TOP学会発表 > 一般学会(平成16年度実績)

| 原著  | 著書  | 総説  | 学会発表 |
  1. 和田圭一郎、山田正典、安田 徹、小坂 仁、望月秀樹、和田圭司、島田 隆、水野美邦:
    AAVベクターを用いたUCH-L1過剰発現系におけるラット黒質神経細胞の検討
    第45回日本神経学会総会、東京、5.13, 2004
  2. 関口正幸、吉田瑞子、佐藤栄一、山田祐子、上地さり、山田一之、和田圭司:
    Dystrophinの中枢神経系における役割についての研究
    第45回日本神経学会総会、東京、5.14, 2004
  3. 権仲基、王玉来、吉川泰弘、和田圭司:
    Two closely related ubiquitin C-terminal hydrolase isozymes function as reciprocal modulators of germ cell apoptosis in cryptorchid testis.
    第51回日本実験動物学会総会、長崎、5.21, 2004
  4. Nishimoto M, Ohashi H, Hara Y, Ayukawa K, Kudo Y, Abe T, Aoki S, Wada K:
    Identification of novel regulatory mechanisms of neural progenitor cells via G-protein coupled receptors.
    第57回日本細胞生物学会大会、大阪、5.27, 2004
  5. 小佐井有紀、城戸瑞穂、田中輝男、和田圭司、野田百美:
    Membrane translocation of GluR2 and inhibition of glutamate-induced inward currents in activated microglia.
    第81回日本生理学会大会、札幌、6.2, 2004
  6. 権仲基、王玉来、吉川泰弘、和田圭司:
    Arrest of spermatogenesis in mice overexpressing ubiquitin C-terminal hydrolase (UCH)-L1.
    第137回日本獣医学会総会、札幌、9.11, 2004
  7. 佐藤あゆみ、真子好正、西川香里、青木公三子、和田恵津子、青木俊介、和田圭司、野田百美:
    パーキンソン病原因遺伝子parkinによるATP受容体反応の機能制御
    第47回日本神経化学会、第27回日本神経科学学会合同大会、大阪、9.21, 2004
  8. 服部聡子、橋本亮太、宮川 剛、前野浩巳、和田圭司、功刀 浩:
    モデル動物を用いた環境因子の気分障害(うつ病)に対する効果
    第47回日本神経化学会、第27回日本神経科学学会合同大会、大阪、9.22, 2004
  9. 権仲基、持田圭司、王玉来、関口敏、吉川泰弘、和田圭司:
    Ubiquitin C-terminal Hydrolase L-1 is essential in early apoptotic wave of germinal cells and sperm quality control during spermatogenesis.
    第21回日本疾患モデル学会総会、京都、11.11, 2004
  10. 小佐井有紀、城戸瑞穂、田中輝男、和田圭司、野田 百美:
    活性化ミクログリアにおけるGluR2の膜局在化とグルタミン酸誘発電流の抑制
    第9回グリア研究会、福岡、11.20, 2004
  11. 佐藤あゆみ、真子好正、西川香里、青木公三子、和田恵津子、青木俊介、和田圭司、野田百美:
    パーキンソン病原因遺伝子parkinによるATP受容体反応の増強
    第4回神経科学合同セミナー、熊本、11.29, 2004
  12. 野田百美、佐藤あゆみ、西川香里、青木公三子、和田恵津子、青木俊介、和田圭司:
    parkinによるATP受容体反応の増強
    第15回日本病態生理学会大会、1.22, 2005
戻る

Copyright (C) 2006 National Institute of Neuroscience. All Rights Reserved.
本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます