TOP学会発表 > 特別講演・シンポジウム(平成17年度実績)

| 原著  | 著書  | 総説  | 学会発表 |
  1. 和田圭司:たんぱく質分解の破綻と神経疾患−ユビキチン代謝異常と神経変性−.
    第35回新潟神経学夏期セミナー, 新潟, 8.4, 2005.
  2. Wada K, Yamauchi R, Sakurai M, Furuta A, Wada E, Sekiguchi M, Aoki S:
    Novel therapeutic targets in glia-neuron interaction: G-Protein coupled receptors and deubiquitinating enzymes.
    International Society for Neurochemistry jointly with the European Society for Nuerochemistry 20th Biennial Meeting, Austria, 8.22, 2005.
  3. 和田圭司:神経変性疾患の治療の新たな展開.
    平成17年度神経・筋疾患ネットワーク研修会,東京, 9.28, 2005.
  4. 和田圭司:神経変性と脱ユビキチン化酵素.
    The ubiquitin system and neural cell function: Functional role of a deubiquitinating isozyme, UCH-L1, in neurogenesis and neurodegeneration.
    蛋白質研究所セミナー「脳神経疾患の最前線」, 大阪, 11.25, 2005.
  5. 和田圭司:パーキンソン病とユビキチンシステム −UCH-L1の役割−.
    第21回Wakoワークショップ「神経疾患その病態解明と治療法の開発」, 東京, 11.30, 2005.
  6. Setsuie R, Wang YL, Mochizuki H, Osaka H, Hayakawa H, Ichihara N, Furuta A, Sato Y, Kabuta T, Mizuno Y, Aoki S, Wada K:
    Dopaminergic cell loss in transgenic mice expressing parkinson’s disease associated UCH-L1 I93M mutant.
    The 3rd Takeda Science Foundation Symposium on PharmaScience. 東京, 12.5, 2005.
  7. 和田圭司:
    The ubiquitin system and neural cell function: Functional role of a deubiquitinating isozyme, UCH-L1, in neurogenesis and neurodegeneration.
    2005 Postech Brain Winter School, Neuroscience and the clinical implications, Pohang, Korea, 12.27, 2005.
  8. 和田圭司, 山内玲奈, 青木俊介, 中澤敬信, 和田恵津子:
    情動におけるグリア型GPCRの役割.
    特定研究領域「グリア−ニューロン回路網による情報処理機構の解明」公開シンポジウム, グリア細胞の機能と病態, 東京, 1.11, 2006.
  9. 和田圭司, 節家理恵子, 和田恵津子:
    肥満・糖代謝におけるボンベシン受容体システムとユビキチンシステム.
    第20回日本糖尿病糖尿病動物研究会年次学術集会, 東京, 2.9, 2006.
  10. 和田圭司, 高坂新一:生体脳に内在する神経幹細胞の賦活化に関する開発的研究.
    平成17年度厚生労働科学研究費補助金, ヒトゲノム・再生医療等研究推進事業研究成果発表会「先端医学研 究の進歩と今後」, 東京, 2.24, 2006.
  11. 和田圭司:脳発達を支える母子間バイオコミュニケーション.
    浜松医科大学, 2.27, 2006.
  12. 和田圭司:脳発達を支える母子間バイオコミュニケーション.
    CREST 研究領域「脳の機能発達と学習メカニズムの解明」, 第3回領域内研究報告会, 大阪, 3.6, 2006.
  13. Wada K:
    Functional role of UCH-L1 in neurodegeneration and neurogenesis. 1 Strategic Japanese German workshop on research in neurodegenerative diseases, Pathogenesis, animal models, clinical research and treatment, Tuebingen, Germany. 3.25, 2006.
  14. 関口正幸:ジストロフィン欠損マウスにおける扁桃体神経回路と恐怖応答の変容.
    第79回日本薬理学会総会.横浜, 3.8, 2006.
戻る

Copyright (C) 2006 National Institute of Neuroscience. All Rights Reserved.
本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます