 第27回躁うつ病の薬理・生化学的研究懇話会、箱根、6.21, 2008.

  12. 沼川忠広、熊丸絵美、安達直樹、功刀浩: ニューロンの機能変化におけるグルココルチコイドおよびBDNF依存性シグナルのクロストーク. 神経組織の成長・再生・移植研究会第23回学術集会、幕張、5.17, 2008.

  13. 安達直樹、沼川忠広、熊丸絵美、伊丹千晶、仙波りつ子、功刀浩: Phencyclidineによる大脳皮質ニューロンのシナプス減少はBDNF放出阻害によって引き起こされる. 神経組織の成長・再生・移植研究会第23回学術集会、幕張、5.17, 2008.

  14. 熊丸絵美、沼川忠広、安達直樹、功刀浩: ストレスホルモンはBDNF依存的なニューロンネットワーク形成を抑制する. 神経組織の成長・再生・移植研究会第23回学術集会、幕張、5.17, 2008.

  15. 岡本洋平、田中美穂、廣中直行、堀弘明、野口広子、功刀浩: 統合失調型人格傾向と驚愕反応のプレパルス抑制. 第16回まばたき研究会、大阪、3.23-24, 2008.

  16. Izumi A, Iijima Y, Noguchi H, Numakawa T, Okada T, Hori H, Kato T, Tatsumi M, Kosuga A, Kamijima K, Asada T, Arima K, Saitoh O, Shiosaka S, Kunugi H: Human neuropsinの遺伝子多型と双極性障害・認知機能との関連. (Possible association of the human neuropsin gene with bipolar disorder and cognitive functions.) 第31回日本神経科学大会(Neuro2008)、東京、7.10, 2008.

  17. 堀弘明、永岑光恵、曽雌崇弘、岡部繁男、寺田純雄、金吉晴、功刀浩: 統合失調症型人格傾向と語流暢課題遂行中の前頭前野賦活パターン: NIRSによる検討. (Schizotypal traits and prefrontal activation patterns during a verbal fluency task: A near-infrared spectroscopy study.) 第31回日本神経科学大会(Neuro2008)、東京、7.9, 2008.

  18. 梶山優、古田都、二宮碧、柴田重信、功刀浩: プレドニゾロンによるマウスの行動変化. (Behavioral alterations in prednisolone-treated mice.) 第31回日本神経科学大会(Neuro2008)、東京、7.9, 2008.

  19. 沼川忠広、熊丸絵美、安達直樹、功刀浩: グルココルチコイドは発達期培養海馬ニューロンにおいてBDNFにより促進されるシナプス機能成熟を阻害する. (Glucocorticoid prevents BDNF-mediated synaptic maturation in developing hippocampal neurons.) 演題番号:WS2B-2-1、 ワークショップ「神経栄養因子による突起伸展制御とその分子シグナル」、第31回日本神経科学大会(Neuro2008)、東京、7.10, 2008.

  20. 熊丸絵美、沼川忠広、安達直樹、矢ヶ崎有希、泉愛子、功刀浩: GRはTrkBとの相互作用によりBDNF誘導グルタミン酸放出を促進する. (Glucocorticoid receptor promotes BDNF-stimulated intracellular signaling for glutamate release via interacting with TrkB.) 演題番号:O1-G12、第31回日本神経科学大会(Neuro2008)、東京、7.9, 2008.

  21. 安達直樹、沼川忠広、熊丸絵美、伊丹千晶、仙波りつ子、功刀浩: フェンサイクリジンによる培養大脳皮質ニューロンの細胞内BDNF発現上昇は、その後のシナプス機能阻害の一因となっている. (Intracellular increased BDNF expression is involved in synaptic dysfunction caused by phencyclidine in cultured cortical neurons.) 演題番号:P1-s15、第31回日本神経科学大会(Neuro2008)、東京、7.9, 2008.

  22. トルグン・トルスン、沼川忠広、安達直樹、熊丸絵美、工藤玄恵、功刀浩:σ1受容体アゴニストであるSA4503は培養大脳皮質ニューロンにおいて生存維持効果を発揮する. (SA4503 a sigma receptor agonist, promotes the cell survival in cultured cortical neurons.) 演題番号:P1-h07、第31回日本神経科学大会(Neuro2008)、東京、7.9, 2008.

  23. 北澤裕美、沼川忠広、熊丸絵美、安達直樹、功刀浩、工藤玄恵: Cyclophosphamideは培養大脳皮質ニューロンにおいて生存維持効果を発揮する. (Cyclophosphamide promotes the cell survival in cultured cortical neurons.) 演題番号:P1-h06、第31回日本神経科学大会(Neuro2008)、東京、7.9, 2008.

  24. 二宮碧、古田都、柴田重信、功刀浩: 慢性的社会的敗北ストレスによるうつ病様行動と海馬のアポトーシス. (Chronic social defeat stress induces depression-like behavior and apoptosis in hippocampus.) 第31回日本神経科学大会(Neuro2008)、東京、7.10, 2008.

  25. 橋本亮太、服部聡子、室谷知孝、松崎伸介、河本圭介、山田浩平、桑原隆亮、石塚智子、熊本奈都子、武田雅俊、大和谷厚、遠山正彌、功刀浩: 統合失調症脆弱性遺伝子ディスバインジンによる統合失調症の病態解明研究. (Dysbindin and pathogenesis of schizophrenia.) 第31回日本神経科学大会(Neuro2008)、東京、7.11, 2008.

  26. 橋本亮太、服部聡子、室谷知孝、松崎伸介、石塚智子、熊本奈都子、大井一高、井池直美、安田由華、遠山正彌、大和谷厚、功刀浩、武田雅俊: 統合失調症脆弱性遺伝子ディスバインジンによる統合失調症の病態解明研究. 第3回日本統合失調症学会、東京、3.14, 2008.

  27. 石黒浩毅、堀内泰江、古賀農人、稲田俊也、岩田仲生、尾崎紀夫、氏家寛、糸川昌成、功刀浩、佐々木司、渡部雄一郎、染矢俊幸、有波忠雄: 統合失調症におけるカナビノイド2型受容体の役割. 第3回日本統合失調症学会、東京、3.14, 2008.

  28. 橋本亮太、服部聡子、室谷知孝、松崎伸介、石塚智子、熊本奈都子、大井一高、井池直美、安田由華、遠山正彌、大和谷厚、功刀浩、武田雅俊: 統合失調症脆弱性遺伝子ディスバインジンによる統合失調症の病態解明研究. 第104回日本精神神経学会、東京、5.30, 2008.

  29. 有馬邦正、石田剛、西野一三、功刀浩、巻淵隆夫、今野秀彦、饗場郁子、陣内研二、井原雄悦、女屋光基、杠岳文、尾方克久、小西吉裕、藤村晴俊、栗崎博司、渡辺千種、大原慎司、佐藤啓造: リサーチリソースネットワーク Progress Report 2007. 第49回日本神経病理学会、東京、5.20-22, 2008.

 

2008 特別講演・シンポジウム

  1. Kunugi H, Tatsumi M, Kamijima K: Susceptibility genes for mood disorders and response to antidepressants. In Advances of pharmacogenetics in psychiatry: towards tailor-made medicine (symposium organized by Kunugi H). 13th Pacific Rim College of Psychiatrists Scientific Meeting. Tokyo, Japan, 11.2, 2008.

  2. Kunugi H: Genetic Variations of BDNF and Psychiatric Diseases. In Symposium on “The role of cytokine and brain-derived neurotrophic factor in psychiatric disorders” (chaired by Kim YS and Nakamura J). 2nd World Federation of Societies of Biological Psychiatry (WFSBP) and 30th Annual Meeting of Japanese Society of Biological Psychaitry (JSBP), Toyama, 9.12, 2008.

  3. Kunugi H: Altered expression of BDNF gene and vulnerability to stress in schizophrenia. In Symposium on “Stress sensitization in spontaneous recurrence of methamphetamine psychosis, schizophrenia and depression” (chaired by Kunio Yui and Charles Nemeroff), XXVI CINP Congress, Munich, Germany, 7.16, 2008.

  4. 功刀浩: 統合失調症の病態と遺伝子研究の展望. シンポジウム「病態解明に向けた精神疾患モデルマウスの開発と創薬への応用」(オーガナイザー: 福永浩司、原英彰) 第81回日本薬理学会年会、横浜、3.19, 2008.

 

2008 班会議・報告会 他

  1. 功刀浩、堀弘明、藤井崇、橋倉都、岡本長久、大森まゆ、樋口輝彦: 生理学的検査等複数の指標を用いた精神疾患の診断法の開発 ―DEX/CRH テストによる検討に関する報告―. 厚生労働省精神・神経疾患研究委託費「精神疾患の客観的診断法の標準化と科学的根拠に基づく治療反応性の判定法の確立に関する研究」(主任研究者 三國雅彦)、東京、12.17, 2008.

  2. 野田隆政、松田太郎、川崎真護、穴見公隆、沼知陽太郎、岡本長久、大森まゆ、橋倉都、功刀浩、樋口輝彦: 近赤外線光トポグラフィ(NIRS)を用いた気分障害の診断および臨床症状の検討. 厚生労働省精神・神経疾患研究委託費「精神疾患の客観的診断法の標準化と科学的根拠に基づく治療反応性の判定法の確立に関する研究」(主任研究者 三國雅彦)、東京、12.17, 2008.

  3. 功刀浩、藤井崇、堀弘明、橋本亮太、朝田隆、巽雅彦、上島国利、樋口輝彦: 代謝型グルタミン酸受容体遺伝子とうつ病の発症脆弱性・治療反応性との関連. 第41回精神神経系薬物治療研究報告会、大阪、12.5, 2008.

  4. 沼田周助、中瀧理仁、伊賀淳一、田吉伸哉、谷口京子、住谷さつき、友竹正人、板倉光夫、亀ヶ谷洋子、巽雅彦、佐野輝、朝田隆、功刀浩、上野修一、大森哲郎: 大うつ病の末梢白血球におけるPDE4B遺伝子の発現と関連研究. 第41回精神神経系薬物治療研究報告会、大阪、12.5, 2008.

  5. 岡崎祐士、佐々木司、谷井久志、加藤忠史、松本直通、染矢俊幸、有波忠雄、吉川武男、功刀浩: 精神疾患の遺伝子探索. 文部科学省科学研究補助金・特定領域研究「ゲノム」4領域2008年度合同班会議、8.27, 2008.

  6. 功刀浩: 統合失調症の生物学的病態解明と予防・治療法の開発. 平成19年度厚生労働科学研究 こころの健康科学(精神分野)研究成果発表会、東京、2.4, 2008.

  7. 堀之内和広、遠山正彌、塩坂貞夫、有馬邦正、功刀浩: 精神疾患のゲノム等リサーチソースの構築. 厚生労働省精神・神経疾患研究委託費「リサーチリソースネットワークを用いた神経・精神疾患の研究資源(剖検脳等)の確保と病態解明を目指した研究」 研究会議、東京、1.11, 2008.