TOP学会発表 > 特別講演・シンポジウム(平成18年度実績)

| 原著  | 著書  | 総説  | 学会発表 |
  1. 和田圭司: 神経変性疾患の根本的治療法の開発をめざして.
    国立精神・神経医療研究センター神経研究所における研究活動.
    平成18年度政策創薬総合研究推進事業.
    第27回創薬等ヒューマンサイエンス基礎研究講習会、東京、6. 13, 2006
  2. 和田圭司: 精神神経疾患発症におけるグリア細胞の関与.
    異常蛋白蓄積と神経変性特定領域研究班
    「神経−グリア回路網」サマーワークショップ、熱海、7. 28, 2006
  3. 和田圭司: 脳を育む母と子の生物学的な対話.
    独立行政法人科学技術振興機構(JST)戦略的創造研究推進事業(CREST)研究領域
    「脳の機能発達と学習メカニズムの解明」第2回公開シンポジウム、東京、12. 9, 2006
  4. 和田圭司: グリア型GPCR:病態との関連と創薬への応用.
    第80回日本薬理学会年会、名古屋、3. 15, 2007
  5. 和田圭司: 脳発達を支える母子間バイオコミュニケーション.
    2006年度第4回生涯学習特講『脳を育む、こころを育てる』、
    人間総合科学大学、埼玉、3. 17, 2007
戻る

Copyright (C) 2006 National Institute of Neuroscience. All Rights Reserved.
本サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます