2009 国際学会

  1. Teraishi T, Fujii T, Uchiyama H, Yamamoto N, Iijima Y, Hori H, Hattori K, Hashimoto R, Tatsumi M, Omori M, Okamoto N, Arima K, Higuchi T, Kunugi H: Genetic association analysis of phenylalanine hydroxylase and 6-pyruvoyl tetrahydropterin synthase in Japanese patients with schizophrenia and mood disorders. The 15th Biennial Winter Workshop in Psychoses, Barcelona, Spain, 11.15-17, 2009.
  2. Hattori K, IIjima Y, Uchiyama H, Yamamoto N, Fujii T, Hori H, Teraishi T, Tatsumi M, Omori M, Okamoto N, Arima K, Higuchi T, Kunugi H: Genetic variations of fyn-tyrosine kinase in Psychiatric disorders. The 15th Biennial Winter Workshop in Psychoses, Barcelona, Spain, 11.15-17, 2009.
  3. Hori H, Richards M, Kunugi H: Attitudes towards schizophrenia in the general population, psychiatric staff, physicians, and psychiatrists: A web-based survey in Japan. The 15th Biennial Winter Workshop in Psychoses, Barcelona, Spain, November, 2009.
  4. Hori H, Ozeki Y, Higuchi T, Kunugi H: Relationships of psychological distress and sleep status with HPA axis function in a non-clinical population. World Psychiatric Association, Florence, Italy, April, 2009.
  5. Chiba S, Ninomiya N, Richards M, Kajiyama Y, Izumi A, Kunugi H: Antidepressive Properties of Dopamine Receptor Agonist Cabergoline. The 1st Meeting of the Asian College of Neuropsychopharmacology (AsCNP) (第39回日本神経精神薬理学会 年会共催), Kyoto, Japan, November, 2009.
  6. Furuta M, Ninomiya M, Chiba S, Kajiyama Y, Shibata S, Akema T, Kunugi H: Anxiolytic and antidepressant effects of estrogen through estrogen receptor α, but not β, in postpartum rats after weaning pups (P3AM-12-1). The 36th International Congress of Physiological Sciences, Kyoto, Japan, July, 2009.

 

2009 一般学会

  1. 藤井 崇、福本 典子、後藤 雄一、朝田 隆、中村 俊、功刀 浩: BDNF遺伝子の機能多型Val66Met と アルツハイマー病発症との女性特異的関連. 第54回日本人類遺伝学会大会、9.26, 2009(日経BP記事 http://biotech.nikkeibp.co.jp/bionewsn/detail.jsp?id=20065641
  2. 藤井 崇、福本 典子、後藤 雄一、朝田 隆、中村 俊、功刀 浩: Sexually dimorphic effect of the Val66Met polymorphism of BDNF on susceptibility to Alzheimer's disease. 32回日本神経科学大会、名古屋、2009年9月
  3. 寺石俊也、藤井崇、内山博文、山本宜子、飯嶋良味、堀弘明、服部功太郎、巽雅彦、大森まゆ、岡本長久、有馬邦正、樋口輝彦、功刀浩: 躁うつ病患者におけるドパミン及びセロトニン代謝に関わる酵素の関連解析. 第28回躁うつ病の薬理・生化学的研究懇話会、札幌、7.10-11, 2009.
  4. Kawashima H, Numakawa T, Kumamaru E, Adachi N, Mizuno H, Ninomiya M, Kunugi H, Hashido K: Glucocorticoid prevents BDNF-dependent up-regulation of glutamate receptors via the suppression of microRNA miR-132 expression. 第32回日本分子生物学会年会、横浜、12.9-12, 2009.
  5. トルグン トルスン、沼川忠広、安達直樹、熊丸絵美、工藤玄恵、功刀浩: シグマレセプターアゴニストSA4503は培養大脳皮質ニューロンにおいて生存維持効果を発揮する. 第52回日本神経化学会大会、群馬、6.21-24, 2009.
  6. 熊丸絵美、沼川忠広、安達直樹、泉愛子、功刀浩: 幼若期ニューロンへのグルココルチコイド暴露はBDNFで増強されるシナプス成熟を抑制する. 第52回日本神経化学会大会、群馬、6.21-24, 2009.
  7. 安達直樹、沼川忠広、熊丸絵美、伊丹千晶、仙波りつ子: フェンサイクリジンによる大脳皮質ニューロンのシナプス減少に、BDNFの分泌阻害が関与する. 第52回日本神経化学会大会、群馬、6.21-24, 2009.
  8. 沼川忠広、熊丸絵美、安達直樹、矢ヶ崎有希、泉愛子、功刀浩: グルココルチコイド受容体およびBDNF受容体の相互作用に制御されるBDNF依存的グルタミン酸放出. 第52回日本神経化学会大会、群馬、6.21-24, 2009.
  9. 服部功太郎、内山博文、山本宜子、飯嶋良味、藤井崇、堀弘明、寺石俊也、巽雅彦、大森まゆ、岡本長久、有馬邦正、樋口輝彦、功刀浩: Fynチロシンキナーゼの統合失調症・気分障害における解析. 第28回躁うつ病の薬理・生化学的研究懇話会、札幌、7.10-11, 2009.
  10. 堀弘明、橋倉都、岡本長久、大森まゆ、樋口輝彦、功刀浩: 健常者と外来うつ病患者における視床下部-下垂体-副腎系機能: DEX/CRH テストによる検討. 第31回日本生物学的精神医学会、京都、2009年4月.
  11. 飯嶋良味、神長知美、寺石俊也、堀弘明、内山博文、安達直樹、千葉秀一、泉愛子、梶山優、木下裕紀子、茅野亜希子、尾関祐二、功刀浩: 適度な運動の効果による血中BDNF濃度の変動についての研究. 第31回日本生物学的精神医学会大会、京都、2009年4月.
  12. Furuta M, Ninomiya M, Chiba S, Kajiyama Y, Shibata S, Akema T, Kunugi H: Estrogen receptor α is involved in anxiety- and depressive-like behaviors in postpartum rats after weaning pups (P3-e28). 第32回日本神経科学大会、名古屋、2009年9月.
  13. 橋本亮太、服部聡子、室谷知孝、松崎伸介、石塚智子、熊本奈都子、高村明孝、大井一高、安田由華、遠山正彌、大和谷厚、功刀浩、武田雅俊: 統合失調症脆弱性遺伝子ディスバインジン欠損マウスの行動解析. 第4回日本統合失調症学会、大阪、1.31, 2009.
  14. Horinouchi K, Izumi A, Tohyama M, Shiosaka S, Arima K, Kunugi H: Expression of L1 mRNA in schizophrenia brain. (統合失調症脳における細胞接着分子L1の発現.)第4回日本統合失調症学会、大阪、1.30, 2009.
  15. 功刀浩: 抗精神病薬の影響を中心に. 第2回糖尿病と精神疾患研究会、東京、1.20, 2009.
 

2009 特別講演・シンポジウム

  1. 沼川忠広: グルココルチコイド受容体およびBDNF受容体の相互作用に制御されるBDNF依存的グルタミン酸放出. (若手奨励賞シンポジウム) 第52回日本神経化学会大会、群馬、6.22, 2009.

 

2009 班会議・報告会 他

  1. 功刀浩: 統合失調症の生物学的病態解明と予防・治療法の開発. 平成20年度厚生労働科学研究こころの健康科学研究成果発表会、東京、2.2, 2009.
  2. 功刀浩、泉愛子、飯島良味、野口広子、沼川忠広、堀弘明、有馬邦正、塩坂貞夫: 精神疾患のゲノム等リサーチソースの構築. 厚生労働省精神・神経疾患研究委託費「リサーチリソースネットワークを用いた神経・精神疾患の研究資源(剖検脳等)の確保と病態解明を目指した研究」研究会議、東京、1.16, 2009.