TOP学会発表 > 特別講演・シンポジウム(平成16年度実績)

| 原著  | 著書  | 総説  | 学会発表 |
  1. 和田圭司: パーキンソン病の病態と治療をめぐって.
    2004世界脳週間講演会, 小平, 5.22, 2004
  2. 和田圭司: 扁桃体機能障害と神経ペプチド.
    第66回千里神経懇話会. 大阪, 10.1, 2004
  3. Wada K, Yamada K, Santo-Yamada Y, Wada E, Sekiguchi M:
    Altered emotional behaviors in neuropeptide receptor knockout mice: Implication for the molecular pathogenesis of stress-induced psychiatric disorders in human. PTSD: Brain mechanisms and clinical implications,
    文部科学省目標達成型脳科学研究「ストレス性脳機能障害とその修復過程の分子機構解明および治療法の開発」国際シンポジウム, 京都, 2.17. 2005
戻る

Copyright (C) 2006 National Institute of Neuroscience. All Rights Reserved.
本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます